アップルローン審査落ちた…大手ならいけるか?

最近のことなんですが、アップルローン審査落ちたんです。私としてはまさかと思いました、なぜなら「ここならきっと大丈夫」とみんなから言われているようなところだったからです。アップルローン自体をあまり知らなかったんですが、あまり厳しくないからと聞いて安心しきっていたのです。

それがこのようなことになってしまいました。本当にショックなんですけれども、アップルローン審査落ちたとなるともう借り入れするところがないと自分では思っています。大手の業者なんかは相手にしてくれないと思うんですが、申し込んでも大丈夫でしょうか?どこか借りられるところはあるのでしょうか…

アップローン審査落ちた原因によっては大手も使える

アップローン審査落ちたというと嬉しいという人はいないでしょうね。確かに厳しい、そういうように思うのがあたりまえだと思います。しかしこのアップルローン審査落ちたとなった原因というのはどういうものだと思っているでしょうか?自分自身でその原因というのを探ってみなければわからないかと思いますが、この原因によっては他の大手消費者金融などを使うことができるようになります。

アップルローン審査落ちたという原因が例えば業者側にある、ということもあります。業者の審査の不備というのもあれば、申込みをしていたのに見落とされたということもあるでしょう。そういった時にはこちら側に責任が無いですし、場合によっては信用情報が結構良かったりすると大手にも通るようになるでしょう。中小の業者の場合、こういった見落としは少なくありません。

またアップルの独自の考え方によって落ちた、という人もいるでしょう。そういう場合にはアップルの独自の考え方なので大手にはない考え方だったら通ることもあります。小さい業者というのは自分たちの中でのルールというのを作っていて、自営業だったらどういう人でもダメというように決めていたりするのです。大手はそういった区別はないので通ることもあるでしょう。

ですのでまずはアップルローン審査落ちた理由というのをしっかりと考えてみてください。その理由次第では、もしかしたら通る可能性もある、と思っていいでしょう。アップルローン審査落ちた理由について、あまりよくわかっていないというなら、まずはその理由をよく考えてみてください。そしてその理由がわかったら再度チャレンジするのがいいと思います。

そのまま諦めてしまう人も少なく無いですがもったいないことです。できるだけ次に繋がるように、自分自身を知らなければならないでしょう。

【参考ページはこちら】
どんなことをすればローン審査に通れるようになる?

アップルローン審査落ちた理由として考えられるのは

「アップルローン審査落ちた」という言葉をごくまれに耳にします。アップルローンにはオリコの審査が必要であり、オリコの審査基準を満たしていない場合はローン審査に落ちる可能性があります。

この場合、一般のローン審査とあまり変わりはありません。つまり、返済能力があるかどうかを確認すると言うことです。ほとんどの場合はローンを組む場合には担当者の方との面談が必ずありますが、アップルローンの場合、オンラインでの決済となるので、面談の必要がありません。

メリットと言えばメリットですが、逆に言うとデータで算出がなされてしまうので、ローンを何とかして組みたい人にとってはデメリットとして働く可能性もあります。基本的なローン申請の面談の場合はその人の将来も見越して考える場合が多いです。これはきちんと顔と顔を合わせて話をするため、それによって人柄などから担当者が後押ししてくれる可能性が十分に生じます。

しかし、オンラインの場合はすべてがデータとして扱われるため、たとえどれだけその後に返済能力が備わったとしても、残念なことに紙面ではそれが将来性まで見極めることは不可能です。従って、そういった場合にはローン審査に落ちる可能性も生じるわけです。

もちろん返済能力があれば、一般的には通りますがローンを組む上で重要なのは返済能力、つまりきちんと稼げているかどうかの判断をすることです。たとえ、その時はなかったとしても貯蓄などがあれば、それは返済能力あり、とみなされることもありますので、そういったときに活用できます。

また、たとえ貯蓄があったとしても大きな金額になるので、それを一括で払ってしまうとそれ以降の生活が苦しくなるのであれば、やはりローンを組んだ方が無難でしょう。

ただ、アップルのローンの審査に落ちると言うことは余程返済能力がないと思われているのかもしれません。それを考えると返済能力がしっかりあることをアピールするのが無難でしょう。

オンラインに虚偽を載せるのはよくありませんが、例えば、無職であろうと今後収入が増加する可能性があるのであればそれは十分な返済能力となるので、その点をアピールすることが大事になります。

さらに、万が一、法人で借りようとするのであればそれもローンの審査を通ることが出来ません。アップルローンを落ちている大半の場合は、これに当たります。つまり個人での購入ではなく会社としての購入を考えている場合にはローンの審査を通過することはできないのです。

基本的に大きな買い物をする際にはそれなりの審査が必要になります。その時に個人レベルではなく、会社や法人レベルにまで大きくなってしまうとそれだけでローンの審査は通らなくなってしまいます。それほどの金額が動く場合には、ローンの審査も慎重に行われます。

たとえ個人名義でのローンだとしてもそれなりの金額の貸し入れになるわけですからやはりお金を融資する側も慎重にならざるを得ないのです。

そのため、金額が個人レベルで購入できる範囲に収めなければ信用を得るのは難しいでしょう。それがたとえオンラインでの申請であろうと個人レベルでの購入には限界があると考えがちですので、審査は厳しくなるのです。

さらに、少額といえど年齢の制限もあります。基本的にローンは20才未満は借りることが出来ません。アップルローンにおいても同様で、年齢的な制限はあります。アップル製品を購入するのは、何も社会人だけではありません。確かに社会人が持つツールとしての普及率は大分高くなりましたが、学生の方にとっても需要は高まってきています。

そう考えると、学生だから大丈夫だろう、と思い込みがちになってしまうかもしれませんが実際には学生でも20才以上でなければローンの借り入れをすることは難しいのです。学生の場合は学生ローン等でまかなうことが出来ますが、それほど大きな買い物をするのでなければわざわざローンを組んでまで購入を考える必要はありません。

アップル製品を買うのが学生が主であるため、そういった申し込みは増えていますし、またオンライン申請ですから顔を見ることが出来るわけではありません。本人確認のための書類も最低限なので、年齢制限のことを考えずに申請している可能性があります。そういった人たちはローン審査に落ちてしまうのです。

なお、ローンを組む際には最低30000円がラインとなっています。それ以下の金額の商品購入のためのローンは組むことが出来ません。メリットとしては購入したものの金額が分割され毎月支払う額が少額になることです。どうしてもアップル製品を必要としている人にとってはありがたいものですし、またアップル製品は全世界に広がりを見せているため、どうしても高額にならざるを得ません。

それくらい商品の性能とサポートが優れており、それなりの金額がかかってしまうのです。アップル製品が必ずしも必要なわけではありませんが、あると便利であることは間違いありません。ローンをしてでも欲しいというのは、世界的なつながりを持つためでもあるので、持っているに越したことはありません。

ローン審査には時間がかかります。土日を挟んでしまうとその分だけ遅れるので即時性に関してはあまり良いとは言えません。もちろんオンライン申請によるものですから、その分だけしっかりと審査をしなければ、誰でも通す簡単なローンだと思われてしまいます。そのため、紙面上から読み取れる情報を基にして、支払い能力があるのかどうか、というのを適正に判断するためにはどうしても時間がかかるのです。

もちろん、この時に支払い能力がない、と判断された場合にはローン審査を通過することはできません。返済が滞る可能性はできるだけ排除しなければならないからです。例えば、学生であってもアルバイトをしていない場合にはローン審査に通らない可能性はあります。アルバイトをしていてある程度の一定収入が確保できる場合には返済能力があると判断されるので、ローン審査を通過することも出来るでしょう。

ただし、ローンを組む上で最も大事なのは計画的に返済が可能かどうかです。紙面においては返済能力だけではなく、無謀な返済プランを立てていないかどうかも判断します。月の収入の大半をローンの返済に回す、となると翌月以降の返済が滞る可能性だって発生してきます。結局無理のない支払が出来るかどうかがポイントであり、たとえ少額であったとしても計画性のない支払プランに関しては審査の対象としてはいけないのです。

つまり、ローンの審査を通過する条件として重要なのは、年齢、返済能力、そして返済プランが無茶でないかどうか、ということです。オンライン申請ということを考えると、こういった部分が最も客観的な判断を必要とするところです。従って、審査には時間がかかりますし、また慎重な審査も要求されるのです。

確かに、一昔前に比べてローンの審査は若干ですが甘くはなっています。学生でも学生ローンを借り入れできるくらいですから、逆に言うとお金がない人が増えてきている、と考えることも可能です。そのため、アップルローンのような少額のローンであろうと利用することが出来れば月々の出費を抑えることが出来るので、金銭面での心配は少しばかりは解消されます。

そのためには返済能力がある、と判断されることが重要です。一般の社会人でも自分の給料に見合った返済プランを立てなければローンの審査に落ちる可能性はあります。それくらい返済能力と返済プランは重要であり、それが適当なものであれば審査の対象にはなりえないのです。

アップル製品を購入する際のローンとしてアップルローンを利用することは非常に効率が良いことだと思われます。審査に落ちないためにもまず、返済能力がしっかりあること、そして無理のない返済プランを立てられることを審査担当にアピールする必要があります。