おまとめローン審査通らないのはなぜ?

おまとめローンをしたいと考えているのですが、審査で撥ねられてしまいました。その理由が知りたいのとどうしたらおまとめローンができるのかを教えてください。今自分は100万円ほど借金があり、それを4社で借入をしています。

毎月4社に返済していくのは経済的にも、手間的にも大変ですし、返済していても全然減っている気がしませんので負担を減らしたくておまとめローンが出来たらと考えています。ちなみに1番多い所で35万円で、各社1万~2万円の返済が毎月の返済金です。毎月5万くらい総額で払ってます、これを3万円くらいに抑えたいです。

通らない要因はいくつか考えられます

おまとめローンの事を簡単に説明しますと、複数社有る契約先を一つの契約先に纏める事が、その名の通りおまとめローンなのですが、まず第一に理解しておかないといけないのは、おまとめローンにしたからと言って、返済金額、年数が変わる訳ではないという事です。

金利が低くなる場合も有りますが、元々、手間が省けて計画が立てやすくなるという事がそのメリットであり、返済金額、金利が低くなるという事を目的としている訳ではないという事ですね。確かに現在の毎月の返済金額負担が大きいという事を変えるという事では目的は達成できますが、その分返済期間は伸びる事も考慮しておいてください。

では、通らない要因を一つづつ潰していきましょう。まずは借入先の契約数です。通常のローン審査でも同様ですが、他社借入数は3社までが限度というように言われています。それ以上ある人は返済能力において、なんらかの問題が有ると考えられてしまいます。

質問者の方のように4社契約先を持っているという事だけで審査が通らないという事は充分考えられます。できれば、まず現在4社の所を3社にしてから相談して方が良いでしょう。二つ目は過去の返済においてなんらかの金乳事故を起こしているという事です。

金融事故というのは返済遅延・未返済の事を指します。返済遅延というのは、2~3日の遅延で有ればカウントされませんが、3ヶ月以上返済遅延したというような事があれば、情報機関に金融事故として履歴が残ってしまいますので、それだけで事故履歴有という事になってしまいます。

3つ目は現在の借入金額が総量規制に引っ掛かっており、会社によっては引き受けできないという事です。総量規制とは貸金業者に課せられている法的な規制の事で、貸金業者は貸付しようとする人の年収の1/3以上の金額を貸付する事はできません。

現在質問者の方が100万円の借入が有るという事ですので、300万円以上の年収が無ければ、おまとめローンで有っても1社ではできないのです。この規制に関しては銀行などは対象外となりますので、銀行系のローンであれば可能になります。以上が考えられる原因ですが、該当しそうなところが有ったでしょうか?以上の点も踏まえて再度おまとめローンをするかどうかと、する会社選びをした方が良いでしょう。

【参考ページはこちら】
おまとめローンの審査基準は普通のローンと何が違う?

おまとめローン審査通らない理由と対策の説明

クレジットカードのキャッシングや即日融資の消費者金融などでお金を借入していていつの間にか膨れ上がってしまったと言う人は決して少なくはありません。キャッシングが手軽になり、最初は軽い気持ちでお金を借りていても、月々利子を支払わなければいけませんから、いつの間にか借入金は膨れ上がってしまいます。

キャッシングを利用するからには、必ず返済しなければいけませんが、複数の業者から借入をしていると、返済の為に自転車操業状態になっている場合が多く利子だけを支払い続けて元金が減っていない場合も多くあります。

そうなると、毎月の返済額は膨れ上がり、生活そのものが苦しくなってきてしまい、利子すら支払うのが厳しくなってしまいますし精神的な負担も増大していきます。複数の業者からローンを1本にする方法があります。それが、ローンを1つにまとめるおまとめローンです。おまとめローンには実は多くのメリットが。あります。

おまとめローンは、ローンを1本化する事で毎月の負担を軽減する事が出来ます。そのメリットは複数の業者を利用していると返済日にばらつきがあるので家計の管理が辛かったり返済日が異なる為に忘れてしまったりする事があります。利子を返済しに行く手間も返済日が違うので大変な事です。ローンを1本化すればその心配はありません。

また複数の業者から借入をしているより1本化する事で借入金額が大きくなり金利が低く抑える事が出来ます。金利が低くなる事で、最終的な返済総額が複数の業者にそのまま払い続けるのに比べて完済時のトーテルが安くなります。結果的に、おまとめローンにした方が早く完済できます。

多くのメリットのあるおまとめローンを取り扱っているのは、銀行系と消費者金融系の2種類があります。多くの人が知るように銀行系のおまとめローンの方が金利が安く利用しやすいです。しかし、おまとめローン自体が通常のキャッシングより審査が厳しく審査に通りににくい面があります。

おまとめローン審査通らない人は、2つの傾向があり「ステータスが足りない場合」と「何か決定的な問題を抱えている場合」です。1つ目のステータスとは、年収や勤続年数等のその人のステータスを改善する事により審査に合格する可能性があります。

お金の借り入れを行う際に勤続年数というのは重要で、ある程度同じ会社に勤めていないといけません。その勤続年数の基準は金融機関で違いますが、最低でも3ヶ月から長い所では半年から1年程度の勤続年数が必要です。ステータスの問題は、時間が掛かりますが解決出来る問題ではあります。

2つ目の決定的な問題を抱えている場合というのは、考えられる原因が信用情報が良くない事です。信用情報というのは、信用情報機関にある情報の事で、他社からの借入の状況や返済の状況や申込の状況などを集約した情報と言ってもいいです。

この情報の中で、最も重視されるのは、やはり「借入額」と「返済実績」です。延滞履歴がある場合や借入額があまりにも大きい場合には、新規の借入を含めて審査に通らない事も多くあります。また1ヶ月に3社以上の金融機関に申込を行った場合には信用情報機関の情報にブラックリストに名前が載ってしまいますので要注意が必要です。

借入で追いつめられていて、次々に申込を行ってしまうとこの行為は、「この人はお金を早急に必要としている危ない人だ」と判断されてしまい、他の金融事故同様に暫くの間審査に通らなくなってしまいます。

また、おまとめローン審査通らない理由としてもう1つ挙げられるのが、おまとめローンの審査で虚偽の申請などを行った場合です。虚偽と言っても、偽名を使ったりという本当の虚偽でなくても誤字や脱字も虚偽の申請をしたと判断されてしまいますので注意が必要です。

例え、本人が意図していなくてもただ間違って誤字や脱字を行ってしまっても。見つかれば、事実と異なる申請を行ったと判断されてしまい結果的に虚偽の申請を行ったと判断されてしまいます。おまとめローンの申請を行う際には慎重に誤字や脱字が無いかをチェックする事が大切です。

お金を早くまとめて借りたいと急いで申込をしてしまうと、結果的に重大な失敗に繋がってしまいますから、落ち着いて記入する事が良い結果に繋がります。特に連絡先に関しての誤字や脱字に対しては、非常に厳しく致命的になります。

その理由は連絡先は、もし滞納があった場合に不測の事態が発生しないために備えいつでも通じる連絡先でないといけないからです。その為、連絡先で誤字や脱字がある場合には、わざと連絡先を間違ったと判断されてしまいます。

もし連絡先に、今は使われていない電話番号や間違った電話番号を記入した場合には即刻アウトになってしまいます。ローンの審査を申込む際には、誤字や脱字が無く正しい連絡先を記入する事は基本です。

では、それでも審査の通らない場合にはどうしたらいいか困ってしまいます。審査の通りにくいのは、やはり金利が低い所という事になります。金利が低い業者は、もし貸したまま帰ってこなかったら貸し倒れリスクになってしまいます。

この貸し倒れリスクを貸し倒れしない人の利息で賄うわけですから金利が低い業者は当然貸し出しに慎重になりおまとめローンの審査に厳しくなり通過しない人も発生します。

金利の低い業者というのはやはり銀行で、貸し倒れリスクといった理由でおまとめローンの審査は特に厳しく審査に通過しにくくおまとめローン審査通らない人も多くいます。しかし、銀行のおまとめローンの審査に通過しなかったからと言って他の業者がそうであるとは限りません。金利が上がっていくだけ審査に通りやすくなる傾向になるという事があります。金利が銀行より高いのが消費者金融です。

消費者金融のおまとめローンの場合には、金利が銀行より上がって来ますがその分銀行に比べていろいろな制約がなく、おまとめローンの審査に通過しやすい傾向があります。しかし、銀行より金利が高いとはいえ消費者金融でおまとめローンを組んだ場合に、通常の借入より金利が安くなりますし、複数の業者から借入している時よりは金額がまとまった分、借り入れ金額が多くなりますから更に金利が低くなり月々の返済金額は少なくなします。

もし銀行でおまとめローン審査通らない場合には、消費者金融のおまとめローンを検討した方がいいです。おまとめローンにする事で月々の返済金額が安くなる可能性は高いので、複数の消費者金融でおまとめローンのシミュレーションをしてみて現在より安くなる事が分かったら申込をしてみた方がいいです。

しかし、シミュレーションしてみた結果現在より利子の支払い総額が高くなるようなら考えた方がいいです。おまとめローンを無理にしても返済出来なければ意味がありません。おまとめローンは、ローンをまとめるだけで借り入れが無くなるわけではありませんので、メリットが無い場合には意味がありません。

おまとめローンで支払いが少なくなると、気を緩めてしまう人がいてまた新たにお金を借りてしまう人がいますが、気を緩めてしまえばまた複数の業者に借入をしてしまう事になります。

しかし、月々の支払いが減るのなら複数の業者から借入をしていると、返済額も大変ですが複数の業者から借入をしているだけで大きな精神的な負担にもなりますからおまとめローンにして、ローンを1本化する事で精神的にも楽になれるはずです。また、月々の返済日も1つになり管理の手間も無くなります。

もしATMで返済をしていた場合には、複数の業者に返済をしていれば、業者によってはATMの手数料を支払わなければいけない所もあります。複数の業者の手数料をずっと払い続けている場合には、その料金も大きな金額になってしまいます。細かい部分まで考えて今より楽に返済が出来る状態を作る事が大切です。