複数借入があるから?車のローン審査が通らない理由

車のローンが通らないのですが、なぜでしょうか?車を買い換えようと思ってるんですが、欲しい車も決まりまして、後は車屋と支払いの相談だけだったんですが、貯金も少なかったのでカーローンにしようと考えていたら、その段階になってローンが通らないと言われてしまいました。

理由が知りたいのと、他で通るところが無いかという事が知りたいのですが、まず理由は見当がついていまして、おそらく前の車のローンとキャッシングローンが二つで30万くらい残っているという事です。今回は60万円のローンを通そうと考えているのですが、金額的な理由でしょうか?それと通りそうなところがあれば教えてください。

通らない要素がいくつかあります

審査基準はローン会社によって違いますので、実際どこで引っ掛かってしまったのか確定させるのは難しいのですが、質問者が離されている内容の中でもいくつか通らない要素が有ります。まず言われているように他社でも借入残が有るという事です。

支払い遅延などがなければ、これだけでローンが通らないという事もないのですが、やはり複数社での借入が有るという事は審査時に不利な条件になってしまいます。大体3社が目安と言われていますが、3社で借入が残っていると新規契約は難しいと言われています。

理由としては、3社と契約有るのであれば、3社の中で増額などで借入を行おうとするのが一般的と考えられているからです。つまり新規で借りるという事はその3社で増額融資などが出来ない理由があるからと取られるのですね。

もう一つは金額的な問題です。金額の問題でまず理解してお金ければいけないのは総量規制という法的規制が有る事です。総量規制とは貸金業者に課せられた法律で年収の1/3以上の貸付は個人に対してできないという法律です。例えば質問者の場合、今回のローンと合せて90万円の借入をしようと考える時、年収が270万円以上無いと借入自体法的にできないという事になります。

これはただし、貸金業者にのみ課せられているので、銀行ローンや、一部の信販系はこの限りでは有りません。しかし、年収の1/3未満というのは一般的な無担保ローンの基準値であるようです。そこは一度自分の収入と照らし合してみた方が良いでしょう。この他社複数社の借入と金額的な問題が一番の要因として考えられます。ただそれ以外にも理由があるかもしれませんので一概には何とも言えませんね。

では今のところ以外で借りられるところが有るかという事ですが、一度断れている以上、銀行、信販系などでは難しいと思います。と言いますのは、この申し込んだ履歴は2~3日の間に金融関係の情報機関に送られ、次に申し込むところでは、審査時にこの履歴を参考にして審査を行うからです。そして他社で断られた履歴の有る方は審査が厳しくなると言われています。

借りれるとしたら、別分野の消費者金融系のキャッシングローンでしょう。それも選ぶなら審査が緩いという定評のある会社が良いでしょう。大手でも他で借入できなくても貸付してくれる会社は有りますし、中小で有れば探せばいくつか出て来るはずです。ネットで検索してそういうところを探してみましょう。

【参考ページはこちら】
ローン審査がゆるい金融会社を教えて!

車のローン審査が通らない理由は実に様々です

大都市圏では車がなくても生活が可能ですが、地域によっては車がないと生活が出来ないというところは日本にはまだまだあります。年齢に関係なく、車が文字通り「生活の足」となっているところは多く、家族の人数分車が必要というところも多く存在します。車を購入するときにローンを組む人がいますが、いざ、購入しようとするとローンの審査が通らない人がいます。車のローン審査が通らない理由にはいろいろあります。

まず、本人に問題がある場合です。何らかの理由で負債を抱えている人はローン審査で引っかかる可能性があります。負債として思いつくのはクレジットカードの利用料が未納である、携帯電話の利用代金が未納である、国民年金の保険料が未納であるなどが有名です。

他にも細かいかもしれませんがうっかり支払を忘れてしまった通信販売の購入代金の支払漏れなども影響することがあります。最近の通信販売は郵便振替の用紙にコンビニ支払の機能を持たせたタイプが主流でコンビニが営業している時間帯であればいつでも支払が可能、というものになっています。

微々たる金額であっても支払を忘れてしまうと、督促状が届き、場合によっては弁護士の名前で支払に関する書類が届いたりするのです。このようなことがたびたびある場合はローン審査に通らない可能性を高めてしまいます。

車のローン審査が通らない理由として上げられるのは申込者の年齢です。保証人をつけることでローン審査をクリアすることが出来る場合もありますが、初めて車を購入する20代前半の若い人に多いようです。
(⇒車のローン審査は大学生でも通れる?

この場合は父親か母親が保証人になるか、あるいは購入者を父親または母親名義で申込みし直すとあっさり審査に通ることがあります。家族で話し合うことで解決できる範疇です。もちろん、この場合、父親もしくは母親に何ら問題がないことが条件となります。

30代以降になるとクレジットカードを持っているかどうかもローン審査に影響するようです。最近は年会費無料、ポイントカードとクレジットカードが一体型になっていることもあり、ある程度の年齢になっているとクレジットカードを持っているのが当たり前という時代です。クレジットカードは嫌いだから1枚も持っていないと言う場合は車のローン審査に通らないことがあります。

クレジットカードを持っていないので利用代金の引き落としも関係ない、いつでもどこでも現金払いというは今や昔なのです。このような場合はクレジットカードを事前に作成することでクリアすることができます。できればそのカードを使って1回は買い物をして利用代金を引き落としてもらい実績を作っておくといいでしょう。

ローン会社は30代以上の人で1枚もクレジットカードを持っていない人を「問題あり」としているようです。査定に出してすぐに「ローン利用不可」の解答が来てしまった場合は、クレジットカードの有無を確認しましょう。若い独身の人であれば、あとあと結婚して住宅ローンも同じ緊急機関でなんて考えているのであれば銀行系のクレジットカードがおすすめです。

ローンを申し込むときに職業を記載する欄があることがあります。場合によっては勤務先の会社名を具体的に記載することもあるでしょう。ローン審査では実に様々な角度から査定をしています。返済能力に見合った貸付額に収まっていれば問題がないはずですが、収入と借入額に大きな開きがあるとローン審査に通らないことがよくあります。保証人をつけても、その保証人の社会的な立場によってはローン審査に通らないことがあるのです。やはり保証人の収入額に見合った額ではないと審査が通らないのです。

ローンを申し込むとき、返済期間などが選ばれますが、返済期間を短くすることで審査に通ることがあるようです。ローンは分割で返済していく借金なので当然元金だけではなく、利息なども支払わなくてはならないものですが、支払期間を短くすることで利息を安くすることが出来ます。しかし支払期間が長くなると貸し付ける側も貸し倒れのリスクが高くなるので利息が高くなるものなので、支払期間を変更することでローン審査に通ることがあるようです。

本人に問題がなくてもローン審査に通らないことがあります。同居家族による負債です。生計を共にしている家族に負債がある場合はローン審査に通らないことがあります。クレジットカードの利用代金が引き落とせないというものが一番多いようですが、借り入れる金額によっては消費者金融から借入を行っており返済が滞り気味である場合、ローン審査が通らないことがあります。

同居家族の負債が順調に返済されているようであれば審査に引っかかることはないので、家族が理由でローン審査が通らなかったときなどは確認するようにしましょう。同居家族に問題がある場合は、名義だけでも独立して世帯を構えることでローン審査に通ることがあるようです。特に消費者金融に対して負債がある場合は返済日に返済できているか確認するようにしましょう。

ローン審査を申し込む前に複数のローン会社を比較することはよくあることです。同じ条件で申込みをしてみA社は無条件、B社は条件付きなどということはよくあります。借入利息についてもローン会社全てが同じということでありません。

ローン会社事態が車のローンについてのノウハウを色々持っていて利息などを計算しているからです。車の購入を考えているのであればどのようなローンを組むことが出来るかも確認してから販売店を訪れるようにしましょう。

購入する販売店によっても利息が違うかもしれません。複数の販売店を訪問し確認しましょう。その際、店舗にいる営業担当と人と仲良くなると色々教えてもらうことが出来るようになるかもしれません。ローン審査の裏話なども聞き出せるぐらいになると長いつきあいになります。

本人に問題がない場合で注意をしたいのは、中古車購入で多い「販売店による」問題です。過去に販売実績が豊富で中古車販売店として繁盛している店舗からのローン審査は通るのに、閑古鳥が鳴いている販売店からではローン審査が通らないことも多々あるようです。

販売店によって利息に違いがあるかもしれません。この販売店問題については、中古車購入前にネットなどで事前に情報収集を行って防ぐことが出来ます。販売実績が豊富な店舗には良質な中古車が集まる傾向があります。最近は新車だけではなく中古車の価格比較が出来るサイトも出ていますので自分の欲しい車の価格相場や他の購入者がどのようにローン審査をクリアしたかの体験談なども検索して探してみるといいでしょう。

インターネットには真偽の程がわからない情報が溢れているのも事実ですが、ローン会社も正式に情報発信を行っています。車のローンを扱っている金融機関のホームページを細かく確認して販売店を訪問するようにしましょう。キャンペーンなども活用するとかなりお得にローンを申込み、組むことが出来ることが多々あります。

また同じ自動車メーカーの系列であって店舗によってサービス内容が違うこともあります。 車のローン審査が通らない理由ではないですが、キャッシュバックキャンペーンや金利手数料を優遇したりすることも行われています。少しでもお得に、毎月の返済額を減らすことが出来る工夫をそれなりに考えてから販売店へ行きたいものです。

ローン審査を申し込む前に確認したいのは、繰り上げ返済の有無です。借入金額によっては繰り上げ返済は関係ないかもしれませんが、借金が嫌いな人というのが世の中には多数存在するのです。高級車を購入し標準的な返済回数でローン審査をクリアにもかかわらず、「借金が嫌い」という理由で残債を少しでも早く減らしたいという人が存在します。

返済期間や返済金額を変更すると利息に影響するので繰り上げ返済の方法や回数に制限をかけているローン会社もあるので申込みをする前にどのような制限があるか確認するといいでしょう。