ローン審査とおる条件は何ですか?

ローン審査が通る条件って何ですか?キャッシングカードを作りたいと考えてるのですが、審査が有ると聞いて、自分が通るものなのかどうか知りたいと考えています。ちなみに自分は今、25歳でフリーターをやっていますが、バイトなどをかけもちでやっているので一人暮らしですが月収は17~18万円くらいでやっています。

ちょっと高価な買い物をしようと考えているのですが、現在の手持ちでは足りないので残りはローンにしたいのですが、その分バイトも増やせば返済はしていけると考えています。でもそもそもローンで審査に通らなければしょうがないので、審査が取る条件が知りたいです。

審査で重要な条件は仕事上の身分と在職歴です

キャッシングなどのローン審査については、審査基準が各社それぞれ違ってきますので、一概にもこういった条件であれば取るという事では有りません。

ですので、まず審査が通るかどうかが心配で有れば、審査基準の緩い会社で審査をしてみるなど、会社選びから考えた方が良いでしょう。会社選びに関しては後述しますが、まずその前に審査の内容・基準について説明をしていきましょう。審査基準は各社まちまちですが、項目についてはほぼ共通項目と言って良いでしょう。

ではその項目ですが、大きく二つあります。一つは身分証明です。どこの誰だかはっきりとしているという事が重要なのですが、これについては自動車運転免許証・或いはパスポートが有り、その住所と現住所が一致していれば問題ありません。

もしこの住所が違っているのであれば、現住所を証明するものがまた必要になってきます。またこの二つの証明書が無い場合は、それ以外の住民票や住基台帳などが証明書の代わりになりますが、この場合は、他に何点か揃えなければいけないものが出てきます。

二つ目としては返済能力の有無です。実際にはこれが契約できるかに関わってきますが、ではどうやってその返済能力を確認するかというと、主に、職業・そこでの身分・在職歴・収入の内容で確認していきます。

この時、特に重要になるのが身分・在職歴ですね。収入もどれくらい金額を借りれるかのバロメーターにはなってきますが、契約できるかどうかは、むしろその前の二つ、身分、在職歴に関わってきます。正社員がベストです。バイトでも問題は有りませんが、評価は低くなります。ただそれより在職歴の方が影響が大きいかもしれません。

例え正社員であっても在職歴が短いと非常に厳しい判断をされます。逆にバイトでも長期勤めていれば、良い評価になります。在職歴が長いほど、安定して返済できる能力が有ると判断されるわけですね。とはいえ、一番よくないのが短期バイトを組み合わせでやっているパターンですね。かけもちでも長期でやっているところが1社でもあればそこを在職期間のベースにした月収を提示するべきでしょう。

ではそういう事も含めて会社選びをしていきましょう。これについてはネットでキャッシング会社の検証・比較サイトが多数ありますので、そこから情報を拾って、一番自分の条件合ったところにするというのが一番ですね。特に注目したいのが、体験談など実体験を書いているサイトです。実際にどういう条件で審査が通ったか、サービス面などはどうか、などは体験談が一番リアルで参考になると思いますよ。

自動車ローン審査とおる条件になるチェックポイント13項目

自動車はとても高額な買い物の1つであり、特にある程度価格の高い車ともなれば全額を一括で支払う事は難しくなります。そこで、高額な車を購入する際に利用できるサービスの1つが「自動車ローン」です。

自動車ローンは需要の高いものであり、様々なローン会社が利用者の需要に合わせて色々なローンプランを提案しています。また、自動車のディーラーも激しい販売競争の中で安定した収益を得る為に、自動車ローンの契約を重要視しているものです。

しかし、自動車を購入したい方がローン申請を行ったとしても、必ずローン会社とローン契約を結べる訳ではありません。ローンを組むにはローン会社から「この人物は毎月しっかりと返済をしてくれる」という信用を得なければならないのです。この時、ローン契約希望者の信用度に対して行われるのが、一般でよく言われる「ローン審査」になります。

ローン審査のハードルを越えるには、数多くの条件を満たす必要があります。しかし、ローン会社が用意した判断基準の全てを超えなければいけない訳ではありません。社会人として問題の無い生活を送っていれば、よほど無理なローン契約を結ぼうとしない限り、自動車ローンを組むのは難しくないものです。

ローン審査とおる条件は、ローン会社から信用を得られるかどうかにあります。信用を得やすい典型的な人物は代表的な13項目のチェックポイントをクリアしているものです。

1つ目は、過去のローン支払い履歴です。クレジットカードを利用した際に、あるいは別の自動車ローンや住宅ローン等を組んだ際に支払いをしっかと滞りなく行っている人物は、ローンを組んでも返済を必ず行ってくれる信頼のおける存在として信用が得やすいと言えます。

2つ目は、連帯保証人を用意できる事です。自動車ローンを組む際、高額なローンを組む場合はローン会社が連帯保証人の紹介を要求するでしょう。この際、信用できる連帯保証人を用意できるのであれば、ローンをちゃんと返済してもらえる確実性が高まる為、信用を得やすくなります。

3つ目は、堅実な借用計画が立てられる事です。自動車ローンの限度額内でほどほどの借用額で抑えることは、ローン返済を続ける上で経済的な負担が少ない事を意味します。この為、堅実な借用計画が立てられる人物は、安定した経済活動を行う人物であり返済も滞りなく行うものとして、信用を得られるものです。

4つ目は、ある程度の貯蓄額がある事です。貯蓄がある人物は、ローンを組む際に一定の頭金を支払う事ができます。自動車の購入代金の一部をまとまった金額で支払い、残った分だけをローンで支払う人物であれば、返済は余裕を持って行える事になります。こうした人物も信用を得やすいものです。

5つ目は、他に債務が無い事です。これから組もうとするローン以外に債務が無い人物であれば、その人物の財政は健全なものと見やすくなります。これまでの債務もしっかりと滞りなく返済していれば、債務を必ず果たす人物として信用が得られるでしょう。

6つ目は、一定の社会的地位がある事です。正社員であり勤続年数が長い人物は、信用できる人物として評価されやすくなります。1つの土地で安定して生産活動を行い確実に定収を得られる人物であれば、ローン完済まで安定して顧客として付き合うことができるからです。

7つ目は、健康を長く維持している事です。深刻な持病がなく、元気に働ける人物であれば仕事も安定して収入は確実に得やすくなります。この為、ローン会社にはローン返済が滞る恐れが少ない安全な顧客として見えます。健康的な人物は、それだけで信用を得やすいものです。

8つ目は、必要な手続きをしっかりと行える事です。必要書類に不備が無く、記入に間違いや嘘が無い。この様な誠実な人物が相手であれば、ローン会社は顧客の正確な情報を把握する事ができます。情報が正確であれば、それだけローン返済能力の審査もしやすくなる為、信用に繋がるものです。

9つ目は、契約上の義務を果たしている事です。例えば、携帯電話もローンと同じ契約の下に成り立つものです。一軒、些細な問題のように見えますが、ローン会社にとっては契約内容だけでなく契約を守れるかどうかも重要になります。契約上の義務を誠実に果たせる人物は、ローン会社にとってローン返済も滞りなく行ってくれる信頼のおける人物と見られるものです。

10個目は、クレジットカードの十分な使用履歴がある事です。これは1つ目の要件とも少し重なります。社会人となれば高額な買い物をする機会も多くなり、クレジットカードの所有はほぼ必須と言えます。この為、クレジットカードを所有していて十分な使用履歴がある事は、高額な債務でもしっかり返済する意思と能力があると見られるのです。

11個目は、担保になる資産を保有している事です。担保として使える資産を持っている事は、もし、返済が滞った際に換金して返済を果たせる事を意味します。担保として信用できる資産を持っていることで、ローン会社は返済の保証の幅がある人物として見てくれるものです。

12個目は、既婚者である事です。意外に見えるかもしれませんが、子供のいる家庭を持つ人物は特に信用されやすい傾向があります。子供がいれば夜逃げ等でローンを踏み倒すリスクの少ない、安全な人物であると信用が得られるからです。

13個目は、家を保有している事です。この場合、借家よりも自宅として所有している方が信用は高まります。自宅を所有している事は、それだけ地域に長く居住し続ける意志があり、ローン返済を続けていく意思もあると見られるものです。11個目に関連して、家を担保として利用できる事も信頼の裏付けとなります。

チェックポイントをクリアしている人物は信用度の高い人物として見られる為、自動車ローンを利用しやすいと言えるでしょう。しかし、注意すべき点もあります。自動車ローンサービスを提供するローン会社や自動車ディーラーから信用されている事で、必ず良い自動車ローンを組めるとは限らないからです。

例えば、自動車ディーラーは収益のより良い向上を図る為に、自動車ローンを可能な限り長く返済し続けてほしいと考えています。この為、顧客が好みそうなオプションや、役に立ちそうな機能があれば、積極的に売り込んでくるものです。

そこで自動車ディーラーの言うままにオプションを追加したり、車のグレードを上げたりすれば、それだけ返済額も大きくなってしまいます。この様な場合、ディーラーは返済負担が低減しやすい方法を提案してくるものですが、必要が無いオプションや機能であれば、はっきりと断る事が重要です。

自動車ローンを利用する際は、ローン会社や自動車ディーラーとの信頼関係が大切になります。断るべき事は断らなければいけません。特に、自動車ディーラーは1度販売した顧客と長期間継続する互恵関係を深めようと努力をしていますが、購入した車の修理や車検等で訪れる度に購入や契約を進められるのでは、信頼も互恵関係も長続きしません。

自動車ディーラーで自動車ローンを組んだ場合は、自動車ローンを組む際に親身になって相談に乗ってくれたから等、色々な理由で財布の紐が緩みがちになってしまいます。しかし、良い関係を長続きさせて車を快適に有効活用するには、自分の需要や好みをはっきり伝える事が大切です。

自動車ローンを上手く活用するには、できるだけローン審査とおる条件を満たす信頼のおける人物である事を心掛けるだけでなく、自動車ローンを使って得た車で何がしたいのか、そして、関わったローン会社や自動車ディーラーとどう付き合いたいかまで考えましょう。便利なサービスや信頼できる業者と、長く付き合う事ができます。

自動車ローンはただ審査に通れば良いという物ではありません。有意義に使いこなす為に、自動車ローンの使用目的や、購入した車を使った目標等は予めよく考えて決めておきましょう。

【参考ページはこちら】
絶対にローン審査に通れる金融機関はある?