銀行ローン審査に通る方法を教えて!

銀行のローン審査に通りたいのですが、通し方を教えてください。別に審査に通らなかったという訳ではないのですが、銀行のローンは一番通すのが難しいというふうに言われたので、何か必要な事とか、通し方が有るなら教えて頂きたいです。

車が欲しいのですが、欲しい車が金額的に手持ちの金額では足りないので残りはローンにしようかと考えています。車屋でカーローンが出来るとも言われたのですが、金利が案外高くて驚いてしまいました。そのくらいなのかも知れませんが、銀行のローンの方が金利が低いと聞いているので、できれば銀行のローンにしたいと考えています。

まずは銀行に相談に行ってみる事です

確かに銀行のローンにした方が金利は低く収まるかも知れません。おそらく質問者の方が車屋で教えて頂いたローンは一般的に知られているオリコなどの信販系のカーローンではないかと思います。その場合、低くても12~13%の金利は掛ってくるのではないでしょうか?

銀行でローン組みをすれば、ほとんどの場合一桁で済みますし、4~5%の低金利で組めるカーローンも有ると思います。金利だけでみれば圧倒的に銀行の方が良いでしょう。100万円の買い物で有れば、5%金利が違えば、年間5万円の差が出てきます。この差はバカにできませんよね。

そんなにお得ならなぜみんな銀行ローンにしないかというと、やはりそれだけ審査が厳しいという事でしょう。銀行でも最近ではフリーローン、キャッシングローンなど比較的、通りやすいローンも有りますが、それでも審査が厳しく、また手間や時間が掛るというイメージが有りますよね。

では信販系のカーローンと何が違うかというと、まずは保証人が絶対に必要になってくるという事ですね。銀行のローン組みでは基本的には担保になるものか、保証人が必要になってきます。

またカーローンでも保証人が必要になる場合も有りますが、銀行の場合は、保証人の方の情報も有る程度情報開示しなければいけません。ただ最近では、銀行が持つ保証会社の審査を受けてその会社の保証が受けれれば、保証人なしでOKの所もあるようですね。

では審査についてですが、どこが一番みられるかというとやはり、職業・在職期間・収入が一番大きいでしょう。一番ベストは公務員か大企業の正社員でしょう。安定した返済能力があるかどうかが一番のポイントになりますので、高収入だけど不安定な職業より、安定して収入が有る社員の方が信頼度は高いようです。(こちらもご参考に→公務員は会社員より車のローンに通りやすい?

次に在職期間が大きく影響していきます。在職期間が1年未満で有れば、信頼度は低く、条件的にはかなり厳しくなるようです。職歴なども幾つか変わっていたり、一つのところの在職期間が短い人は低評価になるようですね。

基本審査の項目自体はそんなに変わりませんが、審査基準自体が高いようですね。でもまずは相談してみないと解りませんので、一度窓口で相談してみてはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
銀行の車ローンは配偶者も審査対象?

銀行ローン審査に通るには、何が必要なのか

銀行は都市銀行、地方銀行、信託銀行などがあり、一般に利用するものといえば都市銀行または地方銀行になります。また近年は新たな形態として、インターネット上で取引を行うネット銀行や、コンビニエンスストアやショッピングセンターなどにATMを設置し、これらATMを通じて取引を行う銀行なども登場しており多様化しています。

利用方法は、その銀行に口座を作り、お金を預けることになります。お金は営業時間中であれば預入や引出が自由に行え、また通常の場合は利息が付き、一定期間預けることを条件にした定期預金をすることで高い利息を付けることができます。

昔は個人が銀行を利用する目的といえば、単にお金を預けることで、そもそも頻繁に取引を行うような性質のものではありませんでした。しかし、1970年代に入るとサラリーマンなどの給与支払いが銀行を通じて振込みで行われるようになると、銀行との取引も頻繁に行われるようになります。またそれ以前から銀行によっては公共料金など毎月定期的な支払いを自動振替で支払うといったサービスも開始されています。

1970年代にはATMやCDなどが登場し始め、お金のやりとりが機械を通して行えるようになるなど気軽に銀行が利用されるようになります。1980年代になると地方の銀行でも給与振込や公共料金の支払い、ATMなどの設置などが進み、現在の銀行の業態が形成されていきます。

1990年代には、バブル崩壊による不況と金融業界の再編により銀行の統廃合が盛んに行われるようにメガバンクと呼ばれる、現在の大手都市銀行が登場しますが、一方で1990年代の後半に入るとインターネットの普及によりインターネットオークションやインターネットショッピングが盛んになると個人同士のお金のやりとりが盛んになります。

一方で、インターネットを専業としたネット銀行なども登場してきます。特にネット銀行では、既存の地方銀行が参入したインターネットバンキングや、最初からインターネットでの取引を前提としたネット銀行などがあります。

特に統廃合により登場した銀行や新しく設置された銀行の多くは従来の銀行と差別化するために多くの場合には手数料が安く設定されるなどしています。これら一般的な銀行のサービスを利用するには特に審査などの条件はなく氏名と住所があれば銀行口座を作ることができます。

一方で、銀行にはお金の預け入れや受け取り、送金といった仕事の他にもお金の貸付けも行っています。これらはローンと呼ばれており、代表的なものとして住宅ローンがあります。住宅を購入するには少なくとも一千万円近くのお金を用意する必要がありますが、この大金をすぐに用意できる人はそう多くいません。

そのため、多くの人は銀行などが提供する住宅ローンなどを利用して貸付けを受けて支払うことになります。また住宅ローンを利用することで、さまざまな税制における優遇措置を受けられるメリットもあります。住宅ローンは、金利が低く設定されていますが、貸付けを受ける金額が大きいために金利負担も軽くはありませんが、ローンの中ではもっとも低い金利が適用されるのが一般的です。

またこの住宅ローン以外にも自動車やオートバイなどを購入するためのマイカーローンやオートバイローン、教育資金を用意するための教育ローンなどがあります。サービスの名称に関しては銀行によって異なりますが、いずれも金利は低めに設定されています。ただし、その用途が定められているものになり、これらのローンは目的ローンとも呼ばれています。また自由な用途のお金を貸し付けるローンは主にカードローンと呼ばれるものです。

目的ローンでは、一つ一つの貸付けにさしして審査を受けて借入契約書を交わす仕組みになっていますが、カードローンの場合には、貸付けを受ける上限金額を設定しておき、いつでも借りられるようにするものです。

カードローンの由来は、キャッシュカードにローン機能を附属させるためで、ATMやCDなどからお金を引き出す事ができます。これらのローンを利用するには、その銀行の銀行口座を作る必要があり、返済にはその口座からの自動振替という方法で行われます。しかし、あくまでもお金を借りることですので審査を受け、それに通る必要があります。

この銀行ローン審査に通るには、安定した収入があることや職業や居住実態などが重要になります。収入と職業に関してはローンを利用するための最低条件であり、その収入金額と勤めている会社が審査の対象となり、また審査に通っても、収入に見合うだけのお金しか貸付けを行わないのが一般的です。しかし住宅ローンの場合には住宅が担保になるため、ほかのローンに比べて、収入面での条件が悪くても頭金を多めに入れることで利用することが可能と言われます。

また普段から給与振込などで家計のメイン口座として使っている銀行の場合には、その取引実績も加味されるため、まったく取引のない銀行よりも審査の手続きがスムーズに行く場合があります。また近年は保証人として個人を立てるのではなく保証会社を入れることで利用がし易い傾向にあります。なお、住宅ローンを借りている間は、その他のローン商品であるマイカーローンや教育ローン、カードローンなどの利率が1%ほど割り引かれて利用できる場合があります。

一方で、マイカーローンは新車や中古車でも利用ができるのが一般的で、オプション料金を含めたお金を借りることができます。銀行のマイカーローンを利用するメリットとしては、ディーラーローンの場合には所有権がローン会社のものとなっているのに対して銀行のマイカーローンは所有権が購入者の名義であるという点です。

このため所有権がローン会社のものであれば、ローン支払い後に所有権の名義を書き換える必要がありますし、キャンペーンなどを除けば金利も高めの傾向にありますが、メリットとしては手続きが簡単で銀行のカーローンに比べて審査に通りやすい傾向にあるという点です。カーローンに関しては、必ずしもマイカーローンが有利というわけではなく、その時々の状況で変わってきます。

また教育ローンは教育資金を目的に借り入れを行えるものですが、入学する学校によって貸付け金額の上限が決まります。学校に関しては、塾や専門学校でも良く入学金から授業料、また留学費用などに利用できます。多くの場合には入学金を用立てるために繋ぎ資金として利用される傾向にあります。また教育ローンの特徴としては支払い期間が長めに設定されている点で、ゆとりをもって返済ができます。

また銀行のカードローンは、目的ローンよりは金利は高いものの消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどを利用するよりも低い金利でお金を借りることができます。ただし、近年は銀行系消費者金融が提供するキャッシングサービスもカードローンと称するようになってきており、これらのカードローンでは消費者金融と変わらない金利が設定されている場合が殆どです。

いずれにしても全く、何も状態からお金を借りるには審査基準が厳しく、少なくとも家族が養えるだけの収入がなければ、これら銀行のローンを利用することは困難です。ただし、銀行のローンでもやや特殊なものとして定期預金担保貸付けと呼ばれるものがあります。定期預金の場合には長期で預ければ預けるほど利率がよくなりますが、中途解約すると利率が下がります。

そのため短期間の貸付けや一時的にお金が入用になった場合には解約を行わずに定期預金を担保に入れてお金を借りるという方法があります。この場合、定期預金の定期金利と+0.5%が貸付けの金利として取られることになりますが、定期預金を解約しないで済み、また定期金利も現在では0.1%以下なので、1%以下の金利でお金の貸付けを受けることができます。この定期預金担保貸付けでは定期預金内の貸付けですので、審査もなく誰でも利用することができます。