ローン審査固定電話がないとなぜ怪しいといえるの?

たまに聞く話なんですがローン審査固定電話がないというのはなにがいけないのでしょうか?ローン審査固定電話が無いといのは怪しいという話をよく聞くのです、ヤミ金だというようなことをいう人もいるくらいで、どうしてなんだろう?というように思います。

実際、固定電話ではなくて携帯電話で連絡をしてくるような業者もいるわけですし、そんなに悪く無いと思うんですが。最近はビジネスでも携帯電話が当たり前の時代ですし、なにが固定電話でないとダメなのか、わからないので教えてもらってもいいですか?

ローン審査固定電話以外はヤミ金だと言えるから

ヤミ金だというように言う人もいる、というのであれば、そういう人の話はしっかりと聞いておいたほうがいいと思います。実はこの固定電話が書かれていないという点だけを見ても、この業者は使わないほうがいいといえるのです。ナゼか、それはヤミ金だからです。ヤミ金というのは固定電話を書いているところもありますが、書いていないところは確実にそう言えるのです。

固定電話がないとヤミ金というのはこれはヤミ金かノーマルの普通の消費者金融かを見分けるためにもすごく大事なことなのです。実は法律ではこの固定電話が書かれていなければいけない、というようにしっかりと決まっているのです。つまり固定電話ではない番号が書いてあるようなものはヤミ金であり使ってはいけないということです。

しかも電話番号は一つだけ固定電話だったらいい、というわけではありません。例えば問い合わせの番号と申込みの番号は違っていたりするわけですが、どちらかが携帯電話であったり固定電話ではない場合があります。片方は固定電話だし大丈夫だろうと思って連絡をしてしまう人もいますが、これもダメなのです。記載されている全部が固定電話でなければならないとされています。

というように、電話番号一つを使ってヤミ金か街金を見分けることもできるのです。そのくらいローン審査固定電話というのが重要になってきます。町中には固定電話ではなく携帯電話の番号が書いてあり、その携帯電話にかけたら直ぐに借り入れができるというような広告が貼ってあるところもあります。しかしこれは確実にヤミ金なので使わないほうがいいでしょう。

なかなかここまで理解しているという人は少ないんですが、ヤミ金かそれ以外の消費者金融かというのを理解するのには固定電話から入るのがいいと思います。もちろん固定電話が書かれているものが全て普通の消費者金融というわけでもないので、利用する前には必ず口コミで調べてから使うほうが安全だといえるでしょうね。

【参考ページはこちら】
固定電話の有無はローン審査に影響する?

ローン審査固定電話、審査を有利に進めたいなら

キャッシングやカードローンは、担保や保証人なしで、お金を貸してくれるサービスです。その為、キャッシングやカードローンの審査の際、重要になってくるのは、審査を受ける人が、本当に信用できる人物かどうかという事です。

信用の基準は業者によって様々で、意外な事が、審査に影響する事も珍しくありません。基本的に審査で、重要になってくるのは、年収や雇用形態、勤務先、勤続年数といった、仕事に関するものです。担保や保証人を必要しないキャッシングやカードローンでは、利用する人にしっかりとした、安定した収入があるという事が重要になってくる為です。

その為、年収が業者が設定している基準をクリアしている、公務員や正社員で働いている等、雇用形態が安定している、もしくは、非正規雇用であっても、1年以上、同じ勤務先に勤めている等、今後も働き続ける可能性が高いといった事が重要になってきます。

ですから、年収が高く、公務員として働いている、大企業で正社員として長く働いているという人であれば、大手メガバンクであっても、審査に通りやすい事になります。それに対して、年収が低い、非正規雇用で働いている等、条件が悪い場合、審査が甘い業者を探して審査を受ける事が大切です。

審査落ちというのは、キャッシングやカードローンを利用する事が出来ないだけでなく、信用情報に傷がついてしまう事になります。1回審査に落ちる程度なら、それ程問題になりませんが、短期間で2社、3社と審査落ちをすると、今後のローンの審査に影響が出る事になります。

キャッシングやカードローン、そしてクレジットカードや、住宅ローン、車のローン等の審査の際は、信用情報を確認する事になります。信用情報は、多くの業者が共有している形になるので、複数の業者の審査落ちをした事は、すぐに確認できる事になります。短期間で複数の業者の審査を受け、落ちているという事は、その人に大きな問題があるのではないかと、考えられる原因となります。

問題があるのではないかと考えられる人に対して、業者はなかなかお金を貸してくれません。その為、何度も審査落ちをすると、今後の様々な審査に影響が出る為、キャッシングやカードローンの審査を受けたいと考えたら、現在の年収や、雇用形態を客観的に判断して、業者選びをする事が大切です。

キャッシングやカードローンを利用する際、銀行の方が、金利が低い上に、総量規制の対象にならない為、年収の1/3にあたる金額を超えていても、銀行が定める上限額まで利用可能となる等、様々なメリットがあります。そして、銀行という安心感もあります。その為、利用するならば銀行の方が良いと考える人は少なくありませんが、年収や雇用形態等の基準が、銀行が設定する基準に達していなければ、無理をせず、消費者金融を選ぶ事が大切です。

一般的に、銀行の方が審査が厳しく、消費者金融の方が審査が甘いといわれます。ただ、銀行の全てが審査が厳しいかといえばそうではなく、地方銀行などの中には、比較的審査が甘いところもあります。消費者金融の中には、ブランドイメージを守る為に、審査を厳しめにしているところもあります。ですから、審査の厳しさ、甘さは業者によって変わります。

ただ、明らかに審査が厳しいとされる大手メガバンクや、有名な銀行、消費者金融等の利用を考えた場合、実際に審査を受けた人の感想等を確認しておく事が大切です。審査を受けた人の条件等を確認しておくと、年収や雇用形態等、大体の審査基準が見えてくる事があります。

確認をしてみて、審査基準に不安があれば、その業者は避けて、現在の状況でも通りやすそうな業者を探す事が大切です。そして、この際に、覚えておきたいのが、審査というのは、年収や雇用形態、勤続年数等、勤務先や収入に関する情報の他、意外な事が影響する可能性があるという事です。

意外な事の一つが、ローン審査固定電話、その電話番号の有無です。キャッシングやカードローンを利用する際、家族に知られたくないと考える人は少なくありません。家に電話がかかってくる事を避けたいと考えた場合に、手軽な方法が、携帯電話の番号で登録をする方法です。

審査申込の際の、電話番号は、携帯電話番号でも構いません。ただ、これは構わないというだけです。審査を通りやすい状況にしたいと考えたら、携帯電話よりも、固定電話の方が信用が高まる事になります。携帯電話番号しか書いていない人は、家に電話をされたくない理由があるのではないか、何か後ろめたいところがあるのではないかと、考えられる可能性があります。

家の電話番号は個人情報だから、提出したくないと考える人は珍しくありません。ですが、それにより、信用を少し落としている可能性があります。ですから、余程の問題がない限り、電話番号は、固定電話の番号、そして携帯電話の番号を両方書いておく位がお勧めです。それにより、業者からの信頼が高まります。

この他、キャッシングやカードローンの審査は、意外な事が影響する可能性があります。その一つが、信用情報の内容です。信用情報は、キャッシングやカードローンのように、借金に関する内容が記録されているというイメージを持つ人は少なくないでしょう。

確かに、キャッシングやカードローンの審査を受ければ、その事がリアルタイムで記載され、その結果が出れば、その事もリアルタイムで記載されていきます。更に、利用状況、返済状況等も記載されていきます。返済が困難になり、自己破産を行えば、いわゆるブラックリスト状態となってしまいます。

その為、信用情報というのは、借金に関する情報が記入されているというイメージを持つ人は少なくありませんが、キャッシングやカードローン等、借金に関わらなくても、信用情報には様々な事が記載されています。その一つが、クレジットカードに関する情報です。クレジットカードを作る為の審査や結果について記載されるだけでなく、利用状況、問題なく支払いが出来ているかどうか等も、記載されていきます。

預金の残高がなくて、支払いが出来ない状態になった場合、それは信用情報の傷となってしまいます。信用情報の傷といえば、借金の返済が遅れた場合につくというイメージを持つ人は少なくありませんが、クレジットカードでも、傷がつく事は珍しくありません。

更に、携帯電話に関する料金というのも、信用情報に記載される情報の一つです。携帯電話やスマートフォンの本体を月賦で購入した場合、その月々の返済が問題なく行われているか、月々の携帯電話の利用料は問題なく支払われているかという事もまた、信用情報に記載されています。

携帯電話に関する料金は、支払いが遅れても、一時的に使えなくなる可能性がある程度と、軽く考える人は少なくありません。ですが、こうした支払いに関する事も、信用情報に記載されています。年収や、雇用形態、勤続年数等に問題がない筈なのに、審査に落ちるという場合、気付かないうちについた信用情報の傷が問題になっている可能性があります。

携帯電話に関する情報は、大体2年で自然消滅していく為、心当たりがある場合、信用情報の傷が消えるのを待ってから、審査を受ける事がお勧めです。気づかないまま、繰り返し審査を受け、審査に落ちると、信用情報の傷が大きくなり、ますます審査に通らない状態を作ってしまう事になります。

キャッシングやカードローンの審査というのは、年収や雇用形態、勤続年数がしっかりしていれば、問題なく通ると考える人は少なくありません。ですが、家の固定電話の番号が書かれていないという事で、信用が下がる事もあれば、気づかない間についてしまった、信用情報の傷が原因で、審査に通らないという事も珍しくありません。審査を有利に進めたいなら、こうした些細な事と考えられる情報も、大切にしていく事がお勧めです。