消費者金融のローン審査に落ちたけど車を買う方法はある?

実は先日車を買おうと思ってローンの審査をお願いしていました。滞り無く進んでいたし「まぁこれなら大丈夫だろう」と自分では思っていました。ネットでも相談してみたんですが借りられると言っていたので大丈夫と思っていましたが、落ちてしまったんです。

ローンに落ちるなんて考えてもいなかったので、ちょっとどうしたらいいのかわかりません。こうなったらローン審査に落ちたけど車を買う方法というのを見つけないといけないわけですが、なにかいい方法というのはあるものでしょうか。

ローン審査に落ちたけど車を買う方法は少ないがある

車のローンに落ちてしまったというのはかわいそうではあります。同情しますが、だからといってまた再度審査を受けても通る可能性というのは低いと思います。ですからおっしゃるようにローン以外で買い物をする必要があると思いますが、ローン審査に落ちたけど車を買う方法はないとはいいません。しかしかなり方法としては使いにくいと思います。

一つがローン審査の業者を使わないということです。ローン審査に落ちたというのであれば、業者での借入は難しいと考える事になりますが、その時には親・親戚・友達などからお金をかき集めるという方法があります。沢山の人からお金を借りて、そのお金を使って一括で車を購入する、という方法です。よほどつながりが多い人なら可能ですが、そうではない人にとっては難しいでしょう。

友達や親などから借りられないと言う人はもうかなり可能性は低いですけれども、審査の通りやすい車のローンというのを探すという方法もあります。自動車ローンは銀行が取り扱っているのが一番多いと思いますが、銀行以外の業者もたくさん取り扱っています。それこそ消費者金融系の関連会社が商品として持っていたりするので、そこを利用するというのも考えられるでしょう。

ただし、審査の通りやすい自動車ローンというのは結構数も少ないし、情報もあまり出てきていません。口コミサイトなどにはある程度あるのかもしれませんが、結構探さないと情報自体は見つからないでしょう。なので根気よく情報を探す事になると思います。審査の通りやすい自動車ローンは銀行系ではないと言われていますから、銀行以外のものを中心に探すといいと思います。

以上のようにローン審査に落ちたけど車を買う方法はどちらかくらいしかないものです。現金一括で購入できるようにするか、もしくはローン審査が甘い業者を更に別で探すかです。一回ローンの審査を受けたのにこういうことがあると、結構つらいですから一回で車のローンは通したいところです。

ローン審査に落ちたけど車を買う方法もあり

自動車を購入するときには、ほとんどの100万円以上の買い物となりますので、現金一括払いではなくマイカーローンなどを利用して購入しています。マイカーローンは車を購入する予定のディーラーだけでなく、銀行や消費者金融系などでも取り扱っていますので、より金利の低いところを選ぶことで、かなり安く車を手に入れることができるようになります。

しかし、マイカーローンは誰もが申し込むと借り入れできるというものではありません。一般的にはマイカーローンは信販系の会社や、ディーラーの系列のローン会社などが融資をしていますが、申込者の年齢や収入、勤続年数、職業、他社からの借り入れ状況などの要素によっては、融資を断られることもあります。

もちろん、融資をしないということは車が一台売れなくなるということですので、ディーラーにとってもうれしい話ではありませんが、それでも融資ができないということはかなり審査において、自分の条件が厳しいということでもあります。

しかし、地域によっては車がなければ通勤や通学、生活のための買い物や移動などができないというところもあります。特に、地方のように交通アクセスが十分に整備されていないところでは、車がなければ普通の生活をすることも困難になりますので、ローンに落ちたときには何らかの別の手段を講じなければなりません。

中古車を安く手に入れるという方法もありますが、この場合にもやはりまとまった現金は必要です。購入金額を安くするだけでなく、現金を調達する方法も検討しなければなりません。

ローン審査に落ちたけど車を買う方法はいくつかありますが、資金調達の金額によっては、より審査の通りやすい別の借り入れ方法を検討するというのも一つの対策です。例えば、マイカーローンや住宅ローンといった目的別ローンよりも借り入れの審査に通りやすいものとして、キャッシングやカードローンが挙げられます。

キャッシングやカードローンは、借り入れできる金額はそれほど多くはありませんし、金利も通常の目的別ローンに比べると若干高めになっています。しかし、使い道が自由ですので、車の頭金に使うこともできますし、融資枠が余れば、生活費や毎月の返済、旅行、買い物、飲食代など様々なことに使えるようになります。ただし、事業資金として使うことができないケースがほとんどですので、個人事業主の人は利用するときに注意しましょう。

キャッシングやカードローンは、無担保で借り入れができるという点も大きなメリットになっています。たとえば、現金が必要な時に一人暮らしをしているなどの事情で、保証人を頼める人が近くにいないときでも、自分自身の支払い能力が信頼できると判断されれば借り入れをすることができます。

また、不動産や保険の質権など、資産を持っている人は担保を提供することで借り入れができるケースもありますが、何も持っていない人であっても審査に通れば借り入れができます。

一方で、審査は全体的に目的別ローンに比べて通りやすくなっており、継続的な安定した収入がある人で、過去に金融事故を起こしていなければ大体借り入れができるようになっています。比較すると、銀行系が最も審査に厳しい傾向にあり、次いで信販系会社、消費者金融系の順に審査に通りやすくなっています。これまでローンの審査に通らなかったという人も、これらを踏まえて、まずは消費者金融系で申し込みをしてみるとよいでしょう。

また、融資スピードが速いというのも大きな特徴となっています。銀行系は保証会社でも審査を行いますので、必然的に時間がかかりますが、それでも融資までに数日程度というところがほとんどです。

消費者金融系の中には、申し込みをしたその日のうちに融資を受けることができる即日融資に対応しているところもたくさんありますので、急いでいる人でも安心です。車の購入の手続きをある程度済ませて、頭金を支払わなければならないという段階になってこういったキャッシングなどを利用しても、審査に通ればすぐに支払いができますので、車をあきらめずに済みます。

キャッシングやカードローンの特徴として、銀行系以外のところから借り入れをする場合には、利用者の年収によって融資の限度額に制限があるということを覚えておいたほうがよいでしょう。これは総量規制といって、利用者が自己申告をした年収の3分の一までの融資を受けることができますが、それを超える金額となるとどこに申し込んでも断られてしまいます。

これは借入総額で判断しますので、すでに他社からの借り入れがある場合には、その金額と年収の3分の一の差額が借りられる上限ということになります。車を購入するときに、キャッシングやカードローンのみで借り入れをするとなると、年収がある程度ある人しか利用できません。そのため、頭金にあたる部分を借り入れして、ローンの申込額を減らすことによって、マイカーローンの審査に通してもらうなどの工夫が必要になることもあります。

キャッシングやカードローンの返済方式は、マイカーローンなどの目的別ローンとは若干異なった形式になっています。基本的に、残高スライドリボルビング払いといって、まず利用限度額を決めます。これは、借り入れ可能な金額の上限のことで、利用者ごとに業者が独自に決定しています。

そして、契約をしてもすぐに借入をする必要がないという場合には、この状態で放置することも可能です。この場合、借入額がないので当然利息も一切かかりません。現金が必要になった時には、借り入れ申し込みをします。

借入可能額は、利用限度額の範囲内であればいくらでもよいことになっていますが、業者によって千円単位、一万円単位などに分かれています。基本的には、借入残高に応じて決められている約定返済額を毎月一回ずつ振り込みや引き落としによって支払うという形になりますが、利用限度額までにまだ余裕がある場合には、いつでも自由に追加借り入れができます。

また、繰り上げ返済も特に手続きや費用負担などはなしに利用することができます。提携先のatmは全国いたるところにありますので、出先で現金が不足したときに借り入れをしたり、収入があった時にすぐに返済をするなど自由な使い方ができます。

マイカーローンの代わりとして利用した場合でも、このシステムは同じですので、収入が入った時にまとめて返済をしたり、現金がほかの理由で不足したときなどに追加で借り入れをすることが可能です。

基本的に、キャッシングやカードローンは自由度が高い反面、金利が高くなっていますので、借入額が大きいうちは積極的に繰り上げ返済をするようにしたほうがよいでしょう。マイカーローンの方が金利は低くなりますので、どちらも利用した場合には、優先的に返したいのはキャッシングの方です。

年収が少ないなどの理由で、キャッシングを利用しても車を購入する足しにならないと考えられる場合には、保証人を付けてローンを組んだり、別の家族の名義で借り入れをするといった方法もあります。パートやアルバイトといった短期雇用の人が借り入れを申し込むよりも、正社員で長期的に安定した収入が期待できる家族の方が審査に通りやすいといったケースもありますので、ディーラーと相談してみるとよいでしょう。

なお、審査に通ればマイカーローンなどの目的別ローンの場合、利用者の年収で借入額が制限される総量規制の対象外となっていますので、収入に関係なく車を購入できる金額を借りることができます。

ディーラーとしては、積極的に融資をしてもらって車を購入してもらった方が好都合ですので、マイカーローンを組むときに踏み込んだ話をしても対応してもらえることが多いです。借り入れ可能な家族ともよく相談して、場合によっては債務者や保証人となることを頼んでみるというのもよいでしょう。

【参考ページはこちら】
車のローンがあると消費者金融の審査に通れない?