ソニー銀行のローン審査を考えていますがどうでしょう?

昔から革新的な商品を作るということもあって、以外に好きだったのがソニーです。ここがソニー銀行を扱っているというのは知っていました、最近は保険も合わせて金融系がすごい調子がいいというのも聞いていましたしけれども、このソニー銀行でのローン審査のウワサはどんなものでしょうか。

あまりソニー銀行に関するローン審査のウワサというのを聞かないのです。昔はあったのでしょうけれどもできるだけ最新の状況を聞いてみたいです。どれだけの人が通るのか、審査は厳しいのかなど聞きたいことが多いのでぜひお願いします。

ソニー銀行は現在ローン審査が停止されている

ローン審査についてですけれども、ソニー銀行の場合は現在残念ながら停止されていると言われています。まぁなぜなのか?と言われるとよくわからないのですが、ソニー銀行で借り入れをすることは現在出来ません。せっかく自分の好きなソニー系列で借りようとしていた質問者には残念ですけれども、今は我慢するしか無いでしょう。

一応ソニー銀行としては今後復活させる予定もあるというように言っていますから、もしかしたら今後復活する可能性もあります。いつになるかはわかりませんが、復活したら多くの人が申し込みをするでしょう。商品としては今も紹介をしているのでそれを見ればわかりますが、他の銀行系カードローンと負けず劣らずな感じになっているので。

例えばですがまずカードローンがあります。こちらのソニー銀行のカードローン、金利が結構低めです。消費者金融よりも低いですし、少額を借りて使うというのであれば問題無いと思います。少額ではなくても大きな金額でもある程度までは対応してくれそうです。カードローンが使えるところも復活をした時にはコンビニATMや他の銀行ATMも使えるようになるのではないでしょうか。

もう一つが目的別ローンで、こちらはよくある目的別の自動車向けのローンと教育ローンの二つ、そして後は一般ローンというものがあって、フリーローンと目的別ローンの間のような商品もあります。これを使えばある程度自由に目的を選んで設定することが出来るようですので、復活すれば使いたいという人も多いでしょう。もちろん金利も低めの設定になっています。

金利も低めで借りやすく、そしてなんといっても若い人たちを中心に絶大な人気のあるブランドでもありますから、ソニー銀行の借入を復活させてほしいという人の声は多くあるでしょう。今後、いつになるかはわかりませんが、おそらく復活するだろうと思われます。その時まで楽しみに待つ他ないでしょうね。

【参考ページはこちら】
ローン審査が緩い金融会社ランキング

ソニー銀行のローン審査とはどんなものなのか

カードローンは非常に便利なもので、担保や保証人は原則必要ありません。保証人はいざという時には迷惑をかけてしまう恐れがありますし、しかも融資を受けたことが知られてしまいますのであまり好む方はいませんでした。しかし現在では保証会社が存在していますので、この会社の保証を受けることができれば保証人は必要ありません。

さらに限度額内であれば何度でもお金を引き出すことができますので、いざという時には本当に良いものです。ローンにも住宅ローンやカーローン、教育ローンなどいろいろありますが、フリーローンの場合は使途は問われませんので、例えば旅行に使っても良いですし、引越し費用にしても良いのです。ただし融資を受けるためには必ず各社が定める審査に通らなければいけません。
(⇒様々なローンの審査基準を知りたい!

審査では個人信用情報機関を必ず見られることになります。個人信用情報機関というのは個人のお金に関する流れを記録した機関です。とはいっても貯金通帳の中身を見られるとかそういうことではありません。融資をいついくら受けたのかということや返済が遅れている、滞納しているなどの情報が載せられています。

またローン会社に申し込みをしたという情報もしっかりと載せられていますので、一度に何社にも申し込みをするのはやめておきましょう。よほど切羽詰っている状態、つまり返済する能力が怪しい状態だと考えられて審査に落ちてしまう可能性が出てきます。携帯電話の料金も滞納しているとこの機関に記録が残ってしまうので注意しましょう。

ここに記録が載せられている状態をいわゆるブラックリストに載るといって、ローンを組む時にはとても不利になってしまうのです。新たに融資を希望する場合で以前から他社における借金がある方は、できればそれまでのローンは完済してしまうか、おまとめローンが利用できるところに申し込みをするのが良いです。

ソニー銀行ではフリーローンで8種類の利用限度額が用意されています。10万円、30万円、50万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円です。使用使途は自由ですし、契約をすませた後であればカスタマーセンターの自動音声案内やATM,サービスサイトなどで何度でも限度額内で借りることができます。

申し込みできる条件はいくつかあります。まずソニー銀行に円の普通口座を持っていること、申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の方、そして年収がそれぞれの限度額によって定められている金額以上ある方です。

例えば限度額10万円を申し込む方は前年度の年収が50万円以上なくてはいけません。30万円、50万円、100万円の場合は200万円以上、150万円、200万円の場合は400万円以上、250万円、300万円の場合は年収600万円以上の年収が前年度にあったことが条件です。もちろん前年度に収入があっても今年度安定した収入がない方はローン審査には通らない可能性が高いので気をつけましょう。

逆に言えば、アルバイトやパートであってもちゃんと毎月収入を得ているのであれば申し込みをすることはできるのです。金利に関しては、原則として毎月1日に市場金利の動向に応じて決定されることになります。

返済は返済日に毎月自動引き落としで口座から返されます。利用限度額に関係なく、月々の返済額は前月の約定返済日の利用残高によって決まります。前月の利用残高が50万円以下であれば月々の返済額は1万円、200万円以上300万円以下であれば月々6万円という具合です。

ただし返済日の前日の利用残高や利息の合計金額が月々の返済額に満たない場合は、利用残高や利息の合計金額が返済金額となります。返済はきっちりと毎月返すようにしておかないと信用情報機関に記録されますし、後々利息がどんどん高くなっていくので便利なはずのローンが逆に困った事態を引き起こす原因になってしまいかねません。

融資を受ける時にはそのあたりもちゃんと考えて申し込みする必要があります。消費者金融会社で借りる時も同じですが、限度額内であれば何度でも借りられるというこの便利なシステムが借り過ぎをさせてしまうということがあるので、気をつけましょう。

まだ借りられるからとつい気軽な気持ちでブランドものを買ってしまったり旅行に行ったりとしてしまう方は実際にいるのです。またソニー銀行のローンでは返済日以外でもいつでも自由に返済をすることができます。サービスサイトを利用する場合、一部返済と全額返済のどちらかを選ぶことができるようになっています。ATMやカスタマーセンターでは元金のみの返済になります。手数料や保証料は必要ありません。

必要な書類は申込書、100万円以上借りる方は年収確認書類が必要です。年収確認書類は源泉徴収表、課税証明書、納税証明書、住民課税決定通知書などのコピーが有効です。借入れ方法ですが、サービスサイトであればログインした後に商品一覧からカードローンを選択し、借入から借りることができます。

融資したお金はソニー銀行の口座へ入金されますので、後はキャッシュカードを使って引き出します。ATMもキャッシュカードで借入れできます。テレホンバンキングでの借入れはカスタマーセンターへ電話してサービス番号を押し、自動音声に従って手続きをするだけです。こちらも口座への振込みになりますのでキャッシュカードで引き出せばよいです。

金利は銀行は大体低めに設定されることが多いですが、ソニーもかなり低めの設定になっています。最低金利は6.5パーセント、最高金利でも12パーセントとなっています。

一般的に消費者金融会社で融資を受けますと、高い場合は17パーセント台から18パーセントほどになるので、これはやはりかなり低いといえます。クレジットヒストリーがない場合はある場合に比べて金利を高いほうで設定されることが多いですが、銀行のローンは低めなので返済総額を考えても少しお得です。

また銀行系と銀行とではまったく違いますので覚えておきましょう。銀行の場合は総量規制の対象となりませんが、銀行系であれば総量規制の対象となります。銀行系というのはあくまで銀行の系列の消費者金融会社のことだからです。貸し金業者から融資を受ける場合は総量規制は必ず適用されます。総量規制とは法律で定められている決まりのことで、年収の3分の1の金額が最高限度額であるというものです。

つまり銀行で借りるのと銀行系で借りるのとでは最高限度額に差が出るということです。もし高額な融資を受けたいとう方であれば銀行に申し込んでみるのがオススメです。ただ銀行であっても審査は絶対にありますので、収入に見合った限度額に決められます。もし高額な限度額を得たいのであれば、やはり収入自体をぐんと上げてしまうしかないのです。

ソニー銀行では住宅ローン、フリーローン、目的別ローンなどがあります。目的別ローンであれば最大で500万円の限度額があり、返済期間も最長で10年となっていますのでゆとりを持って返済していくことができます。限度額や返済期間などは年収やどのローンを選ぶかによって変わります。

金利も変動金利から固定金利へと変更を簡単にできるようにされていますし、将来的な金利が上がることが心配な方は変更してしまうのも良いでしょう。これはやはりインターネット銀行ならではのメリットだといえます。

目的別ローンの場合まとまった金額の借入れをしたい方のためのものです。返済の期間が長ければ、繰り上げ返済をすることで借入れ元本を減らすことができます。返済総額を少なくするためにはできるだけ早く短期間で完済してしまうのが一番なのです。

目的ローンは教育ローン、新車ローン、一般ローンの3つがあります。一般ローンは家具やスポーツ用品の購入、旅行費用、結婚費用、治療費などに使うことができるものです。ローンを上手に使って生活をしやすくしましょう。