結婚式のローン審査って正社員以外でも通りますか?

今度結婚式を挙げる予定の27歳男です。仕事は派遣社員という事で相手の親には反対もされましたが、一切迷惑をかけないとの約束を取り付ける事で納得してもらえました。派遣と言ってもコンスタントに仕事はありますし、それなりの技術職なので給与も悪いというわけではありません。一応正社員として仕事はしたいと思っていますが、それもこのご時世なのですぐには上手くいきそうもないので…結婚後しばらくは子供を作らないようにして、しっかりとした地盤を築いていきたいと思います。

それに結婚は贅沢さえしないならむしろ未婚よりも安くつくケースが多いから後悔も無いのですが…せめて彼女の夢である、結婚式だけは挙げてあげたいのです。彼女は気にしなくて良いとは言っていますが、やっぱり付き合っていた時からあこがれはあったみたいなので…とはいえ結婚式っていうのはなかなかお金がかかる儀式なので、ローンを組んで挙げるしか現状では方法が無いのも事実です。

それでお聞きしたいのですが、結婚式のローン審査って正社員以外でも通るものなのでしょうか私は派遣社員という事で、正社員よりは信頼面では劣るという事は自覚しています。こういう融資では正社員以外は大抵が厳しいという事で、結婚式を挙げられるか心配です。

結婚式のローンはさほど厳しく無いので大丈夫だと思われます

結婚するなら非正規だとちょっと…とか言われている昨今ですが、それはあくまで昔みたいな男一人の大黒柱で安定した生活ができる社会基盤があった頃の話ですからね。質問者さんの言うとおり、結婚したからといっても共働きをしたり、或いは結婚後も特に派手な生活をしない限りはむしろ生活が楽になる事もあります。一緒に暮らせば家賃も半分、料理は一人も二人もさほど手間がかかりませんからね。それに税金などの優遇を受ける事もできますので、非常に賢い判断だと私は思いますよ。

結婚式を挙げるなら一括かローンかの二択ですが、やっぱり不況下ではローンを組むという人が多く、質問者さんみたいに審査に通るか不安なご職業の方も良く見かけます。確かに結婚して新居として住宅ローンを…という場合は派遣社員では厳しいですが、結婚のローンの場合、派遣社員でも通るケースは多いみたいですね。(こちらもご参考に→ブライダルローンは審査甘い?厳しい?

その理由ですが、結婚式を挙げる人の年代を考えると分かりますが、ほとんどが若い世代…言ってしまえば、不況の影響をもろに受けている世代です。そんな世代をメインターゲットにしているのに、お金に余裕が無い人を審査に通さないというのはおかしな話です。ゆえにその審査基準というのは低い水準となっており、言ってしまえば収入さえあれば審査が通る可能性があると言えるでしょう。結婚式を請け負う業者も審査に通す為に尽力してくれるはずです。

但し、あまり派手な結婚式を予定している場合だと、予算も上がって審査のハードルも上昇してしまい、派遣では難しい…となりやすくなります。ある程度手頃なプランを設定しておき、手堅く審査通過を今回は狙ってみてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
様々なローンの審査基準を知るならここ!

幸せな結婚式のための結婚式ローン審査について

結婚式ローンは、結婚式をこれからする人にとっては、とても心強いローンとなります。結婚式ローンはこれからの二人にとっては、何かと物入りですしお金もかかりますので、なくてはならないローンといっても過言ではないかもしれません。

結婚が決まれば幸せなことが多いですが、決して幸せなことばかりというわけでもないのです。何かとお金が必要になりますし、結婚生活をスタートさせるということは何かと物入りなのです。中でも一生に一度の二人にとっての晴れ舞台とも言える結婚式です。挙げる式にもよるかもしれませんが数百万円以上はお金が必要になることもあるので大イベントでもあります。

お金がないので豪華な結婚式を諦める、お金を結婚式にかけたくはないと思っている人もいるかもしれませんが、お金がないからといって一生に一度の結婚式を諦めるというのは悲しいですしいい気分ではないですね。しかも結婚式は二人のことかもしれませんが、やはり両家の親や親族にとっても嬉しいことですので、二人だけのことではないという認識をした上で挙げたほうがいい場合もあります。

結婚関係の資金については、調達をする方法がなかなか難しいカップルもいるかと思いますが、そこで利用したいのが結婚式ローンです。ブライダルローンとも言われているローンなのですが普通の結婚式にかかる費用だけでなく新婚旅行や、新居の引越しにかかる費用など、結婚に関係するお金ならこのローンを利用して支払うことができるので、二人にとってはとても心強いローンと言えるでしょう。

結婚式にこだわりがあってお金がかかりすぎてしまうカップル、計画を立てていた予算よりも高くなってしまったというカップルが利用するケースが多いのですが、急遽結婚式をすることになったので貯金が十分にないカップル、親、親戚からの援助はあまり期待できないカップルや期待どころかしたくないと思っているカップルなども自分たちで資金を調達しなければいけませんから、ブライダルローンを利用するケースはとても多いでしょう。

そして結婚式を挙げる場所が前払いしか受け付けていないので、現金が必要であるというケースでもブライダルローンは活躍しています。現状としては結婚をするカップルの3パーセントはブライダルローンを利用しているとのことですので、今は利用している人も多くそれほど浸透しているローンなのです。

結婚式ローンはその名のとおり結婚に関係するお金を賄うために作られたローンです。結婚式のみならず結婚に関して必要になるのであればなんでもお金を借りて利用することができるのですが、細かな使い道は金融機関によっても若干の違いがあります。

ブライダルローンを取り扱っているところはたくさんありますが、結婚式だけでなく新婚旅行にも利用することができたり、新居への資金、結婚指輪購入のための資金にも利用できることがあります。申し込みに関しては普通のローンと同様に審査があります。結婚式ローン審査は厳しいのかどうか、通常の住宅ローン等と比べるとそれほど厳しくはありませんが甘くもありません。

大半の結婚式ローン審査では満20歳以上であること、これを条件にしています。しかしカップル二人共がまだ未成年だった場合には親の名前でローンを組むこともできます。審査の対象はこのケースでは両人ではなくて親ということになります。年齢はこの場合は65歳未満の親なら組むことは可能です。

そして年収はローンを組む場合は必ずついてまわってくるものです。前年度の税込年収が400万円以上と具体的な年収が設定されていることもありますし、具体的な年収は設定されずに、毎月安定している定期収入があれば可能としているところもありますのでいろいろです。どちらにしても例えば二人共が無職や学生であると言う場合には両人の名前でのローンを組むことはできませんので注意しましょう。勤続年数も結婚式ローンでは関係があります。

勤続年数1年以上の正規社員であることが大半の金融機関では求められています。アルバイトやフリーターではなかなか審査に通すことはできませんので十分に注意しましょう。とある結婚式ローンの審査内容ですが、年齢として借入時n20歳以上65歳以下で完済時70歳以下という年齢になっています。年収は前年度の税込年収が150万円以上、勤続年数が1年以上というのが申し込み資格です。必要となる書類などもありますので事前に用意しておきましょう。

結婚式ローン審査に必要な書類というのはローン申込書以外にも色々と必要です。前年の源泉徴収票や課税証明書、給与明細書などのコピーが必要ですし、本人確認書類として免許証や保険証などのコピーが必要です。使徒確認書類が必要になることもありますので、結婚式場で出してもらった見積書や請求書などを用意しておきましょう。

使い道を確認することができる書類をうっかり忘れてしまいがちですので、これは用意しておかなくてはいけません。具体的には支払い額が分かるもの、支払い先、利用目的、作成日がはっきりわかるものを用意しておくのがいいでしょう。それだけでなく印鑑証明なども必要になることもありますので、ローンを申し込む前に何が必要なのか事前に聴いておきましょう。

審査に通れば原則保証人や担保は必要ないところが多いですが、例えば新郎が借入人で新婦が連帯保証人になるということになるケースもあります。審査結果によっては、二人だけでは少し頼りがないということになれば、連帯保証人を立てなければいけないこともありますし、それは親族からではなくて第三者の連帯保証機関に申し込みをした上で立てなければいけないケースもありますので、これは申し込み者によっても違いがありますが、担保は基本的には不要でしょう。

審査では何を確認されるのか、それは今現在ローンを組んでいるかどうか、過去のローンの状況について、収入、雇用形態について、勤続年数について、勤め先の会社の経営状況について調べることが多いでしょう。5年以内にローンを滞納したことがある人、返済ができずに債務整理をしたことがある人、自己破産をしたことがある人、キャッシングや消費者金融からの借入が3社以上現在あるという人は借入ができないこともあります。

またローンやクレジットカードをこれまでに一度も利用したことがないという人も、逆にクレジットヒストリーがないということから審査に通らないことがあります。勤続年数も重要視されることであり、勤続年数半年以内の人も審査に通りにくいので気をつけましょう。

判断する基準についてはそれぞれの金融機関によっても違いがありますし、実際に審査に通ることができるのかどうか、それは人それぞれ違いがありますので、一概にこれをすれば審査に通る、これがあると審査に通らないとは断言できませんが、だいたいこのようなことはどこの金融機関でも重要視されることですので覚えておきましょう。

結婚式ローン審査に通るのかどうか心配だという人はシミュレーションをすることができる金融機関のサイトもありますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。一生に一度の結婚式ですので資金に邪魔されることなく、自分たちの結婚式を成功させたいですよね。でも審査に通らなかったら・・・そんな不安を解消してくれるのが、あらかじめ通るかどうか調べることができるシミュレーションです。これを利用すればスムーズに審査に通るかどうか調べられるのでおすすめです。

だいたい100万円前後の場合にはスムーズに通るかと思いますが、200万円以上借り入れるとなると若干審査が厳しくなることもありますので十分に準備をした上で試してみることをおすすめします。100万円を返済期間3年で借入れた場合は毎月の返済学は3万円前後になりますので、借入後返済できるかどうかも含めて検討しましょう。