ローン審査に通らない場合の代替策ってありませんか?

私の仕事はパートでのデータ入力です。本当なら正規雇用で働きたいのですけど、会社側も簡単な作業という事もあって長時間の雇用予定は無いみたいで…おかげでまだ二十代なのに、仕事はパートでしか働けていません。不健康というわけでも無いのに、悔しいです。大卒後の就活失敗が今も尾を引いています…名前はI(仮名)と言います。質問へのお答えよろしくお願いします。

こんな私でも最近、パートで時間が余っているという事もあって、資格などを取ってより長時間の仕事ができるようになろうと考えています。とはいってもあまり体力も無いので、内勤できるような資格じゃないといけません。そうなればパソコン関係の資格が欲しいので、自宅にもパソコンが必要です。今は何を隠そう、仕事以外でパソコンを使う事ができずにスマホしかありません。スマホでも入力はできるものの、仕事向きのスキルとは言いがたいですよね…だからこそパソコンの出番です。ノートタイプが欲しいです。

だけど、パソコンもそこそこ使える物になると高くて、ローンを組まないとパートの収入では購入も難しいです。だけど、ローン審査にパートである私が通るかで言えば正直自信も無いですし…というわけで、ローン審査に万が一落ちた場合、代替策でパソコンを購入する方法はありますか?一括購入は無理なのでよろしくお願いします。

より審査の緩いところやカードローンを利用したりですね

Iさん、お疲れ様です。働ける体があっても働く仕事が無いっていうのは、現代の若者が抱える悩みの一つですね。政府は投票率が高い年寄り優先の政策を行っている事からも分かるように、会社もどうしても年寄りに優先的に仕事を与えている感じですから、この状況を打破する為にも多少強引にでも仕事を奪うくらいの気持ちが無いと、ダメなのかもしれませんね。その上で使える資格習得というのは良い気概ですね。

しかし、パソコン系の資格を取るなら当然パソコンも必要なように、資格を取るには何らかの初期費用がかかって当然かもしれません。パソコンは安い物でも数万するのが当たり前でして、一括では買えないという人はたくさん存在しており、その為の分割ローンが用意されているのも事実です。ならばそれを利用すれば…と言いたいですが、この審査に落ちる人も居ます。ただ、分割ローンというのは数ある融資の中でも簡単な部類ですので、こちらに落ちる可能性はパートと言っても高いとは言えない事を理解しておいて下さい。

その上で落ちた場合の代替策としては、カードローンを使う事も一応できます。カードローンを作り、その購入金額分を借りて支払い、その後は返済していく…と、このように分割ローンを組んだ場合と返済の要領は変わらないと言えます。ただ、カードローンは金利が分割ローンよりも高いのが相場なので注意して下さい。

また、購入する物によっては別のローン会社を頼るという方法もあります。この場合はより簡単なローン会社を探すわけですが、販売店で組めるローンは大抵が一番簡単な場合が多いし、別のローン会社に頼るという事がそもそも出来ない場合も多々ありますので、こちらも注意が必要です。

ローン審査は簡単で落ちにくいという事を考えれば、出来るだけ他の方法に頼らない事を祈りたいですね。
(⇒ローン審査の甘い金融機関一覧はこちら

自動車ローン審査通らない場合、やっておきたい5つの事

自動車ローンは、自動車を購入する際に利用できる便利なサービスです。高額な買い物である自動車の購入費用を毎月分割して支払う事ができます。計画的に自動車ローンを利用する事で、経済的に無理なく自動車を購入する事ができるものです。

自動車ローンは自動車ディーラーを始め、銀行や信用組合とその系列等、様々なローン会社がサービスを展開しています。サービスは顧客の需要に合わせて多様なプランを提案していますから、自分の需要や経済環境に合わせてプランを選択しやすくなっているものです。

自動車ローンを上手に利用するには、毎月のローン返済をしっかりと行える安定した収入源を持っている事が大切になります。ローン会社は顧客と契約をする前にローン審査を行いますので、この際、顧客がローンを順調に完済できないと判断した場合はローン契約を結ぶのを控える為です。

安定した収入源があるにも関わらずローン審査通らない場合は、ローン会社にとって何らかの形でリスクが高い顧客と判断された事になります。そこで、ローン審査通らない場合に、ローン会社の信用を得やすくする為にやっておきたい事が5つあるものです。

1つ目は、別のローン件数を少なくする事です。高額の住宅ローンを組んでいて、子供の為に多額の教育ローンも組んでいる。それだけでなく、使用目的の不明瞭な多目的ローンを組んでいるという様に多数のローンを組んでいる場合は、ローン会社にとって信用しにくい顧客となります。

ローン契約を沢山している顧客は、それだけ月々のローン返済金額が多い事になります。そこに加えて新しく自動車ローンを契約すると、ローン返済金額は更に嵩む事になるのです。これだけでも月々の返済が滞るリスクが高い顧客となります。

また、これまで多数のローン契約を行っているという事は、自動車ローンを組んだ後も別のローン契約を結ぶ恐れがある顧客となります。自動車ローン契約を結んだ時はまだ経済状況が良くても、それから先の経済状況は信用できるものではありません。

そこで、ローン会社は金銭感覚の乏しい人物であり、安定して月々のローン返済を行う能力や環境が維持しにくい顧客であると判断して、自動車ローンの契約を控えるという審査結果を示す場合があります。自動車ローン審査通らない場合は、まずローンを返済して契約件数を少なくする事が大切です。

2つ目は、ローン総額を少なくする事です。自動車ローンを契約する前に、とても高額なローン契約を結んでいる場合は、自動車ローン契約を断られる場合があります。顧客のローン契約数が少なくても、毎月の返済額が高いローンを契約している場合は、やはり月々のローン返済を滞りなく行う余裕が少ない事になります。

この為、ローン会社は新しく自動車ローンを契約する事で顧客の経済状態が悪化し、毎月のローン返済が滞る恐れがあると見て、ローン契約の審査を厳しくする場合があります。また、毎月のローン返済額が高い場合は、顧客に何らかの形で経済的負担が加わった時に対応できる、経済上の耐久性が低い事になります。

事故を起こして多額の賠償金が必要になったり、離婚をして慰謝料を支払ったりする場合等、経済的なトラブルに対応する経済環境を維持しにくくなる恐れがある為、ローン会社には信用がしにくいものです。自動車ローンを契約しやすい顧客になる為には、やはり既存のローンを返済して、新しく高額なローンを組まないようにする事が大事です。

3つ目は、余裕を持ったローンを組む事です。自動車ローンは様々なプランがあり借入れ金額も多様ですが、借入限度額一杯まで借り尽くそうとするのは、ローン会社にとって信用しにくい顧客になります。

ローン限度額の一杯まで借入れして自動車を購入するという事は、自動車の購入費用全てをローンで支払う事になります。頭金が全く無いという事は、まとまったお金が用意できないという事です。貯蓄能力が無い経済環境にあると判断した場合、ローン会社は顧客の経済能力を疑わざるを得ません。

また、高額な自動車であればあるほどリスクは高まります。500万円の車を購入するのに借入れ限度額の全額を利用して購入させてしまうと、下手をすれば500万円分が焦げ付く恐れがあります。ですから、500万円の内100万円は頭金として支払い、400万円はローンを利用するという様に、余裕のあるローン計画である方がローン会社にとって信用しやすいものです。

返済中のローン契約が少なく、返済総額も少ないにも関わらずローン審査通らない場合は、より計画的な自動車ローン計画へ立て直す必要があります。月々のローン返済に無理がないローン計画であれば、ローン会社も顧客を信用しやすくなるでしょう。

4つ目は、連帯保証人を用意する事です。ローン会社にとって、顧客以外にもローン返済をする義務を負う人物がいれば、月々のローン返済が滞るリスクが少なくなるからです。この場合、保証人ではなく連帯保証人である必要があります。

保証人と連帯保証人は異なる概念です。保証人とは、顧客が自動車ローンを返済できなくなった場合に限って、顧客に代わってローン返済をする人物です。一方、連帯保証人は顧客と同じ返済義務を負っています。ローン会社にとって信用できるのは、連帯保証人がいる場合です。

保証人の場合は、条件次第で支払いを拒否する権利がある為、ローンの返済が滞りやすくなります。例えば、顧客のローン返済が滞った時に保証人に返済を求めても、まずは顧客と話し合うように等と交渉されると、ローン会社はそれ以上の要求ができません。支払いが滞った顧客との交渉という、難しい問題を抱える事になります。

一方、連帯保証人であれば、顧客と連帯保証人との両方に返済の義務が生じます。連帯保証人は保証人と違って支払いを拒否する権利はありません。また、顧客と話し合うように等と交渉する権利も無いものです。連帯保証人は顧客同等の返済義務がある為、ローン会社は顧客の自動車ローン返済が滞った場合に、連帯保証人に返済をしてもらえる事になります。

連帯保証人は、特に高額な自動車ローンの申し込みをした際に紹介を求められる事が多いものです。高額なローンプランであればあるほどローン会社にとってリスクが高い事を理解して、ローン返済ができる経済能力と環境がある連帯保証人を選んで紹介する事で、ローン会社にとってのリスクを減らす事が大事です。

5つ目は、正社員としての勤続年数を増やす事です。ローン会社は月々のローン返済を安定して継続的に行ってもらいたいと考えています。この為、転職等で勤務を始めてから1年未満という方や、職を変える機会の多い方等は、収入源を安定して維持しにくい経済環境にあると判断される場合があります。

安定した経済環境は、安定して確実なローン返済を望んでいるローン会社にとって必要不可欠の要素です。返済が不安定な顧客と契約をすれば会社が得られる利益も少なくなり、顧客へのサービスを継続しにくくなります。ローン会社が信用できる顧客として接するには、長期間の安定した収入源を維持している経歴が必要になるのです。

一般的な社会人として普通に生活していても、様々な理由でローン会社から自動車ローン契約をお断りされる場合があります。しかし、自動車ローン審査通らない場合は、こうした方法でローン会社の信用が得られる顧客となれば、自動車ローンを組みやすくなるでしょう。

注意点として、自動車ローンを契約する際に業者選びを慎重に行う必要があります。数多くあるローン会社の中には、顧客から不当に利益を得る為に、違法行為を行っている場合があるものです。

例えば、顧客の連帯保証人を探す事を条件に利用料を騙し取ったり、無条件で自動車ローンを組む代わりに非常に高い金利を設定したりする、悪徳業者が居ます。こうした業者には接触しないように十分気を付けて、信頼できるローン会社との有意義な自動車ローンを契約しましょう。

【参考ページはこちら】
車のローン審査を受けたい方におすすめ記事