沖縄の銀行はローンの審査が甘いって聞きましたけど何故?

沖縄に引っ越してきて4年目くらいになるサラリーマンです。名前はJ(仮名)です。最初は家族の都合で引っ越したようなものでしたが、実際に住んでみるとかなり住み心地も良くて…今では引っ越すつもりはありません。元々暑いのとかは平気だったし、食べ物とかも美味しいしで言うことはありません。意外と栄えているところも多く、生活するには困らない場所という印象ですね。

しかし4年も暮らしていてなんですが、沖縄って日本だけど本土とは違った文化もあって、まだまだ驚く事があります。物価に関してもそうですが、最初は安いと思っていたのに、部分的には安くても高い商品やサービスも混在していて驚きです。私も何となく沖縄は安いと思い込んで引っ越してきたので、色んな商品を比べたりする事でまだあります。通販での送料も損をする事が多く、出費面ではむしろ以前住んでいた場所よりも高くなっている印象です。

ゆえにカードローンも作っておきたいなと思っていたのですが、沖縄の銀行はローン審査が甘いと聞きましたが、本当なのでしょうか?今まで沖縄で暮らしておきながら聞くのも変かもしれませんが、審査が甘いとされる理由が私には分かりません。何故なのか誰か教えて下さいませんか?

仮にも銀行なので消費者金融よりは厳しいでしょうね

沖縄ですか…確かに本土から考えるとかなり離れている事もあり、何だかちょっと外国的な魅力がありますよね。現に外国人も多く住まう土地として有名ですし、本土での旅行が物足りない人からするとお勧めかもしれません。しかし、そこに住まうというのはなかなか大した決断と言えますので、家族の事情と言っても凄いかもしれません。

で、沖縄の銀行のローン審査はどれも甘いというお話を聞いたみたいですが…それって誰に聞きましたか?銀行員側が言ったとしたら、それはおかしいですね。何故なら、融資の審査基準というのは秘密事項であり、行員側が口にする事はまずありません。よって外部に簡単だと漏れているのはおかしいですし、たんなる予想の範囲を超えた情報とは思えません。そもそも、銀行の融資審査について考えると、それはすぐに分かる事といえます。

銀行は、同じくお金を貸し付けている消費者金融に比べると、全体的に審査が難しいのが基本です。これは銀行が低金利にて融資をしている点が起因しており、低金利でも確実に利益を回収するためには、確実に返してくれる人に貸し付けないといけません。よって、消費者金融よりも審査基準をシビアにしているのは当然のことですので、銀行が消費者金融よりも簡単であるとはなかなかならないでしょう。

しかし、銀行毎に融資審査基準が違うという事もあり、他行と比較して簡単であるとする方が居るのかもしれません。それでも審査基準がはっきりと分からない以上、銀行融資という事で油断できないのが最も正確な情報だと思いますよ。

【参考ページはこちら】
ローン審査がゆるい金融会社を教えて!

沖縄の銀行など銀行系とは違ってローン審査甘いキャッシング

キャッシングをするときにローン審査甘い会社を探しているという人はいます。ですが、審査が甘くてもその借りる人によってやはり条件などには違いがあるといいます。審査のときは、収入と返済できる能力が審査の対象として考えられるのです。

正社員や公務員などでしっかりとした安定した収入があることや、これまでクレジットカードや携帯の支払いなどの延滞をしたことが無いという人であれば、大抵はキャッシング会社に申し込みを行っても審査にすぐに通ると言っていいということです。

キャッシングできる会社というのは大体3種類に分けることができるといいます。その場所によって、審査の甘さは変わってくるということです。なので、まずはその種類を知っておくといいです。

まず、銀行系というものがあります。借り入れ金の上限が無いのが魅力です。比較的大きなお金を借りたい人にはとても向いているということですが、審査は厳しいということです。

そして、信販系です。いろいろな店舗で独自で発行しているクレジットカードに付いたカードローンのことをいいます。審査は甘めなのですが、独自の審査を行うことが多いといいます。同じ信販系のキャッシング会社なのに、落とされたり落とされなかったりという状況になることがあります。

ほかには消費者金融系というものです。キャッシング会社のなかでも、とくに審査が甘いといわれています。アルバイトの人やパートの方でも借り入れすることが可能です。なので、過去に延滞や借り入れ金が多いということで、不安のある人でも消費者金融系の審査を行うと通ることがあるということです。以上の順にローン審査甘い感じなのですが、審査の甘さだけで選んでしまうと大変なことになる可能性もあります。

先ほどもいいましたが、銀行は審査が厳しいのです。どんな銀行でもそれは同じで、沖縄の銀行でも関東の銀行でも同じようにしっかりと審査を行い、ローン審査の甘いところというのはほとんどないということです。

しかし、キャッシングというのは借金であることを忘れてはいけないです。借金ということは利息もあるということです。

そして、審査の甘いところは実は金利が高いというところが多いのです。手軽にお金を借りられるということで、利用する人が増えているキャッシングですが、しっかりとした返済計画をたてておかないといけないということです。無駄な出費を増やさないために、お金を借りるときには必ず金利を確かめるようにしておくことです。

先ほども書いたように、即日借り入れができるキャッシングは、比較的金利が高めに設定されているので、長期での借り入れにはあまり向いていないということです。

それならば金利が低いところで借りればいいのではないかという人がいますが、それは違います。
金利が低いのなら総返済額が少なくて済むということではないのです。

最低返済額という、月々に決められた最低でも返さなくてはならない金額というものがあります。毎月必ず最低返済額をしっかりと支払い続けるとします。ですが、そのぶん返済額が少ないということです。つまり毎月の返済額が低いということで返済していく期間が長くなって返済総額が高くなってしまうのです。

簡単にいうと、返済総額を考えずにいれば、毎月の返済額は少なくなるので、返済した金額をとるか、返済している期間の金額をとるかということになるのです。つまり、元金に対する利子の割合というのは、単純な返済額を測る基準になることはないということなのです。低金利だからといって返す金額が少なくてすむということではないのです。

また、多額のお金を借りた方が金利が安くなるという人がいますが、それも間違いです。銀行ローンを含めた、それぞれの事業者が貸し出しできる上限をかなり高額に引き上げたということなのですが、その貸し出しできる上限いっぱいまで借りられるのかというと、そんなことはないということなのです。

貸金業法というものがあるのですが、その法律に基づいて消費者金融などは、年収の三分の一までしか貸し出しすることができないのです。年収が高額だという人なら、借りられる可能性もあるのですが、難しいと考えておくほうがいいです。

どんなに少ない金額でも、キャッシング業者から借り入れをしたのなら、返済に対してしっかりとした危機意識を持つことが大切です。借りたという感覚が薄いままだと、つい返済する日に返さなければいけないお金のことを忘れていたりすることもあります。また、利息の額を考えていなかったりすることもあるのです。

即日キャッシングなどは、無利息期間を設けているところも多いといいますが、無利息期間が過ぎた場合には、利子は高めに設定されていることが多いといいます。無利息キャッシングの条件としては、はじめての人だけに限定されている場合と繰り返し何度でも利用できる場合のものがあります。はじめての人だけに限定されている場合だと、無利息キャッシングを繰り返して利用することはできないので気をつけることです。

何度も繰り返し無利息期間を利用していると何か問題になるのではないかという不安になる人もいるということですが、無利息キャッシングを繰り返し何度も利用したとしても、借り入れをできなくなるというようなことはないということです。

無利息キャッシングを繰り返して何度も利用している人は、実は金融機関としてはあまり良い顧客とはいえないといいます。なので、不定期で行われる再審査の際のときには利用限度額を増やしてもらったり、金利を安くしてもらったりという風にしてもらうのは期待できないということになります。

利用限度額を増やしてもらったり、金利を安くしてもらったりということは期待できないまた、ヤミ金などには絶対にかかわらないようにしておくことです。きちんと都道府県の専門のところに届けてある会社で借りるようにしておきます。届けてある会社には店内に必ず証明できるものが張ってあり、また金利なども上限が決まっているので法外な金利での貸し付けはしていないといいます。

また、契約書をしっかりと確認して、内容を把握しておくことです。なんとなく見て、読んでおくだけではなく、しっかりと隅々まで読んでおくようにします。そして、白紙にははんこを押したりサインをしたりしないことです。白紙にそのようなことをしてしまうと、いつの間にか覚えのないお金を借りたという文章を書かれてしまうという可能性を避けるためにもしないようにしておきます。

学生や主婦の方でも利用できるキャッシングが即日キャッシングというものですが、実は学生でも未成年の場合は借りることができない場合もあります。とくに未成年の学生の場合は親の保証書がないと借りることができないといいます。学生でも成人しており、バイトなどで安定した収入があるという場合は借り入れをすることができるといいます。

ローンを組むと維持費として年会費や入会金などの料金がかかるのではないかという人もいますが、かからない場合が多いです。クレジットカードなどでは保障のためにも年会費などがかかる場合もありますが、キャッシングの場合はかからないということです。

キャッシングのローンでは、利息が主な収入源になっているといいます。急な出費に備えてキャッシングをしようと思っている人にとって、年会費や入会金があるとそれだけで負担に感じられることがあります。なので、基本的に年会費や入会金は無料だということなのです。

信販系のローンの中には、年会費や入会金が必要となる場合もあるといいます。ゴールドカードと呼ばれるものや、付加機能として保険が付随しているものには、ときどき年会費や入会金が必要となる場合があるのです。申し込むときなどや、商品案内などに必ず明記されているのでしっかりと読んでおくことが大切です。