ピアノのローン審査について

結婚二年目の主婦です。主婦と書きましたが、一切収入を得ていないわけではなく、主婦業の傍らで、子供たちに音楽を教えています。腕に自信があるのはピアノですが、クラシックギターや歌唱なども教えられます。少し前までは、自宅の最寄り駅にある子供むけの音楽教室にて、雇われ講師として働いていました。けれども、このたび子供を授かったことをきっかけに、自宅で音楽の講師としての仕事が続けられないかと考えています。

子供がお腹にいる状態では、やはり外に出て働くことはちょっと難しいのです。全く不可能だというわけではないのですが、できれば家でできるパートのような仕事を続けたいと考え、主人と相談した結果、いわゆる「在宅講師」の職につけばいいのではないかとアドバイスを受けました。

もともと、私の母もかつて同じように、子供たちを自宅に招いて音楽を教えていました。そういう母の姿を見て育ったので、自宅に生徒さんを迎えることについては、全く抵抗がありません。ぜひそういう仕事も経験してみたいと考えたのですが、我が家には、楽器がありません。特に、ピアノだけはどうしても欲しい……。でも、楽器ってどれもこれも高いのですよ。

主人と相談して、金融機関からお金を借りればいいのではないかという結論に至りました。借りたお金は、生徒さんからいただく授業料で問題なく返済できるでしょう。気になるのは、楽器の購入に最適なローンサービスが果たしてあるかどうか。そういうローンはありますか? あるとすれば、審査などはどのような感じですか?

スルガ銀行には、楽器ローンのサービスがあります

仰る通り、楽器の購入に際してはまとまった資金が必要です。一万から二万といったかわいらしい金額ではありませんよね。例えば自宅にピアノを置くなら、学校の音楽室にあるようなグランドピアノではなく、アップライトピアノの方が適しているということになるでしょう。こちらの方が安価なのは確かですが、それでも大金が必要です。だからこそ、ローンに頼るというのは良い方法ですね。

スルガ銀行のローンを利用するに当たり、これまで個人が利用していた銀行口座とは別に、新たな口座を開設したり、スルガ銀行の店舗に足を運んで申し込みを行うと言った作業は一切不要です。ネット、またはお電話から簡単に申し込めます。一度に借り入れられる金額の上限や、それに伴う利息については、個人の年収(つまり、借金の返済能力)を十分に考慮して決定されます。初回のお借入時に関しては、特に上限額が小さくなる場合が多いです。

ローンを申し込む当時の年齢が満二十歳以上六十五歳未満の男女なら、誰でも申し込めます。もちろん、安定した収入を得ていることが審査の条件にはなりますが、その審査結果に基づき、借り入れられる金額は十万円から最大で五百万円の幅になります。

【参考ページはこちら】
様々なローンの審査基準に関するおすすめ記事

ピアノのローン審査は事前に受けることもできます

子供がピアノを習いたい、または習わせてあげたいという親が自宅用にピアノを購入する場合、ピアノもそれなりに価格が大きいものなので、現金の一括購入で買うことも難しく、分割払いで購入する人も多いです。ピアノの種類によっては数十万円するものもあります。中には十万円程でおさまる価格のものもあります。

そこでローンを使ってピアノの購入を検討することも出来ます。一般的な銀行や消費者金融などの金融機関でローンを組んで購入することが出来ます。クレジットカードで購入する場合と同じで、自分が契約した時の設定でさまざまな支払方法が選べます。リボ払いなどの分割払いの選択も可能となります。

また金融機関によっては楽器または音響機器の購入に備えた資金を融資してもらえるプランを提供しているところもあります。ピアノのローン審査においては事前審査による申し込みが可能です。これはピアノの購入にあたって資金の目途を立てておきたいとか、発売される前の型のピアノの購入を考える時に、事前に申し込んで審査を受けて資金を調達するという流れになります。

ローン申込の際は来店が不要で電話かインターネット上での申し込みで、ピアノのローン審査を受けられます。審査に通ってから提出用の書類が届きますので記入して郵送による提出、その後融資が受けられたらキャッシュによってピアノの購入が出来るというのが大まかな流れです。

普通のローンと同じく返済方法の選定や、支払方法の変更などの手続きも出来ます。分割払いで月々決まった額で返済を続けて行く中で繰上返済を行ない早期完済が出来るようにもなります。手続きの方法も簡単に行えて、インターネットから設定を行なったり、コンビニやATMによる操作も出来ます。

楽器の購入に充てるためのローンについては利率が低く支払回数は多めに設定されています。長期間での返済が可能になり月々の支払の負担がなくなる上に、かかる利息も低いことから一般的に利用出来るクレジットカードでの購入よりも利息がかかりません。

またピアノの購入にローンを利用することが出来るのなら、家や自動車といった他の買い物もローンを利用して支払うことが出来ます。その時に他社でもローンの利用をしているものを、まとめて一本化のローンにすることも出来ます。

ローンをあらゆるところから利用していると、ピアノのローン審査に通らないこともあります。その場合ローンを一本化してローンを利用しているところの件数を減らすことで、複数からの借入もスムーズに返済出来て、さらに利息も少なくなります。

電子ピアノを購入する場合、その価格は数十万円と高価なものになりますが、電子ピアノのローンというものがあり、購入する際にローンを組んで支払いが出来ます。このローンを上手に駆使することによって高額な電子ピアノを購入し、子供の将来の夢をかなえてあげることが出来ます。

電子ピアノのローン審査は提供する金融機関にもよりますが、審査は基本的にしっかり行われます。これは通常の金融機関のローンと同じで決して審査が甘いということはありません。家のローンと同じく借入れを行い返済をすることは同じ仕組みなので、申し込みをした人がちゃんと返済出来るかどうかの確認は行われます。

審査にあたっては各金融機関は信用情報機関への問い合わせを行っており、申込者の今までの借入の経歴や債務状況などを確認します。債務はあっても問題はありません。返済について月々支払っていくものがあれば滞ることなく支払えていれば審査にも問題はないのです。

過去に少額でも借金の支払の遅滞があった場合は審査に通ることが難しくなります。数か月間借金の返済を行なえていない過去があった場合、信用情報機関にその記録が残ります。残った記録は5年間は保存され、その間にあたらしくローンを組もうとした場合に審査に通らないことがあります。

基本的に行われる審査は他のローンの場合と同じで、住所や勤務先、勤続年数、住宅についてなどを調べることになります。一般的に融資を受ける際に行われる審査ではこれらのような情報をもとに、貸付を行ったあとの支払について返済能力があるかどうかを調べます。

金融機関によって行われる審査にはそれぞれ基準としているものは違ってくるため、決まっているものではありませんが、これらの情報の中で社会的な信用に欠けると判断された情報がある場合、融資を受けられない金融機関もあります。

楽器を購入する場合でしたら、購入したお店の方で提携しているローンの申し込みが出来ます。こういうローンについても審査はありますが、基本的な情報や生活水準、以前の借入の利用状況で問題なければ審査には通ることが出来ます。

自分自身が融資元を決めてローンの申し込みを行う場合、審査に対して問題ないのでしたら良いのですが、審査に通るか不安な場合でしたらいくつかの金融機関にローンの申し込みをしてみる方法が有力となります。

以前の借入の利用状況については、借入れした金額が大きいとしても、毎月少額ずつでもきちんと返済していくことが出来れば、それが実績として残ります。実績があるということは金融機関にとっては融資の利用をして頂ける顧客として優遇したいものなので、審査を行うにしても融資の利用をしてもらうために審査に通りやすくなります。

この実績を残すというのはローンを組む際に準備として有効な手段となり、具体的に簡単に実績を持つことが出来るものとしてはクレジットカードのショッピング利用などで毎月の返済を行う場合があります。月々の返済をしっかり行い返済が出来ている記録を残せば、信用の実績を作ることが出来るのです。

グランドピアノを購入するとなるとその価格は数百万円するものも珍しくありません。こうなると自動車の購入とほぼ変わらず、一括の購入では難しい人も多いでしょう。グランドピアノもローンを組んで購入が出来ます。ローンについてはシュミレーションが行えますので、実際にいくらくらいかかる価格化で実質年率を計算できます。

ローンを組む際にそれぞれの金融機関でローンを組んだ場合のシュミレーションを行うと計画的な返済が行えます。支払回数によっても利率は違うので、実際にローンを組んでから何回に分けて分割払いを行うかで、年率の産出もしておけば予算を準備することも出来ます。

グランドピアノのような高額商品に関しては、月々の返済でローンを組むにしても支払回数は多い方が、月々の支払額も少なめで済みますし、負担が大きくならないので安心して返済が計画的に行えるでしょう。しかし月々の返済で支払いが難しい状況になることも、今後の長い期間の中での経済状況が変わった時に考えられることです。

ローンを組んだ場合は支払いの方法や月々の返済額も設定によっては変更が可能です。またボーナス収入があった場合などで返済をまとめて支払うことも出来ますので、もともと計画していた返済期間よりも早く完済が出来る可能性もあります。

中にはボーナス払いを返済プランの中に入れている金融機関もありますが、最近ではボーナス収入は不安定な企業が増えてきました。最初から臨時収入を踏まえた返済計画を設定するよりは、通常n月々の定額で返済を行うプランを採用し、臨時収入があった時にまとめて返済をするという方法を使うことも出来ます。

返済について支払いが難しくなったり、返済の方法を変更したい、またはまとめて返すことが出来る収入があったという場合など、ローンを申し込んで金融機関に相談してみて、対応してもらうようにしましょう。

ほとんどの金融機関ではこのような場合に対処が可能で、返済方法を変えることが出来ます。返済が難しくなり支払いが滞るようになることは問題になるので、経済状況が変わったことで月々の返済が厳しい状況になると分かった時こそ、ローンを申し込んだ金融機関に相談をするタイミングであると言えるでしょう。