アプラスのオートローン審査は通りやすいものなのでしょうか

高校卒業から2年、やっと20歳になったアルバイトです。実は高校卒業と同時に車を買いたかったのですが、20歳にならないとオートローンは申込めないと言われ、これまで2年間我慢に我慢を重ねていました。今日やっと20歳になりましたから、早速車を買おうと思っているところです。2年待ったかいあって多少ですが頭金も有りますし、アルバイトで少ないとは言っても安定収入も有るのでこん度こそオートローンも借りられると考えています。

この間少しオートローンについて調べておいたのですが、どうもアプラスのオートローンがお勧めのようです。ただ気になる点として1つ落とされると他も落とされる可能性が高まるという事で、利用するオートローンは慎重に選びたいと思っています。そこでお聞きしますが、アプラスのオートローンの審査と言うのは通りやすいものなのでしょうか。それとも私のようなアルバイトでは融資は難しいと考えた方が良いのでしょうか。よろしくお願いいたします。

アプラスの審査は比較的緩いですが落ちる可能性は常にあります

オートローンには様々な種類が有りますが、銀行のものは徐々に審査が厳しくなっていると言われています。ご質問のアプラスのものは確かに最近は審査が緩いと言われて評判になっており、審査の通り易さから選ぶとすれば第一候補として挙げても間違いではありません。ただしいくら審査が緩いと言われていても審査が無いと言う訳ではありませんから申込んだ人が必ず審査に通るという事ではありません。通らない可能性と言うのは常にあるのです。

特にあなたの場合気になるのがアルバイトという点と年齢です。年齢が高ければよいと言う訳ではありませんが社会的な信用から言えばあなたの場合はゼロと考えて間違いありません。またいくら頭金が有るからと言ってどの程度の収入なのか分かりませんが、アプラス側が返済可能かどうか判断する基準を満たしているかどうかは分かりません。販売店の方では売りたいですから何とか通そうとするかもしれませんが、通らない可能性も十分ありそうです。

もし通らなかった場合の対策としては、要するに返済能力と信用力が足りない訳ですから、それが備わるまで待つか、あるいは返済力と信用力を借りてくるかのどちらかです。借りてくると言う言い方は変ですが、要するに保証人を付けると言う意味です。保証人はお父さんにお願いすれば大丈夫でしょう。まだ20歳になり立てという事ですから、この方法が最も審査に通る可能性としては高いと考えられます。一度お願いしてみてください。

もう一つのお勧め方法は暫く買うのを見合わせて、その間お金を溜めることです。これまでも頭金を貯めていたわけですから、それを続ければ良いのです。車は高額ですが、貯めるのに何十年もかかるほどではありません。うまくすれば数年で溜まります。そうすれば何もローンで買う必要は有りません。現金で買えるのです。その後もローンを支払っているつもりで貯めれば買換えでも現金で買えます。最初だけ我慢すれば利息を払う必要が無くなり大変お得なのです。

【参考ページはこちら】
車のローン審査に通れないと車を買えない?

アプラスのローン審査は通りやすいのか知ろう

昔はダークなイメージがあった融資も現在ではさまざまなCMが流れて芸能人が採用されていることもあり、とても身近なものとなってきました。しかもキャッシングやローンなどを申し込む時にはインターネット環境さえあれば自宅でいつでもできるというのがより身近に感じられ、利用者が増加している理由だと考えられます。

お金を借りるという行為は例えそれにどんな理由があろうと他人にはなるべく知られたくないものです。そういう意味ではインターネットから手軽に申し込めるというのは人々のニーズにあっていると言えるでしょう。現在ではたくさんの会社がキャッシングやローンをできるようにさまざまな商品を作っています。アプラスはそんな会社の一つです。

アプラスは新生銀行グループで、α倶楽部カードというものがあります。このカードは利率が6.90パーセントから18パーセントで、資金用途は自由なため、利用しやすいカードです。利用限度額は10万円から300万円となっており、年会費や担保、保証人などは必要ありません。

日本国内に在住している20歳以上65歳未満で安定した収入があり、メールアドレスを持っている方が対象となります。またオンライン申込みする時に個人情報に関する同意条項や契約条項にもきちんと同意できるということも条件になっています。

ただし未成年や収入がない方は申し込みできません。利率については利用可能枠によって違ってきます。例えば10万円以上100万円未満であれば、11.20パーセントから18パーセントです。しかし200万円以上300万円以下であれば6.90%から9.20%という低い利率になっています。遅延すると20パーセントの利率が課せられるので気をつけましょう。

アプラスが便利なところは利用できる場所が全国の提携している銀行やコンビニのATMであるという点です。主な銀行だけではなく、各地方銀行のATMでも利用できますからどこに住んでいる方でも使いやすいのです。(こちらもご参考に→銀行のローン審査に関するおすすめ記事

利用できる時間帯はそれぞれのATMによっても違いますが、午前7時頃から午後11時頃まで利用することができるようになっているため、仕事で遅くなってしまいがちな方でも利用できます。急いでいる方は電話で平日の午後2時までに申し込めば当日中に融資してもらうことができます。振り込み手数料も負担してもらえるのでかかりません。

返済に関しては口座振替の場合は毎月27日になりますが、ATMでの返済を選択した場合、5日、10日、15日、20日、25日、末日のいずれか自分の都合が良い日を選択できます。それ以外でも余裕がある時は多めに返済をすることもできます。口座振替からATMでの返済への変更は電話一本でできます。逆にATM返済から口座振替への変更の場合は口座振替依頼書が必要です。

他の多くのローンのようにアプラスでももちろん融資をできるかどうかという審査が行われます。その時に必要な書類がいくつかあります。収入を証明するものと本人確認資料です。犯罪による収益の移転防止に関する法律に基づいて、カードの申込みにあたって公的書類による名前や生年月日、住所などを確認するためです。申し込みする時には必ず運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票などのいずれかをコピーして同封しておきましょう。

これが入ってなければローン審査自体ができないからです。もし本人確認書類と現在住んでいる場所が違う場合は現住所が載っている納税証明書や公共料金の領収書などもコピーして添付しておく必要があります。申し込みから融資までの流れはまず申し込みをし、審査が行われます。審査結果は平日の午前10時から午後5時までの間に申し込んだ方の場合は1時間以内に結果が出され、メールで報告されます。収入証明に関しては希望融資額が50万円以上である場合に提出する必要があります。

この審査について通りやすいかということですが、きちんと条件さえ該当していればほとんどの場合、問題なく通ることができます。ただしあまりに他社での借入れが多すぎる場合には審査に通らなかったり、限度額が低く設定されてしまう可能性があります。審査に通った後は改めて契約内容についての確認電話がかかってきます。契約後、カードは簡易書留郵便で送られてきます。カードが到着した日からすぐに融資されたお金をカードで引き出すことができるようになります。

またお得なポイントサービスもあるので便利です。返済する利息に対して付与され、いろんな賞品と交換できます。ポイントの有効期限は付与されてから3年間ですので期限が切れないうちに使ってしまいましょう。200ポイントから交換可能となります。カードデザインはシンプルなもので、一見しただけではローン用カードだとはわかりません。一般的なキャッシュカードと変わらないようになっています。どこで財布から取り出してもバレないというのはこのカードの強みです。

またフリーダイヤルでいろんな手続きも可能です。利用可能枠の変更を申し込んだり、ポイントの照会や交換、暗証番号の変更や照会などができます。こちらは自動音声応答サービスなので、電話をかけたらあとは自動音声の指示に従って進めていけばよいだけです。朝6時30分から25時まで土日祝日も受付していますから安心です。

ただし暗証番号変更や照会だけは、午前9時から午後7時30分頃までになっているので忘れないようにするといいです。カードの利用枠の変更につきましてはパソコンからもできますので、インターネット環境がある方はそちらから申し込んでみるのもいいです。

ただ利用枠の変更の際には改めて審査が行われますから、金額の希望はあまり高額すぎるものではなく、収入と合う金額で申し込むのが良いでしょう。自分にあった金額かどうか確かめるには設置されている返済シミュレーションの利用をするのがオススメです。返済シミュレーションとは毎月の返済額がいくらになるか、利息がいくらになるかなどが簡単に出せるシミュレーションです。

いくつかの質問に答えるだけなのですぐに終わります。アプラスの場合、返済額からシミュレーションするタイプは希望の返済額を選ぶだけになっています。例えば毎月の返済額を4000円に設定すると、10万円借りた場合、1回目の返済で元金が2521円、利息が1479円、返済後残高が97479円というふうに出てきます。返済回数によってこれらの金額は少しずつ変わります。返済の目安がわかるため、非常に便利です。

もう1つは借入額からシミュレーションするというものです。希望の借入額を入れて実行を押します。すると例えば希望融資額を20万円に設定した場合、毎月の返済額は8000円ほどになり、1回目の返済で元金が5042円、利息が2958円、返済後残高が194958円というふうに出ます。すると32回ほどで完済することになり、返済総額は255162円となります。

このように最終的な金額まで出せますから、自分で返済していけるかどうか考えることができますし、使い過ぎを防ぐことができるのです。実際ローンやキャッシングのように限度額内であれば何度でもお金を簡単に引き出すことができることで、つい必要なお金まで使って贅沢をしてしまうという方は少なくありません。使うのは簡単なのです。

しかし後で困るのは返済です。返済は借りた金額分だけきっちり返すのではありません。利息をプラスして返済しなければいけないのです。先ほどの返済シミュレーションでの結果を見ればわかるように数万円単位で利息がつくこともあります。そうなってしまうと便利だったはずのローンが自分を苦しめるものとなってしまいます。申し込みをする前にまず自分の希望融資額がきちんと収入と見合っているかということは必ず確認しましょう。ローンは正しく使えてこそ、意味があるのです。
(⇒ローン審査がゆるい金融業者が知りたい!