楽天銀行のスーパーローンの審査時間はどのくらいかかる?

急ぎでお金が必要になってしまいました。楽天銀行のカードを持っているのもあり、楽天のスーパーローンでお金を借りたいなと思っているのですが、早めに審査の結果が出てほしいです。楽天スーパーローンの審査にはどのくらいの審査時間がかかるのでしょうか?まだ借りたことはないので、教えていただければと思います。

審査結果が出るまでは、通常でその日から2営業日までかかります

自分が使っている機関のサービスを利用したいということは良くあるわよね。まず回答から申し上げると、楽天銀行のスーパーローンの審査の回答までは、通常だと審査を受けたその日から2営業日までかかるわ。

楽天銀行の方でも、できるだけ早く審査するように務めているけれど、申し込んだ状況によっては、時間がかかってしまうかもしれないわね。銀行の方で連絡した方が良いと思った場合は、電話が掛ってくるわよ。(こちらもご参考に→銀行におけるローン審査の基準

審査結果に関しては、申し込んだ時にあなたが記入するメールアドレスに、メールで知らせが届くことになっているわ。審査を受けるには、審査内容に関して知りたいわよね。そういったことに関しては詳しくは言えないわ。

けれど、日本に住んでいる20歳から62歳で、ちゃんと仕事をしていて、安定収入をいただいている人なら、誰でも借りることができるのよ。アルバイトやパート、主婦の人だって借りられるの。借りる額が300万円以内なら、収入証明をする必要もないわ。

とはいっても、個人で事業をされている人や、法人の代表者は収入証明書が必要ね。あと、審査の結果によっては300万以内でも必要になる場合があるわ。楽天のカードローンは、総量規制(年収の1/3までしか借りられない)の対象となっていないの。他社で借り入れがあっても申し込めるのよ。

審査の一つとして、あなたの職場にちゃんとそこで働いているか確認の電話も来るわ。それでも、非通知設定なうえ、銀行側の担当している人の個人名での電話だから少しは安心ね。

もしあなた以外の人が電話に出たとして、銀行側の会社名を聞いたとしたら、「楽天銀行の××です」といった風に応対するわ。もしあなたの会社が、非通知にしている電話を拒否しているなら、電話番号は通知して掛けるのよ。

ここで申し込んだ後の流れについてお伝えするわね。審査結果がメールで通知されると、あなたの職場に電話が来ることはお話したわね。それからは必要書類を揃えて提出ね。電話で必要な書類を伝えてもらえるわよ。

提出の仕方は、郵送もできるし証明書類添付アプリでも簡単に提出できるわ。書類を送ると、楽天銀行スーパーローンカードが届くの。そうしたら口座振替依頼書を送るのよ。あなたは楽天銀行に口座があるようだから、口座情報も引き継がれているのでこれは不要ね。申し込みをした時間や審査状況によっては、その日のうちには借りられないこともあるから、注意したいわね。

【参考ページはこちら】
みずほ銀行のカードローン審査に通るには?

楽天銀行スーパーローン審査時間は早いのが魅力

楽天銀行スーパーローン審査時間は、早ければ即日OKというケースもあり、その審査の速さや、低額融資、保証人不要(原則として)など様々なサービスが充実しています。

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員や楽天銀行口座を持っている人なら誰でも使うことが出来ます。原則として日本区内在住、20歳から62歳までの仕事についている人で、毎月安定した定期収入のある人という条件がありますが、62歳以上の高齢者や一般専業主婦でも使えるという便利さがあります。

専業主婦でも、夫が無職だったり、過去に審査に落ちた経験のある人は問題が生じる場合があります。勿論、申し込んだ後審査があり様々な条件をクリアすれば、職を持たない専業主婦や、70歳代、80歳代の高齢者でもOKになります。パート、アルバイト、学生でも申し込むことが出来ます。

他の銀行で審査に落ちた人でも、楽天銀行の審査でパスする場合もありますで、落ちたことにあまりこだわる必要はありません。審査は、なるべく申込者の意向に沿うように様々な面での検討が行われます。しかし、どうしても意に添えない場合もあります。

楽天銀行の審査で落ちた場合の再度の申し込みは、よほど条件が改善されていない限り、受け付けられません。原則として限度額300万円以下は収入証明書、保証人、担保の必要もないという手軽さですが、過去に他の金融機関で不払いなどの事例がある場合は、収入証明書の提出を求められたりする場合があります。

こうした例はまれにしかありませんが、状況によっては求められたり、審査で落ちることもあるということを認識しておいてください。審査時間は早ければ即日OK、遅くとも2、3日でOKになりますが、なるべく即日融資を心がけているのでどうしても急にお金が必要になったという場合、強力な味方になってくれます。但し、申し込みの状況によっては数日間かかる場合があります。

融資の額は、5万円以下から500万円と非常に幅が広く、個人での利用はもとより、中小企業主の資金のやりくりといった場面でも活用できます。

経営が苦しくなった地方の中小企業では銀行が相手にしてくれないので、どうしてもノンバンク系の機関に頼ってしまいますが、楽天銀行のスーパーローンでは、こうした中小企業経営者の味方にもなります。楽天銀行スーパーローンでピンチを切り抜け立派に再生している企業もあります。

気になる利子は、安く設定されており、限度額の500万円を借りた場合は1年を365日として計算し年4.9%~7.8%という低率です。

限度額500万円を借りた場合の利子に4.9%~7.8%までと差があるのは、申し込んだときの状況に応じて、審査の上で差が出るもので、審査の中ではこの幅で利子を決定します。なるべく低利になるよう努力はしますが、申込者の条件によってどうしても高くなる場合があることを承知しておく必要があります。

決定までの過程や内容については、本人も含めて誰にも公表しません。審査結果の連絡は、申し込みの際に入力したメールアドレスにメールで送信されます。こうしたことから借り入れの申し込みから、決定通知、振込みまで、一切第三者の目に触れることなく行われるので安心です。

審査の過程で、サラリーマンの場合は、勤務先に在籍確認の電話を入れることがあります。この場合、「どなたですか」と聞かれた場合は「楽天銀行の〇〇です」と個人名だけを伝え、用件については一切触れません。

借りる額が少なくなると利子は次第に多くなり、100万円未満は14.5%となります。こうしたことから、返済がきちんと出来るならば、こまめに借りるより、限度額いっぱいに借りて、様々な方面で有効活用することが得策ともいえますが、これには、しっかりとした返済計画の裏づけがないとかえって問題を招く結果となるので十分な注意が必要です。

とくに専業主婦などが家計の範囲を超えて一度に500万円も借りてしまうと、気が大きくなってきちんとした返済計画も立てずに無計画に使い、後で利子も払えなくなるという問題が起きますので、注意が必要です。出来れば夫の承諾を得て、きちんとした返済計画を立てた上で申し込むことが大切です。

楽天銀行スーパーローンでは、借入額が収入の3分の1までといったような総量規制はありません。
総量規制の対象になるのは、消費者金融、クレジット会社、ノンバンクの個人向けローンや、キャッシングなどです。

つまり、楽天スーパーローンは、収入の額に左右されることなく、限度額まで借りることが出来るという、非常に魅力的なサービスをしています。

一方では、主婦などが、子どもの急病、仲間同士のお付き合い、習い事などで、10万円未満のお金がどうしても必要になる場合がありますが、こうした場合は無理をせず、小額を借りて早めに返済し、また必要になったら改めて借りるという知恵も大切です。

審査基準が緩やかなスーパーローンといっても、お金を借りるということは信用にかかわることです。いい加減な管理をしていると、後で身動きできなくなるといったケースもあるので、それなりの責任が求められます。

返済方法は、約定返済日に指定口座から返済額を自動振り替えするというのが一般的ですが、コンビニや提携CD、ATMによる返済、インターネットによる返済などがあります。返済額は残高スライドリボルビング返済方式(利用残高に応じて返済額が確定)、元利込み定額リボルビング返済方式(利用限度額に応じて毎月一定額を返済)といった方法があります。

場合によっては、100万円借りたがやりくりがうまくいったので、当初の予定を変更して1ヶ月以内に全額返済ということも出来ます。そのときの経済状態に合わせて自由に選べますが、当初の計画と違って資金繰りが苦しくなり予定通りできなくなるという事態も考えられます。

例えば、会社が急に倒産した、友人の保証人になったら、友人が失踪してしまい、保証人としての債務を支払う羽目になった、交通事故を起こしてしまったなど思いがけないアクシデントに見舞われることがあります。しかし、ローンの返済は待ってはくれません。

こうした場合は遅延損害金を支払うことになります。これは残元金債務全額に対し年19.9%の割合により1年を365日とする日割り計算による遅延損害金を支払うことになります。

こうした事態はあってはならないことですが、どうしてもやりくりがつかない場合は、楽天銀行に問い合わせれば、専門の担当者、相談員がどう対処したらよいかの相談に乗ってくれます。ただ返済に穴が開いたり、滞ったりした場合は、問題が生じますので十分注意してください。

楽天銀行スーパーローンの場合は借りる手続きが簡単なため、借りた後の返済のことをあまり考えずに借りてしまう人が多いようなので、返済には重大な責任が伴うことを忘れずにして下さい。

約定返済日は1日、12日、20日、27日の中から選べるので、返済の都合のよい日を設定できます。ただ、27日は楽天銀行口座を引き落とし口座として指定した場合のみ利用できるという制約があります。契約期間は1年ごとの自動更新となります。

こうしたカードローンは楽天銀行スーパーローンだけではなく様々な金融機関で実施しており、それぞれ独自のサービスを行っていますが、楽天の場合は、審査時間の早いこと、利子が安いこと、500万円の高額から低額融資まで幅広く対応していることなどのほか、会員登録とローンの利用でポイントがつくなどの利点があります。会員登録は登録料、年会費とも永久無料です。

お金を借りて、ポイントがついてというサービスは主婦の間でも人気で、計画通りの素早い返済が出来れば、ポイントの有効活用という楽しみもあります。どんな場合でも、借りたお金の返済計画はきちんと立てておかなければ、後で必ず問題がおきますが、計画的に活用すれば楽天銀行スーパーローンは強い味方になってくれます。