専業主婦で車購入ローン審査ってそもそも受けられる?

専業主婦の私についてなんですが、専業主婦でカードローン審査に通らない理由というのはたくさんあるというのを知りました。収入がないとか返済できないというような人には貸せないんですね。だから夫がどれだけ稼いでいるかっていうのが大事というのも知りました。

でも専業主婦で車購入ローン審査なら出来るかも?というように思うようになったんですが、専業主婦で車購入ローン審査なら出来たりしないでしょうか?こちらも夫の収入に大きくよるということになりますか?車を購入したいのでぜひお願いします。

車購入ローン審査は夫婦揃って受けるのがいい

専業主婦で車購入ローン審査を受けたいということですけれども、なかなか専業主婦単体でと言うと難しいかもしれませんね。質問されている方が専業主婦ということだと思いますが、借入自体はできないことはないですし、ローンを組むということは出来ると思いますが、それには夫の同意が必要だと思います。ですから必ず夫と一緒に夫婦揃っていくほうがいいでしょうね。

自動車ローンということになるかと思いますが、自動車ローンとなると正直な話カードローンなんかよりも審査はだいぶ難しくなります。特に新車ということになればなおさらです。自動車ローンで新車を買うとなると4年ローンで150万円などを組むことになります。月々の支払は3,4万円は払わないといけないでしょう。これだけのお金を専業主婦だと払えない、そう判断されます。
(⇒車のローンを組みたい方におすすめ記事

例え夫の収入がそれなりに高いとしてもその夫の収入からそれだけのお金を捻出できるのか?というのはかなり疑われるでしょう。だからこそ夫の収入がそれなりに高いとしても、夫の同意がちゃんと取れる形でなければ買うことは出来ません。そもそも自動車を購入したら夫には秘密にすることなんて出来ません。

ですから夫婦揃って購入しに言って、ローンを組むときも夫婦揃ってやるべきでしょう。カードローンなら秘密で行いたいと思うのも分かりますし、秘密で行うのも悪いことではないと思います。だからやってもいいと思います。カードローンもそのように秘密で借りても大丈夫なように設計されていますから。

でも自動車ローンだけは違います。住宅ローンなども同じですし教育ローンもそうです。専業主婦で車購入ローン審査を受けても通らないような仕組みになっているのです。だからこそ借り入れをするのであれば、車を購入したいのであれば夫と一緒に行くことをオススメします。夫婦仲が悪いとなかなか難しいかもしれませんが、大きな買物をする時は絶対にそうすべきでしょう。

【参考ページはこちら】
家族にブラックの人がいると車のローン審査に通れない?

専業主婦で車購入ローン審査に通る事は可能か

今の日本の家庭の殆どは共働きの家庭だそうです。少し前までは、殆どの家庭が専業主婦でした。しかし、物価の高騰や税金の値上げ、子供の教育費など支出は年々増える一方です。また、日本は未曾有の災害も多発しており、国自体が大変経済状況が危機状況となっているのです。ですから、一部の企業を除き、給料は上がる事なく、支出のみが増える状況です。

一般家庭の支出の大半を占めるのが、子供の教育費だと言われています。昔は、塾や習い事に通う子供は少なかったのですが、今は殆どの子供が毎日何かの習い事に通っています。習い事をする子供は、都会に行く程多くなるでしょう。ですから、夫の収入だけでは暮らしが出来ないのです。

子供の教育費の他に住宅ローンや車のローンを抱えている方も多いでしょう。一軒家を持つ事は夫婦の夢です。自由な空間で、騒いでも怒られる事なく、内装をどの様にしても怒られる事はありません。好きな様にインテリアを飾る事が出来るのです。また、庭には好きな木や花を植えたり、野菜を作ったりと夢はドンドン広がります。

更に地方に行く程に必要になるのが、車です。家を購入するより先に手に入れなければならない状況の方も多いでしょう。都会は交通機関が発達しているので、車が無くても不自由なく生活する事が出来ます。

しかし、田舎は1時間に1本のバスしかなかったりし、自由に行動できないのです。しかも、家が離れていたり、スーパーなどが大変離れているところに在ったりするので、買い物するのに車が必ず必要となるのです。田舎では、一人1台車を保有しているケースが多く、家には2台や3台の車があるところも少なくありません。車のローンに加え、ガソリン代や車検代などの維持費も相当かかるのです。

しかし、車が無くては生活出来ないので、維持費が安い軽自動車を保有する方が非常に多いです。軽自動車税や車検代は、普通車に比べて安いので人気があります。車を購入する際に一括現金で支払い出来れば、問題無いですが、車は高額なので中々一括で支払う事が出来ません。

そこで、ローンを組む方が多いです。ローンにも色々な種類があります。車の購入先でローンを組むケースや銀行で車のローンを組むケース、そして消費者金融で車ローンを組むケースなどです。車の購入先や銀行奈金融機関で車のローンを組む際には、専業主婦だと審査に通るには難しいものがあります。やはり、年収が重要視され、正社員や公務員以外の派遣社員はギリギリ審査に通るかどうかになります。

これらの判断は、銀行などによって審査に多少違いがあるでしょう。アルバイトでかなり収入があっても、審査に通るのは厳しいそうです。

しかし、消費者金融の車ローンは専業主婦でも審査に通るケースがあるのです。専業主婦や学生でも、アルバイトやパートなどで収入があれば、専業主婦で車購入ローン審査に通る事があるのです。勿論、正社員や公務員の方が評価が高くなりますが、アルバイトやパートでもローンの金額によっては十分に審査に通ります。

また、消費者金融によってはアルバイトやパートの方専用のローンもあるので、車のローンを組む際には色々な消費者金融を調べてみましょう。アルバイトやパートの方が審査に通るポイントは、長く勤務している事です。アルバイトやパートを始めた直後よりは、アルバイトやパートでも勤務年数が10年だと大変評価は高くなります。

また、持ち家があると賃貸よりは評価が高くなる傾向にあります。車の購入先や銀行などの金融機関での車ローンの審査に通らなかった方には、消費者金融の車ローンは大変おススメです。

車を一括で購入するには、経済状況が厳しいが、車は今直ぐにでも必要な時には是非利用して下さい。
50万円以下であれば、収入証明書など必要が無い消費者金融が殆どですが、50万円以上だと収入証明書など各種書類が必要になる様ですので、コールセンターなどで相談しましょう。

ただし、消費者金融でも車ローンの審査に通る事が出来ない方もいます。他社から借入をしており、返済が滞っていたり、自己破産している方はブラックリストに掲載され、ローンを組む事が出来なくなるのです。

色々な消費者金融から借入をし、借金が莫大となり、返済出来なくなった場合、自己破産の申立を裁判所に行います。裁判所では、借金の金額と収入と比較し、3~5年以内の返済が無理だと判断した場合に破産宣告を行い、その後免責が認められると借金の返済責任は無くなるのです。

ただし、借金は無くなっても、資産価値のあるものは取り上げられ、財産は無くなり、社会的制裁が与えられます。一定期間選挙権は無くなりますし、社会的地位にいる方は、その地位にいる事は出来なくなるのです。

そして、当然ローンやキャッシングは利用出来なくなります。万が一、借金の返済が出来なくなった場合は、まずは弁護士に債務整理の依頼をしましょう。債務整理の結果、利息制限法に基づき、払い過ぎた利息が戻ってくる事もあります。

また、利息の支払いが無くなり、元金のみの支払いになる事もあるのです。更に今は個人再生の申立があります。一定の借金を返済する事で、残りの借金が帳消しになるのです。社会的制裁を受ける事はありません。

債務整理には色々な方法がありますので、必ずしも自己破産の道しか無い訳ではないのです。車は、地方に住んでいる人程、必要不可欠なものです。買い物や病院など日常生活に必要な建物が離れた場所にあるからです。

勿論、小学校や中学校、高校なども離れた場所にあり、親が送り迎えするケースも多々あります。ですから、車はどんな経済状況の方でも、必要なのです。

車の免許は18歳から取得する事が出来ます。よって、車の購入は18歳から出来ます。車は新車で購入すると100万円前後するでしょう。100万円もすると一括で支払う事が出来る方は少ないので、車のローンを組む事になります。

車のローンは車の購入先で組む事も出来ますし、銀行など金融機関でも出来ます。更には、消費者金融でも車のローンは組む事が出来るのです。

専業主婦や学生は、アルバイトやパートをしていれば、消費者金融での車ローンを利用できますので、学生の内に自分の力で車を手に入れたい方や夫の負担にならない様に自分で車の支払いをしたい方には是非、消費者金融の車ローンがおススメです。

借入出来る金額は少ないですが、中古の安い車を購入するなら十分でしょう。中古の車は安いものだと30万円程で購入出来たりします。中古の安い車はそれだけ、見た目も汚いですし、長い期間使用されている車になりますが、それでも走る事が出来るなら十分でしょう。

高額な車は、金銭的に余裕が出来てから購入すれば良いのです。高額な車はそれだけ、維持費などが大変かかります。経済的に余裕が無いのに高額な車を購入しては、返済出来ずに自己破産になってしまいます。自己破産するとローンのある車は、ローン会社に引き取られるのです。せっかく借金して購入したのに結果的に手放す事になってしまうのです。

ですから、自分の支払える範囲の車を購入する事が大切です。車は高額なものは、軽く1,000万円以上します。身の丈に合った車を購入しましょう。地方に住んでいて、移動にどうしても車を使用する必要があるのでしたら、軽自動車や中古の自動車で十分です身軽ですし、維持費も少なく済みます。

特に子供のいる家庭でしたら、子供の教育費や住宅ローンなど色々他にもお金が必要となるのです。
できるだけ、安い車を購入し、借金を少なくする事を第一に考えましょう。

少し金銭的に余裕のある方でしたら、大きな家族用の車を新車で購入し、子供が何人いても大丈夫な様に長い目を見て頑張って購入しても良いでしょう。

新車は長い期間使用出来ますので、子供がいない時に夫婦で頑張ってローンを組んで購入するのもおススメです。