楽天銀行スーパーローン審査落ちしたらもう借金は無理?

もう最近起こったことの中では一番ショックだったんですけれども、こんなに絶望的に思うなんてびっくりしました。なにが起きたかというと、楽天銀行スーパーローン審査落ちをしてしまったのです。友人にも前々から薦められていたし、これはいいなと思って借り入れを下にもかかわらず、こんな審査落ちするようなことがあるなんて…とショックなのです。

しかもこの楽天銀行スーパーローンというのはすごい審査が甘いと言われているところだと聞いています。つまりここで落ちてしまうということは他の銀行カードローンを使うことが出来なかったり、他の消費者金融でも審査に通らない可能性があるって言うことですよね?私もどこからも借りられないんでしょうか…

楽天銀行スーパーローン審査落ちでも諦めてはいけない

楽天銀行スーパーローン審査落ちしたからって諦めるのはまだ早いですね。確かに審査が甘いと言われているものですけれども、落ちている人も少なからずいます。質問されている人以外にも落ちている仲間がいるということです。その点、忘れないようにしてください。ですので落ちたところで全てがダメ、というように諦めてはいけません。審査落ちしてもまた挑むことは出来ます。

もちろん楽天銀行スーパーローン以外の業者を使うという方法だってありますし、全く諦める必要はありません。もともと楽天銀行スーパーローンというのは確かに審査が甘いと言われていましたが、最近になって会員もそれなりに多くなってくると少しずつですが厳し目になってきているというような傾向もあると言われています。

ですからもし落ちたとしても少し自分の信用情報を良くすることで、通るようになる可能性があります。例えば他のもっと審査が甘いというところを使い、そこで借り入れをすることで信用をつけるという方法もあります。返済をしっかりとして、たくさん借りて返済をしたという実績を持っていれば、借換えという形で楽天銀行スーパーローン審査落ちをしていても借りられる可能性もあります。

結局は諦めるか諦めないか、この違いでしか無いのではないかと思います。諦めなければ何とかなりますから、他の業者でもいいのでまずは申込みをしてみましょう。2回連続で落ちるようなことがあれば、自分自身を見つめなおすほうがいいでしょう。ちゃんと借りられるだけの信用があるか、収入があるか、他社借入が多すぎないかなど、見るべきポイントはたくさんあります。

楽天銀行スーパーローン審査落ちしたら確かにショックです。しかしショックのままでは行けません。本当に借り入れをしてやりたいことがあるでしょうから、そのために借金を借りられるようにしなければならないのではないですか?

【参考ページはこちら】
三井住友銀行フリーローン審査に落ちた人いる?

楽天銀行スーパーローン審査落ちした後の対策とは?

キャッシングとも呼ばれている個人向けカードローンは、無担保型の少額融資であり、事業目的での利用以外であれば自由に使用する事が出来る商品です。消費者金融の専門サービスとして知られてきましたが、現在では信販系企業や銀行等の他の金融機関も用意する様になっています。

特に、銀行が提供している商品は、総量規制の対象からは外れているので、年収により借入が制限されてしまう事がありません。自分では収入を得ていない専業主婦でも利用可能な商品も存在しており、幅広い層に向けられている事が特徴となっています。

その銀行カードローンの中でも注目を集めているのが、楽天銀行の商品であるスーパーローンです。満年齢20歳以上62歳以下の国内に居住している人を対象としており、永住権や特別永住権を保有している場合は外国籍の人でも利用する事が出来ます。

原則安定した収入を得ているという事が条件であり、アルバイトやパートタイムも対象に含まれています。さらに、限度額は50万円までと制限されていますが、専業主婦であっても利用する事が可能です。担保物件や連帯保証人は不要であり、審査に申し込む前の準備に時間を取られてしまう事がありません。

楽天銀行は、窓口業務を行っていないネット専用銀行であり、申し込みは公式サイトから受け付けています。既に、楽天銀行の口座を保有している場合は、非常に簡単な操作だけで手続きを完了させる事が出来ます。ただし、口座を保有している事は条件ではないので、これまでに取引を行った事がない人でも不利になる事はありません。

楽天スーパーローンは、銀行カードローンに分類されている商品です。貸金業法の対象ではないので、借入総量を年収の3分の1以内に制限される事はありません。このために、借入希望額が300万円以内であれば、給与明細書や源泉徴収表等の所得を証明するための書類を用意する必要がありません。

審査は非常にスピーディーであり、申し込み当日から2営業日以内に結果が判明するという仕組みです。急いでいる時にも十分対応できる商品内容であり、結果はメールでの送信となります。審査の基準及び内容は公表されていませんが、信用情報機関への照会が重要なポイントとなる事が予測できます。

これは、所得証明書の提出が必要でないからであり、年収の調査が厳密には行われていないからです。また、事業性資金での利用を禁止されている様に、事業実績や規模についても調査対象からは外れている事が推測できます。つまり、申し込み時点までのクレジットヒストリーが重視されるという事になります。

その中で、特に重要なのが、遅延や延滞、債務整理等のブラック情報が記録されていないという事です。信用に基づいて融資が行われるので、以前にルールを守れなかったという事は、大きなマイナスと認識されてしまいます。また、他の金融業者からの借入残高も審査を左右する問題となります。

楽天スーパーローンは、毎月の1日、12日、20日、27日の中から選択できる約定返済日に指定の金額を遅れずに返済するという事が使用する上で求められるルールです。このルールを守り続けていく事により、信用が良好となります。借入を増額差あせる事が可能となり、最高で500万円まで用意されている金額に徐々に近づける事が出来ます。

このために、ルールを守って利用できるだけの経済状態にあるという事が、審査に通過する条件となります。このルールは、個人向けキャッシングに共通しているので、他の商品を利用している場合は返済している金額を抱えている状態にあると認識されてしまいます。

つまり、他社借入残高が大きくなるほど経済的余裕がない状況という事であり、審査に通過する可能性は低くなります。逆に、年収が少ない場合でも初めてのキャッシングの申し込みが楽天銀行スーパーローンであった場合は、利用できる可能性は極めて高くなります。経済的に良好な状況にあると判定されるからです。

クレジットヒストリーによる審査を通過した場合は、自宅と勤務先に電話をかけられる事になります。申し込み内容に誤りがないのかを確かめるためであり、在籍確認と呼ばれています。申し込み者に不利益が及ばない様に、プライバシーには十分配慮した内容で、楽天銀行という名前ではなくオペレーターの個人名によりかけられます。

在籍確認はごく短い問答で終了するので、難しい問題は特にありません。あくまでも確かめるという事が目的となっているからです。しかし、在籍確認が取れない場合は契約手続きには進まないので、非常に重要なポイントとなっています。

在籍確認が完了すると契約手続きに進む事になり、コンビニエンスストアーに設置されている提携ATMで利用できるカードが発行されます。金利は年4.9パーセントから14.5パーセントと消費者金融系のキャッシングと比較すると低金利が設定されています。

同じ金額を同じ日数だけ利用する場合は、金利が低い方が当然返済額も少なくなります。加算される利息が少ないからであり、返済の負担を軽くしたいという人に向いています。また、借入が大きくなるほど金利はさらに低くなるので、ルールを守っての利用を積み重ねていく事により、返済をさらに楽にする事が可能です。

このように、様々な魅力を持っている商品の楽天銀行スーパーローンですが、申し込み者全員が利用できるというわけではありません。審査基準を満たさないと判定された場合は、審査落ちという結果となります。このような状況になった場合は、再度の申込みは6カ月が経過して以降となります。

楽天銀行スーパーローン審査落ちしても、永久に利用できないという事はありません。信用が良化する事により、通過できる可能性は高くなります。ただし、短期間での連続しての申し込みは経済的に余裕がないとみなされるので、再び不合格となる可能性が極めて高くなります。通過率を高くするためには、それなりの対策が求められます。

楽天銀行の公式サイトでは、審査に申し込んでから6カ月以上が経過した場合は、再度の申し込みを行う事が出来ると明記されています。まずは、求められている日数が経過するのを待機しなくてはなりません。この上で、クレジットヒストリーを磨くという事が具体的な方法となります。

楽天銀行スーパーローンは、借り換え目的での利用も認められている商品です。借り換えとは、返済を目的とした利用法で、有利な条件に変更する事により、負担を軽くするという内容です。これは、金利が高い商品を利用している場合に有効な方法であり、楽天銀行のスーパーローンが低金利であるという事から行えるやり方です。

つまり、貸金業者のカードローン等の高金利の商品を利用している場合は、無理をしてでも残高を出来るだけ少なくしておく方がよいという事です。低い金利に借り換える事が可能となるからであり、結果的には返済の負担を減らす事につながります。

そのためには、審査に通過するという事が必要となるので、重要な条件である他社借入残高を少なくしておくのが効果的です。過去の問題については一定の期間が経過するまでは、解消する事は出来ません。このために、債務整理や遅延等のトラブルを起こした場合は、記録が削減されるまでは待たなくてはなりません。

楽天銀行スーパーローン以外の商品の審査に落ちた場合でも、同様の対策が必要となります。この場合は、6カ月という期間は設定されていませんが、すぐに申し込みを行った場合は審査に通過する確率は低くなります。このような場合でも6カ月待機する事が最低限度必要です。

信用情報機関に照会したという記録は、6カ月が経過すると削除されます。つまり、フレッシュな状態に戻せるという事です。経済的に余裕がない状態での審査への申し込みはプラスに作用する事はないので、注意する必要があります。