どうしてもローン審査が通らない場合の対処方法について

もしローン審査が通らない場合、どういうことをすればいいのか、ちゃんとした答えを持っている人というのはいるのでしょうか。私の場合、ローン審査が通らない場合はどうしたらいいのかというのがわからないので、とりあえずまた少し時間を空けてから申込みをするしかない、と思っています。

で、このローン審査が通らない場合なんですけれども、ちゃんとした答えを持っている人はどういうことを考えて行動しているのでしょうか?ローン審査が通らない場合にやった方がいいことなどの対処方法があれば、教えてください。

ローン審査が通らない場合はまずは分析して少し待つ

質問されている方は一つ、待ってから間を空けて申し込みをするとおっしゃっていますが、それ自体はそのとおりで間違いではありません。少し待つことは絶対に必要なのですが、それが出来ない人も多くいます。そのため、全くローン審査がそれから後も通らなくて同仕様もなくなったという人もいますから、正しい行動だといえるでしょう。ただその前には分析をすることを忘れないようにしたいところです。

分析をするというのはいわば自分が落ちた原因について探るというものです。原因というのは色いろあるんですけれども、その中には「あ、こういうものがあるのか」であるとか「ここを直せば他の消費者金融でも審査に通らない場合がなくなるんじゃないか?」ということがあるのです。それをはっきりさせて、今の状況に見合った業者を使えるようになるといいでしょう。

極端な例を言えばお金をあまり持っていない、パートの人がいるとします。生活がギリギリだからといって銀行のフリーローンを使いたいと考えるとしましょう。その場合、銀行のフリーローンを使いたいと言っても審査に通る可能性は非常に低いです。稼ぎが少ないパートだからというのが大きな理由なんですが、それがわかるというだけでも対策を取ることが出来ます。

パートでも収入が原因だったら収入を上げるようにすればいいですし、収入ではなくパートだということが問題、というのであれば、パートではなく正社員に転職してからなら使えるようになります。もちろん業者にもよりますから、パートでも使えるところを選ぶというのが重要です。フリーローンだと審査は厳しいけれども、それ以外なら大丈夫ということもあります。

ですのでまずは分析、これが重要になります。その後は数カ月間あけてから借り入れをするようにしてみてください。そうすれば、今までは通っていないような人も、審査に通る可能性が出てくるかもしれませんよ。
(⇒ローン審査が一番簡単なところはどこ?

ローン審査が通らない場合でも審査の甘いところもあります

ローン審査の通らない場合は理由があります。勤務年数が1年未満だったり、他社のローン会社の滞納又は複数のローン会社を契約している可能性があると審査が通らない場合があります。基本的に銀行のローン審査のほうが厳しい審査になっており、審査の理由も明かしてはくれませんが原因があるということです。

比較的に消費者金融が審査が甘く、パートやアルバイトの方でも審査が通りやすくなっています。クレジットカードローンは銀行は厳しいですが消費者金融のクレジットカードのほうが審査も甘く通りやすくなっています。

審査が甘くても、基本的である他社のローン会社の滞納や複数のローンで収入より上回るようであれば甘くても審査が通らないことがあります。借金しても良いのは収入の3分の1でしか借金が出来ないのです。審査するには本人の書類を見て信用性があるか、他社の借金があるか書類通りの会社に勤務しているか在籍確認の電話を入れます。

ローン会社の個人名で電話をかけて本人が居てるか確認を行います。最近は消費者金融のWeb完結と言うのがあり、電話も手紙も一切なく全て書類だけで融資ができるのがあります。書類は収入証明書又は社会保険を写メールで送信するだけで本人確認と在籍確認ができます。

会社に在籍確認をしてほしくない方にはぴったりですが、キャッシングローンになるので融資額が少額の融資になります。ローンでもいろいろありショッピングのローンやキャッシングローン、大口で住宅ローンや車のローンなどがあります。

住宅ローンは大口になるので銀行からの融資になります。銀行は勤続年数が3年以上など条件があり、大口ローンは審査が厳しくなっています。ローン審査に通らないのは過去に自己破産している方は7年後に借入ができるとなっていますが現実は難しくなって借入も難しくなっています。

その他の債務整理していると5年後にローンは組めるようになります。キャッシングローンの事故を行えば、5から7年間はローンは組めないのです。

審査に通らなくても違うところで通る会社もありますが、1日に複数のローンを申込みしていると審査に通るのも通らなくなります。ローン会社は信用性がないと判断したら審査に落ちますので審査に落ちても違う会社での申込みは避けた方が良いです。

一日に行うのは2から3回程度にしておきます。ローン審査が通らない場合には必ず、理由があって審査に通らないのです。審査の理由はローン会社に問い合わせしても教えてはくれないのが現状です。年齢も制限があり20歳から65歳まで又は60歳までと年齢にも制限があります。銀行の他に消費者金融のほうが審査が甘くなっています。

銀行でだめなら消費者金融のローンが通りやすいですが複数の借金や滞納していれば審査も通らなくなりますので注意が必要です。最近は消費者金融もクレジットカードを取り扱っています。初めてのローンを組む場合は、インターネットから簡単に申込みができます。審査も短時間で済む場合は消費者金融がお勧めです。

消費者金融は時間も短時間審査の結果がわかりメール又は電話連絡で結果がわかります。契約終了後、平日の14時までの契約であれば指定口座に振込します。銀行でもネット銀行は金利も低金利な所が多く、収入証明証が不要で審査も甘いです。ネット銀行の口座をお持ちの方は簡単に申込みができますが口座をお持ちでない方も、申込みは可能なネット銀行もありますが、融資や審査に時間がかかる場合があります。

ネット銀行はインターネットで振込や入出金の確認ができるので24時間いつでも、何処に居てもローンの申し込みができます。審査も通りやすくなっています。車や住宅ローンが通らなかった場合はネット銀行のローンを申し込みをお勧めします。

特に低額な融資額であれば収入証明証が必要でないネット銀行もあります。通らない理由は何処のローン会社又は銀行など問い合わせしても理由は明かすことないのです。

ネット銀行は保証人や担保がない方も借入ができるネット銀行が増えています。車のローンを組む場合、保証人が必要な銀行がありますがネット銀行は保証人が要らないので借りやすくなっています。審査も通りやすくはなっているので消費者金融又はネット銀行で借入するほうが審査も甘く通りやすいです。

申込方法もインターネットで申込みができるので便利が良いです。ローンにはフリーローンもあり、使い道は自由なローンです。銀行に多いローンですがネット銀行にもありますので利用することができます。複数のローンがある方は一度おまとめローンでローンを一つにまとめるローンです。

融資額が複数の合計の融資をするので高額になりますがローンを一つにまとめることによって金利も下がり返済も楽になります。毎月の返済日や返済額が違っていたりで毎月の返済だけでも困難になり、他にローンを組みたくても審査に通らないことがあります。

その場合は複数あるローンを一つにまとめるおまとめローンが、銀行や消費者金融にあります。審査などありますが何処の銀行又は消費者金融が金利が低く返済も何処が楽になるか調べてから申し込みします。複数が一つになれば返済も楽になり、毎月の返済額が下がります。キャッシングの事故も無く、複数のローンも無い方で審査が通らなかった場合は勤続年数が短かった場合は審査が通らないこともあります。

特に大口の銀行の融資やショッピングなど通らないこともあります。最近はマンションやアパートを借りる際もローン会社が不動産屋と大家の間に入って家賃や敷金など管理します。借りる際にローン会社の審査に通らないとマンションやアパートに借りることが出来ないのです。

マンションやアパートのローン会社は審査は甘いですので審査が通りやすくなっています。審査が通らない場合は不動産に相談すると違った条件で審査が通りやすいローン会社を申し込み出来るようにしてくれるのでアパートやマンションで審査に落ちても違うローン会社がありますので一度相談すると良いです。インターネットで申込みができるローンもありますので審査に落ちても誰にもわからずに結果がわかる便利なローンもあります。

基本的に審査が甘いのはネット銀行と消費者金融です。消費者金融は専業主婦やパートやアルバイトの方も借入ができ、店頭に行かなくても申込みができます。インターネットから簡単に申込みができ、スマートフォンであれば専用のアプリもありますので本人確認書類や収入証明証など写メールで送信するだけで郵送の手間も省けます。

簡単で申込みや審査にも短時間で出来るのでインターネットで申込みが簡単にできます。初めてのローンを申込みする方は審査に通りやすいですが過去にキャッシングの事故である債務整理をしていると、ショッピングのローンも通りにくくなっています。特に自己破産は7年後には借入できるとなっていますが信用の問題ですのでローン会社によっては借入が出来ないところもあります。

ローン審査に通らない場合はローン会社にもよりますが銀行で審査に通らなければ消費者金融のローンを申込みすると通る場合もあります。守秘義務でローン会社は審査の内容や理由は一切明かせないことになっています。審査の理由は様々ですがキャッシングの事故以外は勤続年数や複数のローンをしている方やローンを滞納している方が審査に通らないケースが多いです。

キャッシングの事故は何年たっても借入が難しいのです。自己破産以外は5年以上で借入はできますが借金を完済していないと借入は難しいです。

貸すほうも信用がなければ貸せませんので自己破産以外の債務整理は借金を完済して5年後に借入できるクレジット会社や銀行などができますが出来ないローン会社もありますので注意が必要です。審査が通らなかった場合は一度審査に落ちても、審査の甘い消費者金融やネット銀行で申込みすると審査が通る場合があります。

【参考ページはこちら】
どうしてもローン審査が通らない理由は何?