同級生のローン審査通らない理由を教えて下さい!

私の同級生なんですけれども、聞いてもらってもいいでしょうか。悩みがあるということで私に相談されたのですが、正直私はよくわからなかったのです。同じように働いているし、基本的に給料ももらっているんですけれども、ローン審査通らない理由というのがわからないのです。

私は十分借り入れができたんですけれども、友人はローン審査通らない理由を聞いてきたのですが、正直思い当たるものがありません。給料も同じくらいで他に借金があるわけでもないですし、どうしてこのような違いがあるのでしょうか。

考えられるのは会社とカードローン業者の選択だ

正直情報としてはそこまで多くありませんから、正確な判断というのは出来ませんが、それでいいというのであれば消費者金融やカードローンに関してこれではないか?というような予測はできます。おそらくですが、考えられるのはカードローン業者の選択かもしくは働いている会社や職業に関係があるのかな?と思います。

職業や会社に関係があるというのはひとつは警備員などではないか?という点です。警備員であれば、カードローンを使うことが出来ないと言われています。これはお金を扱う重要な仕事だからですが、警備員関係の会社で働いていませんか?もしそうでないなら非正規雇用の可能性もあるかと思います。非正規だということで収入が同じでも借り入れできない可能性もあります。

もうひとつ考えられるのが業者選びでしょうか。業者によって審査の厳しいと言われているところもあれば審査が甘いと言われているところもあります。質問者と友人が同じ所を使っていれば業者選びに問題はないかもしれませんが、甘いところを質問者は使っているけれどもご友人は厳しいところを使っているとなれば、通らない可能性は高いでしょう。
(⇒ローン審査が緩い金融会社を探している方におすすめ

おそらくこの辺りが原因ではないかなと思います。おおよそ収入の話などはあまりしないと思いますし、友人が言う収入の金額が実はだいぶ低くて、それでも見栄をはっていたということも考えられます。結局情報不足では友人の方がローン審査通らない理由というのははっきりとはわからないでしょう。

そもそもローン審査通らない理由というのは幾つもありますし、業者によっても違うのですから、これだというのを教えてくれる人はいません。落ちたからといって「これが良くなかったんです」と業者も教えてくれるものではありません。ですから予測でしかありませんが、今のところ考えられるのはこの辺りかなと思います。少しでもお二人の参考になれば幸いです。

ローン審査通らない理由のポイントとは何か

いまや、ローンを組んでいる人が多い中、やはり不安になってくるのが審査です。審査が通らなければ目的のお金が借りられないわけですので、なんとしても通りたいはずです。特に、マイカーローンや住宅ローンなど夢を実現させたいかたは、なおさらです。

そんな中、ローン審査が通らないひともたくさんいます。ローンと一言で言っても、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンに洋服や趣味にお金をかけローンを組む、生活の為お金を借り入れる人などさまざまです。しかし、審査にははっきりとした合格ラインがないですし、また、借り入れ理由や、借り入れ先などでおのおの基準が違う場合があります。

ここで、信用会社や金融機関の「審査」について、いくつかお話ししたいと思いますが、審査に大きな影響を与えているのは、信用情報機関のデータと言われています。この信用情報機関のデータを利用し、貸付をみとめるかどうかか決定されているといわれています。

この機関には、賃金業者や金融機関などからお金を借りるときなどに情報が登録されています。一般には、契約したときや、自己破産したとき、完済したとき、契約解除したとき、滞納したときなどに記録が登録されます。

ローン審査通らない理由は色々ありますが、「なぜローン審査が通らないのか」ここでは、大きくまとめて7つのポイントを上げたいと思います。実際に融資を申し込んで断られた人や、これから申し込むのに気になる方などいると思いますので、注意点などをあげていきたいと思います。

まず、1つ目は、他社の借り入れ件数が多い人です。きちんと返済していても、3社目4社目となると審査に通らない場合があります。いわゆる自転車操業になって破綻する可能性があるからです。借り入れ件数が多い場合は「おまとめローン」を受けつけているローン会社に相談して1本化することを検討するといいと思います。

この、おまとめローンは、借入先がひとつにまとまる為、毎月の返済の管理が楽になるということのメリットがありますが、もし、おまとめローンを利用される場合、いろいろな注意事項などもありと思いますので、きちんと説明や確認をうけて借りたほうが良いです。

2つ目は、年収が低い場合です。これは、賃金業法により、年収の1/3を超える融資が出来ないからです。なので、そのようなひとは、借り入れいたい金額が年収の1/3以下になるように申し込むと良いでしょう。また、収入が低いからといって絶対に借りれないわけではなく、収入の安定性なども関係していますので、毎月しっかり働いていて安定した収入があれば可能なケースもあります。

3つ目は、連続して申し込みをした場合ですが、短期間に連続して申し込みをすると、審査に通らないケースがあります。なので、借り入れを他でしたのなら、3ヶ月から6ヶ月は期間をあけて申し込みをしたほうが良いでしょう。こちらは、自己申告な為もし、うそをついて申告しても、上記にも書いていましたが、信用情報機関で調べることが可能なので注意をしてください。

4つ目は、未納や未払いがある場合です。最近では、携帯電話料金の滞納が多いですが、機種代など分割払いにして購入されている人もいますが、月々の携帯支払い、これは立派なローンです。携帯電話の滞納分が引っかかってしまい、ローン審査に通らないということもあります。

また、年金保険料の未払いにも注意が必要です。年金保険料は、20歳から払う必要がありますが、学生だった期間の未払いや、退職などに伴う未払いなど、なんらかの理由で払っていない期間がある場合、審査で引っかかる可能性があります。支払いがきついという方は、色々な制度ががある為、使えないか役所などに相談してみてください。

また、住民税や自動車税なども同様に滞納がある場合やクレジットなどの支払いが滞っている場合等も、審査が通らない可能性があります。こういった滞納金やがあると、いくら収入が多くて希望の借り入れ額が少なかったとしても、信用がないという理由で審査に通らないことがあります。

ですので、これからローン審査を受けたいという方は、未払いや未納などの支払いをきちんとすませ、携帯電話の支払いを引き落としにしている方は、きちんと残高があるか確認するなど日頃より気をつけて支払いをするよう心がけましょう。

5つ目は、健康状態です。特に住宅ローンなどの場合は重い病気にかかっていた場合、ローンの審査に通らない場合があります。なぜかというと、銀行など金融機関で取り扱っている住宅ローンでは、ほとんどが団体信用生命保険に入ることが申し込みの条件になっているからです。

これは、もし借り入れ主が亡くなった場合だったり、高度障害と言われる重い障害などを患った場合などに、支払いを免除しますという保険だからです。なので、重たい病気などにかかった、場合この保険に入れず審査が通らないのです。

6つ目は、勤続年数です。勤続年数が長ければ長いほど有利です。だいたい、6ヶ月に満たない場合はかなり厳しいかもしれません。

7つ目は、過去に自己破産など、金融事故を起こしたことのある人です。自己破産をしたならば、10年は借りることができません。もし、審査に通らなかった場合は、次のことに注意を払ってみてください。

審査に落ちてもあきらめない。カードローンなどを提供している金融機関は、1つだけではありません。どうしても必要で借り入れが必要なときは、次のところにチャレンジすることもひとつの手でしょう。

落ちた理由を考える。審査に落ちるということは、それなりの理由があります。自分なりに落ちた理由を見つめなおす事も大事です。

審査に通りやすい自分にあったローンを選ぶ。いまでは、ネットや口コミなどで審査に通りやすい金融機関などが分かる場合があります。そのような情報を色々調べ、時には足を使って直接窓口などに聞いたりしながら審査に通りやすいローンを選んだらどうでしょうか。

また、審査にとおりやすいように「勤務先をかえる」や「自分の年収をあげる」などすぐに簡単にはできません。

では、自分にできそうなことをやってみるということがあります。まずは、頭金やなどがある人は、借金や未払いなどいったん支払いがある分を精算します。また、使わないクレジットカードや消費者金融のカードを必要枚数以外は退会・解除します。これは、クレジットカード類は、たとえ利用額が少なくても、利用額限度数を合算して負債とみなされてしまうからです。また、結婚されている人は、共働きをして夫婦の年収を合算して借り入れを申し込みすると審査にとおりやすくなることがあります。

現代人にとって本当にローンは身近にあります。携帯の支払いもローンになりますので、学生のうちからいつのまにかローンを組んでいたなんてことは、ほとんどあると思います。ローンとは、とても便利です。手元にまとまったお金が無くても、審査が通れば購入することが可能です。どうしても購入したい、例えば自動車や夢のマイホームなど審査がとおればかなうのです。欲しいブランド品やアクセサリー品なども手にはいります。上手に利用すればすばらしいのです。

しかし、私たちは気軽に利用できるという反面、計画性をもって自分の状況などを把握して上手に付き合わなければなりません。気軽に借りれるがゆえに、返せなくなったり、最悪住宅ローンが返せなくて、競売にかけられる、自己破産するなど裏の面もあります。なので、審査をするまえに、家族や金融機関の窓口などに相談し、自分でこれくらいなら返せるといった返済計画をたて上手に利用してください。

悪いばかりがローンでは、ありません。裏があれば表もあります。夢を実現させたり、自分へのご褒美のものを購入したり、子供の将来の為に利用したり等いろいろな目的にむけて利用できます。裏の面、表の面を理解し計画性をもって上手しに付き合う、それが大事なのです。

【参考ページはこちら】
一度落ちたローン審査、再チャレンジしていい?