ローン審査が通らない理由でマイナーなものってなにがある?

よくあるローン審査がとおらない理由はたいてい把握できるようになりました。大体の人がその中のどれかの理由だっていうのですけれども、逆にマイナーな理由というのは何かあるんでしょうか。ごく少数だけれどもこのようなことがあったというのがあれば教えてもらえないでしょうか。

ローン審査に申し込みにくるのが遅すぎた例などもある

メジャーなよくあるローン審査が通らない理由は確かに多くの人がすでに知っていることですよね。沢山の人が「こういう理由で落ちた」ということを総合的に見るとだいたい似たような理由が多いからわかると思いますが、マイナーな理由で少数派というと少ないですね。たいていの人は収入が少ないとか、借入を他社からしすぎているというような例が多いようですが。

マイナーなものとして考えられるのは一つは申込みがギリギリすぎたという例があります。ある会社の社長がもうそろそろ支払いができなくなって倒産してしまうかもしれないと言う時に、ぎりぎりになって信用金庫に言って借り入れをしようとしたけれども断られた、というような場合があります。こういう借り入れが遅いというのは昔から幾つか事例があるようですからそれなりに有名かもしれません。

もっとマニアックなものであれば借金をするときに犯罪に使おうと思ってバレてしまったという例もあるようです。これは一時期良くあったようなのですが、免許証を偽造してその免許証を持って行って借り入れをしようと思ったそうです。ただ、その免許証は実はすぐに偽造と分かるくらい簡単な作りのものだったというようなお粗末な人もいると聞いています。

後はヤミ金を使っている人が借り換えをしようと思って断られたというのもあるようですね。そもそもヤミ金というのは借り換えをしようと思っても、消費者金融や銀行系カードローンなど合法的な業者は取り扱いをしてくれません。ヤミ金をヤミ金で借り換えることは出来ますが、それ以外は不可能なのです。それで弁護士を紹介してもらうなんて言うのもあるようですね。

こういったマイナーな理由というのはいくつか存在しているようですけれども、だいたいの人たちがローン審査が通らない理由は役に立たないでしょう。そもそも犯罪を企てたりすること自体、普通はしないわけですから。だからメジャーなよくあるローン審査が通らない理由を参考にした方がいいでしょうね。

借金の借り入れが他にないかどうか、収入は十分にあるか、職業は安定しているかなど、よくある理由の方に当てはまる人のほうが圧倒的に多いのですから、そちらに注力した方がいいでしょうね。

【参考ページはこちら】
一度ローン審査に落ちた人でも再チャレンジできる?

知っておくと安心!ローン審査が通らない理由は

住宅や自動車の購入資金、大学などへの進学の際に必要な教育資金など、人生には一度に高額の資金が必要となる瞬間が存在します。そのような大きな金額の出費に備える手段として有効なのが、銀行などの金融機関が提供するローン商品です。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの目的ローンを上手に利用すれば、人生に必要なさまざまなものを手に入れることができます。

しかしいくら便利な商品といえども、誰もがこれらのローン商品を利用できるわけではありません。高額の資金を融通するわけですから、金融機関としても信用のおける人でないと貸し出すわけにはいかないのです。当然ながら厳格な審査が用意されており、それらの審査をパスしなければ資金をかりいれることはできません。

ローン審査で問われるのは借り手の信用力です。したがって年収がどれくらいか、どのような職業に就いているのか、勤続年数はどれくらいあるのかなどが重要になります。もちろん高収入であれば審査に合格する率が高まりますが、自営業者よりも身分が保障されている公務員のほうが有利なこともあります。審査は一つの要件だけをみるのではなく、それぞれの要件を複合的に判断して可否が下されるのです。

審査の基準は各金融機関により多少異なりますが、基本的に高額の融資になればなるほど貸し出し基準は厳格になります。したがって高額の融資が必須となる住宅ローンなどは審査も厳格であり、信用力も高度なものでなければいけません。例えば住宅ローンの場合は収入や職種だけでなく勤続年数も重要で、同一の会社で3年以上勤務していることを要件としていることが一般的です。

では収入や職種、勤続年数などの要件を満たせていれば、審査には必ず合格するのでしょうか。残念ながらそうではありません。審査はこれらの本人が申し出た情報だけでおこなうのではなく、金融機関が加盟している信用情報機関の信用情報も利用しておこなわれます。

したがってこの信用情報にマイナスの情報が記載されていれば、いくら収入要件などを満たしていてもローン審査に合格することが難しくなってしまうのです。

信用情報には金融機関との取引に関する情報が登録されています。これは審査を申し込んだ金融機関との取引に関するものだけではありません。情報は共有されているため、他の金融機関との取引に関する情報もすべてが登録されているのです。借り入れの履歴から申し込みの履歴、過去の金融事故に関する情報などあらゆる情報がここには登録されており、申し込み時に虚偽の情報を記載してもすぐに発覚してしまいます。

自分自身はローンの審査に合格するものだと思っていたのに不合格だった場合は、この信用情報が原因となっていることが多々あります。審査にマイナスになる信用情報といえば、過去に債務整理をおこなったとか、キャッシングの利用履歴があるとかを思い起こす人も多いかもしれませんが、審査に影響を及ぼすのはそれだけではありません。意外なものが不合格の理由となっていることもよくあるのです。

ローン審査が通らない理由はすべて個人の信用力に疑いをもたらすものです。それはなにも金融機関との取引に由来するものとは限りません。例えば今では誰もが所有している携帯電話やスマートフォンの使用料金です。この料金には通話料と共に分割で支払う端末の代金が含まれていることもよくあります。したがってこの料金が未納の場合はローンの延滞をしているということになり、金融事故として認識されてしまいます。

また税金や年金保険料に滞納履歴がある場合も審査に合格するのが困難になります。税金や年金保険料は国民であるからには必ず支払わなければいけないものです。それすら支払っていない人を金融機関が信用するはずはありません。もしこれらを滞納しているのであれば、ローンの申し込みの前に全て解消しておく必要があります。

なお消費者金融のキャッシングを利用していない場合でも、クレジットカードにキャッシング枠が付帯されている場合は注意しておかなければいけません。このクレジットカードのキャッシング枠は簡単に利用できるため、金融機関によってはこのキャッシング枠をすでに資金を借り入れている状態としてみなすところもあるのです。よってキャッシング枠を付帯したカードを複数枚所持していれば、それだけで審査は厳しくなってしまいます。

さらにあまり知られてはいませんが、健康状態にも要注意です。特に住宅ローンの場合、ローン契約の際に団体生命保険への加入が必須となっている金融機関が多くあります。健康状態があまり良くないなどの事情で、この団体生命保険へ加入することができないのであれば、当然その金融機関の住宅ローンを利用することはできなくなります。(こちらもご参考に→住宅ローン審査に通らない理由を教えて!

住宅ローンにおける団体生命保険は、貸し手となる金融機関にとっては借り手が死亡、高度障害などの状態に陥ってしまった場合の備えとして非常に重要なものです。それだけに加入を絶対条件としている金融機関がほとんどです。ただし最近はこの団体生命保険への加入を条件としていない住宅ローンも登場していますので、健康に不安がある人はそのようたところを利用するといいでしょう。

さて、ここまでは住宅ローンなど高額の資金を必要とするローンの審査において重要となることについて述べてきましたが、ローン商品は大きな金額を対象にしたものだけではありません。最近は銀行などでも小口融資に力を入れており、少額融資をいつでも利用できるカードローンも各金融機関が販売しています。

このカードローンを利用する場合でも、当然ながら利用希望者には審査が待ちうけてています。ただし住宅ローンなど高額の融資を必要とするローン商品に比べると、審査の基準が多少緩やかになっていることが多いので、ある程度の信用力さえ確保されていれば、スムーズに利用できることがほとんどです。

もしカードローンの審査に通らない場合は、上記に挙げた高額のローン商品の審査の時と同様に、個人の信用力に問題があるとみなされていることが原因です。カードローンは金融機関にとって大切な商品ですが、貸し倒れリスクも非常に高いので、審査もそれなりに厳格に行われるのです。

カードローンの審査で問われるのも、年収や勤務先など他のローン審査で問われることと大きな差異はありません。金融機関のホームページなどに掲載されている利用条件を満たしているのにもかかわらず、ローン審査に通らないのであれば、やはり信用情報に問題があるのです。

カードローンの審査では延滞などの金融事故を起こしていると借り入れは難しくなります。また借入件数が多い人も資金に困窮しているとみなされ、新たな借り入れは厳しくなるのが一般的です。通常借金といえばその総額を気にする人が多いのですが、金融機関側としては借金の総額よりも借入件数のほうを重視するのです。小口融資を複数のところから繰り返す人ほど信用力に疑問符がついてしまいます。

またカードローンを短期間のうちに複数の金融機関に申し込むのも厳禁です。信用情報には取引履歴だけでなく申し込み履歴も登録されます。短期間の申し込みを繰り返しているとそれだけで信用できないとみなされ、どの金融機関のカードローンの審査にも通らなくなってしまうのです。これは一般的に申し込みブラックと呼ばれる状態で、この状態になるとカードローンの利用を一定期間はあきらめなくてはいけません。

それぞれのライフステージで起こるさまざまな出来事をうまく乗り切るためには、金融機関のローン商品を賢く利用することが大切です。しかし、いざという時にこの便利な商品を利用できないのでは、その後の人生にも大きな影響を及ぼしてしまいます。日頃からお金に関することはきちんと処理するように心がけ、万が一の際にスムーズに融資を受けられる状態にしておきましょう。