自動車ローン審査が通っても他のローンに通らなくなる?

こないだ晴れて念願の自動車ローンに通ることが出来ました。これで今度契約をしたら、それで納車されることになります。初めての車なのですごく楽しみにしています。どこへドライブに行こうかなんて友人と話したりしているんですけれども、一つだけ心配な点があるとしたら他のローンについてでしょう。

例え自動車ローン審査が通ってもその後は他のローン審査に通らなくなる可能性がある、というように聞いているのです。そういう噂を聞いてからちょっと心配でもあるんですが、この噂はほんとうなのでしょうか?私は通らなくなるのですか?

自動車ローン審査が通っても他のローンに落ちる可能性はある

こういうウワサというのは根も葉もない物もあるんですけれども、本当のものもあるので非常に難しいですよね。このウワサについても全部が全部嘘というようなことは言えませんが、間違っている部分も混ざっています。自動車ローン審査が通っても他のローンは今後通りにくくなるということは無きにしもあらずです。しかし落ちる可能性はありますが通る可能性だってあるのです。

重要な事はカードローンを使ったことがある人なわかると思いますが、返済可能性があるかどうかという点です。返済可能性があればカードローンだろうとも住宅ローンだとも通るでしょう。しかし返済可能性が低いと判断されてしまえば、審査で落とされてしまうのです。この返済可能性というのは借入金額や使っているローンの種類が増えるとどんどん下がっていってしまいます。

例えば住宅ローンの返済、自動車ローンの返済、カードローンの返済に大型家電のローン返済などが重なってしまえば毎月の返済額は何十万円にもなってしまうでしょう。これが返済できるのは100万円くらい月収がある人ということになります。こうやってローンが重なっていけばどこかで返済できなくなってしまうので、自動車ローン審査が通ってもその後は借りられないかもという話が出てくるわけです。

実際、自動車ローン審査が通ってもそれ以降たくさん借り入れをしようと思えばどこかでローンがカリラえない時がやってきます。ですので「どこまでなら返済できる」という自分自身の返済可能性というのを知っておきましょう。おそらくローン業者はさらに厳しい返済可能性の味方をしてきますので、ギリギリではなく余裕を持たせて置かなければなりません。

ウソとは言いづらいですし全体的に本当ということも言いづらいことですが、借入をするんであればこの返済可能性というものをいつでも意識してローンを組む必要があるでしょうね。

【参考ページはこちら】
ローン審査に通らなくても車を買える方法ってある?

自動車ローン審査が通ってもそこで安心してはなりません

自動車を購入しようとする場合、よほどお金に余裕がなければ、自動車ローンを組んで購入することが多くなります。自動車ローンは、銀行などの金融機関が取り扱っていて、お金を融資する契約をする金融サービスですから、融資を行うかどうかを決定する前に、即ち、契約する前に審査が行われます。

自動車ローンに限らず、ローンと名のつく金融サービスを利用しようとする場合、例えば住宅ローンや教育ローン、或いはカードローンでもそうですが、申込みを行うと、受け付けた金融機関では審査を行います。審査では、基本的に申込者が貸したお金をきちんと返してくれる人なのかどうかということを判断します。

審査での判断材料は、申込者の年収や勤め先への勤続年数、それに住居形態や家族構成にまで及びます。何れも、申込んだ人が安定した収入を得て、安定した生活をしているかどうかを調査し、きちんとお金を返すことができる仕事や生活をしている人だということを判断するために調査を行います。

調査のためには、実際に申込書に書いてある勤務先で働いているかどうかを確認するために電話をかけることもありますし、申込者が実在する人物で、申込書に書いてある住所に住んでいて、同じく書かれている電話番号に電話すれば、本人に連絡できるということを確認します。
(⇒ローン審査の在籍確認がない金融業者はある?

そして、個人信用情報という情報も確認します。個人信用情報とは、それ専門の情報機関が、申込者の各金融機関との取引情報を長い場合は10年程度記録している機関です。金融機関は、この個人信用情報も照会して、申込者が延滞や自己破産などを行ったことがないか調べます。延滞する人や、自己破産する人では、貸したお金をきちんと返済してくれるとは認められないので、即ち信用することができない人と判断されるので、審査は通りません。

これらの調査の結果、信用することができる人という判断がなされれば、自動車ローン審査は通ります。この審査は、銀行の場合ですと二週間から一カ月程度、信販会社ならば申込んだ即日に審査が終わることもありますし、長くても1週間以内には結果が出ます。この審査結果は申込者に通知されます。しかし、自動車ローン審査が通っても、そこで安心してはなりません。

自動車ローンの審査が通ったら、ようやく目的の自動車を購入することになります。つまり、自動車購入のための契約をディーラー等と結ぶことになります。ここで気を付ける必要のある場合もあるのです。自動車は、中古車の場合には、現物がお店にあるので、ナンバープレートの登録などの手続きが済めば、すぐに納車となります。従って、中古車については問題はありません。

問題が発生する可能性があるのは、新車の場合です。新車の場合、人気車種ですと、納車まで3カ月とか、半年とか松場合もあります。そのため、納車される前に自動車ローンの支払いが開始される場合もあるのです。そのため、自動車ローンの契約書をよく読んで、支払開始日を確認しておかないと、自動車はまだ納入されていないのに、ローンだけを先に支払い始めることになってしまう場合があるのです。

もう一つ問題があります。それは、自動車ローンに限らず、ローンの契約をする前に行われる審査には、有効期間があるということです。そのため、人気車種を購入しようとする場合、一旦自動車ローンの審査を受けて、無事に審査に通って融資を受けられるようになったとしても、納車までの期間が長く空きすぎると、自動車ローンの契約がなされずに、もう一度審査が行われることになるのです。

どのくらいの期間が空いたら、再審査になってしまうのかは、銀行などの個々の金融機関によって異なります。しかし、審査は上述したとおり、申込者がきちんと融資したお金を返済してくれる人なのかどうかを判断するために行われますから、申込者の就労状況や、或いは雇用形態などが変わると、確実に再審査となります。また、他のローン等で延滞してしまったりすると、個人信用情報に記録されますので、その場合は再審査すると確実に通らなくなります。

従って、例えば3月から4月にかけての人事異動が行われる時期を挟んで間が空いてしまうと、申込者の就労状況も変化する恐れが多くなりますし、年収も変わってきます。そのため、特にこの時期を挟んで、審査から自動車の納車までの期間が空いてしまうと、再審査が行われる可能性が高くなります。

勿論、就労状況に変化が無かったり、或いは4月から昇進して年収が上がったりすれば、それだけ審査における評価は良くなりますから、例え再審査が行われたとしても、問題なく通過することができる可能性が高くなります。しかし、逆に4月から子会社に出向になったりして年収が下がってしまうと、再審査を通過することができなくなる場合もあります。

そのため、新車を購入する場合、銀行などの金融機関に自動車ローンを申込むのは、時期が大切です。先にディーラーとよく話をして、購入希望の車種がどのくらいの期間で納車されるのかをよく確認する必要があります。特に人気の車種でなくても、メーカーオプションを装備したり、希望の車体色に塗装したりするため、納車まである程度の期間は必ずかかります。

新車を購入する場合、お客さんが希望する車を、メーカーの倉庫から出してきてディーラーで納車するという簡単な工程ではないのです。お客さんの希望する車種、グレード、それにメーカーオプションや車体色、内装などの注文を受けて、それから車を作り始めます。

そのため、特に人気車種でなくても、納車まで数週間から数カ月程度かかります。これが人気車種になると、半年街や1年町と言った状況も発生してしまうのです。そのため、自動車ローンに関しては、一旦通った審査を無駄にしないためにも、納車までの期間が重要になってくるのです。

その逆の問題が発生することもあります。再審査になると困るからと言って、自動車ローンの審査に通る前に、自動車の購入契約を結んでしまうと、審査に落ちてしまったときに困ってしまいます。自動車は既に工場で製造に入っているので、キャンセルは効きませんし、審査に落ちてしまったので支払いの目途も立ちません。そのため、急いで別の金融機関に自動車ローンの申し込みをすることになってしまいます。

けれども、一度自動車ローンの審査に落ちたということは、何らかの理由があって落ちたのですから、別の金融機関に申し込んでも、次は審査に通るとは限りません。更に悪いことに、同時に何社もの金融機関にローンの申し込みをしていると、そのことも個人信用情報に記録されてしまいますので、各金融機関は、この申込者は、お金に困っていて、しかも短期間のうちにお金が必要な状態にあると判断されてしまうのです。即ち、最悪の場合には、お金を借りるだけ借りて逃げるつもりではないかと考えてしまう場合があるのです。

こうなると余計に審査に通らなくなってしまいます。従って、自動車ローンを申込む場合には、先ずは自動車ディーラーと話し合いをし、どのくらいの期間で納車できるのかを明らかにして、そこから逆算して自動車ローンの申し込みを行うようにしなければなりません。

また、実際に自動車ローンを申込む前に、銀行などの金融機関で、自動車ローンを組むことができるかどうかについても相談するとよいでしょう。自分が購入を希望している自動車の価格が概算でいくらくらいで、今注文するといつごろ納車の予定なのかをはっきりとして、銀行等に相談すれば、いつ頃自動車ローンを申込めばよいかを教えてくれます。

大切なのは、自分一人で悩んで、勝手な行動を起こさないことです。ディーラーの販売員にしても、銀行の自動車ローン担当の方にしても、毎日そのような仕事をして、色々な相談事も受けていますので、的確な回答を得ることができるでしょう。そうすれば、自動車ローン審査が通っても、納車まで期間が空いてしまって再審査になったりすることもなく、スムースに自動車の購入手続きを進めることができます。