何とかして車欲しい!ローン審査通らなくても車を買う方法って?

こんにちは。質問させてください。35歳、普通の会社員です。貴虎と呼んでください。共働きの妻がいます。子供はまだいません。が、最近妻の妊娠が発覚しました。結婚5年目にして、ようやくの子供を授かる事になりました。

実家に住んでいた時は、親の車を使ったりしていたんですが。今の二人の住むアパートに来てからは、車とは無縁の生活をしています。ですが、子供が生まれるとなると、何かと車が必要となる生活になりそうです。ですので、何とかして車が欲しいと考えています。

まだ、妻も産休に入る前に、車の購入を済ませてしまおうと、マイカーローンを組む事を考えて、銀行に申込みをしてみました。ところが、審査に通りませんでした。どうやら、ちょこちょこっと、借りていた銀行のカードローンでの返済の遅延がダメだったのかもしれません。

実は、我々夫婦の共通の趣味が、旅行で。二人の休みを合わせて、海外旅行に行くのが一番の楽しみなんです。その為に、銀行のカードローンでお金を借りるのも、特に抵抗がありませんでした。でも、それぐらいえいやっと色々と決めないと、海外旅行って出来ないんですよね。普段の生活がどうしてもストレス溜まるものですし、そういうのを忘れる為には、南国のビーチリゾートとか、本当に癒されるので。

でも、そういう生活を改める時が来たのかもしれません。生まれてくる子供の為に、ちゃんと貯金をして、子供の成長の為に生活をする、と言うのも悪くない気がしてきました。

さて、車です。妻が産休に入る前に、何とか購入のメドを立てなくてはなりません。どうにか、買う方法を考えていただけませんでしょうか?よろしくお願い致します!

消費者金融のカードローンを使えば、車も購入出来るかもしれません

貴虎さん、奥様のご懐妊おめでとうございます!しかし、随分とお話を伺う限りは自由な夫婦だったのですね。何だか、とても仲の良い夫婦を想像しました。でも、確かに、お子さんが生まれるとなると、海外旅行は当分お預けと言う事になりますね。ある程度お子さんが大きくなって、今度は家族旅行が出来るまでのお楽しみ、と言ったところでしょうか?

車の購入ですが、色々と考えたので、プランを参考にしてください。

まずは、車は新車は諦めて、中古車の購入を考える。中古車は、良い物を探せば、かなりの安値で家族が使うには問題ない車が購入出来ます。
(⇒マイカーローン審査に通れない時はどうする?

しかし、その中古車と言っても、まとまったお金が必要と言う事になります。貴虎さんは銀行でのカードローンの利用で、遅延が発生しているので、ここは消費者金融のカードローンでお金を借りてみてはどうでしょうか?業種が違うと、カードローンは融資を受ける事が出来る可能性があるんです。

マイカーローンが期待出来ないとなると、こう言ったやり方ぐらいしか無いと思いますので、どうか参考にして、何とか車を購入してみてくださいね。

ローン審査通らなくも車を買う方法を知ろう

自動車を購入する方法としては、まずはお金を貯めておいて一括で支払うという方法があり、この方法であれば余計な金利は必要なく、すぐに本人の名義にすることができるのがメリットです。

とはいえ、自動車は軽自動車でも100万円以上することが多くなっていますし、さらにカーナビやオプションを追加していくと、トータルでは200万円近く必要になることも少なくないものです。

さらにグレードの高い車の場合は300万円以上、高級車の場合は500万円以上となることは珍しくなく、さすがにそうした費用を一括で用意するのは厳しいという方もあるものです。

自動車は必ずしも一括で支払わなくてはいけないわけではありません。自動車は買い物の中でも家の次に高いといっても良いぐらいの商品ですので、無理なく支払える自動車ローンも用意されています。

そして、ローンも銀行が用意しているものもあれば、ディーラーが用意しているものもあります。そして、銀行のカーローンを利用する場合もディーラーが用意するカーローンを利用する場合もやはり審査はあります。

お金を貸す側としても、利息もつけてきちんと返済してもらうことが大事ですし、自動車ローンは金額が大きくなることもあり、丁寧に審査が行われることが多くなっています。

そして、審査の結果返済能力があると認めてもらえると、そのローンを利用できるようになり、無理のない範囲で返済していくことができます。ローンを利用できた場合も、返済中は自動車はローン会社の所有となりますので、返済を怠ったり、返済が不能となりますとローン会社が車を引き取りに来ますのでしっかり返済していくことが大事です。

それから、ローンは必ずしも誰もが利用できるというわけではなく、やはり中には審査に落ちてしまう場合もあります。

自動車ローンに落ちてしまう原因についても知っておきたいですが、まず年齢が若い人の場合は審査が厳しくなる傾向にあるとされています。

さらに仕事を持っている方の場合も勤続年数が少ない方や雇用形態がパートやアルバイトの方の場合も審査にクリアできない場合もあります。

さらに信用情報に問題がある場合もやはり難しいと言えるでしょう。そして、保証人をつけることで、ローンの審査がクリアできる場合もありますので、ローンの審査に不安がある場合はそうしたことについても相談してみると良いでしょう。

そしてどうしてもローンに通らなかった場合は、車の購入をもう少し先に見送るという方法もありますが、やはり生活環境や仕事の内容などによってはどうしても早期に購入する必要がある場合もあるものです。

できるだけ早く自動車を購入したいという場合はローン審査通らなくも車を買う方法を考えてみましょう。

ある程度の現金が用意できるという場合はその金額で買える範囲の車に選びなおすという方法もあります。

新車の場合もより低価格のものを選ぶことでかなり費用は抑えることができますし、オプションを減らすだけでもかなり節約できる場合もあります。さらに新車ではなく中古で購入することも費用を抑えて車を購入できる方法です。

とはいえ、自動車にはこだわりを持つ方も多く、妥協せずに好きな車を選びたいという場合もあるものです。そうなるとやはり足りない資金は融資で補っていく必要も出てきます。

まず、身内でお金を貸してくれる人がいる場合は、そうした人に足りない分を借りて、一括で購入するという方法もあります。この場合もやはり借金には変わりがありませんので、誠意を持ってきちんと返済していくことが大切です。

そして、お金を貸してもらえる人がいない場合、他の人に迷惑をかけずに車を用意したいという場合は別の借入方法も検討していくこととなります。

足りない金額が比較的小額で、例えばあと20万円、30万円あればなんとかなるという場合はクレジットカードのキャッシング機能に注目してみましょう。限度額は人により違いがありますが、その範囲内であれば特に申し込み手続きをしなくても、すぐに提携のATMでお金を用意することができます。
審査の結果を待つ必要がなく、休日などでもコンビニATMからでもお金を出せるのは便利です。

それだけの費用では足りない、もっとお金が必要という場合はまた新たに借入に申し込むことも考えていきます。

特に急いでいる場合であれば、まずは消費者金融のキャッシングを検討してみましょう。キャッシングというと、以前はかなり高金利というイメージもありましたが、今はより金利も抑えられていますし、無利息期間を用意している業者もあります。

業者によって借入できる金額や利息は違いがありますので、急いでいるときも適当に決めてしまわずにまずはよく比較しておきましょう。

手続きは身分を証明できる書類が必要ですが、50万円以上の借入、他社と合わせて100万円以上の借入をする場合は収入を証明できる書類の提出が必要ですので、こちらも用意することとなります。手続きは来店で店頭で手続きすれば審査にクリアできればその場で融資が受けられますし、自動契約機もその場でカードを発行することができます。

来店の時間がないという場合もインターネットや電話を利用すれば自宅からでも手続き可能です。手続きを行えば、審査はすぐに開始され、即日にも融資が行えるなどスピード対応が消費者金融のメリットです。そして、借入できる金額はその人の年収の3分の1までの金額ということも理解しておきましょう。

そのほかでは銀行での借入という方法があり、こちらは総量規制の対象ではなく、それ以上のお金を用意したい場合にも向いていますし、さらに低金利ですので、少しでも利息の負担を抑えたいという方にも向いています。

銀行の借入というと手続きに時間がかかる、手間がかかるというイメージもありますがフリーローンやカードローンの場合は比較的手軽に手続きが行えます。

フリーローンもカードローンもその用途は自由となっていますが、フリーローンの場合は、一括でまとまった資金を借りることができますが、その後は追加で融資をしたりせず、返済のみ行うことが一般的です。

それゆえに確実に残高を減らしていきたいという場合に向いています。フリーローンは無担保で利用できるものの場合は、手続きが手軽に行えますし、不動産などの担保を入れて借り入れる有担保のフリーローンもあります。

カードローンの場合は、基本的には消費者金融のキャッシングと同じように利用することができます。
申し込みの場合も担保や保証人は必要なく身分を証明できる運転免許証などがあれば手続きできます。
そして、金額によってはやはり銀行カードローンの場合も身分を証明できる書類が必要ですので、こうした書類も用意しておきます。

手続きも来店、自動契約機、郵送、電話、インターネットなど様々な方法が用意されています。フリーローンと違うところは、限度額の範囲内なら何度でも借入ができるということがあげられます。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの場合はパートやアルバイトの方にも対応しており、カーローンの審査が通らなかったという方も利用できることもあるものです。

結果は審査を受けないことにはわかりませんが、最短なら30分程度で知ることもできますので、安定した収入を得ている人なら手続きしてみてはいかがでしょうか。

そしてカードローンの場合もやはり審査基準には差があり、ある業者から断られた場合も別の業者では問題なく利用できる場合もあります。

それから、カードローンの場合も早く審査に通りたいからと短期間に複数社に申し込んでしまうと、いわゆる申し込みブラックとなり、数ヶ月はその情報が残ってしまいますので、一度に多くの業者に申し込んだりしないよう気をつけましょう。

カーローン審査が通らなくも車を買う方法はいくつかありますので、じっくり考えてそれぞれに合った方法で車の購入資金を用意していきましょう。

【参考ページはこちら】
車のローン審査には借金が影響する?