バイクローン審査についてよくわからないので知りたい!

あまりこういったカードローン、消費者金融であるとかローンの話題で出てこないと思うのがバイクローン審査についてです。ほとんど私は見たことがないんですけれども、バイクローン審査について、どうしてこんなにも見たことがないのかわかりません。

何か理由があるのでしょうか?それともカードローンを使うことやバイクローン審査についてなにか言えないことがあるんでしょうか?詳しい人がいれば教えて欲しいです。正直、よくわからないことが多いのでお願いします。

バイクローン審査については注意点も結構多い

バイクローン審査について、知らないことを教えて欲しいけれども実際に教えてくれる人が少ない、話題が少ないということですがたしかにそうですね。もともとバイクというのは自動車に比べるとだいぶ使っている人が少ない乗り物です。スクーターや原付きを合わせたとしてもだいぶ少ないんじゃないでしょうか。それくらいですからどうしても説明が少ないのでしょうが気をつける点はいくつかあります。

その一つとしてよく言われているのがクレジットカードについてです。特に原付きについては10万円前後から購入することが出来ますから、ちょうどクレジットカードでも購入してリボ払いなどに出来て便利、と思う人が多いようです。しかしバイク販売をされているお店ではかなり高い確率でクレジットカードを使えないことがあります。分割をクレジットでできないのです。

もちろん大手であればクレジットを使える所も多いので、もし使うなら大手ということになるでしょう。そしてバイクローン審査についてですが、専用ローンで言えば専用ローンの審査は自動車ローンと同じくらい厳しいと言われていたりします。これは高いバイクほどそう言われているので、排気量が大きいバイクを買う時には審査に落ちる可能性もあるので要注意して申し込んでください。

クレジットカードでもバイクローンでもどちらでも落ちるということもあるということは覚えておいたほうがいいでしょう。自動車ローンと同じで他社借入が多くて返済できないというように判断されてしまえば、通らないのでせっかく欲しいバイクがてにはいりません。ですから買いたい時にはバイクローン審査について申し込む前にちゃんと他社借入をしっかり返済しておくことが肝心です。

そうすれば、ローンが組める可能性が高くなりますし逆だと可能性が低くなるので要注意ということです。バイクローン審査については情報があまり出回っていませんが、自動車ローンの情報を参考にするといいと思いますよ。

【参考ページはこちら】
ローン審査に絶対通れる金融業者はどこ?

バイクローン審査についてチェックしたい3つのポイント

現代では様々な乗り物がかつてと比べると安く購入できるようになりました。特に軽自動車などはかつてとは比較にならないほど高い性能を誇るようになっており、それでいてかなり安い価格で購入することが可能になっています。

そうした中では多くの人が「軽自動車があれば良い」と考えるようになり、実際、「若者の車離れ」というような言葉がよく口にされるようになりました。その社会の風潮の中で「バイク」という存在の大きさは、かなり小さくなってきています。

かつては若者と言えばバイクに乗って旅に出たものですが、現代では不況などが続き、気軽にバイクにのって旅行に行くというようなことも難しくなっているというのが現実です。

しかしながら、それであってもバイクという存在に夢を持つ人は多くいます。荷物を多く積むことはできず、一人だけ、サイドカーを付けた場合でも二人しか乗れないバイクという乗り物は実用性には欠けるものの、そこに存在する「憧れ」や「ドラマ」といったような要素は、自動車に負けることはありません。

そうした「バイク」という乗り物に憧れをもつ人が、バイクを購入するという際に利用するのが「バイクローン」です。これは自動車ローンと同様、バイクを購入するための資金を、期限内に利息を含めた金額を返済するという契約のもとで金融機関から借り入れるというものになっています。
(⇒様々なローンの審査基準について教えて!

特に収入に欠ける若い人ほどバイクローンを利用する傾向にあるのですが、しかしながらバイクローンを利用する際には「審査」を受けなくてはなりません。審査を受けずしてお金を借りるということは出来ず、また人によっては審査を通過できず、バイク購入をあきらめなくてはならないというようなこともあります。

さて、それではバイクローン審査についてチェックしたい3つのポイントとはどこにあるのでしょうか。まず最初にチェックしたいポイントとなるのが「信用が足りているかどうか」ということです。

ローン審査では「貸し付けたお金を返済してくれる見込みがあるかどうか」ということが最も重視されるのが基本です。この「返済してくれる見込みがあるかどうか」ということは「信用が足りているかどうか」として言うこともできるのですが、この信用は基本的に「若い人ほど少ない」という傾向があります。

特にバイクローン審査を申し込む人の中には大学生などの学生も多いのですが、そうした学生の場合は尚更、信用が問題になることが多いのです。そもそも学生と言うのは学業が本分であり、通常の学生が四六時中働くというようなことはできません。

そうした中ではいくらアルバイトをしていると言っても収入は限られたものとなります。多くても十万円前後の収入しか確保できないような身分の人が、金融機関からまとまった金額のお金を借りるということは非常に難しいこととなるでしょう。

ではどうあってもこの信用問題をクリアすることはできないのかというと、実際のところはそうではありません。信用が足りないというのであれば、その信用をプラスできる要素を作ればよいのです。

この「信用のプラス」と言うところで特に求められることとなるのが「保証人」の存在です。そもそも、金融機関と個人が金銭貸借契約を結ぶというような場合、個人は法的に有効な契約を結べる成年者であることが求められます。

成年者になっていない人が契約をする際には、その保護者が同意をしなくてはなりません。この「保護者」という立場の人を「保証人」として立てることができたのであれば、学生などの人であっても融資を受けることは不可能ではないのです。(こちらもご参考に→車のローン審査は学生でも通る?

ただしかし、この保証人を立てることができたとしても、融資ができる金額には限りがあるのが基本になりますので、支払いの際には頭金を多めに用意するなどの工夫が必要になってくるでしょう。

次にチェックしたいポイントが「収入があるかどうか」というところです。言うまでもないことですがローンは「返済する」ということが基本中の基本です。

返済ができなくなることが想定されているのであれば融資をしてくれる金融機関はありませんし、そもそもお金を借りてしまうと後になってから返済できずに困ってしまうのは目に見えていますから、お金を借りないようにしなくてはなりません。

この「お金を返す」ということで絶対に必要になるのが「収入」です。基本的に借り入れの金額によってどれくらいの収入が必要になるか、またどれくらいの収入があれば安心として判断してもらえるかは変わってきますので一概には言えませんが、「多ければ多いほど良い」ということは間違いありません。

この「収入」で特に注意をしたいのが「銀行以外からお金を借りる」という場合です。バイクローンは消費者金融などでも事業として行われていることがあるのですが、消費者金融がお金を貸し付けるというような場合には「総量規制」の影響を受けることになります。

総量規制においては消費者への融資金額が「年収の1/3以下」として制限をされることになりますから、100万円を借りたいというのであれば300万円の収入が無くてはなりません。

数万円程度の買い物であれば総量規制の中でも借り入れをできることはあるのですが、こうした高額の貸し付けになってくると、総量規制の中だと借り入れができないということもあり得ます。この場合もある程度自分で頭金などを支払い、借り入れるお金を少なくするというような工夫が必要になるでしょう。

そして最後にチェックしたいのが「信用情報」というものです。信用情報とは個人信用情報機関に蓄積される、それぞれの消費者がそれまで、どのように金融機関を利用してきたのかと言うような情報です。

この情報の中にはそれぞれの消費者の氏名や住所、電話番号と言ったような基本的な個人情報のほか、それまでどこの金融機関から融資を受けたのか、その金額はいくらか、その返済は出来ているのかといったようなことが記録されています。

そしてこの信用情報は、個人信用情報機関に加盟をしている業者ならば誰でも確認ができるものとなっています。本人を除く加盟をしていない個人や団体に対して開示をされるというようなことはないのですが、一つの金融機関で問題を起こしてしまったというようなことになると、他の金融機関を利用するというような場合にも問題が出てくることがあります。

特に「返済の滞納」や「債務整理」といったような情報が記録されてしまったのであれば、その情報が消えるまでは金融機関から借入はできないものとして考えた方がよいでしょう。

大学生など、それまで金融機関から借入をしたことが無い人なら信用情報には問題が無いとして考える人も多いのですが、実際は「借り入れが無い」ということがマイナス要素になることもあります。

「借り入れが無い」ということは「借金をした経験が無い」ということに他ならないわけですから、収入や信用が低いというような場合には「これまで借金をした経験が無い人に貸し付けると、返済をしてもらえないリスクが高くなる」として判断されることがあるのです。

だからといって「実績を作るために不要な借金をする」ということが好ましいとは言えませんが、「利用したことが無いから絶対に大丈夫だ」と思い込むことは危険な行為だということは忘れてはいけません。

バイクローン審査については他の審査と同様、それぞれの消費者の情報の全てがチェックの対象として扱われます。

そうしたチェックを乗り越えてこそ初めて融資を受けることができるようになるわけですから、これからバイクローン審査を受けるというような場合には、事前に「どんな情報がチェックされるのか」、「どんな書類が必要になるのか」ということは確認しておかなくてはなりません。

わからないことがある場合はこれから審査を申し込む予定の金融機関に電話などで問い合わせをかけると答えてもらうことができますので、不明な点や疑問がある場合は、早めに解決をしておくように心がけましょう。