最近はやりの新生銀行ではローン審査はどうなっている?

最近若い人たちには新生銀行が流行っているみたいですね。色々と手数料が安いとかで、便利そうに聞こえました。コンビニをメインで使うような若い層には確かに言いかもしれません。でもこの新生銀行のローン審査っていうのはどのくらいのレベルのものなのでしょうか?

コンビニで簡単にATMを使えるということは結構使いやすいカードローンで、ローン審査も簡単に通るようなものなのでしょうか?新生銀行がもしそういう便利なものを持っているなら、切り替えてもいいかなと今なら思っています。

新生銀行のローン審査は簡単に通りやすい有名業者だ

新生銀行のローン審査ってどのくらい難しいの?と基本的には難しいというようなイメージでいる人が多いようですが、残念ながら難しいというのは間違ったイメージだと個人的には思います。難しいなんて全くなくて、むしろ他の消費者金融系のカードローン審査と変わらないくらい簡単に通ると思っています。なぜなら新生銀行はあのレイクの親会社だからです。

レイク自体なら知っているという人も多いと思います、そのくらい有名な会社ですから当然でしょう。あれだけコマーシャルもやっているし知らない人のほうが少ないと思います。元々は新生銀行とはなにも関係がなかったんですが、消費者金融として子会社化していたのです。それから銀行系カードローンに変わることになりました。

銀行系カードローンなので厳しいと思われがちですが、新生銀行の方針なのかローン審査は優しい物になっていると言われています。なぜなら初めてカードローンを使うという人に対して、無利息での貸出というのをしているくらいですから。無利息で貸してもいいので、新しい人達にかりてもらいたいというくらい、審査は緩めになっているのです。

初めての銀行系カードローンを使うならかなり有利に使えるでしょう。ただ、その分借入をし続けると少し金利が高いのが気になるかもしれませんが、それでもコンビニATMが使えるということは大きなメリットです。特に手数料などが低いということ、そしてコンビニATMがほぼ24時間使えるというのも大きなメリットです。これは新生銀行のキャッシュカードも使えるので、同じような扱いになっているのでしょう。

新生銀行のローン審査はカードローンに限って言えばかなり有利です。ちなみに住宅ローンや他のローンも扱っているんですが、こちらは審査が厳し目になっています。その代わりかなり金利が低くて大手の銀行で使っている人は驚いてしまうような金利になっています。自身がある人は使ってもいいかもしれません。

【参考ページはこちら】
じぶんローンの審査は甘いってホント?

新生銀行が提供しているカードローン審査の内容とは?

新生銀行は、東京都の中央区に本店を置く普通銀行であり、多様な内容の金融商品を取り扱っています。特に、ユニークなのが個人向けカードローンで、大手消費者金融の商品名をそのまま採用しています。これは、ブランドごと買取を行った事によるものであり、他にも先行事例がないというわけではありません。
(⇒ローン審査が緩い金融会社ランキング

しかし、この商品の場合は、自動契約機のネットワークやブランドのロゴマーク、テレビコマーシャルのイメージキャラクターまで踏襲しているという事が特徴で、このようなケースは他に見られない形態です。ただし、商品の内容は変化しています。それは、貸金業者のカードローンではなく銀行の商品に分類されているからです。

消費者金融や信販系企業等の貸金業者のカードローンは、総量規制という規則の対象となっています。これは、2010年に施行された貸金業法から新たに加えられたルールで、借り入れ出来る総額は年収の3分の1以内に制限するという内容です。

これらの商品は便利で利用しやすい半面、金利が高く設定されているので、安易に利用すると返済が困難となる状況になる可能性があります。実際に、複数の商品を利用する多重債務の問題も長年にわたっており、債務整理を行う人も少なくはありません。

利用する側を守るために施行された規則であり、トラブルに巻き込まれる人を少なくするという事を目的としています。しかし、新生銀行が買取を行った貸金業者のカードローンは、総量規制の対象ではありません。なぜならば、銀行本体が提供しているカードローンになっているので、貸金業法ではなく銀行法により規制されているからです。

銀行法には総量規制に該当する項目はないので、年収により借り入れが制限される事はありません。このために、このカードローンは、本人が所得を得ていない専業主婦であっても利用する事が可能です。しかも、貸金業者の商品としての魅力は受け継がれています。

貸金業者のカードローンは、担保や保証人なしで利用できるという事と審査時間が短いという事が魅力です。申込み時に煩わしい準備を行わなくても良い上に、結果はごく短い時間で判明するという仕組みです。また、事業を目的としての資金利用は禁止されていますが、個人としての利用であれば基本的に自由です。

ショッピングや飲食、旅行、不足した生活費の補充等、いろいろな目的で使用する事が出来ます。即日融資が中心であり、急いでいる時には特に便利です。このように、多様な魅力を備えている事が、多くの人が貸金業者のカードローンを利用している理由です。

新生銀行のカードローンは、このような魅力を受け継いでいる商品です。20歳から70歳までの国内に居住している人を対象としており、運転免許証や健康保険証等の本人確認書類だけで申し込む事が出来ます。1万円からの申し込みにも対応しているので、少しだけ利用したいという場合にも向いています。

ただし、融資額は最高で500万円まで用意されており、大きな目的での利用も可能です。金利は、4.5パーセントから18.0パーセントで、金額が大きくなるほど金利は低くなります。つまり、いろいろな利用法が出来るという事になります。

この商品を利用するためには、インターネットやフリーダイヤル、自動契約機等の申し込み方法が用意されているローン審査に通過しなければなりません。公式サイトでは、お借り入れ診断という模擬審査が用意されているので、事前に結果を推測できるようになっています。

この商品のローン審査に申し込む際には、借り入れ希望額が100万円までの場合は、給与明細書や源泉徴収票等の所得を証明するための書類は必要がありません。このために、審査では収入ではない部分が大きなポイントとなります。

それは、信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーです。これまでの返済履歴や他の金融業者からの利用残高が調査される事になります。信用に基づいた契約を行うので、それに対応できるだけの能力を有している事が利用するための条件となります。

カードローンの共通のルールは、利用した金額に金利を加算して返済するという事です。一括で返済する事は求められていませんが、最低でも毎月の約定日には指定の金額を返済しなくてはなりません。返済に何度も遅れたり、その状態のまま放置した場合は、遅延や延滞として記録されています。

また、契約通りの返済を行う事が出来なくなり、金利や金額を変更する債務整理を行った事も記録されています。これらの行動が返済履歴に残っている状態の事は、ブラックリストに載っているという事です。カードローンを利用できるだけの信用を持たない状況にあると判定されるので、ローン審査を通過する事は非常に困難となります。

また、他の金融業者の利用額もローン審査の結果を左右する項目です。金額が大きくなるほど返済必要額を背負っている状態という事であり、新たに利用できる経済的余裕が足りないとみなされます。総量規制の対象からは外れているので法律により上限は決められてはいませんが、不利な状況になるという事は間違いがありません。

逆に、年収が少ない場合でも、初めての申込みであれば極めて有利な状況になります。利用する上で障壁となるものが、何もない状態と認識されるからです。魅力的な内容を備えている商品である事も考え合わせれば、出来るだけ早い段階で選択する事が適当です。

返済履歴や利用残高に問題がない場合は、返済能力に応じた金額を利用可能額として算出されます。そして、申し込み内容に誤りがないのかを確かめるために、勤務先と自宅に電話がかけられる事になります。これが、最後に行われるローン審査で、在籍確認と名付けられています。(こちらもご参考に→在籍確認なしでローン審査に通れた人はいる?

申し込み者が家庭や勤務先で不利益を受けない様に、新生銀行という名前ではなくオペレーターの個人名でかけられます。非常に短いやり取りのみで完了するので、カードローンに申し込みを行ったという事を周囲に知られてしまうという心配はありません。ただし、非常に重要な審査であるので、確認が取れない場合は契約に進む事はありません。

在籍確認が取れると契約手続きへと進みます。自動契約機から審査に申し込んだ場合は、その場で契約手続きを終了させる事が出来ます。急いでいる時には最も適当な方法であり、その場でカードの受け取りを行えます。契約時に必要となるのは、運転免許証だけです。

新生銀行のカードローンは、2種類の無利息サービスが用意されています。無利息サービスとは、期間内に返済した場合は金利が1円も発生しないという内容です。無担保という事で通常の商品と比べて金利が高いというデメリットがありますが、このサービスを利用する事により、それを解消する利用法が可能となります。

2種類の無利息サービスは、借り入れ額全額に対して30日間無利息というものと借り入れ額の5万円に対して180日間無利息という内容です。2つとも併用する事は出来ないので、どちらかを選択しなければなりません。状況に応じて、適切なコースは違ってくるので、慎重な検討が必要になります。

30日間無利息というコースが向いているのは、ごく短期間だけ利用するというケースです。給料日が間近に迫っているような場合は特に効果的です。これに対して、180日間無利息というコースは、ボーナスに合わせて利用する様な内容です。

無利息サービスを上手に利用する事により、金利による負担を完全にゼロにする事が出来ます。30日無利息というコースは他の商品でも見られるタイプですが、180日間無利息というコースはオリジナルの内容です。半年近くの期間、自由に使用できるという事であり、非常に魅力的なサービスと言えます。

公式サイトでは、どちらのコースがお得かを計算できる機能が用意されており、選択する上での目安として利用する事が出来ます。