在籍確認なしでローン審査が通った人と言うのはいないのですか

私は会社員ですが遊び人で会社では不良社員と思われているはずです。そんなわけでいつも冷たい目で見られているようで嫌な雰囲気ですが、そんなことは気にせず、毎日定時になるまで我慢して、定時後に羽を伸ばすようにしています。そんなわけで私は昇進には縁が無いため給料も殆ど伸びずずっと同じような額しかもらえません。しかし遊びに使うお金も年々高騰していきますので、実はお金に困っています。このため遊びに使い果たしてしまった時には借入を考えているところです。

ただカードローンを申込んでも会社に在籍確認が有るという事で周りにいろいろ言われるのも面倒ですから出来れば在籍確認が無いところが良いのです。しかしどこを探しても私には見つかりません。だいたい会社に在籍を確認するなんていい迷惑なのに何でこんなものが有るのでしょうね。そこで質問なのですが、在籍確認なしでローンの審査が通ったと言う人はいないのでしょうか、皆が皆在籍確認をしたうえでお金を借りているのでしょうか。

最近利用方法を限定して在籍確認無しで審査する所が出てきました

これまでは在籍確認と言うものはつきものでしたから、現在カードローンを利用している人の多くは在籍確認をされたのちに利用しているものと考えられます。確かにあなたの様に在籍確認を迷惑がる人は多いのですが、これが無いと金融機関は本人確認が難しくなるため、迷惑を承知で続けています。中にはこの確認が終わらないとそもそも審査を始めないと言うところまであります。そういうわけでこれまでは嫌でも我慢するしかなかったのです。

しかし、現在ではまだ一社しか知りませんが大手消費者金融の中にこの在籍確認をしない申込方法を提供している所が有ります。それはWEB完結と言う名前の申込み方法なのですが、同じカードローンでも他の申し込み方法では在籍確認は有るので極めて特殊なものです。もちろん制約が有るので誰にでも利用を勧められるものではありませんが、とにかく在籍確認が無い申込みも出来ると言う実例は無いことは無い訳で、これによって申込んだ人は在籍確認をしていないことになります。

さてその制約ですがこの申込み方法はWEB完結と言っているように申込みから利用まですべてWEB上で行います。他のもWEB上で申し込めるから同じだろうと言うかもしれませんが、この申込みの場合カードローンであるにもかかわらずカードが発行され無いのが特徴です。他にもカード発行するかしないか選択できるものは有りますが、この場合は発行しないのです。したがって利用もWEB上からの振込依頼だけという事になるわけです。

あなたは会社に電話が有っては困るようですので、このWEB完結で申込めば電話は避けられますが、使い勝手として、例えば遊びに行く前に会社を退勤してからATMに寄って借入と言う訳にはいきません。退勤前に振込依頼をしていなければATMに行っても融資されたお金を手にすることはできない訳です。利用方法としてそれでも良いと言うのであれば構わないのですが、あなたのような人の場合にはあまり使い勝手が良くないと思います。
(⇒ローン審査は会社に連絡がある?

在籍確認なしでローン審査通った、そんな人もいます

お金を借りたいと考えたら、担保や保証人が必要になる事が一般的です。その為、担保になるものがなければ、お金を借りる事が出来ない、保証人になってくれる人がいなければ、借りる事ができないと考えてしまう人も少なくないでしょう。ですが、キャッシングやカードローンの場合、そんな担保や保証人を必要とせず、手軽に現金を借りられる事で人気です。

担保や保証人というのは、お金を借りた人が、返済するのが難しい状況になった時に、お金を貸す側がなるべく損をする事がないように、用意しておくものです。担保や保証人がない状態でお金を貸すという事は、お金を借りた人が、返済できない状況になった時、お金を貸した側は一方的に損をしてしまう可能性があります。その為、業者は、利用をしたいと申し込みをしてきた人に対して、しっかりとした審査を行います。

担保や保証人を必要としない状況で、お金を貸す場合に、重要になってくるのが、お金を借りようとしている人に、安定した一定の収入があるかどうかです。公務員や、大手企業の正社員としてずっと働いている人であれば、今後も同じ様に安定した収入があると判断されやすくなります。

それに対して、アルバイトやパートで働き始めたばかりの人の場合、自己都合や会社都合等、様々な事情で、短期間で仕事を失い、収入がなくなる可能性もあります。この場合、安定した一定の収入があるとは判断されにくい状況となります。ただ、現在、アルバイトやパートでも利用できるキャッシングやカードローンが増えてきており、非正規雇用であっても問題なく、利用ができるのではないかと、考えてしまう人もいるでしょう。

審査が甘めの業者の中には、非正規雇用で働き始めた場合でも、今後、安定した収入が望めると判断する事ができれば、審査を通してくれる事があります。ただ、一般的に、非正規雇用で働いている場合、最低でも半年以上、一般的には1年以上の金属実績がある方が、今後も続けて働き続けると判断されやすく、審査に通りやすくなります。

それに対して、正社員の場合、無期雇用が前提となっている為、働き始めたばかりの新入社員であっても、安定した収入が望めると判断されやすく、審査に通りやすくなる事が一般的です。ただ、正規雇用であっても、非正規雇用であっても、重要になってくるのが、在籍確認です。

審査の際に、年収や、雇用形態、勤続年数等と一緒に、勤務先についての情報も提出する事になります。この際、提出された情報が正確かどうか、確認していく事になります。その際に行うのが、在籍確認です。在籍確認は、提出された勤務先に本当にその人が在籍しているかどうか確認をする作業です。

キャッシングやカードローンの審査を受ける際に、嘘を書いて提出し、業者にその嘘がバレれば、信用がないと判断され、審査落ちに繋がる事になります。その為、審査の際は、嘘の情報を書かないという事が大切になってきます。ですから、審査に嘘を書く人なんていないのではないかと考える人もいるでしょう。

ですが、様々な事情により、どうしてもお金を借りたいという場合など、少しでも、審査に有利になるようにと、年収や雇用形態、勤務先に関して嘘を書いてしまう人がいないとは言い切れません。その為、業者は、提出された情報が本当かどうか、確認の作業を行う事になります。

その為の作業が、在籍確認です。この確認は、提出された情報に書かれた勤務先に電話をかけて行います。ただ、職場に消費者金融などから、電話が来れば、今後の仕事に影響が出るのではないかと不安に感じる人は少なくありません。その不安は消費者金融などの業者も理解しています。更に、お金を貸す側からすれば、利用者の人には続けて仕事をして貰わなければ、返済をして貰う事が出来ない状況になる為、仕事には影響のないように確認を行っていきます。

在籍確認は、業者のオペレーターが、審査を受ける人の友人や知り合いを装い、個人名で電話をします。そして、職場の人が電話に出ると、審査を受けている人を呼び出して貰います。この際、審査を受けている人は、職場にいる必要はありません。

いなくても、電話に出た人が「その人は、ただいま席を外しています」と、答えれば、その人は、その職場に在籍をしている証明となり、これにより、在籍確認は完了となります。その後、個人情報や、勤務状態等を聞き出すような事はせず、それで在籍確認完了となる事が殆どです。

もしも、職場に、審査を受けている人がいれば、電話に出て貰い、生年月日等を確認する事で、その人が本当に本人かどうかを確認していく事になります。本人に対しては、多少の質問が加わる事になりますが、職場の人に対しては、必要以上、話をする事はないので、消費者金融からの電話であるという事を気づかれる事は殆どありません。

ただ、それでも在籍確認は避けたいと考える人は珍しくありません。そんな時は、在籍確認なしでローン審査通った、という情報を探してみる事がお勧めです。消費者金融の中には、その職場で勤務している事を証明する事ができる書類の提出をする事で、在籍確認を免除してくれる業者も存在します。ですから、どうしても在籍確認を避けたいと考えたら、在籍確認なしでも審査に通る業者を探してみるという事もひとつの手です。

ただ、在籍確認をしない場合、在籍確認を行った場合に比べて、限度額が低く抑えられてしまう可能性があります。ですから、限度額は少しでも多い方が良いと考える場合、余程の事情がない限り、在籍確認を避けようとしない事がお勧めです。素直に在籍確認を行う事で、最初の限度額、その後の増額審査等、有利に進めていく事ができる可能性が高まります。

更に、今後、キャッシングやカードローンの利用を続けたいと考えるのであれば、在籍確認を必要以上に避けないようにする事がお勧めです。在籍確認に対して苦手意識を持つと、在籍確認がないと書いている業者がとても魅力的に見えてしまう事になります。

在籍確認がない業者が、消費者金融であれば、限度額が低く設定される可能性がある程度で、問題はありませんが、在籍確認がないと広告を出している業者が、闇金融の場合は、大きな問題となります。消費者金融は、法で定められた範囲内の利息で営業をしており、真面目に返済を続けていれば、いつかは完済する事になります。

それに対して、闇金融というのは、法で定められた以上の利息を請求してくる上に、少額の借入であっても、利息の返済しか受け付けないといった状況を作る事で、いつまで経っても返済が終わらない状況を作るなど、一度でも手を出すと、一生返済が必要な状況を作ってくる事も珍しくありません。ですから、闇金融は避けておく事が大切です。

在籍確認が苦手という意識が強い場合、審査が甘い、在籍確認がないと書いてあれば、それだけで有難い、魅力的と感じてしまう事になります。それよりも、在籍確認は、業者から信用をして貰う為には欠かせない事と考え、苦手意識を感じず、素直に受けるようにする事がお勧めです。

どうしても、苦手、避けたいという場合、甘い言葉を書いている業者よりも、地域密着の、中小の消費者金融を考えてみるというのもひとつの手段です。中小の消費者金融は、利用者の都合等を聞いてくれる可能性が高くなります。ですから、在籍確認を避けたい理由、ある程度の限度額が欲しい理由等を話した上で、審査を受けてみると良いでしょう。

ただ、CM等をしている大手消費者金融とは違い、中小の消費者金融は、名前だけ見て、そこが本当に消費者金融か、信用できる業者か判断する事は容易ではありません。ですから、利用を考えたら、まずはネット等で、その業者に関する情報を集めておく事が大切です。そして、本当に問題がない業者と分かったら、それから審査を受ける事が大切です。

【参考ページはこちら】
ローン審査には固定電話と携帯電話が必要?