ローン審査に通らない理由は女性だからなの?

私の中ではもはや完璧で、落ちる理由なんてなかったんですがローン審査に落ちてしまいました。これ以上はないと思うくらいの対策をしていったんですけれどもそれでもダメだったのはなにが理由なのか、個人的には全くわからないままです。

もしかしたら思っているのが女性だからなのか?ということです。女性だからローン審査に通らない理由として考えられることって言うと、それくらいしか無いんですよね。女性だとやっぱりローン審査に通らない理由も一つ男性より増えるんでしょうか。

男性より女性のほうがまだまだ借入はしにくい状況だ

確かに男性と比べるとまだ少し女性というだけでローン審査に通らない理由というのはあるかもしれません。これ自体、はっきりと言っているところはありませんが、可能性としては十分考えられることです。日本では昔から男尊女卑なところがありましたが、今でもそれは一部につながっています。ですのでカードローンや消費者金融の審査にも影響しているかもしれません。

特に影響していると考えられるのは仕事の部分でしょう。仕事も一応は男女平等でというように言われるようにはなっていますが、まだまだ日本では男女平等とまではいかないレベルです。女性のほうが補助的な業務が多くて、給料もまだまだ低い状況で、男性が中心の状況になっています。となると女性は収入が少ないということにつながり、カードローン審査に通らないということも考えられます。

カードローン審査に通らない理由としてはそういった女性だからというよりも、女性だから仕事があまりなくて、収入が少ないということが間接的に理由として考えられるということはあると思います。ですから借り入れをする時には女性向けのレディースローンというのがまだまだありますから、そちらを使うということも考えたほうがいいかもしれません。

レディースローンを使ったからといってそこまで審査が楽に通りやすくなるというわけではありませんが、少なくとも日本では女性がまだまだ地位が低いということをちゃんとわかった上での審査をしてくれるでしょう。つまり少額融資などから対応をしてくれる可能性が高いということです。消費者金融系も銀行系もありますから、好きな方を選ぶことも出来ます。

こうしてレディースローンを使って審査をすると、今まで通らなかったという人でも審査に通るようになるでしょうから、使って見るなら普通の消費者金融などよりいいと思います。ローン審査に通らない理由はいろいろ考えられますが、女性が原因だと思うならレディースローンがオススメです。

ローン審査に通らない理由にはいったいどのようなものがあるのか

私たちが暮らす毎日は常に無数の出費の機会に満ちているものです。ある時には自分のために必要な金額をどうにかして捻出しなければならない思いに駆られるでしょう。またある時には、家族や愛する誰かのためにまとまったお金を用意しなければと焦って右往左往してしまうかもしれません。

たとえば、仕事のストレスを解消すべく友人同士や同僚どうしで飲み会に出掛けることもあるでしょうし、ひとりでマッサージやサウナに通ったり、スポーツジムで一汗流したり、あるいは趣味に没頭したり、ブランド物などの買い物でお金を使ってスッキリする人もいるでしょう。

一方、恋人がいたり、あるいは既婚の人ならば愛する人とのデートや旅行、新婚生活の住居選び、自動車の購入、それから子供ができれば子育て費や教育費などでも多くの出費が生じるものです。これらにいつでも不足なくお金を割り当てられるとよいのですが、実際問題としてはお金が足りなくなって、友人や親戚に借りたり、定期預金を切り崩したりということも少なくありません。

そんな事態を回避してよりよい毎日を送っていくためにも、もしもお金が必要になったならば消費者金融などを使って手軽に融資を受けるのがいちばん簡単な方法と言えるでしょう。

これら消費者金融で選べる借り入れ方法としてはカードローンやキャッシングなどがあります。このカードローンとは事前に一枚のカードの発行手続きを行い、もしもお金が不足すればそのカードを持ってATM機器に駆けつけることで迅速に融資金を引き出すことができます。

それにキャッシングでは融資申請を行うとその希望額を銀行口座に一括振り込みしてもらうことが可能です。いずれの手法も平日昼間の申請であれば原則として即日審査、即日融資を受けることができるので、結果的に肝心の支払い期日が本日中や明日にでも差し迫っている時にだって、十分に余裕を持って対処できる点が大きなメリットと言えるでしょう。

こういったカードローンやキャッシングを利用するにあたっては然るべき申し込みを行った上でローン審査に合格しなければなりません。まずはインターネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送などの手段を使って必要事項を金融会社側に過不足なく伝えます。

申請フォームには主に氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、勤続年数、年収などをかく欄が設けられており、他にも任意で家族構成や自宅の種類として賃貸か持ち家かなどを記載します。こうした記入欄は出来るだけ数多く埋めていった方が信用度が高まり、お金を借りるにあたっても有利になると言われています。

それに最近ではインターネット申請が人気を博しており、特にスマートフォンを用いていつでもどこでも簡単に手続きが行えるタイプのものの利用率が急増しているのも顕著と言えるでしょう。

申請に必要な身分証明書や年収証明書にしても、スマートフォンの写真機能で書類を撮影し、その画像データを送信するだけで受け付けてもらえますので、忙しい中でコピーを送付したり店舗窓口まで届けたりする必要もなくて大助かりです。

こうして申請が終わると、続いて消費者金融側のローン審査がスタートです。審査の過程ではまず申請内容を精査してそれぞれの金融会社が定める融資基準に合致しているかどうかを確認します。とりわけ年収や職業といった項目は重要で、審査担当者が見てきちんと返済能力を有していると判断された際にのみ次の段階へと進むことができます。

さらに、次の段階では信用機関と呼ばれる利用者の情報管理センターに照会を行って、その人が過去に何らかのブラックリストに名を連ねてはいないかを入念にチェックします。ここで早くも審査落ちしてしまう人も出てくるわけですが、それらの人々がローン審査に通らない理由としては主に三つの要因が挙げられるでしょう。

まずは申請者が過去にも借り入れを行っており、その際に順調に返済を続けることが出来なくなり、大幅に期限を延滞してしまったり、あるいは最終的に自己破産した上に債務整理を行うなどの法的手段に打って出た場合には確実にブラック扱いとなります。

一度、このような返済不能の状態に陥るとその案件は返済事故として処理され、10年くらいは情報が残りつづけることとなります。これらが消えるまではどんな消費者金融の借り入れ審査であってもローン審査に受かることはないと言えるでしょう。

ふたつ目に挙げられるのは、申し込みブラックというものです。実は消費者金融で正式なお金の借り入れ手続きを行う以前にも、申し込み時点ですでに信用情報には記録が残ることになっています。もしも申請者が短期間のうちに数多くの消費者金融に申し込みを行い、ことごとく審査却下されていた過去があったなら、この情報もブラック扱いとして審査落ちの大きな原因となりえます。

これはつまり、藁にもすがる思いで数多くの借り入れ申し込みを行っている切羽詰まった状況が審査担当者には非常に危険に思えてしまうわけで、このまま融資を行っても返済される可能性は低いとみなされてしまうのです。ですから、こうして申し込みブラックにならないためにも、申請は落ち着いて、できるだけ成功法にのっとって行うことが肝心です。

三つ目に挙げられるのは、総量規制に関してです。そもそも消費者金融でお金を借りるにあたっては貸金業法に載っている総量規制という決まり事が大切となってきます。これは消費者金融が個人に融資する限度額として年収の3分の1の額を基準とするもので、万が一にもこのラインを超えて融資を行ってしまうと、罰則の対象となります。

信用機関の情報にはこうした基準に引っ掛からないかどうかを瞬時に判別するために、他社からの借り入れの総額などもきちんとチェックできるようになっています。これらを年収の3分の1の金額から差し引いた上で、あとどれくらいの借り入れが可能なのかを自分なりに入念にシミュレーションしてみる必要があるでしょう。

ちなみに、消費者金融の中には融資限度額をかなり低めに設定するものも多いと言われます。これは最初の契約において利用者の信用度があまりハッキリしないためにまずは低く設定しておこうとするもので、もしも今後、順調に借り入れと完済を繰り返していったなら自ずと信用度も上がり、融資限度額も上昇していくことが期待できます。

それゆえ、初回に関しては総量規制のラインよりも随分と下回った金額が融資上限となるケースも多々ありますので注意が必要です。

こうして信用機関への照会を通じての審査が終わると、最終段階として在籍確認が行われます。ここで気を抜かずに最後まできちんと応じることで順調な融資が得られるのは間違いありませんが、しかしながらこの在籍確認の結果がローン審査に通らない理由となり得る場合もあります。

この在籍確認は審査担当者が申請者の会社に電話してみて、その人物が本当にその会社に所属していて勤務実積があるのかどうかを確かめるもの。もしも申請時に記載した会社の電話番号が使われていなかったり、あるいは申請者の存在が確認できなかったりなどした時には残念ながら審査落ちとなります。

ただし、世の中には様々な職業がありますし、普段は全く電話などかかってこない仕事内容に従事しているケースも少なくないでしょう。そんな人に対して消費者金融側が電話をかけてしまうと、会社の人に不信感を与えかねません。もちろん在籍確認の際にはその電話の中でいっさい消費者金融名や借り入れサービス名を明かすことなく、あくまで個人名で電話がなされることとなりますが、それでも勘のいい人にはバレてしまわないとも限りません。

そんな場合に備えて、消費者金融では在籍確認の電話の代わりに書類や証明書などを使ってその企業に勤務する人間であることを証明する方法も特例として認めています。こうしたものを使いたい場合には事前に店舗窓口や電話相談にてその旨をきちんと説明した上で特例を認めてもらえるように交渉することが欠かせません。

これらの審査過程を順調にクリアできたなら、晴れて融資が実施されることとなります。ローン審査に通らない理由をきちんと押さえた上で、要領よく手続きを進めていきたいものです。

【参考ページはこちら】
ローン審査は昔に比べて厳しくなってる?