問題がない人でも車のローン審査に落ちることはある?

どういう人でも車のローン審査に落ちることはある?これは少し疑問に思ったことがあるんですが、私の知り合いで全く性格的にも問題がないような男がいました。その知人がローンを組んで車を買おうとしたわけですが、なぜか落ちてしまったのです。

正直収入もそこそこありますし、収入だけじゃなくて働いてもいるわけですし、車のローンが組めないというのはありえないと思ったんですが、何故か落ちたそうです。こういうどこから見ても問題がないような人であってもローン審査に落ちることはあるものなんでしょうか?

車のローン審査に落ちることはある?業者も間違える

これはいろいろな理由があるかと思いますが、おそらく全く問題がない人であっても車のローン審査に落ちることはある?と聞かれると、それはあると思います。全く間違えるとか確実に審査が行われるとはいえない部分がありますから、車のローン審査に落ちること自体はあるでしょう。おそらく問題がない人であればそれは審査の時に業者が間違っていたと思います。

消費者金融や金融機関も基本的には人の子ですし、間違えるということは絶対にあります。間違えないですべての審査を終わらせることができればいいのですが、そうもいきません。申込みをしてくれた人の審査を間違ってしまって落としてしまったり、逆に通してしまったりすることがちらほら起こっているのです。これはもう偶然としか思えないでしょう。

車のローン審査ではありませんが、大手のカードローンではやはり業者のミスではないかというようなことが起こっています。どういうことが起こったかというと、借金をしたいと思っていた人が実はブラックの人だったのです。ブラックだったら普通は大手のカードローンは通りませんが、機械をすり抜けたのか、そのまま借り入れができたというのです。数十万円ほど使ったといいます。

大手のカードローンですらもこのようなことがあるのですから、車のローン審査でもやはりミスというのは起こるものです。であれば、とりあえず半年ほど明けてから別の業者にお願いしてみるのがいいと思います。別の業者、銀行にお願いすればその時とはまた違う審査をしてもらえることになりますし、問題がなければ通ると思います。

はっきり言えばもうこれは運が悪かったとしか言えないようなものです。運が悪かったと割りきって次に進んだほうがいいでしょう。借金をするにしてもローンを組むにしても、人間が見るものは100%というのはありません。機械ですらも見逃すことがあるんですから、次のローン審査をするのが一番だと思います。

車のローン審査に落ちることはある?やってはいけない2つのミス

自動車の価格はとても高く、貯蓄をしなければ購入するのが難しいものです。しかし、自動車を購入する為の貯金を積み重ねるには長い時間がかかります。また、自動車以外にも生活に必要な物は多いために自動車だけに貯蓄をし続けるのは難しいものです。

そこで、車をより購入しやすくする方法としてマイカーローンを利用する事ができます。マイカーローンとは、金融機関が個人向けに融資する車のローンの事です。自動車の購入代金を数年間かけて、毎月分割して支払う方法になります。マイカーローンを利用すれば、自動車の購入代金と同額の貯蓄を用意するまで待たなくとも自動車を購入する事ができるでしょう。

マイカーローンは、自動車を購入するディーラーで利用する以外にも様々なローン会社で利用する事ができます。例えば、一般的に名前が知られているメガバングもマイカーローンを販売しています。また、大手金融会社のグループ会社も同様の金融サービスを行っています。

この他、各地の地方銀行や信用金庫等も積極的にこの分野に参加しているだけでなく、自動車ディーラーで利用できるマイカーローンも、自動車ディーラーと提携している信販会社やクレジット会社が提供しているものです。マイカーローンは数多くのローン会社が参入している、競争の激しいサービスとなっています。

競争が激しいだけ、各社が工夫をして顧客が利用しやすく役立て易いサービスを開発しています。この為、社会人から大学生まで、幅広い需要層に対応できるローンプランが数多くあるものです。マイカーローンを利用したい方は、この内から自分の需要に合ったものを選択する事ができます。

ただし、どの企業も顧客の争奪は行いますが、リスクの争奪までは行いません。マイカーローンは、顧客に自動車の購入代金を先に融資して、後で分割して返済してもらうビジネスです。この時、利子を付けて返済してもらう約束なので、ローン会社は利益を出す事ができます。しかし、毎月のローン返済を滞らせる顧客に融資をしてしまうと、利子分の利益を得る事はできず、最悪の場合は融資が焦げ付いて資金を回収できなくなります。

そこで、ローン会社は事前に顧客の調査をして、経済力や信用力を把握しているのです。こうして、車のローン利用を申請した顧客に対して行われるのがローン審査です。この為、マイカーローンを利用したいと思っている方が不安になるのは「車のローン審査に落ちることはある?」という事になります。

ローン会社の窓口で「車のローン審査に落ちることはありますか?」と聞けば「審査の結果、お客様のご希望に添えない事がございます」といった返事をされるでしょう。実際にローン審査が通らなかったという方は多く居られます。そして、その多くの方に共通するのが、ローン会社の信用を損なうやってはいけない行動を取っているという事です。

マイカーローンを利用したい方はローン審査を通してもらう為に、やってはいけないことをやらないように気を配る必要があるものです。つい、やってしまいがちなミスとしては2つほどあります。

1つ目は、マイカーローンの申し込み時に必要な書類へ、間違いや嘘を記入する事です。必要書類には様々な記入欄がありますが、いずれもローン会社が顧客に最善のサービスを提供し、またリスクを避ける為の必要不可欠な情報です。

ローン会社は情報を活用できなければ、営業が成り立ちません。顧客の情報を収集して分析を行い、それを評価して顧客と信用関係や互恵関係を構築できるか、それが維持できるかを判断しています。顧客がら教えてもらう情報は特に大切なものが多く含まれますので、ここで間違いや嘘があると、ローン会社は判断や決断を誤ってしまいます。

ローン会社にとって、融資すべきではない顧客に融資をする事は多大な損益を生じる事と同義です。多数のローン契約を繰り返している顧客に融資をすれば、その後も別のローンを組んで経済状況が悪化し、融資が焦げ付く事になります。また、債務総額が多すぎる顧客に融資をすれば、月々のローン返済の重圧を増す結果にしかならず、やはり融資が焦げ付く結果になります。

また、顧客にサービスをする上でも様々な支障が生じますので、顧客にとっても本来受けられるはずのサービスが受けられなかったり、自分に最適なサービスが受けられなかったりと、様々な不都合や不便が生じるものです。

ローン会社にとって、顧客の経済力や信用力を正確に判断できるかどうかは死活問題です。また、顧客に可能な限り良いサービスを提供して満足してもらう事は、将来の利益に直結します。

様々な理由から、ローン会社は顧客に間違いや嘘を伝えてほしくありません。マイカーローンの利用申請を行った時に、その書類に不備や不正があった場合はローン会社からは信用関係の築けない顧客と判断される恐れがあります。マイカーローンの申し込みの際に、やってはいけない事です。

2つ目は、マイカーローンを無計画に利用しようとする事です。ローン会社は、顧客から毎月安定した返済を受ける事で利益が得られます。数年間かけて顧客にマイカーローンを完済してもらうまで、融資したお金を全て回収する事はできないのです。この為、無計画なマイカーローンは返済を滞らせて融資を焦げ付かせる要因として、ローン会社の不信を招きます。

無計画なマイカーローン利用の1例として、自動車購入費用の全額をマイカーローンで賄おうとする事が挙げられます。特に、頭金を用意せず選択したローンプランの借入限度額を使い切ろうとするのは、ローン会社から見て印象が良いとは言えません。

どのような価格の車を購入するにしても、頭金は必ず用意しなければいけません。頭金が用意できないという事は、車様にまとまったお金を用意する余裕がない経済状態であるとわかります。また、毎月の返済額も多大になりますので、それを数年間続けるというのは無理があるのです。

その様な顧客に融資をするのは、融資が焦げ付くリスクがとても高いと言えます。こういった事情もあり、ローン会社は無計画な利用方法を示す顧客とは決してローン契約を締結しません。

無計画なマイカーローン利用として、もう1つの例は、事前に多数のローン契約を締結したり、多額の返済費用があるローンを締結したりする事です。

既に多数のローン契約を締結している顧客は、マイカーローン契約も、締結しようと思っている数あるローンの1つに過ぎない恐れがあります。マイカーローン契約後に別会社と次々とローン契約を締結していけば、いずれは経済難に陥ってローン返済は滞り、融資の焦げ付きに繋がります。

ローン会社は顧客が他社とローン契約を結ぶのと止める事ができません。また、計画性という物が見られない顧客の経済活動はコントロールできませんから、ローン会社にとってはマイカーローンの利用をしてもらえるだけの信用力が無いという事になります。

また、別に多額のローン契約を締結している顧客の場合は、既に月々のローン返済額が大変な状態にあります。そこで新しくマイカーローン契約を締結することは、月々のローン返済額を増やして経済難を深刻化する事にしかなりません。とても計画的とは言えず、数年間もの返済期間に安定した返済は難しいと言えます。

ローン会社と顧客とはマイカーローン契約を締結するにあたり、信用関係と互恵関係が成立しなければいけません。どちらか片方が一方的に利用する関係では、数年間ものローン返済は難しく、完済まで漕ぎつけることは難しいでしょう。顧客が大丈夫と思っていても、ローン会社にとって非常にリスクが高く見える事もあります。返済が不可能になる事が明確な、無計画なマイカーローンの利用は決して試みてはいけない事です。

車のローン審査に落ちることはある?と不安になっている方は2つのミスを避ける事で、マイカーローンの契約を締結しやすくなるでしょう。

【参考ページはこちら】
一般的に車のローン審査は厳しい?甘い?