一般的に見て車のローン審査は厳しいか甘いかどっち?

いろんなローン商品がある中、消費者金融系のカードローンというのがおそらくいちばん審査が楽なのかなと思います。私の感覚的にもそうかなと思うし、逆に一番厳しいのは住宅ローンではないかなと思います。住宅ローンが通らなかった人も結構回りにいるので。

で、車のローン審査は厳しいかという点はちょっと迷っているんですが、どういう評価になっているんでしょうか。車のローン審査って私は使ったことがないんですよね。もし車のローン審査を使ったことがあるなら、他と比較してどうだったかを知りたいです。

車のローン審査は厳しいかと言われると通りやすい方だ

ゆるく甘いか、そして銀行系カードローンのように審査が厳しいかなどなど、いろんなローンと比べるとローン商品それぞれに特徴があります。カードローンの中だけで比べてもかなり審査の幅というのはあるものですけれども、車のローン審査は厳しいかという質問に答えるのであれば、簡単なものもあるし厳しい物もあるというのが正しいのでしょうね。

ただ簡単なもので比べるのであれば、それこそかなり通りやすい方だと思います。厳しいと言われているものはネット系のローンなどで多いのですが、かなり利率が低くて借り入れをするには選ばれた人しかできないような雰囲気もあります。そういうローンも有りますが、ノンバンク系のものであれば、金利は高いけれども通りやすいというものもあるのです。

しかもこういう車ローンを使っている人たちを見れば「ああ、審査は緩いのだな」というのを理解してもらえると思います。例えば使っている人たちというのは実は消費者金融などでも借りられない可能性もある、パート・アルバイトの人たちなどです。フリーターの人が使っていることも多くて、フリーターが車ローンを組めるなんて思ってもいなかった人は多いんじゃないでしょうか。

つまり車のローン審査は厳しいかと言われると、厳しい物もあるけれども全体的に見るとやさしい、甘い方なのではないかということです。車のローンをするのはカードローンよりも厳しい、それ自体は間違いではありません。しかしカードローンと同じくらい簡単に借りられる業者も存在しているし、金額によっては借入はだいぶ楽にできるということでもあります。

車のローン審査については勘違いしている人も多いですから、あまり厳しすぎると思っていると損をしてしまいます。本来だったら通るような人でも先入観によって借りられないという人もいたりするのですから。先入観を持た内容にした方がいいでしょうね。

【参考ページはこちら】
車のローン審査はお試し診断もある?

車のローン審査は厳しいか。5つの審査ポイントをセルフチェック

自動車の新規購入や買い替えを行う時は、自動車の購入費用として多額の費用が必要不可欠です。購入費用を確保するには自動車用の貯蓄を使う方法もありますが、その場合は自動車の価格と同額の貯蓄をしなければいけません。しかし、車のローンを利用すれば車の購入費用を分割して支払う事ができます。

車のローンは、自動車のディーラーが独自に提携している信販会社やクレジット会社が提供しています。また、信用金庫や地方銀行の他にも大手の銀行とその提携会社等、様々なローン会社が提供をしています。(こちらもご参考に→ローン審査がゆるい金融会社を教えて!

車のローンは各社が様々な呼称を使っています。カーローンやマイカーローンといった故障の他にも、オートローンといった呼び方もありますが、いずれも同じ車のローンです。しかし、同じ車のローンであっても各社様々なプランを展開していますので内容は大きく異なってます。

ローン会社は社会人から学生まで、幅広く車のローンを利用してもらう事を目指して競争をしています。この為、様々な顧客を想定して、それぞれの顧客に使いやすい車のローンを開発して提供しているのです。車のローンを利用する際は、基本的に自分の需要に合ったローンを選択して利用申し込みをする事になります。

ただし、利用申し込みをすれば必ず融資が受けられるのではなく、事前にローン審査が行われる事になります。無差別に融資をしていては、融資した顧客の中から月々のローン返済が滞る顧客が出てくるからです。ローン会社は可能な限り焦げ付く恐れの無い優良な顧客とだけ契約を結びます。

しかし、車のローン利用をローン会社へ申し込む際に気になるのが、車のローン審査は厳しいかという事です。この為、自分の申し込んだ車のローンがローン審査を通らないのではないかと思っていると、車のローンを利用したくても申し込みを躊躇してしまいがちです。

そこで、ローン会社が顧客を審査するポイントを把握してセルフチェックをしてみる事ができます。ローン会社の審査ポイントは多くありますが、車のローン利用を考えている方が事前に把握しにくい審査ポイントが5つほどあります。自分に当てはまるかどうかをチェックすれば、審査が通るかどうかの大まかな目安になるでしょう。

1つ目は収入額です。収入が多ければ多いほど審査上は有利になりますが、極端に多い収入を得ている必要はありません。150万円から200万円程度の収入額であれば、一応の審査基準には達していると考えて良いでしょう。

収入が少ない場合は、ローン会社から車のローン利用を断られる場合があります。収入が少ないという事は、毎月のローン返済が大きな負担になりやすくなります。ローン会社はローン返済を継続して行ってもらわなければ収益が得られません。この為、収入が少ない方へ車のローンを融資すると焦げ付きのリスクが高まると判断します。車のローンを利用するには、どうしてもある程度の収入額が必要になると覚えておきましょう。

2つ目は、収入の安定性です。勤続年数が長い正社員の方であれば、ローン会社は良い顧客という判断がしやすいでしょう。車のローンは車の購入代金を毎月分割して支払うものです。ローン会社は顧客がローンを完済するまでの期間、継続して収入が無ければローン返済をしてもらえません。そこで失業リスクや突然退社をする恐れが少ない、勤続年数の長い正社員を良い顧客として評価するのです。

この為、転職して収入額が大幅に増加したという方でも、勤続年数が1年未満であれば車のローン審査が通らない場合があります。また、自営業の場合は3年以上の経営実績を問われる場合もあります。安定した収入源を長期間維持し続けた実績は、ローン会社の信用を受ける上でプラスとなるものです。

3つ目は、経済状況の良し悪しです。収入が多く安定性が高い方でも、経済状態が悪ければ車のローン審査が通らない場合があります。もちろん、収入が少ない方でもこのポイントはしっかり審査されます。

ローン会社は顧客の収入額や安定性だけでなく、それを上手く利用できているかも審査します。例えば、利用申し込みをした車のローン以外にも多数のローン契約を結んでいる場合は、ローン会社にとってはローン契約を結びたくない顧客と言えます。

車のローン契約を結んだ時には経済状態が良くても、顧客が結んだ後に次々と新しいローン契約を結んでいけば、いずれ毎月のローン返済額が顧客の経済を圧迫し始めます。こうしたリスクがある為、ローン会社はローン契約件数の多い顧客は自分の収入や安定性を上手く利用できない人物と判断します。

収入が多くて安定性が高くても、毎月のローン返済をしっかり行えないのであれば、車のローン審査に合格するのは難しくなります。車のローンを利用したいのであれば安易にローンを組むのは控えるべきです。

4つ目は、債務の量です。社会的地位が高く収入の多い方であり、ローン契約件数が1件だけでも、そのローンが高額であれば毎月の返済額が経済を圧迫します。債務の量、特に毎月のローン返済額が多い方はローン会社にとって車のローン契約を見合わせる相手です。

車のローンを毎月返済してもらうには、顧客が毎月必ず支払うお金が少ない方が良いものです。顧客に多額の収入があるとしても、多数のローン契約があればローン返済の為に支払うお金が多く、車のローン返済に回すお金が少ないことになります。これでは顧客が何らかの形で高額な出費の必要に迫られた時、車のローン返済が滞る恐れがあるのです。

社会的地位があり収入が多くローン件数が少なくても、ローン会社にとって良い顧客とは限りません。ローン会社は毎月のローン返済が滞るリスクの高い場合は、社会的地位や収入額に関係なく車のローン審査を通さないものです。

5つ目は、支払い実績の有無です。例えば、クレジットカードの利用が挙げられます。社会人にとってクレジットカードは必要不可欠な物であり、取得したカードは必要に応じて使用されるものです。この使用履歴は信用情報機関に登録され、クレジットカードの引き落としが行われた事は信用の証となります。

この為、クレジットカードを所有していて利用履歴があり、引き落としがちゃんと行われている顧客は毎月のローン返済を行う意志と能力があり、その環境を維持していると評価されます。逆に、クレジットカードを所有していない方や利用していない方は、ローン会社にとって信用性を判断しにくい顧客となるのです。

クレジットカードの所有と利用履歴は、ローン会社やプランによって審査の時間がかかるだけであったり、悪影響があったりと判断がまちまちです。しかし、支払いの滞納がある顧客はローン会社が車ローン契約をしない可能性が高くなります。

支払い実績はクレジットカードだけでなく、携帯電話の使用料金といった物にも及びます。過去にクレジットカードの引き落とし滞納や携帯電話の使用料金滞納があった場合は、車のローン利用は難しいものです。

車のローンを利用すると、車の購入費用に必要なまとまったお金は頭金だけになります。上手に計画的な利用をする事で、車をより入手しやすくなるものです。ただし、ローン会社を選ぶ時は、詐欺や不正等の疑わしいサービスを提供していない信用できる会社を選びましょう。

ローン会社により融資条件は異なりますが、あまりに顧客の条件が良すぎる会社や、依頼をしていないのに車のローン勧誘をしてくる業者等は避けた方が無難です。車のローンに関係する詐欺や不正は度々発生していて、被害者が多く存在します。怪しい業者に近づかず、疑わしい会社を利用しない事を心掛ければ、違法なローン会社と接触する事はありません。

車のローンを選ぶ際は、まずは法的に正当な活動実績を長期間続けているかどうかを調べましょう。ローン会社が良い顧客かどうかを調査するのと同じくらい、顧客にも良いローン会社かどうかを調査する責任があります。