車ローン審査無職で通るための秘策があると聞きました

あるところからの情報で、その情報先は明かせないんですけれどもこの情報が本当だったらすごいことだと思います。実はその情報というのは車ローン審査無職でも通る方法があるというものでした。ある業者でちょっとした工夫をして申し込みをすることで、車ローン審査無職でも通るというのです。

この情報は結構信用できる先から手に入れたんですけれども、あまりにもすごい情報過ぎて信用していいのかどうか迷っています。実際、借りることはできるのでしょうか。

残念ながら車ローン審査無職では通ることはまず無いだろう

車ローン審査無職で通るというようなうわさを手にしたということですけれども、これはまず通らないと思ったほうがいいでしょうね。通ると思ったのは信用できる人から聞いた情報だからだと思いますが、そういう信用できる人であっても失敗したり間違った情報を得ることだってあります。だから今回は間違いだったということで理解しておいたほうがいいでしょう。

この車ローン審査無職で通るというのはもしかしたらそういう方法もあるのかもしれませんが、おそらく一括で購入したら審査を受けなくてもいいのだから審査に通ったも同じ、というような考え方だと思います。ですからあまり信用出来ないと思うのですが、無職が通らないというのは返済することが出来ないとローン会社から思われているからなのです。
(⇒ニートの人はローン審査に通れない?

ローン会社はしっかりと返済をする人ならば問題なく貸してくれます。そればパート・アルバイトのような日正規社員でもそうですし派遣社員でも貸してくれます。しかし無職の場合は返済をするためにお金を稼ぐ事ができません。それこそ日雇いなどをしていれば別ですが、無職の場合は稼ぎ着がないのですから借りたとしてもそれを返済する事ができないのです。

ヤミ金であれば貸してくれるところはあるでしょうが、それは他のヤミ金から借りて返済しろということでもあります。返済のためにお金を他から借りるということを繰り返していれば当然生活が破綻します。それでもいいのであればヤミ金を使うという方法もあるかもしれませんが、全くおすすめできることではありません。

普通の消費者金融やキャッシング、その他の車ローンでもそうですがちゃんとした会社を使おうと思うとかなり難しいということです。車ローン審査無職でも通るという方法はありませんが、万が一「この人は無職だけれども返済はしっかりできる」と思われるのであれば、借りられるかもしれません。その方法があるかと言われると、考えつかないんじゃないかと思いますけどね。

車ローン審査無職でも通す事ができるのか、4つの項目をチェック

自動車を購入する際は、購入費用の支払い方を考える必要があります。支払い方として考えられるのは一括で支払うやり方と、分割で支払うやり方です。一括で支払う場合は貯蓄を利用する事になります。自動動車の購入代金と同額の貯蓄が無いのであれば、購入費用が貯まるまで長い間貯蓄を続けなければいけません。

分割で支払う場合は、車ローンを利用する事になります。車ローンで購入費用を分割で支払う場合は、利子を付けて返却しなければいけません。しかし、自動車の購入に必要な当面のお金は頭金だけ済みます。残りはローンで毎月返済をしてけば良いので、上手く利用すれば自動車を早く手に入れる事ができます。

車ローンを取り扱っているのは、一般的に知名度の高い大手銀行から地域毎に馴染みのある地方銀行のだけでなく、各地の信用金庫や信用組合があります。また、自動車ディーラーが提携している信販会社やクレジット会社が動揺のローンを提供している他、他にも大手金融企業のグループ会社が参入する等、様々なローン会社が活発な競争を行っています。

ローン会社はより幅広い顧客層を開拓する為に、色々な顧客を想定したプランを提案しているものです。一般的な社会人から成人したての大学生まで、それぞれの顧客が利用しやすい条件で融資を行っています。しかし、どの車ローンでも共通した利用条件として「一定の収入を安定して得続けていている事」があるものです。

この為、車ローンは無職の方には利用しにくい融資サービスになっています。無職の中にも自動車を必要としている方も居ますので、その様な方は「車ローン審査無職でも通す事ができるか」という点が気になるものです。

確かに、どのローン会社の車ローンの審査でも、顧客には一定の収入を安定して得続けている事が求められます。しかし、無職の方は利用できないと明記されている訳ではありません。あくまで一定の収入を安定して得続けている事が条件ですから、無職の方でも収入があれば車ローンの利用は可能です。

無職の方が車ローンを利用する事を想定した場合、ローン会社が審査を行うポイントには

つがあります。

1つ目は、収入がある事です。例えば、アルバイトやパートの他にも副業といった形で収入を得る方法は様々にあります。こうした収入源を維持している実績があれば、ローン会社は顧客の収入源が維持されていると見て、車ローンの契約締結を検討するでしょう。

ローン会社が顧客の収入を審査する方法として、代表的なものが年収額の調査です。150万円から200万円の収入があれば、ローン会社はその顧客が車ローンを利用する十分な経済環境があると考えます。この為、無職の方で車ローンを利用したい方は、車ローンの申し込みをする前に何らかの形で収入を得る事が目標となるでしょう。

既に収入源がある方が、車ローンの利用申し込みをした場合は、ローン会社がその収入源を継続して収入を得続けられる安定した物かを審査する事になります。ローン会社が毎月のローン返済を滞りなく続ける事ができると判断した場合は、ローンの利用契約を締結できる見込みがあります。

2つ目は、既に契約しているローン総額です。ローンを契約していない方は問題ありません。しかし、多額のローン契約をしている方であれば、ローン会社は顧客とローン契約を結ぶべきか厳しく調査します。ローン総額が年収の50%程度であれば、ローン会社は顧客が車ローンを返済するだけの余裕はあると判断するでしょう。

ローン会社が顧客のローン総額を審査する時は、年収との兼ね合いもあります。ローン総額が多くても、収入が多ければ、ローン会社は顧客に経済的な余裕があると考えます。収入が少ない場合は、毎月のローン返済が顧客の経済環境を圧迫していると見て、ローン契約の締結はしません。

無職の方が車ローンを利用したいのであれば、ローンを返済する事と収入をできるだけ多く得る事とが大切です。ローンの契約が無く十分な収入があれば、ローン会社は顧客を車ローンの返済に支障のない経済環境であると判断して、車ローン契約の締結を考えます。

3つ目は、ローンの契約件数です。顧客のローンの契約件数が多い場合、ローン会社は2つのリスクを考えて車ローン契約の締結をする事ができません。

リスクの1つは、顧客が車ローン契約を締結した後に、別のローン会社と新しいローン契約を締結する事です。顧客と車ローンの利用契約を締結した時に経済環境が良くても、その後に他社と新しくローン契約を締結していけば、やがて顧客のローン返済額は多くなり、顧客の経済環境は悪化します。こうなると顧客のローン返済は滞るものです。

ローン会社は顧客に自動車の購入費用を融資して、利子を付けて返却してもらう事で利益を得ています。この為、ローン返済を安定して行える経済環境を悪化させる要因を作り易い顧客は、融資リスクの高い顧客と考えるのです。車ローンの契約締結は難しくなります。

もう1つのリスクは、沢山のローン契約が積み重なっていて、顧客のローン返済が多額になっている事です。この場合、ローン会社は顧客が自動車を購入する為にまとまったお金を用意できない為にローンの利用を思いついたと判断します。

しかし、ローン会社が顧客とローン契約を締結した場合、顧客は悪化している経済環境をより悪くしてしまいます。毎月のローン返済が滞る事が予想されますので、ローン会社は顧客と車ローン契約を結びません。ローン会社にとって顧客のローン契約件数が多い事は、信用関係と互恵関係とを築く上での障害になるものです。

4つ目は、連帯保証人を紹介できるかです。無職の方の場合は社会的地位が低く責任も少ないので、ローン会社は顧客と同等の返済義務を持つ連帯保証人の紹介を求めるものです。連帯保証人の場合、ローン会社はいつでも返済を要求できます。連帯保証人は拒否する権利が無い為、ローン会社は融資リスクを低く抑える事ができるのです。

保証人の場合は連帯保証人と異なり、返済を要求できるのは顧客が返済不能になった場合だけです。また、保証人は「顧客にはまだ収入源や財産があるから、先に顧客へ返済を要求してほしい」と抗弁する法的権利がありますから、毎月の返済が不安定になったり、滞ったりする恐れがあります。

この為、ローン会社は融資リスクが高い無職の方と車ローンを締結する際に、連帯保証人の紹介を求めるのです。無職の方が車ローンの利用をする場合は、連帯保証人として親や兄弟等に説得をする必要があるでしょう。

4つの項目をチェックししてみて問題が無ければ、無職の方でも車ローンの利用申し込みをして審査が通る見込みはあります。ただし、銀行等の審査が厳しいローン会社の場合は、無職という点で融資を断られる場合もあります。比較的審査が緩いのは自動車ディーラーで利用を申し込めるディーラーローンです。ただし、金利が高い事に注意をしましょう。

また、車ローンを利用する際は、不正な業者や詐欺を行う悪徳業者の存在に気を付けましょう。特に無職の方であれば、連帯保証人を探すのに苦労をする場合もあります。この時、連帯保証人を紹介するサービスを行ってる業者が魅力的に見えてしまうものです。しかし、連帯保証人の紹介料を受け取って逃走するといった詐欺である恐れがあります。

この他にも、借金の借り換えを進める業者には注意が必要です。ローンの契約件数を少なくしたり、ローンの返済総額を少なくすると持ち掛けて、多額の利用料だけ受け取って逃げるという詐欺もあります。無職の方でも車ローンを受け付けている等と怪しい宣伝を行う業者にも注意が必要です。

車ローンを利用する時は、信頼できるローン会社を選んで利用申し込みをしましょう。車ローンは便利な融資サービスですから、上手に利用すれば無職の方でも自動車を分割払いで購入できます。

【参考ページはこちら】
ローン審査に通りやすい職業ランキングはこちら