車のローン審査をどうしても通したいときに便利な方法

どうしてもローン審査を通したい、皆さん思いますよね。特にカードローンよりもそれは車のローン審査を通したいという人も多いんじゃないかなと思います。くるまってほしいと思ったらローンで購入する人が多いですが、カードローン以上に通したいと思うものですよね。

では車のローン審査をそこまでして通したいと思っている人に向けて、どういうふうにしたらいいのでしょうか、アドバイスとしてはなにかありますか?私も将来的に、近々2,3年後ですが車のローン審査を通したいと思っているのでぜひお願いしたいと思います。

車のローン審査を通したいなら業者を多く見ることだ

車のローン審査を通したい、これは中古車だろうが新車だろうが思うものですよね。ではそこで確実に通す方法はあるのか?というと確実に100%通す、ということはさすがに無理です。これは車のローン審査だけではなく、消費者金融であるとか銀行系カードローンでも人によっては落ちてしまいますから、絶対というのはありません。ただし通したいのであれば絶対に業者を多く見たほうがいいのは間違いないでしょう。

なぜたくさんの業者を見たほうがいいのかですが、車のローン審査を請け負っているようなところというのはいくつかの業者があります。有名なところでは銀行がありますが、銀行だけで考えたとしても大手の全国規模の銀行がありますし、地方に根ざした銀行もあります。銀行に近い信用金庫や信用組合といったところでも車のローンを扱っているところもあります。
(⇒銀行のローン審査に通らない理由は?

銀行以外ではネット銀行が参入してきたところもあれば、消費者金融などをしているような所、クレジットカードなどを取り扱っているところなど、様々な業者が存在します。そしてその業者それぞれに車のローン審査を受け付けていて、金利や借りられる金額、その他色々と違っている部分があります。となると、どれがいいのかというのを探す必要があり、比較するためにも多くの業者を見たほうがいいというわけです。

ただ、もしそんなに見ることが出来ないというのであれば3社程度を見るだけでもいいでしょう。そして中古車や新車ディーラーから紹介してもらえる、提携しているローン会社も薦められると思います。コチラと一度比較してみることをオススメします。比較してみるとどちらがいいのか、自分にあっているのかなどの基準になるからです。

たいていの場合は比較する提携されているローン会社を使うと、サービスが良かったり色々とメリットが大きいので、そちらを使ったほうがいいかもしれませんね。ぜひ使ってみることをオススメします。

車のローン審査を通したい方が事前に確認したい2つのポイント

自動車を購入する時はとまったお金が必要になります。貯蓄をして用意するには長期間がかかり、その間は経済的にやりくりが難しくなるものです。そこで、自動車をより購入しやすくする方法の1つとして、車のローンを利用する方法があります。

車のローンは自動車の購入資金を用意する方法として広く用いられています。自動車を購入したい方の為にローン会社が必要な資金を融資をするサービスです。ローン会社がターゲットとする顧客層は幅広いもので、経済的に安定している会社員から成人したばかりの大学生までが含まれています。ローン会社は顧客の需要によって様々なローンプランを提案して、消費者が車のローンを使いやすいように商品開発を行っているのです。

車のローンには、自動車ディーラーが行っているものが多くあります。自動車ディーラーが提携している信販会社やクレジット会社とのローン契約を締結して毎月少しずつ自動車の購入代金を支払っていく方法です。また、銀行も地方銀行から大手銀行まで数多くの銀行が車のローンプランを提案しています。

この他にも、各地の信用金庫や大手金融会社のグループ会社等も車のローンを取り扱っている等、車のローンプランを取り扱う業者は幅広くプランの種類も豊富です。車のローンを利用したいと思っている方にとっては、選択の幅が広いものと言えるでしょう。

ただし、数多くのローン会社が車のローンサービスを展開しているとはいえ、車のローンを利用したい人全てに融資をする訳ではありません。全ての顧客に融資を行うと、その中に月々のローン返済を滞らせてしまう方が現れるものだからです。

そこでローン会社は損失を避ける為に、ローン返済を滞らせるリスクの高い顧客を事前審査で振り落します。これが車のローン審査です。車のローンを利用するには、まず利用申し込みをしたローン会社の審査を受けなければいけません。

車のローン審査を無事通したいのであれば、事前に車のローン審査でチェックされる部分を把握して、自分の経済状態と照らし合わせる事が大切です。消費者自身によって改善できるポイントは多いので、ローン会社から見て問題が有りそうな部分を改善する事で車のローン審査は通り易くなります。
(⇒ローン審査が一番簡単なところは?

車のローンを利用したい方が見落とし易い部分には大きく分けて2つがあります。1つ目は、ローン利用計画の安定性です。正社員としての勤続年数が長く、十分な収入が持続的に得られていて、他にローン契約が無い方でもローンの利用計画が杜撰であれば、審査は通らない場合があります。

審査が通りにくい利用計画の典型として、余裕の無い使い方があります。例えば、200万円の車を購入しようと決めた時、借入限度額が200万円のローンプランを選択したとしたら注意が必要です。

購入代金である200万円のうち40万円を頭金として支払い、残額の160万円をローンで支払うという方法であれば問題は無く、審査には通りやすいと言えます。しかし、200万円の全額をローンで支払うという計画であれば、審査は厳しく結果は思わしくないでしょう。

自動車購入用の頭金を用意できない事は、車の購入に使える貯蓄が無いという経済状態を意味します。収入が多くても車の購入に使えるまとまったお金が無いのであれば、それはローン会社にとって顧客の経済状態の実態や、返済の意志に疑問を持たざるを得ないものです。

また、全額をローンで支払うという場合は、顧客が毎月支払うローン返済額が多い事になります。顧客の収入額にもよりますが、月々のローン返済が顧客の経済を圧迫する事になれば、ローン返済が滞る事態になりかねません。

ローン会社にとって、杜撰なローン計画を立てる顧客はローン契約を締結したくない顧客です。審査に通りたいのであれば、車を購入する為にある程度の頭金を用意するべきです。また、事前に立てる利用計画は余裕を持ったものにしましょう。ローン会社が十分な余裕を持った適切な計画であると判断すれば、ローン審査に通り易くなります。

2つ目は、顧客の経済的な健全性です。例えば、締結しようとしてる車ローン以外にも数多くのローンを締結しているのであれば、ローン会社にとってはリスクの高い顧客となります。顧客が数多くのローンを締結しているという事は、これからも様々な形でローン契約を締結していく意思があると考えられるからです。

ローン契約を結び続ければ、締結の度に顧客の経済は圧迫されて行き、いずれはローン返済が滞り始める事になるでしょう。車のローン締結が数あるローン契約の1つに過ぎない物であれば、ローンを完済する意思が薄いと判断せざるを得ません。ローン会社にとって焦げ付きのリスクが高い顧客と言えます。

また、ローン件数が少なくても債務総額が多すぎる場合は、ローン会社にとってリスクが高いと言えます。債務総額が多く、毎月のローン返済額も多いのであれば、新しくローンを締結する事で顧客の経済状態は悪化します。ローン会社にとっては、ローン返済を安定して継続できるか疑問を持たざるを得ません。これもローン会社にとって焦げ付きのリスクが高い顧客であると言えます。

この他、勤続年数が短い事も経済的なリスクの1つとして判断されます。転職や独立に成功して収入が大幅に向上すれば、個人的には経済状態が良くなったと感じられるでしょう。しかし、ローン会社にとっては勤続年数や経営年数が少ない顧客は信用を築きにくいものです。

ローンを締結した当時は収入が多くてローン返済が安定していても、その収入基盤が安定して継続するとは限りません。ローン返済期間の内に失業や倒産等のトラブルが起きれば、ローン返済は滞ります。ローン会社にとっては収入額だけでなく、収入源を長く維持し続けてきたという実績も重要な審査ポイントの1つです。

それ以外にも、様々な料金の支払い履歴も経済の健全性として審査されます。例えば、クレジットカードを使用した際に引き落とし不能のトラブルを起こしていた場合は、ローン審査が通りにくくなります。

クレジットカードの情報は信用情報機関に登録されていますから、ローン会社は過去数年に渡って顧客がしっかりと支払いをしていたかどうかを調べる事ができるのです。クレジットカード以外にも、携帯電話の料金滞納等も調査されるものです。

ローン会社は、顧客がクレジットカードを始めとする様々な支払いが滞りなく行ったかどうかを調べる事で、車のローン返済を毎月しっかりと行う能力と環境があるのかを審査します。滞納をしている顧客はローン返済も滞るリスクが高い顧客として、ローン会社から利用を断られるものです。

車のローンを利用するかしないかを決めるのは消費者ですが、締結するかしないかを決めるのはローン会社です。自分自身では上手くやりくりをしているつもりでも、ローン会社から見てリスクが高い状態であれば、審査が通る事はありません。

2つの部分で気になるポイントを事前に改善しておけば、それだけ車のローン審査に通りやすくなるでしょう。上手に賢く利用する事で、自動車はより入手しやすくなります。

ただし、車のローンを利用する際はローン会社を選ぶ際にも注意が必要です。より良いローン会社を探している間に、条件があまりにも良すぎる業者や、怪しいサービスを展開している業者を見つけても、利用は避けるようにするべきです。ローン会社の中には、車のローン需要が多い事に目を付けて詐欺等を行う悪徳業者も紛れているからです。

例えば、連帯保証人を紹介すると言って高額な紹介料だけを取って行方をくらます詐欺です。高級車を購入する際に車のローンに申し込みをすると、連帯保証人の紹介が必須となります。しかし、連帯保証人となってくれる人を探すのが難しい方もいるでしょう。そういう方の弱みにつけ込んで詐欺のターゲットにするのです。車のローンは、くれぐれも信頼のおけるローン会社を選択して利用するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
自動車ローンには総量規制が関係してる?