銀行でローン審査が緩い所を教えてもらえないでしょうか

銀行系カードローンとか銀行のフリーローンとか、消費者金融は使う勇気はないんですけれども、こういう銀行系のローンだったら使ってもいいかなと最近思っているんですよね。自分の中でこういうところなら問題なく使えるし、怪しいところも少ないと思っているんです。

で、銀行系カードローンとか銀行のフリーローンとかってすごく厳しい審査があるというふうに聞いています。だから大手などは難しいと思うのですが、銀行でローン審査が緩い所を教えてもらえないでしょうか。大手でもいいですし小さいところでもいいので教えて下さい。

銀行でローン審査が緩い所なら信用金庫が使えるだろう

銀行でローン審査がゆるいところを探しているということですね。条件面で借入金利が低いとか、相当な額を借りられるとかそういうものを度外視していいのであれば、一番いいのは信用金庫かなと思います。信用金庫もしくは信用組合を使えるようであれば、そこが一番使いやすいんじゃないかと思います。

信用金庫や信用組合は見た目ではあまりいいように思わないかもしれませんが、実は消費者金融と違って銀行系カードローンの一員となっています。つまり総量規制の対象外なのでたくさん借りたいという人にもピッタリですし、専業主婦やパート・アルバイトなどの総量規制のおかげで借り入れが難しくなっている人にもピッタリです。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ランキング

では信用金庫や信用組合は銀行とはどう違うか?ですが、銀行と違う点は仲間意識のようなものが強いことです。つまり会員制であったり組合に入っているということが大きなプラスになっていて、組合に入っていたり信用金庫を利用している人に対してはサービスをしてくれたりするのです。あまり知られていないことですが、金利も非常に低くしてくれることもあります。

ですから最初に口座を作って、その口座に給与振込みをするであるとか、引き落としの口座にするであるとかの設定をする必要がある場合も多いのですが、それでかなり有利に、しかも審査がすぐに通りやすくしてくれるというのはありがたいものです。なかなか使う機会もないかと思いますが、借金でカードローンを考えているんだったら使うのもありだと思いますよ。

普通は大手の有名銀行でのローンしか思いつかないという人も多いでしょう。出来たとしても地方銀行で借りるくらいしか思いつかないという人も多いです。しかし実は信用金庫や信用組合なども使えるようになると、すごく幅広くカードローンやローン商品をうまく使えるようになるのです。普段注目していない人も是非調べてみることをオススメしたいですね。

銀行でローン審査が緩い所、存在するのかどうか

必要な現金を、コンビニ等にある提携ATM等から、手軽に借りる事ができて、便利なキャッシングやカードローンのサービスを行っている業者は、大きく分けると、銀行と消費者金融に分かれます。この中でもメリットが多いのが、銀行が行っているキャッシングやカードローンです。

銀行のキャッシングやカードローンのメリットは、金利が低い事です。現在、消費者金融の金利は、4.5%~18%という書かれ方をしている事が一般的です。この金利を見た場合、4.5%の金利でお金を貸してくれたら、利息というのはほんの僅かで良いのではないかと、簡単に考えてしまう人は珍しくありません。

ただ、金利は、借入の金額によって変わる事が一般的です。この場合、4.5%というのは、借入が高額になった場合に適用される金利です。一般的に、100万円までの借り入れの場合は18%、100万円以上は15%というのが、法で定められた上限金利です。

ですから、100万円未満の借入の場合、一番大きい、18%の金利が採用される事になります。現在、消費者金融は、年収の1/3を超えての借入をする事ができないという総量規制の対象になっています。ですから、消費者金融で、100万円を借りたいと考えた場合、最低300万円の年収が必要となってきます。

ただ、300万円の年収で、審査を受けた場合、最初の限度額は50万円以下程度から始まる事になり、そこから増額審査を繰り返していく事になるのですが、100万円近くまで借入が出来たとしても、100万円借入は簡単な事ではありません。勿論、300万円以上の収入があれば、100万円以上の借入がしやすくなりますが、消費者金融のキャッシングやカードローンの場合、100万円以上の借入をする可能性は低めな事が一般的です。

その為、消費者金融の金利は、18%が一般的、少し低めの業者でも17.8%程度となります。そんな消費者金融の金利に対して、銀行の場合、4.0~14.5%等、消費者金融よりも低めの金利が一般的です。下限金利は消費者金融とあまり差がありませんが、上限金利は、消費者金融が17.8%から18%が一般的なのに対し、銀行の場合14%から15%が一般的となります。

ですから、100万円未満の借入を行った場合、消費者金融では18%の利息が必要なのに対し、銀行は14%から15%程度で良く、とてもお得に利用する事が出来ます。その為、金利を少しでも低く抑えたいと考えた場合、銀行の方がメリットが高くなります。

更に、銀行は、総量規制の対象になりません。ですから、年収の1/3を超える金額であっても、銀行がそれぞれ設定している上限までの金額であれば、借りる事が可能です。上限は銀行によって変わりますが、500万円や800万円等と、高めに設定されており、しっかりと借りたいと考えた場合にも、銀行はメリットが高いといえます。

そして、金利は、利用する金額が増えるにつれ、どんどんと下がっていく事になります。例えば、数万円程度の少額の借入では14.5%の利息でも、100万円近く借り入れると12%程度に下がり、100万円を超えると10%から12%程度になります。そしてその後も、借入金額が上がるにつれ、金利は下がり、800万円の借入では4%程度となります。

消費者金融の場合、総量規制の対象になる為、下限金利は設定されていても、下限金利が適用されるだけの金額を借入する為には、かなりの年収が必要で、滅多な事ではその金利は適用されません。それに対し、銀行の場合、総量規制の対象とならない為、100万円を超える借入もしやすく、低い金利が設定される可能性が高くなります。

ただ、この際に覚えておきたいのが、金利と利息の関係です。100万円以上になると、金利が低くなる為、限度額が100万円を超えている場合、100万円以上借入をしておく方がお得になるかといえば、そうではないという事です。利息というのは、借入金と金利、そして借入期間で計算をしていく事になります。

例えば80万円必要な場合、80万円では金利は14%、100万円借りたら金利は12%だった場合、100万円まで借入をした方がお得に感じてしまう人もいます。ですが、80万円を1年借りれば、利息は112,000円、100万円を1年借りれば、利息は120,000円となります。90万円の場合、100万円借りた方が支払う利息は低くなりますが、それでも必要以上借りない事がお勧めです。

それは、カードローンというのは、借入金額が増えれば、それだけ借入期間が伸びる事になる為です。借入金額が増えても、月々の返済額の増え方は、ほんの僅かというのが一般的ですが、その分、完済までの期間が長くなります。金利がいくら低くても、借入の期間が長くなると、それだけ支払う利息というのは増えていく事になります。

ですから、金利を少しでも低くしたいと考えて、借り過ぎる事はお勧めできません。銀行のキャッシングやカードローンの場合、最初から、消費者金融に比べて、低い金利を採用しています。限度額を高く設定できるという特徴がある為、多く借りれば更にお得と感じてしまいがちですが、少額の借り入れで、既にかなりお得という事を意識しておく事が大切です。

そんな金利が低く、限度額も高い銀行のカードローンやキャッシングですが、消費者金融に比べて、審査が厳しめになっている事が多いのが特徴です。大手メガバンクや、有名な銀行の場合、ブランドイメージがある為、審査に関する基準がかなり高く設定されている事が珍しくありません。

審査落ちをすれば、信用情報に傷がつき、今後、様々なローンを組む際に、支障が出てしまう可能性があります。その為、年収や雇用形態等、審査内容に不安がある場合、審査が厳しい銀行を選ぶのではなく、少しでも審査が緩い銀行を探す事がお勧めです。

銀行でローン審査が緩い所、その代表が、地方銀行です。地方銀行でも、その基準は様々で、審査が厳しめのところもありますが、大手メガバンクに比べると、審査基準が低めに設定されている事が一般的です。その中で、本当に審査が緩い銀行を探したいと考えたら、実際に審査を受けた人の口コミ等を確認しておく事がお勧めです。

細かい審査基準は分かりませんが、大体の審査基準は見えてくる事になります。確認して大丈夫と感じたら、審査を受けてみると良いでしょう。ただ、地方銀行だと、大手メガバンクよりもメリットが少なくなるのではないかと感じる人も少なくないでしょう。ですが、地方銀行であっても、金利は消費者金融よりも低く、更に総量規制の対象にはならないというメリットがあります。ですから、大手メガバンクでも、地方銀行でも、銀行カードローンのメリットは変わりません。

そして、そんな地方銀行よりも更に審査が緩めとされるのが、コンビニ銀行やネット銀行のカードローンです。特に、コンビニ銀行は、カードローンを利用して貰うと、コンビニに足を運んで貰う事が出来るというメリットが発生する為、審査基準を低めに設定している事が多いのが特徴です。

ただ、コンビニ銀行やネット銀行の場合、手軽に利用しやすくなっている代わりに、限度額の上限が低めに抑えられている事もあります。ただ、消費者金融よりも金利は低いというメリットは変わらない事が殆どです。ですから、少額利用で良いというのであれば、コンビニ銀行や、ネット銀行の利用を考えてみるというのも良いでしょう。

消費者金融に比べて、金利が低い上、総量規制の対象にならない等、メリットの多いのが銀行カードローンです。ですが、銀行によっては審査が厳しめになっている事が特徴です。ただ、地方銀行等の中には、比較的、審査が緩い銀行も存在します。銀行カードローンを利用したいと考えたら、地方銀行等にも視野を広げてみる事がお勧めです。

【参考ページはこちら】
消費者金融で借りてると銀行の審査は厳しい?