高額商品でもアップルローン審査通過は簡単って本当?

私はアップル製品をこよなく愛しており、毎年と言って良いペースでなにがしらの新製品を購入している気がします。携帯はiPhone、タブレットはiPad、パソコンはMac…このように、私のデジタルライフはアップルによって支えられていると言っても過言ではありません。日本も物作りでは負けていないと言いたいですが…最新機器に関しては、向こうの国に完敗していますよね…。

さて、それはさておき今年もアップル製品を購入しようと考えています。今年はMacBook Pro(ノートパソコンの高性能型)を買うつもりなのですが、以前購入したMacBook Airが便利だけどスペック不足だったので、今回買い替えるMacは特盛り(カスタマイズで一番高くて高性能な注文)にしようと思っています。これで後五年は戦える…のは間違い無いですが、一番お手頃なスペックのAirと違い、一括購入はちょっと厳しいのです。

それで、今まで一切利用した事が無いアップルローンという分割払いを使ってみようかと考えています。ローンというのは審査があって、高額商品なら相応に審査もシビアになるとの事ですが…アップルローンは、高額商品でも審査通過が簡単って聞きましたけど、本当なのでしょうか?アップル製品は元々お高いので、安い商品の方が少ない感じですが…それでも簡単なら、迷わずローンで買いたいです。

基本的に分割ローンは簡単なのが多いですね

おお、ここにもマカーが(笑)!私も実はアップル製品が好きで、質問者さんほどのペースでは無いですがちょこちょこ買い換えを実施しています。私はiMac派なのですが、確かにMacBook Proも良いですよね!お金に余裕があればサブマシンとして欲しいですが…Macはどれも高性能な分高いですよねぇ…それでも今までアップルローン未使用だったのには驚きです。

私は今のiMacを購入する時、実はアップルローンを組みました!私はこのiMacを購入した時にはただのフリーターだったので、とてもじゃないですが一括なんて無理でして…仕方なく、という感じでしたが…今こうしてiMacを使っているように、きちんと審査に通過できました!

というわけでして、実体験での話なのですが…十万超えの製品をアルバイトでもすんなり(審査は即日終了しました!)通れましたので、アップルローンの審査は厳しいというわけでは無さそうですね。そもそも、アップルローンを組むという事は購入しようとしているアップル製品が担保になりますので、最悪払えないとそれらを回収されてしまう分、審査はさほど難しく無いとされているのですね。

同様に、買い物でのローンは担保が自然と設定されますので、どれも審査が厳しすぎる!なんて事は無いみたいなのです。質問者さんなら多分簡単に通過できると思いますので、良いMacBook Proライフを!

アップルローン審査通過は難しくはありません

アップルローン(Apple loan)とは、株式会社オリエントコーポレーションが提供するローンであり、日本国内においてアップルオンラインストアでタブレット端末やパソコン及び周辺機器の購入などでローンを組み購入できるシステムで、合計税込30,000円以上のお買い物をすれば、実質年率1%でアップルローンを利用できる便利なサービスです。

申し込みは、アップルオンラインストアで各品を注文する際に、支払い方法を選択するページからアップルローンの申し込みページにジャンプしますので、必要な項目にチェックと記入をします。

その後、株式会社オリエントコーポレーションの審査を受け、オリエントコーポレーションの係員から本人確認の連絡を受け、審査が通過すれば、注文とローンの申し込みが同時に成立します。契約後、商品と同時に契約書類も送られてきます。

申し込みの翌月の27日から引き落としが開始され、元金均等分割支払いに1%の金利が付加されて登録口座から引き落とされます。Apple製品を購入する際にはとても便利で、お得なローンとして知られています。

ただし、1%金利のサービスは12回分割支払いまでの1年間返済の条件で特別優遇されるものでこれを超える支払いの場合は、1%適用はされません。

アップルローンのメリットは、なんといっても月々の支払いを一定額に抑えることができるところで、複数の製品を一括購入する場合でも、月々の負担額が少なく済み、他のカード支払いなどの利用も負担なくできるものです。

アップルローン審査通過はそれほど難しいものではありません。しかし、中にはアップルローン審査通過が出来ないという人もおられます。

どのような人が審査通過をしないかと言えば、まず、法人として利用される場合の購入ではアップルローンが利用できませんので、法人客のローン審査はそもそも無理です。個人の場合で、アップルローン審査通過しない人は、何らかの問題があると言えるでしょう。

大きな問題としては、過去において、金融のトラブルを起こしている人で、他のクレジット会社や金融機関において返済の遅れやその他の返済事故を起こしている人は、信用情報に登録されている可能性があり、また、多重債務により返済不履行となっている場合や債務整理を行った場合に関しても信用情報にブラックリストとして登録されてしまいます。

その他にも、購入時に登録した情報に不備や変更がある場合に、その報告を怠り、発覚したような場合、ローン契約打ち切りやその後のローンの利用が出来ないなどのことともなるでしょう。

とくに、返済にもっとも重要である収入の金額を偽ったり、勤務先が変わったことをカード会社に報告しない場合に、その後の利用が出来なくなります。

例えば、大手企業に10年以上働いていた場合、大きくその点が評価され、利用枠などの設定がされ、また、カード会社の信用度も高いのです。

さらに、主婦の方でも配偶者が同じ条件であれば、配偶者給与が大きく評価され利用枠が決められますが、配偶者の職場が変更している、または、その配偶者と離婚しているなどの事由を隠したままローンを利用するなどが発覚した際は、利用登録打ち切りとなり、即時返済が求められることがあります。

このように、ローンはお金を立て替えて支払いをしてもらい、返済完了までは借金をしているのと同様であるため、信用度に関してとても重視します。

契約時に交わされた約束を守らなければ、利用登録が抹消されても仕方がなく、これは契約の際の偽りがあっても同じこととなるのです。ローンの元々の仕組みとして、月々支払をタイトにして、多くの消費を促す目的でスタートし、これは同時に経済効果を高める目的でもあります。

近年では、カードやローンが特定の店舗やインターネットで利用することで優遇した金利体系やポイント制度、キャッシュバック等が適用され、消費者側にも大きなメリットがあり、購入負担の軽減にもなっているので、そのような特典を消費者に与えるために、しっかりとした返済がされることが前提条件であり、それが守られなくては、様々なサービス体系に支障が出ることになります。

通常、ローンを組む際は、就労事実の確認や本人確認がされ、貸出し業者が設ける基準に合わせて審査が行われ、この時に偽った情報を記載しても、相手は審査のプロですのですぐにバレてしまい、その後二度とその会社でローンを組むことができません。契約内容に変更があるような場合は、報告をしてその後条件変更となることもあるでしょう。

正直に職場が変わったことや離婚したなどの事由を伝えれば、利用枠などの変更があるにせよ、そのままカード利用やローンの利用が出来ることが多いでしょう。

とくに、アップルローンの場合では、アップルストアとオリエントファイナンスがタイアップし、ファイナンシャル企業と物販企業が互いの企業の利益を共有し、収益拡大を図ることが目的であるため、利用者を広く獲得して売り上げを上げる目論見があるため、利用登録は大歓迎であるはずです。

限られた収入で上手くローンを利用してアップルストアで購入するシュミレーションもできるため、確かな情報登録をすれば、全く問題なく、アップルストアとローン利用のメリットが得られるはずです。

銀行のローンは、住宅ローンやマイカーローンで目的ローンとしてあり、大型の物品購入をするとき、保証人と担保を設定してローン契約を交わさねばいけません。

しかも、審査と共に印鑑証明、住民票、戸籍抄本などと共に必要書類を揃えて、銀行に提出しなければいけません。ローン返済期間は長期で、1%から3%の実質年率として貸し出しが実行となります。

しかし、返済期間が数年から数十年と長期化することが必然的で、20年や30年と長期になれば、返済に充てる金利負担も実質年率で低いパーセンテージであっても、返済完了時には15%から20%の金利を負担したという結果となるため、銀行は長期で金利と元金を足した金額が十分に返済できる人物であるかということを、審査するのです。

それに比べると、アップルローンの場合、アップルストアと利用先が限定されるものの、審査は最短で24時間、保証人は不要、金利1%(12回払いまでは1%、24回以上で5%以上の負担が求められます。)とアップルストアのお買い物で、とても優遇されており、インターネット上で登録完了で、煩わしい書類の提出や記入が不要で、非常にスムーズかつスピーディな手続きが可能という点を考慮しても、アップルローンを利用するメリットが大きいと言えるでしょう。

銀行のカード機能に搭載されているカードローンやお買い物に便利なクレジット決済、その他キャッシングなどどのような利用条件と比較してみても金利が低くもっともメリットが高いです。

ある意味、登録が簡単でハードルの低いローンであるアップルローンが利用できないという人は、ローンを組んでお買い物をするに適していないという格付けを頂いたことになり、利用後の将来的に支払いが滞る可能性があると判断されたも同様です。

オリエントファイナンス株式会社は信販会社であり、キャッシングやローン、クレジット決済の言わば融資事業としてビジネスを形成していますので、支払いが不可能となる可能性を持った消費者に利用審査を通すことがありません。

月々が無理のない程度の分割の支払いであっても、それが可能であれば、利用登録が出来る比較的ハードルの低い尚且つ金利負担の少ないローンですが、このローンの審査が通らないということは、アップルローン利用のお買い物を断られていると判断して良いでしょう。

パートタイマーや契約社員としても定期収入(決められた金額以上の安定収入)さえあれば、収入の大小で利用枠は決められるものの、過去にトラブルがなければ簡単にアップルローン審査通通過することは間違いないので、アップルストアのお買い物に利用してみてはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
ローン審査がゆるい金融会社の探し方