銀行のフリーローンって実は審査が甘いって本当?

三ヶ月ほど前から仕事を開始した新卒のB(仮名)と申します。住まいは松山なので多くの人は本土とかに行ってしまいましたが、私はのんびりとした地元が好きだったので、こちらで出来れば骨を埋めたいと思っています。こちらの地方にも有名な企業とかも結構ありますし、働く環境としてはそこまで不自由しないと思うのですが、若い人…まあ私も若いのですが、そういう方はやっぱり栄えた場所を好むのかもしれませんね。

三ヶ月働いてみてもさほど辛い事もありませんし、今はむしろ楽しいという感じです。同僚で若い人も居ないわけじゃないし、そういう方達とも良く遊びに行ったり出来て充実していますが、お金がちょっとだけ心配です。最近パソコンの修理とかが重なってしまって、そういう付き合いのお金がちょっとだけ苦しいのです。だからせっかく仕事もし出したので融資というのを一度受けてみたいと思い、そうなると銀行のフリーローンが良さげかなぁ、と思っていました。

銀行のフリーローンは銀行の審査を受けるのでなかなか借りられない…そう思っていたのですが、銀行のフリーローンって実は審査が甘いって話を少し耳にしましたが、本当ですか?銀行は堅いイメージがあってそれが審査にも影響しているとずっと思っていたのですが…違うのでしょうか。簡単なら助かりますが、本当かどうかを是非教えて下さい。

借りるだけならフリーローンは簡単と言えます

Bさん、地元での就職おめでとうございます。私もどちらかと言えば田舎の方で暮らしていますので、卒業と同時に離ればなれになった人が多くて…そんな中、こうして残る人が居るというのは非常に好ましい話です。仕事も合っているようですし、これからも是非貴重な若者として活躍して下さいね。

若いうちはやっぱり遊びにもお金をかけたいですし、そういうときに銀行のフリーローンというのは魅力的に映りますよね。フリーローンは用途が自由なのでもちろん旅行とか買い物に使っても構いませんので、借金だから遊びに使うのは…と気後れする必要はありません。もちろん無駄遣いは決して良いとは言えませんが、後から返済さえ出来るなら、フリーローン利用が問題になる事はありません。

そして気にされている審査ですが、銀行でもフリーローンで借りるだけというのなら、簡単と言っても間違いではありません。フリーローンというのは元々様々な層の顧客に対応する融資方法でして、例えばアルバイトみたいな不安定な仕事の人にも貸し出せるようにルールが設定されている事も多く、つまりは高額融資を受けたいなどでない限り、審査は厳しすぎる事は無いでしょう。無論、高額融資を受けるなら仕事も年収も気を遣う必要がありますが。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ランキング

今回はちょっとした人付き合いという事で、少額融資でも全然問題無いと思います。それなら銀行側が厳しい申し込み基準を事前に提示していない限りは現状借りやすいと表現できますので、申し込みをされてみてはいかがでしょうか?

他の商品と比較すると銀行フリーローン審査甘い理由とは?

銀行は資金の貸し付けだけではなく、預金の受け入れや手形の割引、為替の取引等を業務としており、消費者金融やクレジットカード企業等の貸金業者には分類されていない金融機関です。このために、サービス内容が貸金業法により規制される事はありません。つまり、総量規制の対象とはならないという事です。

総量規制は、2010年に完全施行された新貸金業法の重要項目です。貸金業者が取り扱っている短時間審査で利用できる無担保カードローンを対象としており、借り入れの総額は年収の3分の1以内とするという内容です。これは、借り過ぎと貸し過ぎの両方を防ぐ事を目的としています。

総量規制を超えた金額を利用しているからといって、利用者側が行政処分を受けたり刑事罰を科せられるという事はありません。ただし、貸金業者が行った場合は行政処分の対象となります。このために、貸金業者のカードローンは、年収の3分の1以上の借り入れ残高がある様な場合には、新たに利用する事は出来なくなっています。

これに対して、銀行本体が提供している個人向けの少額融資の場合は、法的に借り入れが制限される事はありません。幅広い業務を行っている金融機関という事で、元々の信頼度が高いという事も関係しています。総量規制は、返済が困難となった利用者が多重債務や債務整理等のトラブルに巻き込まれてしまうケースが増加したために施行されているからです。

銀行は、安易な貸し付けを行わない金融機関として認識されています。保証人や担保を用意しなくてはならない商品や利用計画書を作成しなければ融資を受けられないケースもあります。申し込み者の経済状況についても時間をかけて調査されます。その代わりに、低金利で大きな金額を利用できる事になります。

担保や保証人を確保できるという事は、返済不能となった場合でも保証があるという事です。調査に時間をかけられるという事は、貸し倒れのリスクを最小限度に抑制する事につながります。長期的な利用を行えるだけの返済能力を有している人にのみ提供できるので、金利を低く設定する事が可能となります。

ただし、銀行もこのような内容の商品だけを取り扱っているわけではありません。貸金業者のカードローンと同様に、無担保でスピード審査が期待できるものも提供しています。これが、銀行フリーローンと呼ばれている商品であり、20歳以上の安定した収入を得ている人を対象としています。

銀行フリーローンは、事業性資金以外であれば自由な目的で使用できるフリーローンです。年収の3分の1以内に借り入れ総額を制限するという規則とは無関係であり、1円も収入のない専業主婦も利用する事が出来ます。当然、収入を得ているアルバイトや派遣社員も対象に含まれており、幅広い属性の人が利用しています。

銀行フリーローン審査甘い理由は、担保や保証人を準備しなくてはならない商品よりも金利が高くつけられているからです。つまり、早い段階で元本を回収する事を目的としているからであり、短期的な利用に向いている商品内容となっています。1万円程度の少額からの申し込みが可能であり、少しの用事に対しても対応できる柔軟性を備えています。

また、審査時間も短めであるという事が銀行フリーローンの特徴です。申し込みから結果が判明するまでに、数カ月を要するという事はありません。急いでいる時の利用にも向いているという事が、人気を集めている事の理由として考えられます。

ただし、これらの特徴は、あくまでも銀行内部の商品と比較した場合の内容です。貸金業者のカードローンと比較すると金利は数パーセント低く設定されています。金利が低いという事は、同じ金額を利用した場合に加わる利息が少ないという事です。返済の負担を軽くできるので、おすすめの内容です。

銀行フリーローンの審査は、保証会社の保証を受けられるという事が申込み条件とされているケースが多く見られています。この保証会社には、貸金業者の名前が記載されています。これは、貸金業者にフリーローン審査を委託しているという意味であり、貸金業者のカードローンと同様に信用情報機関への照会が中心となります。

貸金業者は、個人向けの少額融資を専門サービスとして長年行ってきました。このために、ノウハウを蓄積した事による独自の知識を保有しています。これらを活用している事も銀行フリーローン審査甘い事につながっています。つまり、銀行の商品と貸金業者のサービスの両方のメリットを併せ持っているという事になります。

審査に通過するための条件は、クレジットヒストリーが基準を満たしているという事です。過去の利用実績と現在の借り入れ状況の両方がポイントとなります。信用に基づいての取引を行えるという事が利用条件となるので、ルールを守れたかどうかは非常に重視されます。

銀行フリーローンのルールは、決められている以上の金額を約定返済日までに返済するという事です。つまり、返済に遅れるという事はルール違反となります。これは、貸金業者のカードローンも同様であり、何度も遅れた場合は遅延という行為として認定される事になります。

返済の遅れよりも重大なルール違反となるのが、自己破産や任意整理等の債務整理です。これらは、通常の契約では利用する事が出来なくなった場合の手続きであり、返済額自体を減らしたりゼロにしたりするという内容です。法律により債務整理を行う事は認められていますが、デメリットも発生します。

契約を守るという事は、信用取引における絶対的な条件です。この条件を守れないという事は、信用を失ってしまいます。このために、銀行フリーローンに申し込んだ時点で、遅延や債務整理を行った事がクレジットヒストリーに記録されている場合は、審査に通過する可能性は基本的にはありません。

この様な状態の事は、ブラックリストに載っていると呼ばれており、信用取引を行う事が出来ない状況と認識されています。ただし、これらは未来永劫継続するという事ではありません。最も長く記録される自己破産であっても10年間が経過すると削除される事になります。つまり、カードローンを利用できる権利が復活するという事になります。

ブラック状態にないという事が最低条件であり、その上で返済能力を有しているという事が求められています。希望額によっては所得証明書類の提出が必要となりますが、通常は運転免許証や住民票等の身分証明書のみで審査に申し込む事が出来ます。この事から年収ではなく他の業者からの借り入れにより、返済能力が判定される事になります。

毎月指定の金額を返済するという事は、共通しているルールです。借り入れの金額が多いほど毎月の返済必要額も大きな数字となります。大きな負債を抱えているという事は、余裕が足りないと判定される事につながるので、審査に通る確率は低くなってしまいます。

貸金業者のカードローンと同じような内容である上に、有利な条件提示がされているのがこの商品の特徴です。ただし、その分審査に通過するためのハードルは高くなっています。出来るだけ早い段階での申し込みが、利用できる可能性を高くする事につながります。

銀行フリーローンは、銀行ごとに商品内容は異なっています。中には、限度額が500万円を超える様な大型の商品も用意されています。短期的な利用に特定されてはおらず、長く使用する事も十分可能な内容を備えています。しかも金利は低めという事は、申し込む側からすれば優先順位を高くする理由となります。

銀行フリーローンを利用するためには、クレジットヒストリーを磨いておく事が有効な方法となります。過去に問題を起こした場合は、記録が削除されるまで待機しなくてはなりません。その上で、少しでも借り入れ残高を少なくするという事が有利となります。特に、初めての申し込みが有効です。

【参考ページはこちら】
銀行ローン審査に通る方法を教えて!