転職後すぐに教育ローン審査に通過する方法はありますか?

子供が居るとどうしても、転職とかそういう収入に関わるアクションってなかなか起こせませんよね…しかし、私は幸い妻が自宅にて個人事業主として仕事もしているという事があって、私が支えるからと言う一言ももらえたので転職をする事にしました。

前々から今の仕事は上司を初めとした周囲の人間との折り合いが悪かったし、知人の会社からも良かったらこちらにと話をもらっていましたので、それに乗る事にしました。収入は若干少ないですが、小規模ながらも雰囲気の良い会社で非常に快適です。妻にも本当に頭が上がりません。

ちなみに先ほどもお話ししたように、私たちには子供も居まして、その子も私立の進学校に通う事になりそうなのでお金がたくさん必要です。その為の資金確保としては、銀行などが提供している教育ローンを利用しようと思います。その教育ローンというのは進学などの費用にも使える融資で低金利という事もあり、何としても使いたいのですが…。

妻は個人事業主という事であまり融資審査では有利とは言えませんので、一応正規雇用で働いている私が教育ローン審査に申し込む予定であります。だけども、正規雇用と言っても転職してからそこまで時間が経過しておらず、教育ローンに申し込むなら勤続年数も書かないといけないみたいなので、ちょっと心配です。転職後すぐでも教育ローンに通過する事はできますか?

勤続年数に指定が無いなら無理ではありませんね

夫の転職を支えてくれる妻…うーん、まさに古き良き妻って感じっすね。大抵の家庭では夫の転職って好まれないんすけど、質問者さんはそれとは逆で、本当に良い環境に恵まれたって感じっすね。中には転職が離婚の引き金になったなんて話もあるっすから、世知辛いっすよねぇ…。

で、転職が上手くいっている中で教育ローンの審査が心配との事っすね。融資はほぼ全てにおいて言える事が、勤続年数は長ければ長いほど有利になるっすよ。だって長く勤めた人っていうのは会社から信頼されたりしている証拠としては十分で、最低でも一年は欲しいと言われているっす。また、長く勤めた人ほど首にもなりにくいのは事実っすから、安定して返済を続けてもらいたい金融業者は見逃さないっす。

だけど、勤続年数の指定をしていない場合、例え勤続年数が短くても審査を受ける事はできるというわけっすね。勤続年数の指定がある融資も時折あるわけっすけど、意外と多くの融資審査では指定が無い事も多いっす。指定が無いなら融資の有利不利はさておき、申し込んでその返済能力に応じた金額を借りる事ができるわけっすから、勤続年数を鑑みて諦める事は無いわけっすよ。

だから質問者さんが申し込もうとしている教育ローンの申し込み要項を一度チェックしてみて、勤続年数について言及していないなら、申し込みは出来るっす。借入額もそこまで多くないなら期待できるっすから、良く行く銀行とかなら窓口で相談してみるのも良いっすね?。
(⇒様々なローンの審査基準についてもっと詳しく!

転職すぐで教育ローン審査に通る事が出来るのか

今の日本の経済状況は大変厳しい状況にあります。消費税の増税に円安の影響による物価の高騰、ガソリン代の値上げや電気代の値上げなど日本の一般家庭には大変重く圧し掛かります。しかも、景気が良くなったと思われたのは最初だけで、地方や中小企業までに及びませんでした。結局、景気も良くなる事なく、消費税の更なる増税は先延ばしとなった程です。

そんな日本の経済状況が悪い中で、更に一般家庭の生活を厳しくしているものの一つが子供の教育費と言われています。子供の教育費は昔に比べて、家計の締める割合がかなり高くなっています。昔の子供は塾に行ったり、お稽古事に行ったりする子供は少なかった事でしょう。

しかし、今の子供は多数のお稽古事に通い、更には塾に通っているのです。中には家庭教師を付けている方もいます。子供一人に対して大変高額な教育費がかかります。ですから、子供が数名居る家庭は更に大変な事でしょう。都会に行く程に子供の教育費は重く圧し掛かるのです。

昔の家庭の主婦は殆どが専業主婦でした。そして、今は殆どの家庭の主婦が仕事をしています。夫婦共働きでなければ、家計が厳しいからです。しかし、昔の方が家計に余裕があったそうです。専業主婦の家庭でありながら、昔の方が生活に余裕があったと言う事は、物価の高騰は勿論、子供の教育費が年々増加していると言えるでしょう。

大学に進学した場合、大学に入学金や授業料などで2,000万円以上かかると言われています。ただ、この部分は学資保険などで補える事でしょう。しかし、その他にも一人暮らしのかかるお金が莫大なものです。

そこで、他にかかる費用を捻出する為に教育ローンを借入する方も沢山います。教育ローンには、国から借りる方法と民間の企業から借りる方法があります。国と民間とでは、審査の方法が違います。国の教育ローンは、世帯収入に制限があります。

ある一定以上の収入のある方は、教育ローン審査に通りません。民間の教育ローン審査は、企業によって違いがあります。収入がある程、歓迎される事でしょう。収入が低いと審査に通らない事もあるかもしれません。

例えば、転職すぐで教育ローンの借入をしたい場合、民間の教育ローンより、国の教育ローンの方が教育ローンの審査に通るケースがあるのです。国の教育ローンは、母子家庭への優遇など公的機関特有の配慮はあります。

しかし、民間は冷静に収入など判断され、借入出来るかどうかや借入の金額などが決定されます。また、金利については、決して国の教育ローンが低い訳ではありません。中には、民間の教育ローンの方が低い場合もあるのです。ですから、返済の時は国か民間どちらが良いかは民間企業によって違いがあるでしょう。

国の教育ローンは、子供一人に対して300万円と定められています。一方、民間の教育ローンは民間企業によって違いがあります。収入によって違いがあるのでしょうが、上限が最高で500万円のところもあれば、700万円のところもあります。逆に数万円からの借入も出来る民間企業もあるでしょう。

ですから、自分の収入状況や妻の収入状況など考えて、国と民間の両方の教育ローンに申込みするのも一つの手段でしょう。審査に通っても、借入をキャンセル出来る企業が多いからです。転職後すぐでしたら、金銭的にも大変厳しいでしょう。国の審査を通っても、300万円では足りないかもしれません。その時は、民間の教育ローンから少しでも借りて、教育費の足しにしましょう。

教育ローンの他に奨学金と言う制度があります。奨学金は親が借りるのではなく、子供本人が借入し、子供が学校を卒業し、収入を得る様になってから返済をします。一方の教育ローンは、親が借入し、借入した翌月から返済が始まります。お金の受け取り方も違い、教育ローンは一括で借入しますが、奨学金は月々の借入となります。

教育ローンでも、お金が足りない時は子供が奨学金を利用して、自分で借りる事も手段の一つではないでしょうか。

両親に迷惑をかけたくない!と感じるお子さんの中には、奨学金でお金を借りて就職後に少しずつ返済をしている方も大勢います。中には、優秀な成績の為に学費免除になるお子さんもいますので、家庭での収入状況、子供の能力などを加味して、どの手段が良いか考える必要があるでしょう。

民間の企業から教育ローンを借入しようと考えている方は、どこの民間企業にするかが大変重要になります。この様な方は、教育ローンの審査に落ちる可能性がありますので、注意して下さい。まずは、収入以上の借入希望額を申し込んでいる方です。これは、返済出来ないと判断されて、審査に通りません。

次はキャッシングや住宅ローン、カードローンなどの返済が滞っている事です。借入の審査をする際に、これらの情報は大変重要視されます。また、自己破産や個人再生の申立をしている方も、ブラックリストに載ってしまい、借入の審査の際に落ちてしまうケースがあります。自己破産や返済が滞っている方は、審査を通るの事が難しいと考えて置きましょう。

教育ローンの全ての審査に落ちてしまった方におススメが教育資金貸付制度です。この制度は、所得の少ない方や障害者のいる家庭などが対象になります。審査には所得制限があり、申込みは社会福祉協議会で行う事になります。返済は無利息になりますので、所得の少ない家庭でも安心して借入が出来ます。

ただし、所得制限がかなり厳しいので、中々審査は厳しいでしょう。本当に生活に困っている方が対象となります。子供の教育費は子供が大学に進学する時は一番お金がかかります。進学する大学によっても、お金のかかる金額はかなり違ってきます。ですから、子供には大学進学の際に家庭の経済状況を知ってもらいましょう。

もし、本当に家庭が厳しい経済状況に置かれているなら、始めから一生懸命勉強してもらい、国公立大学を目指してもらったり、最悪大学進学を諦めてもらう事も必要です。どうしても大学進学を望むなら、奨学金の利用やアルバイトで生活費を捻出するなどの覚悟を決めてもらう事も必要となります。
奨学金はいずれ自分で返済してもらいましょう。

子供が一人だけなら何とか両親も頑張ってくれますが、3人や4人など大家族だと厳しいものがあります。

また、子供にかかる教育費は大学の進にかかるお金だけではありません。幼稚園からバレエやテニス、英会話などに通わす親は大変多いです。周りの子供たちが皆、英会話などに通っていると自分の子供も通わせないと不安になったりするのです。

確かに将来、プロのプロゴルファーやテニスプレイヤーなどになる可能性はゼロではありません。プロになる子供たちは、小さな頃から英才教育を受けているケースも多いです。ですから、習い事をやらせない事は、子供の可能性の芽を摘んでいる事になる可能性もあります。

しかし、これらの習い事を小さな頃からやらせて、才能を伸ばして上げるには大変なお金がかかります。そして何より、才能を持っている子供は運も持ち合わせているのです。いくら家が貧乏でも、その才能を見出してくれる方に出会える運を持っています。ですから、家の経済状況が厳しいのに習い事を無理やりやらせる事は止めましょう。

もし、子供がどうしてもこれがやりたい!と主張した時は、節約やアルバイトの掛け持ちなどし、その習い事をやらせて上げてください。万が一、お金が厳しい時にはキャッシングなど利用する事もおススメです。金利も低いですし、3万円などの少額の借入も出来ます。申込み後、審査に通ると即日借り入れが出来るのもメリットの一つです。

ですから、子供がやりたいと言っていないのに無理やり習い事をやらせる必要はありません。経済的に余裕がある家庭は、子供の可能性を広げてあげれば良いですが、家庭の経済状況が厳しい方は子供がやりたいと主張する以外は、無理をしてはいけません。そして、子供が希望するなら教育ローンなど利用して、子供の夢を手助けしてやりましょう。

【参考ページはこちら】
転職後、すぐにおまとめローン審査受けられる?