静銀教育ローンの審査ってどうなの?やっぱり厳しい?

今時の若い子は…なんて話は呆れるほど良く聞きますが、幸い私ことL(仮名)の息子はとても真面目に育ち、県内の公立進学高校に無事に合格できました。私立だと学費も大変だったので、本当に孝行息子だと思います。とはいえ高校は中学に比べて公立でもお金がかかってしまいますし、夫も最近は不況にて昇給も渋くなってきたとぼやいていましたので、私もパートの時間を増やして子供が安心して学校に通えるようにしたいと思います。家族一丸となって頑張りますね。

でも、やっぱり頑張るにしても限度があるんですよね…夫も仕事を頑張ってくれているのですが、やっぱり時々体調を崩して無理にでも仕事に行き、休みの日は寝込むなんて事もあります。私も家事に仕事にとしていると、時々辛い事もあって、急にどちらかが倒れたらどうしよう…と心配になります。それでもやっぱり子供の学費は最優先で確保して通わせてあげたいので、そのお金が足りなくなった時に備えて融資の利用も内緒で検討しています。夫に話すと気を遣いそうなので、私でも使えるような融資を…と考えているのです。

そう考えていた時、最寄りの銀行でもある静銀で教育ローンというのがあると知りました。教育ローンというのは名前の通り学費向けで、とても金利が低くて返済も楽ちんらしいのです。これなら私だけでも返せるかも…と思ったのですが、金利が低い融資はどれも審査が厳しいって聞いた事があります。やっぱり静銀教育ローンは難しいのでしょうか?

パートでも申し込めるので厳しすぎるわけでは無いですね

Lさんの家庭はみんな本当に一つになって頑張っている感じですね…家族同士の繋がりが稀有になった現代において、とても良い家庭を築かれていると思います。ただ、今回のローンの件のことも考えると、Lさんが一人で抱え込んでいるようにも思えます。家族の為に頑張るというのなら、他のご家族との協力も意識して相談してみるのはいかがでしょうか?

それはお任せするとして、静銀の教育ローンについてお話します。教育ローンというのは名前の通り、学費などに特化した融資です。普通のカードローンとかになると用途は自由ですが金利が高く、教育ローンみたいな目的別ローンの場合は用途が限定されるものの金利は安い…という具合です。ゆえに、今回教育ローンを使おうと考えたのは非常に賢いと言えるでしょう。

その教育ローンの審査難易度についてですが、銀行という事で消費者金融より簡単とも言えないものの、申し込みの為のハードルが高いというわけでもありません。こういう融資は高給取り向けに思えますが、実はパートや契約社員と言った非正規雇用であっても申し込みが可能である旨がきちんと記載されています。年収が100万以上必要であるという条件もあるものの、仕事に関わらない申し込みが出来る以上厳しすぎるわけでは無いのです。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ってあるの?

パートを増やされるという事で100万以上収入があるかもしれませんが、基本的には収入が多い人名義で申し込む方が融資審査では有利なので、旦那さんと相談されてそちらの名義で申し込まれてはいかがでしょうか?

受験生を応援する静銀教育ローン審査ってどうなの?

キャッシングやローンを使おうと考える人の目的は様々です。車のローン、教育ローン、住宅ローンなど使途が決まっているものもあれば、フリーローンのように旅行や家具の購入、引越しなどの費用にあてられるものもあります。

そのような教育ローンの1つが静岡銀行のローンです。静岡銀行は親しみを込めて静銀の愛称で知られています。静銀の教育ローンは県内の地銀や信金の教育ローンでシェアがナンバー1の人気があるローンです。一般的に教育ローンは金利が低めに設定されているものですが、静銀の金利は年に3パーセント前後とかなり低くなっているのが特徴です。

カードタイプと一括借入タイプの2つがあり、好きなほうを選択できるようになっています。カードタイプはキャッシングなどと同じでカードを発行し、その都度必要な金額を引き出すことができるものです。在学中の返済は利息のみで元金は据置となります。また繰り上げ返済することも可能です。

一括借入タイプは必要な金額を一度にまとめて借入してしまうもので、毎月一定額を返済していくことになります。医学部や歯学部へ進学した方は3000万円まで融資を受けることができるのも大きな魅力です。静銀では95パーセントの方がカードタイプを選択しています。

繰上げ返済ができるので利息の額を少しでも減らすためやいつどの程度必要になるかわからないので、その都度引き出せるカードタイプが都合がよかったという意見があります。カードタイプはATMでの手数料が0円ですし、保証料は静銀が負担してくれるので必要ありません。借入や返済は静銀かセブンイレブンのATMでできます。

カードタイプのメリットはお子様が在学中であれば、追加する時に審査や書類の提出をすることなくできることです。入学した後や家賃などで追加の資金が必要になった時でも安心して利用できます。また繰上げ返済に関しては手数料が無料なので、余裕ができた時にすぐ返済して利息を抑えられます。繰上げ返済は少額からすることができるのでこまめにしておくと良いでしょう。

そして一括借入タイプは、いくらくらい必要かということがあらかじめわかっている方や返済は毎月地道にしていきたいという方に向いています。最初にまとめて借りることができるので何度も引き出す手間がありませんし、返済も毎月自動的に一定額が口座から引き落としされていきますので支払い忘れがなく、安心です。医学部や歯学部に進学した方に限りですが、最高で3000万円まで融資を受けることができますので、お金のことを気にすることなく勉強に集中することができます。

静銀の教育ローンを利用できるのは満20歳以上で、最終返済時に満80歳以下の方です。年収面では前年度の年収が100万円以上あった方が対象となります。自営業者の方は申告所得額が100万円以上の方となります。

契約社員やパート、アルバイト、年金受給者の方も利用することが可能です。使い道は大学や短大、高校、専修学校、各種の学校もしくは予備校、学習塾などに係わる教育資金として利用できます。

例えば入学金や授業料などの学費、入学した後に必要となる家賃や定期券代、仕送り資金などの生活費です。限度額は最高で1000万円までとなっていますが、医学部や歯学部進学者は最高3000万円までです。基本的な金利は年3.70パーセントですが、金利割引券があれば年2.80パーセント、さらに教育対象者であるお子様の口座を静岡銀行に持っていれば年2.70パーセントにまでなります。

担保や保証人は必要ありません。返済はカードタイプの場合は在学中は利息の支払いのみです。最長7年以内で、卒業予定月までとなっています。元金に関しては卒業後10年以内に返済することになります。一括借入タイプは6か月以上15年以内に返済しなくてはいけません。

静銀教育ローン審査ってどうなの?と気になる方もいるでしょうけれど、審査に関してはそれほど難しいものではありません。安定した収入さえあればパートやアルバイトの方でも利用することができるくらいですから、どちらかといえば柔軟なほうであるといえるでしょう。

どちらかといえば年収や職業よりも、年収に対して無理することなく返済していけるプランであるかという点をチェックされます。しかしどうしても融資を受けられるかどうか不安だという方は5秒診断を静銀のサイトで試してみるのがオススメです。5秒診断は年齢、前年度の収入、現在他社などで借入れしていればその金額を入れて診断をするだけです。すぐに結果が出ますので、こちらで融資可能と出れば申し込みをしてみましょう。

まずはかんたん仮審査を受けることになります。流れとしてはまずインターネットで申し込みします。すると申込日の翌営業日午前10時頃から午後5時頃の間に申し込み内容について確認の電話がかかってきます。確認されればすぐに仮審査が始まります。審査の結果、融資できるということであれば申し込み確認日から1週間ほどで電話にて報告されます。もし審査に通らなかった場合は郵送で結果が送られてきます。その後、正式な契約は結果から1年以内に申込人本人が本人確認書類や届け出印などを持って、静岡銀行本支店の窓口まで行きましょう。審査結果はあくまで仮であり、最終的な審査は正式な契約の時にされることになるので覚えておくと良いです。

もし仮審査を行った後で利用するのはやめたいとなった時でも無理に契約する必要はありません。静銀の教育ローンは無料でキャンセルすることができるからです。仮審査の結果は1年間有効となっていて、その間に奨学金や別のローンを利用することが決まったなどあれば、問題なくキャンセルすることが可能なので安心です。審査は毎年1月以降が混雑しますので、早めに申し込んでおくと余裕を持っておけます。

申し込み方法はインターネットが一番早いですが、他にもファックスや郵送によって申し込みすることができます。正式な契約をする時には本人確認書類、保護者である申込者と就学者の関係を示す書類、年収が確認できる書類、入学や在学の確認できるもの、資金使途が確認できる書類です。本人確認書類は運転免許証や健康保険証、パスポートのいずれか、申込者と就学者の関係を示す書類は健康保険証、家族全員が記載されている住民票謄本のいずれか1つを用意しておきましょう。

収入証明には源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、住民税課税証明書、納税証明書のいずれか1つが有効です。入学や在学の確認資料は入学の場合は合格通知書や入学証明書、在学の場合は在学証明書があれば良いです。これら以外にも審査の結果によっては提出しなければいけないものが出てくる可能性があります。

申し込みしてから融資されるまではインターネットによる申し込みが最短となり、通常10日から2週間ほどで利用できるようになります。これはもちろん正式な契約を結んだらということです。インターネットの場合は最短で2日ほどで申し込み確認の連絡がきますが、その後最短3日から5日で仮審査結果の連絡がきます。

仮審査結果が出てすぐに正式な契約へ出向けば完了です。平日のほうが空いていますが、どうしても都合が悪い方は土曜日にも受け付けているローンセンターがありますのでそちらに行ってみるのが良いでしょう。ただ土曜日は混雑する可能性が高いので、早い時間帯に行くのがオススメです。

カードタイプで利用する方はATMから限度額内であれば1円から円単位で何度でも利用することができます。家賃の支払いにも利用はできますが、高額な賃貸を借りるなどすることはしないでおきましょう。卒業した後で元金の返済が待っていますから、必要がないものはなるべく借りないようにしておくのが良いです。そしてできればまめに返済をして利息が抑えられるように努力しましょう。

【参考ページはこちら】
ローン審査がゆるい金融会社ってどこ?