未成年でも車のローン審査に通れますか?

未成年者なんですけれど、車を買いたいと思ってます。免許は高校卒業前に取りました。しかし、高いものなので不安もあって、わからないことが多いです。ちなみに、ローンで払いたいと考えてます。そこで質問なんですが、ローンで借りるには審査があると聞きました。未成年でも車のローンの審査に通れるんですか?教えてください。

未成年だと保証人が必要になります

車のローンでは、年齢も重視されるわ。未成年の人が車を買うためには、保証人が必要なのよ。保証人の人がいなければ、ローンの審査には通れないわ。保証人には、あなたの親御さんになってもらえるように頼むことね。その理由は“親権者”しか保証人になれないからよ。ローンは契約をするもので、法律に関することだからなの。未成年だと法律に関することをその人だけではできないからなのね。

未成年者が契約する時には、親に同意してもらわなければいけないからということ。携帯電話の場合もそうよね。親が保証人になってくれれば、親が許したという証明になるの。ちなみに、20歳未満を未成年と言うけれど、20歳になっていなくても結婚していれば、成人として扱われるの。この場合は、もしも保証人を求められても、親しか保証人になれないということはないのよ。法律の上でも結婚していれば、20歳に満たなくても成年者ということになるから。

もしも、あなたが未婚で親の同意抜きに勝手に契約してしまったら、それは無効ということになるわ。あなたが親の許しがないのに契約したことを、後になって話してから駄目だと言われてしまっては、その契約は取り消すことになるのよ。もしお金の受け渡しをしていたら、そのお金は全て返さなければいけないわね。する事と言ったら、親御さんに保証人をお願いして申し込むか、20歳になるまで待ってから契約するのがいいわ。

ただし、20歳になったとしても、22歳までは学生だったり新入社員と見なされて、審査でも未成年者と同じくらいの扱いになる場合もあるわ。それでも、年齢が22歳よりも下だとしてもその時既に4年以上の勤続だったり、一定額のお給料をもらっているなら、審査に通過できるということもないわけではないのよ。もしも、仮に親御さんが保証人になってくれなかったら、どうなのかという疑問があるわね。
(⇒車のローン審査をどうしても通したい時

ローン会社にしてみれば、自己破産しているのではないかとか、ブラックリストに載っているのか?という疑いも持ちかねないわ。もしかしたら、未成年である申し込んだ本人が親に内緒にしているのだろうかとも思われてしまうわ。そういうことのないように、勝手に申し込まないで、親御さんのお許しを得た上で申し込んでね。

未成年は車のローン審査を受けることが出来るか

未成年者が車を購入する場合、基本的には親の同意が必要になってきます。特に車の購入でローンを組む場合には親が保証人となるか親の名義で購入するケースがあります。こうなると金融機関では子供よりも、親の信用状況を審査することになります。また購入の資金的な問題も含めて各種書類などの準備も必要になってきます。

たとえば未成年者が高校卒業で働いていたとしても、社会的な信用はまだ不十分なもので、働いてからすぐに車を購入することは難しい状況にあります。しかし車のローンを受け付けているところはありますので、決して不可能なことではありません。けれども大きな金額の借入は難しく、ローンを組むのでしたらあらかじめ頭金を多めに用意しておくことで、借入れの限度額が低めに設定されていた場合でも対応が出来るようになります。

ローンを組む場合でも、条件付きでローンを組むのなら可能です。オートローンを組むという行為は法律行為にあたり、民法第5号では法定代理人の同意を得なくてはならないと定められています。つまりここで言う法定代理人というのは親権者のことであり、申込者の親にあたることになります。

親の同意なしに未成年者が単独でローンを組むことは出来ないということになります。たとえ既に働いていて安定した収入があったとしてもです。また保証人も必要となり、基本的に保証人はローンを組むことを同意した証明として親権者がそれに立てられることになります。

連帯保証人の場合は成人している親族であれば、父親・母親の両親に限らず、兄や姉、祖父母、叔父・叔母などでも適用出来ます。自動車ローンをはじめとしたさまざまなローンを利用する際に、連帯保証人は必要になってきますので、親族の中に保証人になってくれる人を探して、状況を説明しておき理解してもらう必要もあります。

親権者の同意が必要なローンサービスは自動車ローン以外でも、他のさまざまなローンの利用に対しても当てはまります。学生アルバイトで働いて収入があったとしても、社会人として就業している場合でも、勤続年数は1~2年未満となれば、車のローン審査に通ることは難しくなります。ローンの審査においてはサービスの利用者として信頼を得ることは難しいのです。

返済に関して信用性が曖昧な年代であるとみなされており、収入状況だけでは判断されにくいのが審査の実情であり、やはり成人している親族の許可があることではじめて社会的な信頼を得ることが出来ます。しかし親族が許可をしてもその親族の就業状態や収入状況に問題がある場合は自動車ローンを組めない可能性もあります。ローンを組むのでしたらサービスを利用する前にあらかじめ状況を確認しておく必要があります。

銀行が提供しているローンサービスは審査が厳しくなっている傾向があり、審査基準が満たされなければ審査に通ることが出来ません。一般的に銀行のローンサービスは満20歳以上でなければ利用出来ません。収入の状況から判断しても勤続年数が短いことから、ローンサービスを利用するにあたっては返済能力がないと判断され、銀行でローンを組むことは難しいとされています。

消費者金融の中には学生ローンを提供しているところがたくさんありますが、そのサービスは利用出来る年齢の規定が満20歳以上であり、やはり未成年者がこのサービスを利用することは出来ません。しかし連帯保証人をつけることによって20歳未満の年齢でもローンの申し込みは可能となります。

連帯保証人をつけている場合でも、自動車ローンの支払は決して安い金額ではありません。返済に関しては長期にわたって支払を行うことになるでしょう。ですから連帯保証人がついていても申込者本人の就業状態や収入は大きく関係することになります。ローンの利用後にしっかり支払いを続けていくことが出来る経済状況であるかは、じっくり検討してからローンを申し込むようにしましょう。

連帯保証人はローンを契約した本人が返済を支払うことが出来なくなってしまった場合に、その人に変わってローンを支払うために必要になります。つまり契約者の借金の肩代わりを受ける人のことを言います。

支払いが一度滞ったらローン会社から問い合わせがいくようになります。こうなった場合でもローン会社が指定した日時までに支払いを完了したら問題はありません。しかし何度も支払いが遅れてしまい遅滞してしまった場合には保証人が代わりにローンを支払う必要性が出てきます。

しかし購入した自動車を売却する場合の価格がローンの残額と相殺できる場合は、その自動車を売却することでローンの返済が出来ることになるので、連帯保証人が借金の肩代わりをすることはなくなります。自動車の売却価格がローンの残額を下回る場合は、その差額を連帯保証人が支払うことになります。自動車を手放す際にも親権者の同意は必要になります。車を手放す際に成人していれば問題はありませんが、成人していない時に車を譲渡するのでしたら親権者の同意書を用意する必要があります。

自動車の運転免許証は18歳以上になれば取得することが出来ます。そのため自動車も持つ頃が出来ますが、車の名義変更を行う場合新所有者が20歳未満の場合は、通常の名義変更よりも必要となる書類があります。20歳未満が法律行為を行う場合その親の同意書が必要となります。自動車の購入は満20歳未満の者が勝手に行えないことになります。

ケースによっては両親がいないという場合がありますが、祖父母や兄弟がいれば親権者となりえます。それでもいない場合には後見人が必ずいることになり。後見人の同意を得て自動車の名義変更が行えるようになります。同意書の他には印鑑証明書や本人の戸籍謄本も必要になってきます。

連帯保証人をつける場合、両親が亡くなっているケースなら親戚や勤務先の雇用主でも適用出来ます。しかし両親が健在しているにもかかわらず親戚や雇用主を保証人に立てて申し込みを行った場合の車のローン審査はほとんど通らないことになります。

それはローン会社から見た場合に両親がその子供の保証人にならないのは何故かと考え、親が金融事故などの事情があって保証人になれないのか、申込者が両親に内緒で自動車の購入を使用としているのかと判断してしまうためです。

この場合、昨今でローンに関するトラブルも増えているため、ローン会社が不信感を持った場合、貸し出しはしないという選択をとられてしまいます。やはり連帯保証人を立てる場合、両親が健在しているのでしたら両親に保証人となってもらうのが一番正しい選択であると言えるでしょう。

原付・小型二輪・軽二輪などのバイクの購入や軽自動車の購入の場合は、購入者が満20歳未満でも特に制限がなく、住民票と印鑑の書類の提出があれば所有者として登録が出来ます。普通自動車の購入の場合は満20歳未満は原則として所有者の登録が出来ないことになります。

しかし未成年者であっても結婚をしている場合は成人として扱われることになります、これを成人擬制と言ってローンの申し込みをする場合に適用されます。この場合親権者の同意などの必要はなくなります。結婚しており社会人としてみなされていても、収入状況によっては必ずしも車のローン審査に通るとも限らないので、ローンの利用の際には自分の経済状況を確認して申し込むのが良いでしょう。

満20歳未満の者が普通自動車の購入をする際に、所有者を両親やローン会社にして使用者を実際の購入者として登録すると、問題なく手続きが行えます。

この場合も親権者の同意などは必要なくなりますが、所有者として登録するのですから両親はその状況を把握しておくようにしておけば、手続きは問題なく行えるでしょう。またローン会社を所有者にする場合は自動車税などの課税が所有者課税になりますので、支払に関して問題が起こらないように注意が必要です。

【参考ページはこちら】
自動車ローン審査基準のポイント