信販会社と銀行のローン審査だとどっちが厳しいのですか?

信販会社と銀行のローン審査だと、どちらが難しいのでしょうかー?

私は最初融資を受ける時、銀行しかお金を貸してくれる施設はないと思っていました。けれども、クレジットカードを普段作っているような信販会社?ってところもカードローンでの融資をしているらしくて、初めて作ってお金を借りようとしている私はどちらを選ぶべきなのか分かっていません。

とりあえず、初めての申し込みという事で審査にどうすれば通るかが分かっていませんので、審査が簡単な方がありがたいかなーって思っています。

だから、銀行と信販会社のどちらが審査が難しいのか、それがお聞きしたいのです。どちらの審査基準についても知らないので、私では比較のしようが無くって…そろそろ本格的に申し込んで融資を受けられるようにしておかないと、金銭的に困ってしまうのです。誰か、この二社ではどちらが難しいのか教えてくれませんか?どうかよろしくお願いしますー。

この二つだと銀行の方が難しい事が多いですね

そーだね?、初めてなら確かに融資審査も簡単な方が借りやすくって助かるよねー?けれども、融資審査の基準というか難易度っていうのは、企業秘密になっているから聞いても教えてくれないんだよね、これが。だから電話の担当の人に聞いて粘ってみても答えられませんの一点張りで大抵終わっちゃうから、正面から聞いて教えてもらうっていうのは諦めちゃった方が早いかもね?

でも、融資を利用している人はすっごく多いし、そしてその分詳しい人っていうのも多いから、信販会社と銀行のローン審査の難易度の差についての解析って結構進んでるじゃん?だから、それを元に答えていくから、本格的にどちらにするかの参考にしてみてね。
(⇒銀行のローン審査が気になる方におすすめ記事

最初に答えにいっとくなら、信販会社と銀行なら銀行の方が大体において難しい…って言われているね。何でかっていうと、まず銀行の融資は低金利で借りられるから…っていうのがあると思うよ。低金利で借りられるとこちらとしては助かるのだけど、その分確実に返済してもらえないと後で困るわけだから、審査を厳しくして返済能力が高い人にだけ限定しているってわけ。だから銀行の審査が厳しいっていうよりも、低金利な融資の審査が厳しいって覚えた方が早いかも?

それに比べると信販会社っていうのは確かに銀行よりは簡単だけど、その分金利が高いって事になるし、総量規制っていうルールもあるからね。総量規制っていうのは、借りすぎで破産しない為の制限で、年収の三分の一までしか最大でも融資はできない…ってされる決まりなわけ。例えば年収が300万なら100万までしか最大でも借りられないから、これを超えて借りたいならそもそも銀行しか無い…って事になるじゃん?

けれども、銀行の審査は厳しいから年収からみてたくさんは借りられない…なかなか融資の審査基準というのも複雑だから、単純に基準の差で言えば銀行の方が難しい、くらいに考えておくと良いかもねー。

融資先として信販と銀行のローン審査どっちが厳しい?

ローンを利用するには審査を受けて通ることが条件となりますが、金融機関はたくさんありますので審査基準の緩いところを利用したいと思うのが普通です。特に収入面や勤務先と言った審査に係る属性に不安があれば、審査の緩いところでなければ通らない場合があります。金融機関にも種類がありますが、法律も関係してくるため審査に関する知識を持つことが大切です。

ローンの審査に関しては明確な基準が公表されていませんので、明確な基準を把握するのが難しいと言う特徴があります。金融機関ごとに基準が異なりますし、銀行であれば口座を保有していることや貯蓄金額が影響する場合もあるため、審査基準を確実に知ることは難しいと言えます。しかし一般的に言われている審査基準に該当していれば通りやすいと言えますので、まずは融資審査に必要な金融属性について知ることが大切です。

融資審査で重視されるのは金融属性と過去の利用履歴となりますが、属性に関してはコンピューターで評価点が付けられ自動で数値化されています。これにより審査時間を短縮できますので、消費者金融などでは数秒で融資が可能か診断できるのです。属性にはたくさんの内容がありますが、年収や勤務先、勤続年数や居住形態、居住先や家族構成などがあります。電話の固定回線の有無や両親との同居も判断基準になっている場合があります。

融資審査で確認される利用履歴は、信用情報機関に登録されている内容となりますので、これまでに延滞や自己破産などの経験がない場合には特に問題にはならないと言えます。逆に信用情報に事故歴が登録されている場合には、100%に近い確率で審査に通ることはありませんので、その場合には諦めも必要です。延滞や自己破産は他人がするものでは無いため、自分の行動が招いた結果となります。

金融属性と信用情報に問題がなければ基本的には融資審査に通りますが、審査基準に関しては金融機関によって内容が異なりますし厳しさも異なります。金融業者を選ぶ際にはどこが良いのか分かりにくいですが、信販と銀行のローン審査どっちが厳しい?という疑問も出てきます。この疑問を解消するにはそれぞれの金融機関の特徴を知る必要がありますが、一般的には高額融資を低金利で利用できる金融機関ほど審査が厳しく、少額融資を高金利で提供するところほど審査が緩いとなります。

銀行ローンは正社員として企業に勤務し安定した収入がある人向けのローンとなりますので、個人信用情報はもちろんですが属性に関しても厳しく審査されます。正社員以外の雇用形態では審査に通らないことが多く、正社員でも年収が低い場合は同様に審査に通らないケースが多くなります。年収に関する基準も公表はされていませんが、300万円以上を基準としている銀行が多い状況があります。

銀行ローンは審査が厳しく利用できない人も出てきますが、逆に属性が整っていれば高額融資を低金利で利用できるメリットがあります。ローンの種類によって審査基準が変わりますが、住宅ローンなど高額融資を利用するには、低金利が魅力の銀行が最適だと言えます。保証会社の保証が受けられることや生命保険に加入できるなど一定の条件が必要なローンもありますが、高額融資になればなるほど銀行の低金利ローンのメリットが高くなるのです。

銀行ローンは種類が豊富なことで目的に応じて選べるようになっていますが、ローンによって審査基準が違いますし指定される条件ももちろん異なります。口座の保有を条件に融資を行う場合もありますし、給与振込みに使っていれば金利の優遇があるなど、信販会社や消費者金融では絶対にできない銀行口座によるメリットがあるのです。ローンの種類多さや低金利で高額融資ができるなどメリットの多い銀行融資ですが、審査基準に関してはたくさんのある金融機関の形態の中でも最も厳しくなっています。

信販会社では銀行のようにたくさんのローンを利用できるわけではなく、個人で利用するにはクレジットカードによるショッピングやキャッシングがメインとなります。比較的審査に通りやすく、基本的な属性を備えていれば簡単に融資が受けられるメリットがあります。スピーディーな審査も可能ですから、急な出費に対しても柔軟に対応できるメリットがあります。

審査が緩い点が信販会社のメリットとなりますが、簡単に借りられる金融機関ほど金利が高くなりますので、信販会社では銀行ローンよりも金利が高くなる特徴があります。銀行の審査に通らない人でも信販会社の審査には通ることもありますので、諦めずに申込むことが大切です。信販会社の中には知名度の高い業者もありますが、ほとんど知られていない地域限定の業者もあります。銀行ほど信頼性が高くないため、信販会社の利用では知名度の高さなど信頼性を重視することが基本となります。

信販会社といえばクレジットカードというイメージがありますが、厳密に言えばクレジットカード会社と信販会社は同じではありませんので、審査基準に関しても異なる場合があります。信販会社は信用を基に取引を行う業者ですから、代金の建て替えが基本的な業務内容となっています。クレジットカード会社よりも信販会社のほうが審査が厳しいのが一般的ですから、混同しないように注意が必要です。

信販と銀行のローン審査どっちが厳しい?という点については、銀行のほうが確実に厳しく信販会社のほうが緩いと言えますが、信販会社の審査が緩いとはいっても消費者金融のような緩さではありませんので、審査に通らないこともある点は理解が必要です。信販会社の審査に通らない場合には、消費者金融以外に利用できる金融業者は無いと言えます。

銀行と信販会社では銀行のほうが審査が厳しくなりますが、借入先としてみた場合には審査以外にも異なる点があります。銀行は銀行法により運営されていますが、信販会社は貸金業法により運営されています。関わる法律が異なりますので営業内容にも様々な影響を与えていますが、貸金業法には銀行法にはない法律があるため、ローンを利用する際には様々な制限が出てきます。銀行よりも審査基準が緩い信販会社ですが、法律の内容を理解しておくことも必要です。

信販会社が関わる貸金業法は、信販会社だけではなく消費者金融やクレジット会社も該当します。貸金業法の大きな特徴の中に総量規制がありますが、信販会社でももちろん総量規制の定めを守る必要があるのです。ですから審査が緩く利用しやすい信販会社でも、総量規制があるために必ずしもローンが利用できるわけではないのです。審査基準は満たしていても総量規制によって融資が受けられないこともあるのです。

総量規制とは年収によって借入額を制限する仕組みを言いますが、年収の3分の1までを上限に融資が行われています。年収の3分の1以上は絶対に利用できませんので、審査の申し込み時点で総量規制の上限まで借入があれば審査に通らないと言えます。審査が緩いからといって必ず借りられるわけではないということも知っておく必要があります。

総量規制は新規に申し込みを行った信販会社だけに適用されるものではなく、個人が利用できる融資額の合計について定めたものですから、他社からの借入額の合計によって判断されてしまいます。年収は人によって異なりますので、他人のケースがそのまま自分にもあてはまるわけではないのです。年収が審査基準の重要なポイントになるため、収入のない無職の人は利用できないのが原則となります。

信販と銀行のローン審査どっちが厳しい?という内容に関しては銀行のほうが厳しいのが現実ですが、信販会社の審査が緩いとはいっても総量規制によって制限されるため審査の緩さが活かされない場合もあります。属性や個人信用情報が整っていれば色々なローンを低金利で利用できる銀行のほうがメリットが多いのです。

【参考ページはこちら】
ローン審査がゆるい金融会社をお探しの方におすすめ