銀行ローンの審査基準について教えて

このところ、子どもの学費などお金が何かと要り用になったということがあり、銀行のカードローンを利用して、お金を借りたいと考えているのですが、事前に審査の基準について知っておきたいと思います。どの様な基準があるのか、教えていただけないでしょうか。

安定収入があることが必須です

銀行のカードローンでお金を借りたいということだけれど、審査で重きを置かれるのは、安定収入があることね。段々と審査は厳しくなってきているわ。まぁ、銀行側だってちゃんとした収入のない人には貸すわけにはいかないものね。フリーターや定職のない人は審査に通ることができないということもあるわ。それでも、他社借り入れ額とかの基準が会社によって様々あるから、申し込んでみるまでは、あなたが審査に通れるかはわからないということはあるわね。

あなたに安定収入があるならとても有利と言えるわね。あと、年収の1/3までの借入をしていなければ(消費者金融系の場合)審査に通れる率は高いわよ。その他の基準として基本となるのは、あなたの年齢と他社からの借り入れの額ね。名前も通っていて、安心感のあるところに申し込みをすればいいわね。銀行でもしだめならば、消費者金融系にもアタックしてみればいいわ。最近ではネットで簡単に申し込めるわね。(こちらもご参考に→様々なローンにおける審査基準のポイント

申し込みのフォームには、間違いのないように入力しなければいけないわ。嘘を吐くつもりがなくても間違っては審査で否決になってしまうし、嘘は絶対にだめね。今の借金の額は特に間違いやすいから注意が必要よ。ちゃんと借金に関しては把握しておくことが重要ね。住所や電話番号などの、自分のその他の情報も間違いがないように、送信する前にきっちり確かめてね。まずは仮審査に通過しなければいけないけれど、仮審査はコンピューターで行われるの。

大きな銀行などでは、信用情報機関にあなたの今までの借入状況などの照会をあっと言う間にするのよ。それに通過できたら、その次の段階として本審査があるわ。これは人によって直接審査されるの。この段階で、在籍確認といってあなたが職場に本当に在籍しているのかということを電話で確認する作業もあるのよ。ちなみに、仮審査で落とされる理由としては、4件以上の借金があることや、今までに借金の申し込みを断られたことがあること、そして延滞などの事故情報があることというのがあるわ。

まずは、大手の銀行に間違いのないように申し込みをしてみてね。

【参考ページはこちら】
どうしてローン審査は会社への電話が必要なの?

知っておくと安心な銀行ローン審査基準について

銀行ローンを組む時には必ず審査が行われます。銀行は融資を決める時に申し込みを行った企業または個人に対して審査を行い、貸付をするか判断します。では申し込みをした企業や個人のどういうところを見るかというと、ローンの申し込みの際に提出する必要書類に対して、申請の内容に不備がないかをまずチェックします、それから嘘の内容がないかということを確認します。企業が申し込みを行った場合には銀行に決算書を提出しますが、その内容をじっくり確認します。

銀行ローン審査基準には、個人の場合にまずは信用情報を確認します。これはクレジットカードを作成したり、カードを使って借入れを行うと個人信用情報として登録されます。これだけなら審査に関しては問題はないことですが、借入れを行った際に返済の遅延が何度かあって金融事故となってしまった場合には、その記録が5年間ほど残ってしまいます。

このような記録が残ってしまうことで、ローンを組むことが難しくなってしまいます。通常の借入に関しては問題なく計画的に偏差を行なえていればローンの審査には通過できます。ただ申し込みをする際に他社で利用しているローンの残高や、リボ払いの支払やキャッシングにおいての残高がある場合は正直に申告しなければ、審査には通らなくなってしまいます。

また個人における銀行ローン審査基準には勤続年数と勤務先の情報も対象となっています。金融機関では融資の審査で勤続年数は最低でも3年間はある人を目安にしています。しかし転職の場合に関しては同じ業種に転職を行なえばキャリアアップとみなされて、審査には問題なく通過することがあります。

勤務先の情報に関してですが、大企業の場合は安定した収入が見込めると評価されるので有利になります。職業が自営業の場合でしたら勤続年数は3年異常継続していることが条件とされています。過去3年間の所得が審査の対象となり安定した収入と判断されます。企業に勤めていても契約社員や派遣社員の場合だと、仕事の継続性の面で正社員と比べたら不利になることがあります。

また年収そのものに関しても審査の基準とされ、目安としては最低でも200万円~300万円の年収があることを条件に審査が行われることがあります。自営業者の場合でしたら所得の金額が審査の対象となります。ここで借り入れの出来る金額も設定され年間の返済額に年収を割って計算される年収負担率によって限度額の設定が行われます。

また済んでいる家に関しても持ち家か賃貸かを銀行は審査基準として見ているようです。家が持家でしたら支払いが出来なくなってしまった時の差し押さえが出来るものとして判断されます。家は賃貸よりも持家の方が銀行の審査には有利となります。この持家自体が他社から受けているローンの支払途中である状況の場合は、審査の状況も変わることがあります。家に関しては居住年数も審査の判断基準とされています。

申し込みをした人の健康状態に関しても銀行では審査を行います。これは金融機関において団体信用生命保険に加入することを条件とし、健康であり生命保険に加入することが求められています。この団体信用生命保険というのは申し込みをした人が返済を行っていくうちに、死亡したり重い病気にかかったりした場合には、返済が出来なくなってしまうことから返済の額が免除される保険であり、申し込みをした時点で健康状態であることが審査に通る条件ともなります。

銀行ローン審査基準は申し込みをする側からしたら不明確なもので分かりにくいものとされますが、実際に銀行が行っている審査基準はこのように明確な基準を持って行われています。しかし銀行では審査基準に関しては非公開とされています。銀行自体が審査に関する基準を一般公開することはありませんが、実際に銀行からローンの申し込みを行って審査に通過した人や、審査に通らなかった人の共通点を調べていけば、どのような基準を持って審査が行われているかが分かり、ローン審査の対策も考えることが出来るでしょう。

銀行でローンを受ける場合には、申し込んだその人自身の過去の情報が大切になってきます。今の自分自身がどういった経済状況で今後はどのようになっていくかの情報も大切ですが、銀行が見ているのは過去に実際に起きたことを中心として審査をすすめていき、融資を受けることが可能であるかを判断していきます。

つまり過去の債務の情報が審査基準にもなっているので、過去にどのように借入などを行ったかも調べますが、実際には債務の数を重要としているわけではなく、返済が約束された期日までに正しく返済出来ているかを調べることが中心であると言えます。最低でも3か月間は返済遅れや遅滞がない状況にしておくことが、銀行のローンの審査では重要になります。

銀行ローンには審査が行われる際に銀行内で行う事前審査と、最終的に信用保証会社まで通過する本審査があります。事前審査の段階で申込者の住所や勤務先、勤続年数、債務状況などが調べられます。審査は銀行ごとに独自に審査基準を持っています。銀行内での事前審査を通過したら信用保証会社内で本審査が行われます。本審査は事前審査よりも審査が厳しくなってきてきますが、事前審査と同じ条件で審査が行われれば大体は通過できます。

銀行ローンの審査で通過出来なかった場合には、銀行からその理由を告げられることはありません。また審査に通らなかった理由を問い合わせても解答してもらえません。銀行側では審査を断る理由を言うことが出来ないという規制があり、定かな理由は分からないので、自分なりに分析して審査が行われる際に不利な点がないかをチェックしてみます。

そのひとつとして債務がある場合、ローンなどの借入の申し込みを行う前に完済しておくことが望ましいです。カードローンに関しては残高がゼロになるくらいまでの状況でしたら審査はほぼ大丈夫だと言えるでしょう。カードローンに限らずクレジットカードのショッピング利用やキャッシングに関しても同じことが言えます。債務があったとしても正常に返済が行われ完済に近づいているのなら審査の時には有利になります。

銀行のローンは他の金融会社に比べて審査が厳しいと言われています。しかし銀行のローンが利用出来ると低金利で高額融資が可能になります。また借り入れる先は銀行と言うことで安心してローンの申し込みが出来るようになります。銀行ローン審査基準は厳しいものと言われていますが、パートタイマーやアルバイトであっても安定した収入があれば審査に通ります。

銀行から受けるローンの融資の額が少額であれば審査もさほど厳しいものにならないでしょう。審査が厳しくなるのは低い金利で沢山のお金を貸すのでしたら、よほど信用できる人でなければ貸付も難しいと判断されてしまうのです。つまり審査においては社会的に信用できる人が有利となり、勤続年数や収入が少ない人にとっては不利となってしまいます。

厳しい審査ながらも通過できるようになるには、社会的な信用を上げることで審査にも通りやすくなると言えます。会社に勤め月々に安定した収入を得られるようになれば社会的な信用は上がって行きます。ローンなどの借入の申し込みにおいても審査に通りやすくなるわけです。

銀行が提供するローンで行う審査に関して、日数は短いもので数日、長い場合は一週間から一か月ほどかかる場合もあります。何故これだけ審査に時間がかかるのかというと、銀行は融資を行う場合法律的に優遇されています。

これは金融会社においては法律的に規制されているものがありますが、銀行にはそれがなく自由に貸付が行えます。その分銀行では自主的に制限を行い、他の金融会社と比べて審査が厳しいものとなります。このことから一般的な金融会社に比べますと銀行では審査に多少のに数が必要となります。