ローン審査時の会社への電話って何で必要なの?

ローンの審査では必ず会社への電話があると聞きました。それで気になる事というか、この電話自体に対して疑問に思っています。

私も社会人という事で一応会社に通っています。ですが私の会社は人数がとても多く、電話番の人も全ての人を確認しているわけではないという事もあって、個人宛の電話には出られない可能性が高いと思います。そりゃ役員とかお偉いさんなら電話にも出られるとは思いますが、私は下っ端…平社員なので名前も知られていない存在じゃないかと思います。まあそれは良いんです。

私はこれからカードローンを作るという事で、審査を受けることになりますよね?で、そんな電話に出られない私からすると、このローン審査時の電話っていうのは何であるのか自体が気になっています。電話に出られない事の文句を言いたいというよりも、そもそも何で必要なのか理解できれば回避できる言い訳も見つかるのでは無いかと…回りくどい事を言ってしまってすみません。誰かこの点について詳しくお聞かせ下さい。

収入と仕事の有無の確認のために必須なのです

何でわざわざ会社に電話するんだ…このカードローン審査での一工程について、そのような不満を持つ人は多いです。会社に電話してこられたら社内に融資利用が知れ渡るのでは無いか、さらに忙しい仕事なら電話に出るような時間も勿体ない…このように考えてしまう事もあります。しかし、この電話というのは詳しい内容についてしれば、金融業者側にとっては必須であるという事が明白となるでしょう。

まず、私たちが融資を受けても返済できると証明出来る部分について考えてみましょう。そうなると必然的に先立つもの…つまりはお金とその入手方法というのが挙がるでしょう。この入手方法というのは往々にして仕事をして収入を得る事になりますよね?で、金融業者も申し込んだ人に収入と仕事を確認できない限りは貸し付けができないという事になります。

つまり、在籍確認というのはこの返済出来る能力を確かめる為に欠かせないという事になっています。会社に電話する事できちんと仕事をしている事を把握し、仕事をしている以上は収入も発生している…という風に繋がりますよね?書類だけだと自己申告であるが故に簡単に信じる事も難しくなっており、人によっては詐称する事もあります。正確な仕事と収入の把握に欠かせないというわけですね。

これで必要性についてはご理解いただけたと思いますが「そうは言っても電話がかかるの自体が嫌だ…」という人も安心して下さい。金融業者である事をいきなり本人以外に伝える事はありませんし、消費者金融などはこの在籍確認の電話を無くす事も相談に乗ってくれます。絶対に無くなるというわけではありませんが、本当に電話が無理ならこういう対応をしてくれる所を探して使うと良いでしょう。

ローン審査時の会社電話とはどのような流れで行われるものなのか

日々の生活は何かとお金がかかるものです。もちろん、自宅の家賃や食費、生活費、税金や公共料金などは当たり前のように支出を余儀なくされますが、他にもローンを組んで自動車や住宅を購入した場合には月々の支払いが数万円単位で大きく伸し掛かってくることとなります。さらに自分のためや家族のために健康保険や生命保険、学資保険などに加入した場合には月々数千円から数万円の保険料の支払いが必要です。

こういった最低限の支出だけでも家計は火の車になりかねないのに、会社の同僚や取引先との飲み会や家族と一緒に行うリクリエーションに伴う出費や、怪我や病気に伴う治療費、季節ごとの服や靴の購入費、そのほか子供の教育費や旅行費、趣味への投資など、様々な局面で思いがけない出費が伴ってくるもの。これら全てにきちんと支払いを行って日常生活を切り抜けていくためにも、常にお金が不足した時の対策方法を用意しておくことも欠かせないでしょう。

もしもこれらの出費の上で財布や銀行の預金残高が不足する事態に見舞われた時には、消費者金融などを見定めて自分にピッタリの借り入れサービスに申請してみると大きな利便性が得られるはずです。その中でもカードローンやキャッシングといった方法は手続きも簡単で融資もスピーディー。今日や明日にでもお金を捻出したいといったケースにピッタリの借り入れ方法と言えます。

そしてこれらはどちらも自己責任のもとで契約手続きできるので、保証人として肉親や兄弟、友人に頭を下げる必要もありません。その意味でも周囲の人々に心配をかけたりリスクを背負わせることなく融資を受けられるので精神的にもとても軽度の負担で臨むことが可能なのです。

そもそもカードローンとは一枚の専用カードを発行して携帯しておくことで、お金の必要時にはすぐに近くのATMへと駆けつけて現金出し入れ口から用意に融資金を引き出すことができます。最近では全国チェーンのコンビニとの提携も進んでおり、店内ATMを使えば24時間いつでも自由自在に融資が得られて便利です。

もう一方のキャッシングとは、お金が必要になるとその都度申し込みの手続きを行い、これが通過すると銀行の預金口座に一括振り込みが行われるというもの。いずれも利用者それぞれがどのようなタイプの融資を必要とするかによって便利さが大きく異なってくるはず。どちらが自分の必要性に合致しているかを熟慮した上で申し込むことが大切です。

ローン申し込み時には主にインターネット、電話、店舗窓口、郵送、自動契約機などを用いたやり方があります。いずれも申請フォームの必要事項にひとつひとつ個人情報を記載していくことになりますが、主に氏名、生年月日、職業、勤務先、勤続年数、年収などが必須となり、その他の任意事項として家族の名前や職業、自動車の有無、持ち家か賃貸かなどを書き込む欄もあります。

こうした申し込みを行った上で、いよいよ金融会社の担当者による入念な審査がスタートします。審査の段階を3つに分けるならば、まず第一段階では申し込みの内容を精査するところから着手されます。とくに職業や年収などはきちんとチェックされ、希望する融資額に見合うだけの経済力を有しているかどうかを判断されることとなります。金融会社が独自に定めた審査基準によってもしもこれらが合致していないと判断されれば、その時点で審査落ちということになります。

次の段階としては信用機関への情報照会が挙げられます。これは申請者の氏名、生年月日などを用いて信用機関に照合すると、その人の過去の借金事情や返済履歴などがすぐに明らかになるというものです。もしも過去に返済不能に陥って自己破産したり、借り入れが滞ったりした履歴があれば、その人はブラック扱いとなりすぐに審査落ち扱いされます。

また、ここでは現時点での他者からの借り入れ額も簡単に分かりますので、貸金業法で定められた総量規制の原則に従って、消費者金融の融資総額が申請者の年収の3分の1に収まるように努めることも欠かせません。もしもこの原則を破って融資を行ったら金融会社が罰則を受けることとなりますので、そうならないためにもしっかりチェックが行われます。

これに加えて、信用機関では申し込みブラックという項目のチェックもできます。短期間のうちに複数の金融会社に借り入れ申請を行ってこれに審査落ちしていると、これらの情報が信用機関に登録されてしまいます。数多く申し込みを行ってそれに落ちている状態は、それだけ切羽詰まっているあらわれでもありますので、この申し込みブラックもまた審査落ちの理由となり得るのです。
(⇒ローン審査落ちに関するおすすめ記事

さて、信用機関への照会で何も問題がなければ、審査は最終段階となる在籍確認へと進みます。これはつまるところ、ローン審査時の会社電話を意味します。申請者がいちばん最初に記載した会社の連絡先に関して金融会社の担当者が実際に電話してみて、この番号が本当に正しいのか、さらにはこの勤務先に申請者の勤務実態があるのかどうかを確認するわけです。ここで確認が取れさえすれば審査はほぼ通過したも同然ですので、ゴールまであともう少しと言えるでしょう。

このローン審査時の会社電話は、その多くが平日の営業時間内に行われます。審査担当者は申請時に記載された勤務先の番号に電話をかけますので、会社の代表番号の場合もあれば、その人が所属する部署番号の場合もあるでしょう。いずれにしても申請者本人が電話に出るケースもあれば、社内の他の人が電話に出るケースもあります。その際には申請者の名前を出して通話を取り次いでくれるように依頼します。この取り次ぎの流れがスムーズにいけばその時点で在籍確認の八割はクリアできたと見てよいでしょう。

一方、電話に出た相手が申請者の名前を知らなかったり、電話を取り次いでもらえなかったり、あるいは申請者の勤務実態が確認できなかったりすると電話確認不能としてこの審査は持ち越しとなります。このまま審査落ちとなる場合もありますし、申請者に対してこの件に関する報告がなされて何か他の方法で会社への勤務実態を証明することを求められる場合もあります。こうなると申請者は何らかの書面などでその企業への在籍を証明しなければなりません。

このローン審査時の会社電話に関しては、申請者の中に極端に不安視する人も少なくありません。その多くが、これらの電話によって会社の人に借金についてバレてしまうことを危惧するものですが、しかしながらこうしたプライベートな内容がバレることはほぼゼロに等しいと言えるでしょう。

というのも、審査担当者は会社への電話で金融会社名やカードローン名、キャッシング名を明かすことは一切なく、あくまで個人名にてかけるからです。自分の名前や仮名を用いて電話をかけて通話の取り次ぎを頼みますので、秘密が明かされる心配はありません。

ただし、こうしてバレないというのも100パーセントとは言い切れません。会社の中には電話の感触から金融会社からの電話だと勘づいてしまう人もいるかもしれません。またはもうひとつ困ってしまうケースとして、勤務中に電話がかかってくることが不自然な場合が挙げられます。

通常、電話がいっさいかからない部署での仕事に従事している場合には逆に不審がられてしまいますし、または契約社員やアルバイト、派遣社員などの立場であれば個人宛の電話がかかってくることで勤務態度の面で不利益をこうむってしまうことも少なくありません。

こうした不都合が認められる場合には、ローン契約時に事前に相談してみることが必要です。電話相談や窓口相談などを通じてあらかじめこの旨を伝えておくと審査担当者が配慮して別の手段を提示してくれることがあります。この場合も、書面などでその企業に所属していることを示すことが出来ればそれで事足りますので、どういった証明書をそろえれば在籍確認に代えることができるのかを尋ねた上で、それに合わせてきちんと揃えて提示することが求められます。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしでローン審査に通れた人はいるの?