カードローン審査が通ると金融機関の方から電話連絡くるの?

今度友人たちと海外旅行に行くのですが、旅行費用だけでお金を使い果たしてしまったので、現地でのおこずかいをカードローンで借りておこうと思っています。私の家と言うのはお金を借りることにうるさい家で、今回もお金を借りてまで行くのはよしなさいと言われています。このためお小遣いだけであっても借入したという事がばれると旅行自体に行けなくなってしまう可能性も有ります。ですから借入は絶対に知られるわけにはいきません。

ただ借金の申込みに店舗に行くのは嫌ですし、電話を使ったら話を聞かれそうなので、スマホから申込もうと思います。在籍確認については職場にあるという事なので問題は無いのですが、一つ気になるのが審査が終わった時の連絡手段です。お友達によれば電話で来るという事なのですが、それでは知られてしまう可能性があります。そこで聞いておきたいのですが、審査が通った場合金融機関は電話で連絡してくるものなのでしょうか。

金融機関によって異なり電話の場合もメールの場合も有ります

審査が通った時の連絡方法は金融機関によって違いが有ります。普通はメールか電話ですが、最近はスマホの普及からメールによる連絡が増えているようです。ただし対応は金融機関毎に違いますからどうしても電話がダメという事であれば、申込む前に審査結果の連絡方法についてよく金融機関側に確認しておくようにして下さい。両方に対応していて何方かを選ぶという事もできる金融機関も有りますのでそういう場合には十分注意してメールを選びましょう。

メールの良い点は受信した時点で必ず読まなくても良い点ですが、審査結果の場合次に契約が行われるわけですから、なるべく早く対応するようにしましょう。また最近では迷惑メールが多いために勝手にゴミ箱行きになってしまう事も有るため、カードローンを申込んだときにはメールの着信については十分注意していて見逃すことが無いようにしなければなりません。もしなかなか審査結果が来ないようでしたら、一応ゴミ箱の中も確認しておきましょう。

ただ海外旅行では大金を持ち歩くのは危険です。どんな国に行っても日本よりも治安が良いという事はまずありません。したがって予めお金を借りていくと言うのはあまり賛成できません。ある程度のお金を持つことは必要ですが、あとは現地での買い物はクレジットカードを利用すべきですし、もしどうしても現金が必要という事であればクレジットカードのキャシング枠を使って現地通貨を現地で借入した方が安全性は高いと思われます。

したがって海外旅行の為だけにカードローンを契約するのであれば、現地の事情を良く調べて使い勝手の良いクレジットカードを作った方が実用的です。また今クレジットカードを持っているのであれば、そのカードとは別にもう一つ別の国際クレジットカードと提携したクレジットカードを作って、2枚用意しておけば完璧でしょう。キャッシングは金利が高いですが、現地で日本円を両替するよりも帰国後すぐに返済できればお得になるのでうまく利用しましょう。

ローン審査通ると電話連絡くるの?か調べておこう

お金を必要としている理由は人それぞれ違いがあり、マイホームを購入する場合などはかなり大きな金額が必要となりますし、レジャーや生活の費用が少し足りない場合は、数万円程度用意できれば良いという場合もあります。そして、いずれの場合も資金が不足している場合は何らかの形でお金を用意しなくてはいけません。

手持ちの資金が足りないときには借入を申し込むことも多いですが、まとまった資金が必要な場合、一括で購入するのが難しい買い物の場合などはローンを組んで毎月無理のない返済をしていくことを選ぶ人も多くなっています。

そしてローンにも様々な種類があり、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンもあれば、その用途が自由に利用できるフリーローン、その限度額の範囲内で何度でも借入ができるカードローンなどもあります。

ローンにも多くの種類がありますが、それぞれ違う特徴を持っていますので、どのようなローンが向いているのか、まずはそれぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

ローンにも担保が必要な有担保ローンと無担保のローンがあり、担保を入れるローンの場合は低金利で利用することができますし、無担保の場合はやや金利が高くなる傾向にありますが、そのかわり、手続は楽に行えます。

さらに、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別のローンの場合は、それ以外の用途では使うことができません。まとまった金額を借りたら、基本的にはその後は返済のみを行っていくこととなります。

そして、様々な用途で利用したいという場合は目的が自由に利用できるフリーローンやカードローンを利用すると良いでしょう。フリーローンの場合は、一度借りたあとは返済していくだけですので、順調に残高を減らしていきたいという方に向いていますし、カードローンの場合は、限度額の範囲内であれば、何度でも借入ができますので、急な出費にもすぐに対応できるメリットがあります。

借入できる限度額や利息、借入ができる条件、審査の厳しさ、融資のスピードなどもローンの種類により違いがありますので、こちらもよく確認して、最適な借入方法を選んでいきましょう。

いずれのローンを利用する場合でも、まずは申し込み手続きを行い、審査を受ける必要があります。そして審査をクリアすれば無事融資を受けることができますが、落ちてしまった場合はその業者からは借入ができませんので、また別の業者に申し込むなどの対策が必要となります。

まずはそれぞれのローンに必要な書類を用意しておきましょう。ローンにより必要な書類は違うので確認しておきたいですが、まず身分を証明できる書類が必要ですし、金額によっては収入を証明する書類も必要ですので、こちらも用意しておくこととなります。

その他の書類についても申し込み前にはもう一度確認し、スムーズな手続きのためにも事前に用意しておきましょう。

手続き方法についても知っておきたいですが、目的別のローンを利用する場合などは店頭で手続きを進めることが多くなっていますし、カードローンやフリーローンなどの場合は自宅からでもインターネットや電話から手続きできることも多くなっています。

申し込み方法は業者により違いがありますので、まずは確認して、それぞれに合った方法で選んでいきましょう。

ローンの審査の内容についても知っておきたいですが、まずは本人であることを確認すること、返済能力が必要ですので、安定した収入があるかも確認されます。カードローンやフリーローンの場合はパートやアルバイト、自営業の方などにも対応していることが多いですが、大口のローンの場合であれば、仕事を持っていても、より厳しく審査が行われる場合もあります。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ランキング

さらに、現在の借入件数や金額も確認されます。消費者金融の借入は総量規制がありますので、年収の3分の1を超える借入は利用することができません。それゆえに消費者金融の場合は50万円以上の借入や他社と合わせて100万円以上借りる場合などは収入を証明できる給与明細や源泉徴収票、自営業の場合は確定申告書なども用意されます。

さらに、銀行の場合は総量規制の対象ではありませんが、大きな金額を借り入れる場合はやはり収入を証明できる書類の提出が必要です。

さらに、現在の借入で遅延などが起きていないかも調べられます。ローンの返済がきちんと行われていないと審査が厳しくなる傾向にありますが、携帯電話などの延滞にも気をつけましょう。

そのほかでは過去に不払いや債務整理を行っていないかなども信用情報からわかることとなっています。さらに職場に在籍しているかを調べる在籍確認も行われます。

審査の結果を知るには時間がかかるイメージもありますが、カードローンの場合であれば、かなり結果を早く知ることができ、早ければ30分程度で知ることもできます。多くの場合は即日融資にも対応しており、審査にクリアできればその日からも融資が行われます。

そして、ローンの審査の結果を知る方法についても知っておきたいですが、ローン審査通ると電話連絡くるの?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず、カードローンやキャッシングの場合は仮審査に通過した場合、その後連絡があり、仮審査に通過したことがわかるとその後は本手続きを進めていくこととなります。このときは自宅に連絡が入ることもありますが、メールでの連絡に指定しておくと結果をメールでも知ることができます。

さらに、仮審査後の本手続きをし、その後本審査の結果が伝えられますが、このときにもやはり連絡は必要です。

この場合は電話で伝えられることが多いですが、やはり借入をしていることは家族にも知られたくないという方もあり、そういった場合は自宅に電話があることに抵抗を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

業者により対応は違いますが、連絡先の電話も自宅の電話以外にも、携帯電話にも対応していることが多くなっています。

携帯電話の場合であれば、確実に本人が電話に出ることができますので、家族に知られずに結果を知ることもできます。

さらに本審査の結果もメールで知らせてもらえるサービスであれば、電話に出る必要もなく、結果を知ることができます。

そのほかで、審査に時間がかかるローンなどでは、後日郵送などで結果が知らされる場合もあります。
連絡方法は業者やローンの種類によっても違いがありますので、どのような方法で連絡があるのかも事前に確認しておきましょう。

連絡の方法については、それぞれの業者の公式サイトで確認できる場合もありますし、わからない場合は専用のフリーダイヤルなどを利用して質問すると教えてもらうことができます。

事前に連絡方法がわかっているとより安心して申し込むことができますので、他にもわからないこと、気になることがある場合は事前に確認しておきましょう。

それから電話連絡については審査の結果を知るだけではなく、職場への在籍確認で行われることも多くなっています。

お金を貸す側としても、その人に返済能力あるかどうかはしっかり調べておく必要がありますので、職場に本当にその人が在籍しているかを確認しておかなくてはいけません。

この場合は職場に電話がかかってくることがほとんどですが、多くの場合は金融機関だとわからないよう個人名などで名乗ってくれますので、まず借入をしているということを知られる心配はありません。

それでも電話連絡があることに抵抗を感じる場合もありますが、業者によっては電話連絡や郵送物なしで手続きが行えるサービスを提供している業者もありますので、そういったところを選ぶのも良いでしょう。

この場合は、より多くの書類を用意する必要がありますので、どのような書類を用意するのかも事前に調べておきます。さらに特定の口座を持っていないと利用できない場合もありますので、こちらも確認しておきましょう。

【参考ページはこちら】
固定電話の有無はローン審査に関係する?