ローン審査時の会社への電話内容はどの様なものなのでしょうか

私はある会社の事務所で長期アルバイトをしています。今度彼女を誘って旅行を計画しているのですが、もちろん費用すべてが用意できるわけではありませんので一部は消費者金融からの借入で何とかする計画です。消費者金融を利用するのは初めてなのですが、学生時代の友達に話したところ、カードローンなどは申込む場合消費者金融の方から電話が掛って来て簡単な質問が有るらしいと言う話を聞きました。会社に電話が有っても良いのですが、質問にビビっています。

もしその質問に答えられないようなことが有ると貸してくれないという事なのでしょうか。そもそもお金を借りるのに何で質問をしてくる必要があるのでしょうか。ちょっと落ち着いてはいられなくなってしまいました。しかしせっかく計画して彼女も乗り気なのにこんなところで諦めたくありません。どうしても行きたいのです。そこでお聞きしたいのですが、この電話での質問の内容と言うのはどのような事なのでしょうか。よろしくお願いします。

申込書に書いたような例えば生年月日といようなものです

この電話は在籍確認と言うものです。カードローンは申込時に本人確認書類を提出しますが本人確認は書類だけでは完了しません。不正な手段で入手したり、偽造したりする可能性を排除できないためです。そこで申込書に書いた勤務先に本当に在籍することを確認して本人確認としているわけです。この在籍確認では単に在籍を確認するだけのところも有るようですが、お友達の言うように簡単な質問をするのが普通です。もちろん答えられなければ確認になりません。
(⇒在籍確認なしのローン審査はある?

そう言ってしまうとあなたの様にビビってしまう人もいるのですが、質問の内容というのは申込書に書いたような事です。要するに申込書の内容と同じ答えが返って来るからこそ申込者として確認できるわけです。たとえば生年月日などになりますが、全く違う生年月日を回答したら本当に申込者本人ですかという事になってしまう訳です。したがってこの電話で聞かれるような内容は本人であれば答えられないような内容ではありません。安心して結構です。

ただし、消費者金融から借りると言うのはどの程度の金額を予定しているのかは分かりませんが、アルバイトという事で評価は低くなるためそう大きな金額は借入できません。せいぜい10万円程度だと思ってください。旅行程度なら十分かもしれませんが、返済の事も考えて借り過ぎには注意しましょう。お相手の方もそれほど大きなお金が使えるとは思っていないでしょうから、十分計画を立てて節約できるところは節約することを忘れないでください。

また旅行に行くという目的であれば消費者金融よりも銀行に目的別ローンと言うものが有るのでそちらをあたった方が金利的にはお得です。ただ銀行ですから審査は少し厳しくなるのでアルバイトという事になると審査に通るかどうか微妙ですが、せっかく有利な借り入れ方法が有るのですから、時間さえ許すのであればまずは銀行に行ってそちらを調べてみてはいかがでしょうか。こういうところが節約に繋がっていくわけです。

ローン審査を受ける際に行われる会社への電話内容とは一体何?

もしも急にお金が必要になった時、どうすればその金額をスピーディーに捻出することが出来るでしょうか。たとえば自分や家族が怪我や病気で通院治療を余儀なくされたり、仕事の都合で出張旅費を立て替えなければならなくなったり、会社の同僚やお得意様との飲み会が飛び込んでくるなどの突発的な案件は数多く起こりうるものです。また、人間の感情はとても移り気ですし代わりやすいので、街角で目に映ったファッションアイテムがとても欲しくてたまらなくなったり、仕事や人間関係のストレスを趣味やスポーツ、旅行やリクリエーションなどで一気に解消したいと考えることもあるでしょう。

こんな時にお金が不足しているという理由だけでせっかくの機会を潰してしまうのはあまりに勿体ないことです。ここは個人の判断で手軽にお金を用立てできる方法のひとつやふたつを常に頭の中に置いておき、それを用いて的確に用立てしまうのが最も賢いやり方と言えます。その中でも消費者金融を使って借り入れを行うのは実に利便性の高い方法と言えるでしょう。

実際にこの消費者金融の借り入れローンを利用するとなると、代表的な借り入れ方法であるカードローンやキャッシングのうちのどちらかを選ぶ必要があります。このカードローンはあらかじめ手続きを行ってカードを発行し、必要にあわせてATMに駆けつけて融資金を引き出すというやり方です。一方のキャッシングは申請が通過すると銀行の預金口座に希望額が一括して振り込まれるというもの。キャッシングの場合にはカードローンのように何度でもATMからお金を引き出せるようなシステムはありませんので、次回にまたお金が必要になれば改めて申請を行わなければなりません。

こうした借り入れを実施するにはローン審査を受けなければなりません。まずは各消費者金融で定められた方法で申し込みを行うわけですが、カードローンはインターネットや電話、店舗窓口、自動契約機などから申請し、キャッシングはネットや電話などで申し込む方法が一般的です。最近では特にスマートフォンを使った申し込みが人気を博していて、自宅からでも外出先からでも24時間いつでも便利に申し込みできることもあって、夜中や明け方にふと思いついた借り入れを申し込むにあたってはまさに最適と言えるでしょう。

それではローン審査では主としてどのような項目において重点的にチェックが行われるのでしょうか。まずは最初の申請を受け取った段階で審査担当者が行うのが氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収などの必要項目の確認です。これらを大まかに確かめて、おおよその経済力や返済能力の有無を精査します。この時点で融資希望額と全く釣り合いの取れない年収しか得ていない場合には残念ながら申請却下となることもしばしばあります。

次に行われるのは消費者金融各社が加盟する信用機関に氏名や生年月日を照合することによって、そこに登録されている申請者情報を細かくチェックする作業です。この時、特に重要となるのはブラック入りしていないかどうか、そして総量規制に引っ掛かっていないかどうかです。前者は過去の借り入れで返済事故を起こしたりした場合にブラックリスト入りしてしまうのを表現したもので、もしも本当に返済不能に陥って法的手段などを行使した経歴があると、この審査にも当然落ちてしまうことになります。

また、もう一種類のブラックとして挙げられるのが申し込みブラックです。これは短期間のうちに幾つもの消費者金融の借り入れローンに申し込み、なおかつこれらに次々と落ちてしまった場合に陥ってしまうケースのこと。こうなると切羽詰まって各社をかけずり回っているイメージが固定化してしまい、その先どの金融会社に申し込んでみたところで審査をクリアするのは難しくなってしまいます。

そして、もう一種類の総量規制という決まりについてもきちんと把握して望まなければなりません。そもそも消費者金融にとってはその業務内容を法律で定めた貸金業法は何よりも大切なもの。総量規制はその中の一部分を占めており、これは消費者金融が申請者に許可する融資の限度額は年収の3分の1を上限とするという内容です。信用情報には過去の借り入れはもちろん、今現在の借り入れ額についてもすぐに分かるようになっており、その金額が総量規制に違反していないかをこまめにチェックしてさらなる融資の可否を判断するのは審査担当者にとって何よりも大切な確認項目となっているのです。

こういった信用機関情報への照会が終わると、次にやってくるのが勤務先への在籍確認と呼ばれます。これは申請者が最初に記載した勤務先に、本当にその人の勤務実態があるのかどうかをチェックするもの。この時、電話は会社の代表番号にかける場合もありますし、申請者が所属する部署に直接かける場合もあります。また時間的には会社に誰かが必ずいるような平日の日中時間となるのが通常のようです。

さて、この時、会社への電話内容としてはどのようなことが尋ねられるのでしょうか。まず気をつけておくべきなのは、在籍確認に関してはその申請者本人が電話に出なくても大丈夫ということです。会社の受付担当が電話に出たり、あるいは部署の同僚が出るなど、そのパターンは様々。そして審査担当者は申請者の名前を持ち出して通話を取り次いでくれるように要請します。これで無事に通話が申請者本人につながれば万事つつがなく確認できたことになりますが、一方で当人が不在のために結論が先延ばしにされることも少なくありません。また、当人が不在であったとしてもその応対ぶりからいって、その会社に所属しているのはまず間違いないといった場合には、その感触次第で在籍確認はすべて完了ということになります。

また多くの人が不安に思うのが会社への電話の際に、審査担当者が金融会社名や借り入れサービス名を名乗ってしまい、会社の人に借金に関する電話であることがすっかりバレてしまうのではないかということです。しかしながらこれも大丈夫と言い切れます。というのも、担当者は在籍確認の電話を行うにあたって決して会社名やサービス名を持ち出すことはないからです。多くの場合には個人名で電話はかけられ、その名前にて申請者への通話の取り次ぎがお願いされることとなります。

ただし、人の企業や勤務形態といったものはそれぞれです。ある人はバイトや契約社員や派遣社員といった勤務形態ゆえに、日頃あまり電話に出る機会がないケースもあるでしょう。このような人のもとに誰かから電話がかかってくると、それだけで不審がられてしまうこともあるはず。そんな時には在籍確認の電話ではなく、他の方法でその企業に所属していることを確認できれば大丈夫という場合もあります。たとえば会社名の入った給与明細書や、辞令通知書や新入社員の時に受け取った内定通知所などがこの証明書として認められることもあるでしょう。

それに会社での総務や人事などのキャリアが長い人の中にはこういった在籍確認の電話に慣れっこになっている人も数多く存在します。これらの人はその電話が在籍確認であることを瞬時に見抜いてしまうことも多く、絶対に社内の人間にバレたくない申請者は充分に注意することが必要です。もしも念には念を入れて対処したい場合には上記と同じ各種証明書にて代用する方法を選択した方がよいかもしれません。

いずれにしてもこうした在籍確認によってすべての審査手続きが完了すると、あとはメールや電話でローン審査の結果を待つのみとなります。もしも審査通過したならば、カードローンはその後すぐに自動契約機や店舗窓口へと赴くことによってすぐにカード発行が受けられ、それからATMへと駆けつけることで簡単に融資金が得られます。キャッシングはそのまま希望額が銀行振り込みされるのを待つだけなので、どちらも明日や明後日にでも支払い期限が差し迫っている場合でも余裕を持って手続きを行えるでしょう。

【参考ページはこちら】
固定電話の有無はローン審査に関係する?