ローン審査って会社に連絡が有りますか?

カードローン審査を通したいのですが、会社に連絡って有るのでしょうか?初めてなんですが、今度キャッシングの契約をしようと考えています。勝手がよくわからないのでいろいろ教えて頂きたいのですが、特に審査について教えて頂きたいです。

必要な物ですとか、時間がどのくらいかかるかという事、また審査の時に、身分調査などが有ると思うのですが、その場合、自宅や会社などに電話が掛かってくるかという事が知りたいです。できれば会社や家族にあまりキャッシング契約をした事を知られたくないのですが、わかってしまうものかどうかも知りたいです。

審査時に会社に在籍確認の連絡は入ります

一概に全ての会社が必ず在籍確認をするという事は言えませんが、ほぼ在籍確認の連絡は有ると考えておいた方がよいでしょう。

最近では電話連絡無しで帰属会社への在籍確認をするところも有りますが、まだごく少数であって、その場合、在籍を証明できる書類などが何点か必要という場合も有るので、基本は有るというように考えておいた方が確実だと思います。それに在籍確認と言っても、それでキャッシングしている事がばれたりするようなことは有りません。

キャッシング契約時の審査について簡単に説明しておきますと、審査については2段階で取っている所が有りまして、一回目が簡易審査、これは電話や、ネットでの情報のやり取りで、すぐ返答をしてもらえるところがほとんどです。

それから、審査に必要な書類などを準備してから受ける本審査が有ります。本審査を通れば契約へと繋がります。本審査ではより詳しく個人情報などを提示する必要が有ります。この本審査の時に項目として重要になってくるのが、身分証明と返済能力が有るかという事です。

身分証明については大体わかると思いますが、免許証やパスポートによる個人の身分証明をする事です。次の返済能力が有るかどうか契約できるかどうかのカギになってくるのですが、これについては現在の他社での借入金の有無、金額と、職業・待遇などが大きく関わってきます。職業待遇については、長期的に安定してる仕事がより有利という事になります。

またこの時に、申請した会社に本当に在籍しているかどうかの確認が必要になるのですが、その確認が在籍確認であり、基本的には会社へ連絡が来て本当所属しているかどうかのチェックを行うという確認になります。

ただこの確認連絡の際に、金融会社の名前を名乗ったりという事は特にせず、個人名で知人から電話ような体で掛けてきて、要件なども特に言いませんので、これだけでキャッシング契約の在籍確認連絡とわかってしまう事は有りません。

ですからそれ程心配をする事もないですよ。また連絡先で携帯電話が有れば、それで事足りますので、自宅に連絡など掛ってくる事は有りませんよ。また郵便物などもこちらから要請しなければ突然なにか送られてくるような事は有りません。

【参考ページはこちら】
ローン審査の流れを知ろう、在籍確認とは?

ローン審査の過程で会社に連絡がくる時の主な手順とは

毎日の生活は度重なる出費の機会に満ちているものです。ただ生活しているだけでも税金や保険料、公共料金、家賃などが伸し掛かってきますし、さらに結婚、出産、子育てなどの人生のライフステージが上がると、生命保険や学資保険、子育て用品、習い事の費用、家族揃っての旅行やリクリエーション、季節ごとの靴や服の購入費など様々なところで家族の人数分の出費が必要となってきます。

さらに会社の飲み会や接待などでの出費も月に数万円単位で欠かせないものですし、女性ならば美容院やエステ、その他メーク用品をはじめとする美容グッズの購入などでもかなりの費用が必要となります。これらの費用を過不足なく捻出していくとなると大変なもの。ついつい財布の中身や銀行の預金口座がゼロに近くなり、慌ててしまうことも少なくないはずです。

こういった緊急時に親や友人を頼ってお金の無心をお願いすると、最初は喜んで救いの手を差し伸べてくれたとしても、後々それが当たり前のようになって甘えがひどくなっていくと関係性の悪化をもたらしかねません。現に、お金が原因で親族や友人と疎遠になってしまったという話は数多く耳にするものです。そんな最悪のケースを回避するためにも、もしもお金が必要になった時にはあくまで自分の責任で不足金を捻出できる金融会社を活用するとよいでしょう。(こちらもご参考に→ローン審査が緩い金融会社を教えて!

金融会社を使った借り入れ方法には様々なものがあります。その中でも筆頭に挙げられるのは、カードローンやキャッシングでしょう。カードローンは事前に契約手続きを済ませて一枚の個人カードを発行しておくことで、お金の不足時には近くのATMへと駆けつけるだけで簡単に融資金を引き出すことが可能となります。

これに対して、キャッシングとはお金が必要になるたびに申し込みを行い、それが認められると銀行の預金口座に一括振り込みが行われます。これらカードローンもキャッシングも、即日審査が受けられて、なおかつ順調にいきさえすれば即日融資も受けられることから、当日中や明日にでもお金の支払いが差し迫っている時にも大助かりと言えるものです。

しかしながら、こうした借り入れを行うにあたっては、金融会社がそれぞれに定めたローン審査をクリアしなければなりません。これを受けるためにはまずは申し込みからスタートします。キャッシングの場合、インターネットや電話、郵送、店舗窓口などを使って申し込みを行いますが、その際、申請フォームに氏名、生年月日、職業、勤務先、年収をはじめとする様々な必要事項を埋めていくことが求められます。

そして申し込み内容によっては身分証明書や年収証明書を提示することが求められますが、最近ではそれらのコピーを送付しなくても、スマートフォンの普及に伴って撮影機能を使ってそれらの証明書の写真を撮り、その画像データを送信することで受領してくれる金融会社が増えてきていてますます利便性が向上しています。

一方、カードローンの申し込みに関しては、キャッシングの申し込みとほぼ似たようなものですが、これに自動契約機を使った手法が加わってくることとなります。自動契約機ではテレビ電話によってオペレーターが随時案内しながら申し込みが行えたり、モニター画面を通じて分かりやすくナビゲーションが行われるなど配慮がなされていて、身分証明書や年収証明書に関してもその場のスキャナーやカメラ機能を使ってデータ送信できるので大助かりです。

いずれにしてもこれらの申し込みを通じて、金融会社の本格的なローン審査が開始されます。まずは申請者の年収や職業から返済能力や経済力といったものを精査し、それが希望融資額に見合っているかどうかをしっかりと吟味します。この時点で金融会社の融資方針にそわないと判断されるとすぐに審査落ちとなってしまいます。次に、審査担当者は信用機関への照会を行って、申請者が過去にどのような借り入れ履歴を経てきたのかを入念にチェックします。

信用機関にはこれらの与信情報と呼ばれる記録が残されており、もしも申請者が返済不能に陥って自己破産を行った記録があったり、一定期間にわたって返済が滞ったりなどしたことが判明すると、これらはブラック情報として判断され、審査落ちの原因となります。

また、短期間のうちに幾つもの金融会社に借り入れの申し込みを行って審査落ちを繰り返していると、これもまた全て記録が残ってしまい、申し込みブラックとして処理されることとなりますので要注意です。借り入れ申し込みは互いの信頼関係を確かめる作業でもありますので、決して数多く矢を放てばどれかに当たるといった感覚で進めてはいけないのです。

さて、この信用情報の確認が終わると、次に審査の最終段階とも言える在籍確認を迎えることになります。在籍確認とは申請者が申し込み時に記載した勤務先の電話番号に電話してみることで、本当に申請者がその職場に在籍しており、勤務実態があるのかどうかを確かめるというものです。会社に連絡することになりますので、もちろんその多くは平日の日中に行われます。

金融会社の審査担当者が電話をかけてみて、会社の誰かがそれを受けてくれたところで、その通話を申請者に取り次いでくれるように依頼するのです。この取り次ぎ作業がうまくいって実際に申請者がその通話に出ればこの在籍確認の作業はすべてつつがなく完了ということになります。

一方でこれがうまくいかないこともあります。たとえば、電話に出た相手に申請者の名前を出したところで、そのような人物は会社にいないと断られたり、あるいはしつこく用件を尋ねられたりするケースもあります。それに申請者自身が嘘の勤務先を書き入れていることもあるでしょうし、また転職や退職に伴って申請時との状況が大きく異なっている場合もあるかもしれません。

また、会社によっては社員のほとんどが電話に出られる環境になかったり、申請者自身が普段まったく電話を取り扱わない仕事内容であるがゆえに、電話がかかってくること自体が不自然に受け止められるケースもあるでしょう。こういった時には会社に連絡する方法とはまた別に、書類や証書などを用いてその会社に勤務していることを証明するやり方を選択することも可能ですので、借り入れの申請時に相談してみるとよいでしょう。

申請者の中にはこういった会社に連絡する確認制度を不安に思う人もいるようです。その多くは会社の同僚に借金に関してバレるのではないかという心配を抱くケース。しかしながらその不安は無用と言えるでしょう。というのも、在籍確認では決して金融会社名やカードローンやキャッシングのサービス名を挙げることはないからです。金融会社の審査担当者はあくまで個人名で電話をかけますので、電話を取り次いだ相手には全く借金についてバレることなく確認作業を進めることが可能です。
(⇒在籍確認のないローン審査ってあるの?

こうして在籍確認が完了すると、いよいよ全ての審査過程が終了ということになります。ここまで何も問題がなければ晴れて融資が実施されます。ただし、こうして融資を受けるからには借りたお金を毎月決められ多額ずつ地道に返済していくことが求められます。これはお金を借りるにあたっての大人と大人の約束事項とも言えるものです。

万が一、この返済が滞るようなことがあれば、それが分かった時点で早めに金融会社に連絡することが大切です。そうやって常に連絡を絶やさずに信用度を保ちつづけることが何よりも欠かせないことと言えるでしょう。

これが何も連絡のないまま延滞していくと、金融会社もその旨に関する確認作業へと入ります。まずは自宅への直接連絡によって返済の催促を行ったり、事情を聞かれることはもちろんのこと、それで連絡が取れない場合には、利用者の会社に連絡して、利用者自身、あるいは会社側に事情を聞くなどの処置を行う金融会社もありますので注意が必要です。

こうなると、家族や会社の同僚にも借金のことを知られる結果となりますので、そうした事態を招かないためにも、まずは計画的に返済していくことが大切なのです。