自動車ローン審査が通らない人とカードローンが通らない人の違い

十人十色とはよく言ったもので、人によって性格や見た目など色々と違うところはすぐに分かりますけれども、ローン審査が通るかどうかというのも人によってかなり違うみたいですね。私個人としては今まで通らなかったということが少なかったのですが、周りでは自動車ローン審査が通らない人も、カードローンが通らないと言う人もいます。

私にとって見ればみんな友人ですし、正直なにが違うのかとかもよくわかりません。自動車ローン審査が通らないと言う場合とカードローン審査が通らないという人たちにも、やはり違いというのがあるんでしょうか?銀行などはどういう部分を見て判断しているのですか?

自動車ローン審査が通らない人は他のローンも通りにくい

実はこれは違うローンということもあって、同じようには見えないかもしれませんが、自動車ローン審査が通らない人というのは一般的には他のローンも通りにくいと言われています。いわゆるカードローンですね、一番通りやすいと言われているようなものであっても通りにくいのだそうです。これは逆でも言えることで、カードローンが通らなければ自動車ローン審査も厳しいでしょう。

どうして通る・通らないという違いがあるのか、それは人によって信用が違うからだと言われています。信用できると思える人と、この人は信用出来ないという人が大抵の人でいるはずです。全く全員を信用できるというような人はいません。それと同じように自動車ローン審査が通るとかカードローンが通らないというようなものも同じように、信用できる人なら借りられるというわけです。

その信用というものが人によって違います。具体的に言えば収入が高い人は信用が高いと言われています。また、職業が安定している人、簡単にいえば公務員なども有利だと言われています。そしてたくさん借入をして返済をしてきたという実績のあるという人も、かなり借入をしやすいと言われています。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ランキング

ですのでまずは信用をつけることです。だいたい信用がある人というのは自動車ローン審査も通れば、カードローン審査も通ります。逆に全く信用がないという人であれば、両方とも通らないと言われています。ですからどちらかに通るようになることがまずは重要です。もちろん両方通るけれども借り入れ金額が大きくなりすぎると通らないということもあるので、その点は注意です。

とにかく自動車ローン審査だけが通らなくてカードローン審査だけが通る、ということは最近だと非常に少なくなってきています。両方ともに審査はそこまで厳しくないですから、まずは信用されるようになりましょう。

自動車ローン審査に通らない方にお勧めする4つのチェック方法

自動車は高額な耐久消費財ですから、一定の期間毎に多額のお金を使って買い替えなければいけません。車を購入する資金を用意する為には、次の買い替え時期までに車の購入費用全額を貯蓄する方法がありますが、これでは長い時間をかけて車の購入費用を貯めなければいけません。

そこで、もう1つの方法として使えるのが自動車ローンの利用です。自動車ローンとは、信販会社やクレジット会社を始めとして様々なローン会社が提供している融資サービスの1つであり、個人向けのローンとして様々な物が提案されています。

自動車ローンを取り扱っている代表的なものは、自動車のディーラーと提携している信販会社やクレジット会社です。自動車ローンの主流として長年サービスを行ってきた実績があります。また、地域の金融機関として馴染み深い地方銀行や、一般的な知名度の高い大銀行等も自動車ローンを取り扱っています。

この他、大手の金融企業のグループ会社が提供している自動車ローンや、地元にある信用金庫や信用組合も自動車ローンサービスを展開しています。街中で見かける消費者金融や、地元にある信用組合のサイトを調べると、その中にマイカーローンの存在を発見する事もあるでしょう。

数多くのローン会社が積極的に参入していますので、自動車ローン分野は企業間の競争が起きています。各ローン会社はできるだけ多くの顧客を確保する為に、より良い自動車ローンを開発し、より幅広い顧客層に対応できるプランを用意しているものです。この為、消費者にとっては自動車ローンの選択幅が広く、自分の需要に合わせて選びやすい状況と言えるでしょう。

ただし、自分が利用する事を選んだローン会社が、自動車ローンの利用契約を締結してくれない事もあります。ローン会社は自動車ローンで競争をしているとはいえ、自動車ローンの契約によって損害が生じかねない顧客とは契約を締結しないからです。

ローン会社は、自動車ローンの利用申し込みをした顧客が何らかの形で不利益を与えないかどうかを、厳しく審査します。一般に自動車ローン審査等と呼ばれるもので、これを経ずして自動車ローンの締結はありません。自動車ローン審査に通らない場合は、ローン会社から融資を行うだけの信用関係を築けないと判断されたと見て間違いはありません。

ローン会社へ利用申し込みをして自動車ローン審査に通らなかった方は、審査時にマイナスになりやすいポイントをチェックする事で、次のローン申し込みを成功させやすくなるでしょう。自動車ローン審査でマイナスになりやすいポイントは4つがあります。

1つ目は、利用を申し込む際に、自動車ローンの計画的な利用を示さなかった場合です。例えば、200万円の車を購入しようと考えていて、200万円の借入限度額を持つプランを選択する事です。200万円のプランを選択したのは悪くありませんが、借入限度額の全額を利用する計画は杜撰であると言えます。

自動車ローンを利用する際は、必ず頭金を用意しましょう。200万円の車を購入したいのであれば、最低限40万円は頭金として必要です。頭金が無ければ毎月の返済額は高くなり、利子として支払う分はかなり多くなります。

40万円の頭金を用意できない事は、ローン会社から見てマイナス要素となります。まとまったお金を用意できないほど経済状態が悪いのであれば、200万円ものローンを毎月安定して返済する事が難しくなる恐れがあります。ローン会社にとっては、信用を築きにくい顧客であると言えるでしょう。

自動車ローンを利用すると言っても、購入費用の全額をローンで賄う計画ではローン会社を納得させる事はできません。頭金を用意して、残りの費用だけをローンで支払うという形でなければ、自動車ローンの契約は難しくなります。なお、頭金を多めに用意すれば審査にプラスの要素となります。

2つ目は、利用を申し込んだ時点で多数のローンや、多額の債務があった場合です。いずれもローン会社にとっては毎月の返済を滞納する原因となりかねない危険な要素ですから、審査の上ではマイナスとなります。

顧客が多数のローンを抱えてるという事は、ローン会社と自動車ローンを締結した後も、別のローンを組んでいく意志があると判断できます。自動車ローンは数年間毎月返済をしてもらうものですから、その間に顧客のローン契約が増えて債務額が膨張し、ローン返済が滞る恐れがあるものです。

また、多額の債務がある場合は、自動車ローンを締結する事で顧客の経済状態が一層悪化します。経済状態が悪いまま数年間の返済義務を果たしていくのは難しいと判断されるものです。ローン会社にとっては、融資する事で焦げ付きのリスクが高い危険な状態と言えるでしょう。ローン会社は、顧客のローンや債務総額に敏感なものです。

3つ目は、利用を申し込んだ顧客の経済基盤が不安定であった場合です。顧客が高収入であったとしても、その収入源が安定して持続され続けるとは限りません。

例えば、転職に成功して収入が大幅に上昇した場合は、当面の経済状態は良いと言えます。しかし、それが長く続いていくかどうかが問題です。自動車ローンは数年間の返済期間がありますから、その間に退職や失職をしてしまったりしたら、自動車ローンの返済が滞り始める事になります。

同じ事が独立した方にも言えます。自営業を始めて成功して相当の収入を得られている方であっても、経営が軌道に乗って安定するまでは長い期間が必要です。ローン会社は少なくとも数年は経営実績がある方でなければ、融資リスクが高いと考えます。

顧客の収入が多ければ多いほど、審査上の有利ではあります。しかし、ローンは一度にお金を支払ってもらうビジネスモデルではありません。数年間安定して返済をしてもらう必要があります。顧客の収入源に安定性と持続性が無ければ、ローン会社は自動車ローンの締結を行いません。

4つ目は、過去の支払い経歴に滞納が見られた場合です。ローン会社は信用情報機関等の調査機関に紹介する事で、顧客の支払い経歴を調べる事ができます。例えば、クレジットカードの利用履歴からは、利用した分のお金がちゃんと引き落としできたかどうかの情報が読み取れます。

もし、顧客のクレジットカード利用履歴に度々引き落とし不能という箇所があれば、ローン会社からは信用できない顧客と判断されます。ローン会社は顧客から毎月ローン返済をしてもらわなければいけません。クレジットカードの利用で滞納という事があれば、ローンを組んだ際もローンの返済滞納が起きるリスクが高いと言えます。

ローンを返済してもらわなければ、会社は利益を得られないだけでなく、融資した資金を回収不能になってしまいかねません。そこで、顧客が踏み倒し等を行わないかどうかを調べる意味でも、クレジットカードの利用履歴は必ず調査します。

ローン会社が顧客のクレジットカード利用履歴を見て、融資リスクが高い顧客であると判断した場合は、自動車ローンの締結は避けられる事になります。ローン会社は顧客の経済的な豊かさや安定性だけでなく、返済を誠実に行う意志や能力を調べているものです。

4つのチェックを通じて自分の状況を調べてみて、1つでも該当するのであれば、ローン会社にとって融資リスクの高い顧客であると言えます。自動車ローンを選ぶ時は、ローン会社やローンプランを他の企業やプランと比較して、有効利用できると思ったものを決めるでしょう。ローン会社も同じように、様々な事例や経験との比較を通じて自動車ローンを申し込んだ顧客を調べて互恵関係を築けると判断してから契約締結を決めます。

自動車ローン審査に通らない方は、ローン会社から見て自分にどの様な融資リスクがあるのかを冷静に考えてみましょう。自分の判断次第で改善できる部分が大きいので、経済活動を改善していく事でローン会社にとって信用できる顧客となるチャンスは多くあります。

【参考ページはこちら】
車のローン審査を通したい時に便利な方法