車のローン審査で借金が影響するならどのくらいから?

借金をしていると車のローン審査に影響する、こういうことはよく言われていますよね。いろんな人にそういう話を聞いたことがありますし、車のローン審査に実際に落ちてしまったと言う話も口コミサイトなどでは書かれています。であれば、車のローン審査に影響するのは確実だと思うのですが、どのくらいの金額から影響するのでしょうか。

例えば1万円でもあれば、影響するのかそれとも100万円くらい借入をして初めて影響するのでしょうか。カードローンや消費者金融などの借金と車のローン審査に関する影響の関係性について、教えてもらえないでしょうか。

人の収入によるが総量規制の半分くらいが目安か

これは結構難しい話ですけれども、確かに車のローン審査に他の会社からしている借金は関係します。関係はしますが必ずしも少しだけ借入をしていても関係するし、たくさん借入をしていても関係するというものではありません。その人の収入などによってもだいぶ変わってくるのですが、だいたい総量規制の半分くらいを目安に影響があるかないかが変わると思っていいんじゃないでしょうか。

そもそも車のローン審査というものがどういうものか?ということを知らなければなりません。車のローン審査はカードローンとはちょっと違って担保というものが設定されています。つまり支払不能になって返済できないとなると、普通は車が取り上げられるというわけです。こういった担保があるために、ローン審査も少し違うのです。総量規制を超えたローンが組めるのもそのせいです。

車のローン審査が少し違うということがわかった上で、理解してもらえればと思うのですが、カードローンや消費者金融など、だいたい総量規制の半分くらいまで借入をしていると影響が見えてくるかなと思います。つまりその人の収入の3分の1の半分、6分の1程度までです。600万円の年収なら100万円、300万円の年収なら50万円くらい借入をしていると、車のローン審査にも影響が出てくると思います。
(⇒ローン審査に通れない人が車を購入する方法

ですのでそれ以下に抑えるようにすれば、車のローン審査を通りやすくするということです。ローンを幾つか違う商品で使う時の鉄則として言われているのですが、それは大きな借り入れをするものから使うということです。つまり車のローン審査からまずは使うようにしてみてください。そうすると少しは審査が通りやすくなります。

もし審査に落ちたくないなら借金は何でもゼロにしておいたほうが通りやすいでしょう。それが難しいならなるべく少なくする努力が必要です。借金が枠いっぱいなら例え車のローン審査でも通らないと思ってください。

借金があると車のローン審査を通過できないって本当なの?

自動車は発明されて以来、常に人間の移動や物流において非常に重要な役目を果たす存在となっていました。特に現代になって以降は各地に小売店ができるようになり、そして小売店には常に新しい商品が運び込まれるようになっています。

大量のものを輸送するということについてはまだ船や列車といったようなものが主流となっていますが、それぞれの地域で荷物を運搬するには自動車がなくてはなりません。最近では「若者の車離れ」というような言葉が言われるようになっていますが、それでも常に自動車の購入を検討している人はいます。

とはいえ、自動車という財産は非常に高額なものです。しっかりとした収入があったとしても、新車を一括払いで購入できるというような人はさほど多くないのが現実でしょう。

ではそうした状況で自動車を手に入れるにはどうすればよいのかというと、これは「お金を借りればよい」ということになります。

そしてその「自動車が欲しいからお金を借りたい」という人に対して銀行などが行っているのが「自動車ローン」です。

自動車ローンでは自動車の価格に応じた金額が融資されるようになっており、それを借り入れた消費者は債務者となり、完済するまで返済を続けていくこととなります。この自動車ローンがあることによって、一括払いで自動車を購入することができないというような人でも自動車を手にすることができるようになっているわけですが、自動車ローンを利用するには一定の審査を通過しなくてはなりません。

審査においてはそれぞれの消費者が債務者となった際、しっかりと完済するまで返済を続けていけるかどうかということがチェックされるようになっています。

収入があまりにも不安定だったり、支出が多すぎてバランスが取れていないというようなことになってしまうと、自動車のローン審査を通過することは限りなく困難になってしまうことでしょう。

さて、そうした自動車のローン審査においてよく言われることとなっているのが「借金があると審査を通過できない」ということです。それではこの「借金があると審査を通過できない」ということは果たして事実なのでしょうか。

まず結論からいえば、これは「借金が審査に悪影響を与えることは間違いないが、だからといって融資をしてもらえないわけではない」ということになります。

既に別の銀行や消費者金融などからお金を借りているというような人に対して新たにお金を貸し付けてしまうと、その債務者は新たに融資されたお金だけではなく、もともとの債務を並行して返済していかなくてはならなくなります。

そういった状況が長く続けば、その期間に応じて債務者の生活は苦しくなることが予測されます。生活があまりにも苦しくなったのであれば、債務者によっては債務整理などによって債務の減免を行うかもしれません。

そうなってしまえば、融資をした銀行にしてみれば「貸したお金が返ってこない」というような状況になってしまいます。

そのため、既に債務を抱えているという人に対してローン融資をするというような場合、殆どの銀行はかなり慎重な判断をすることは間違いありません。しかしここで注意をしたいのが「借金がある」ということが「融資を断られる」ということとイコールになるわけではないということです。

ではどうしてイコールではないと言えるのかというと、例え既にどこかからお金を借りていたとしても、それが返済可能だったり、返済不可能になったとしても貸し付けたお金を返してもらえるというのであれば、リスクは相応に低くなるからです。

例えば既に100万円の債務を有している人に対して、新たに300万円を融資するというような場合ですが、この場合、債務者が抱える債務の合計は400万円になります。

確かに400万円という金額は決して安いものではありませんし、一般的な労働者が一度に支払うことができるものではありません。ですが、400万円の債務があるからといって、それが全ての人にとって返済不可能かと言われればそれまた違うのです。

既に借りている100万円の債務があと1年で完済するものであり、これから貸し付ける300万円に関しては5年間で返済していくというのであれば、最初の1年間を除いた4年間に関しては、債務のない人に融資するのと同じ条件になります。

また債務者の収入というものも一定ではありませんから、例え400万円の債務になったとしても、その人が年間に1億円を稼ぐというのであれば全く問題にはなりません。

銀行にしてみれば「自信が貸し付けたお金が返ってくるのであれば問題はない」という判断をするのですから、こうしたケースであれば、既にお金を借りているからと言って自動車のローン審査を通過できないということにはならないのです。

言いかえれば「収支のバランスに問題がないのであれば、ローン審査を通過できる可能性はある」ということになります。

さて、それでは収支のバランスに問題があるのなら不可能になるのかというと、実際のところはそうとも限りません。

もちろん収支のバランスが思わしくないのであれば審査は相当に厳しいものとなりますが、もし収支バランスが崩れるものであったとしても、返済不可能になった際のリスクを回避できる要素があれば、最終的には問題ないと判断されます。

その「リスクを回避できる要素」として扱われるのが「担保」や「連帯保証人」といったような存在です。

担保とはお金を借りる際に「もし返済不可能になった場合はこの財産を処分して返済に充てる」とするもののことです。担保としてはいくつかのものが考えられますが、銀行のローン審査において主流となるのは住宅や土地といったようなものになるでしょう。

住宅ローンなどの高額の融資になると古い住宅や土地では賄えないケースもありますが、自動車のローン程度であれば住宅や土地を処分すれば返済できるケースが殆どです。そのため収支に問題があると判断されるような場合であったとしても、そうした財産を担保として提示したのであれば、ローン審査を通過できる可能性は出てきます。

次に連帯保証人についてですが、これは「債務者の返済を保証する人」というような役割を持つ人物になります。この連帯保証人を立てておくことによって、万が一債務者が返済不可能になった場合、銀行は連帯保証人に対して残った債務の全額を請求することができるようになります。

法律上はこの連帯保証人になる人に制限はありませんが、一般的には債務者の親族が指定されることとなるでしょう。銀行は債務者に連帯保証人を立ててもらうことによって、債務者が返済不可能になってもお金を回収できる用意をします。

これによって銀行は貸し倒れのリスクを回避できるようになるわけですから、既に借金がある人であっても連帯保証人を立てればお金を借りることができる場合があるのです。

とはいえ法律上では連帯保証人に制限がないと言っても、銀行からお金を借りる際の連帯保証人に関しては、様々な条件が必要となります。

特に注意したい条件となるのが「返済能力のない人は連帯保証人になれない」ということです。先にも述べたように連帯保証人は、債務者が返済不可能に陥った際に返済を代行する存在です。

いざ債務者が返済不可能になった際、連帯保証人に請求をかけても返済できないというようなことになってしまったのでは意味がありません。ですから連帯保証人に対しては、債務者と同等以上の条件による審査が行われるのが一般的となっているのです。

自動車のローン審査においては、これから債務者になろうとしている消費者の情報が細部にわたってチェックされるようになっています。

その情報によっては融資をしてもらえないことがあるというのは事実ですが、ある一つの情報が致命的な影響を与えるということは、よほどのことでもない限りありません。「自分は無理だ」と思い込むのではなく、自身なりに情報を集め、お金が必要な場合は銀行に相談できるようにしておくとよいでしょう。

【参考ページはこちら】
車のローン審査に通れない人は車を買えない?