住宅ローン審査が通らない理由と言うのはどの様なものでしょうか

私はもうすぐ50歳を迎える会社員です。これまで少ない給料で賃貸住宅の家賃を払いながら少しづつお金を溜めて頭金を作り、今度やっと一戸建ての持ち家を計画して実際に申し込みまで漕ぎ着けました。勿論支払いは住宅ローンを利用する前提で話を進めていました。ところが住宅ローンの審査は時間がかかった割には通らなかったため、申込みをキャンセルせざるを得ませんでした。長い間妻と一緒に頑張ってきたのに夢を砕かれて一緒に泣きました。

まだ完全に諦めたわけではないのですが、それにしても収入的に考えてちょっと高額になってしまいますが返済は何とかなったはずです。もしかして75歳まで返済すると言う計画に無理が有ったのでしょうか。どうしても理由が分からず先に進むことが出来ません。そこで教えていただきたいのですが住宅ローンの審査が通らない場合の理由と言うのはどの様なものが考えられるのでしょうか。どうしても知りたいのでよろしくお願いいたします。

いろいろと有りますが年齢も審査の大きな要素になります

通常住宅ローンと言うのは個人で借りるとすると一生に一度の大きなローンでしょう。したがって返済期間も長くなるため、金融機関も時間をかけて審査を行うことになります。返済能力の判断はその人の年収から月にいくらぐらいまでなら返済出来るのかを計算する数式が金融機関内にはあります。その金額と、実際の借入金額と返済期間からはじき出した月々の返済額を比較して前者が上回っていなければ返済は難しいと判断されてしまいます。

ただし事はそれほど簡単ではなくて現在カードローンなどの契約が有る場合には前者の金額からカードローンの返済分が差引かれますので、返済能力の評価はさらに厳しくなります。ですから住宅ローンを借りる可能性がある人は下手にカードローンなど契約したままにしておくとたとえその時点で利用していなかったとしても審査に影響することになるのです。もし他からの借入が有るのであればそれが原因という事は十分考えられることです。

次におそらく住宅ローンだけにしかない審査項目についてです。それは年齢です。住宅ローンは返済期間が長いため、ある程度若い年齢でなければ融資されないようです。あなたの様に50歳で借りて25年で返済するにしても返済し終わるのは75歳です。金融機関的には少なくとも40歳で借りて70歳までに返済するぐらいでないと評価は下がるようです。絶対とは言いませんが、年齢が大きなポイントであることは間違いありません。

最後に健康と言う問題が有ります。住宅ローンは以前は連帯保証人が必要でしたが現在では、途中で亡くなった場合には契約時に生命保険に加入しておき、その保険金で返済することになっているため連帯保証人の必要がありません。しかしこの仕掛けが利用できるのは健康に問題が無い場合です。健康不安が有る場合にはこの生命保険に加入できませんから、住宅ローンの審査も通らないという事になります。思い当たるふしは有りますでしょうか。

【参考ページはこちら】
様々なローンの審査基準について教えて!

ローン審査が通らない理由としてどのようなケースが考えられるか

人々が健全な生活を送るにあたっては常に無数の出費が付きものです。時には思いがけないタイミングで、緊急性の高い出費を余儀なくされたりもすることでしょう。たとえば近しい人の冠婚葬祭などではある程度の金額を包む必要がありますし、怪我や病気に伴う通院費や治療費にも結構な金額がかかったりするものです。

また他にも、物事はスケジュールどおりにはいかないもので、急に仕事の接待や飲み会が入ったり、出張が飛び込んできて自ら旅費を立て替えなければならなくなったり、あるいはプライベートで店内を物色している時などにどうしても手に入れたいアイテムを見つけて、感情を抑えられなくなってしまうケースも多いもの。

こうした場合に、もしも財布の中身や預金口座の残高が乏しい状態であれば、ここは消費者金融の借り入れサービスなどを効率よく活用した上で、手軽に融資金を捻出するのが良いでしょう。こうした借り入れローンはほとんどが保証人を必要とすることなく、あくまで自己責任のもとで手続きを行えるものばかりなので、友人や親戚などに迷惑をかけることなく簡単に現金を手にすることが可能となります。

中でもカードローンやキャッシングといった借り入れ方法はとても人気が高いもの。これらはシチュエーションによって利便性が大きく異なりますので、自らの時と場合によってどちらが適当かをじっくりと吟味して決定する必要があります。

カードローンとはあらかじめ個人専用のカードを発行して手元に持っておくことによって、お金が必要になった時には近場に設置してあるATMへと駆けつけ、それらの操作によって融資金を引き出すことができるというもの。融資限度額の範囲内であれば、幾らでも、何度でも引き出すことができて、自分のペースで借り入れを繰り広げることが可能です。

一方のキャッシングは、自分の都合に合わせてその都度、申し込みを行って融資金を得るという借り入れ方法です。この場合、申請が認められると銀行の預金口座に一括振り込みされますので、その連絡を受けた後に残高確認を行うことが求められます。

これらの借り入れを実施するには消費者金融各社がそれぞれに定めた規約に則った申し込みを行わねばなりません。まずはパソコンやスマートフォンを使ったネット申請やホットラインに電話して手続きを進めるやり方は即時性が高くて、営業時間外も受け付けてもらえることから人気を博しています。

他にも、店舗窓口や自動契約機、さらには郵送を用いた申し込み方法も存在するので、アナログな手法を好む人も安心して利用できます。いずれの手法にせよ、申請フォームには氏名、生年月日、住所、勤務先、勤続年数、年収などの必須項目を記入し、身分証明書や年収証明書のコピーや画像データをあわせて提出します。

さて、こういった申請者情報をもとにして消費者金融ではローン審査がスタートします。これらは平日の営業時間内であれば40分から60分程度で簡単にクリアできるものと言われていますが、しかしながら条件によっては審査が長時間に及ぶこともあるので注意が必要です。また、どうしてもローン審査が通らないというケースもありますので、どういった場合に不可となり得るのかきちんと状況を踏まえて望むことが大切と言えるでしょう。

ローン審査が通らない理由としては、審査の段階によって幾つかのレベルに分けられます。まずは最初の申請を受け取った時点で、希望融資額にふさわしいだけの職業や年収を備えていないと瞬時に判断された場合には、その流れにおいて瞬時に審査落ちとなってしまいます。

その基準は消費者金融ごとに様々ですが、自分の職業ならばどのくらいの融資額が妥当なのか、あるいはどの金融会社が借りやすいのかをきちんとチェックして申し込むことが欠かせません。また、自宅の住所や電話番号など、細かな点が正確に記入されていないと、ちょっとした間違いが信用度の低下を招いてしまう場合もありますので注意が必要です。

続いてローン審査は信用機関への照会へと進みます。信用機関とは消費者金融各社がそれぞれの利益を守るために、利用者のサービス利用履歴を情報として保管して、新たな申請の際にこれらと照らし合わせて信用度をチェックするためのデータベースとも言うべきもの。

もしも過去に返済不能になったり、長期にわたって返済が困難な状態に陥ったことがある場合には、その名前がブラックリスト扱いされている可能性があります。こうした情報は1回ブラック扱いされると10年間くらいずっと残り続けますので、その間は新たな借り入れが事実上困難になります。

さらに、信用機関では申請者が短期間中に複数の金融会社に借り入れ申請を行ってこれに審査落ちした際にも申し込みブラックとして記録が残る形となります。これはその分、切羽詰まっている立場であり、返済不能の状態となる危険性があると判断されるから。申し込みブラックにならないためにも、数を打てば当たるという発想は捨てて、成功法で消費者金融を選択することが求められます。

そしてもうひとつ、信用機関では現在の他社からの借り入れ総額についても容易に知ることができます。それゆえ、もしも申請者が貸金業法が定める総量規制に引っ掛かる場合には、その状況を瞬時に察知できるのです。

これは融資限度額を申請者の年収の3分の1までとする約束事であり、この基準を超えて融資を行った場合にはその消費者金融会社が処罰の対象となってしまいます。そのため、もしも申請者が自分の現在の借り入れ総額を知らないままで申し込みを行っている場合には、ケースによってはこれ以上の融資は不可としてローン審査が通らないことも十分にあり得ることになります。

信用機関への照会が終わると、審査の最終段階として勤務先への在籍確認が行われます。中にはこの在籍確認の段階で審査落ちしてしまう人もいるので、それがどんなものかきちんと把握しておかねばなりません。在籍確認では審査担当者が申請者の勤務先に直接電話をかけ、電話に出た相手に対してその通話を申請者へと取り次いでもらえるように依頼するというものです。

このやり取りによってすぐに相手が了承して申請者本人が応答した時点で大まかな流れは完了となります。こうしてすぐに在籍や勤務実態が確認できれば良いのですが、中には「そのような人は所属していない」とか「以前に退職しました」という返答がなされる場合もあり、そうなると虚偽の申請を行ったとしてローン審査に通過することは困難となります。

最近では昔と違ってすぐに会社を辞めたり、あるいはリストラされてしまうケースも多いことから、こうした在籍確認は入念に行われる傾向にあります。虚偽申請を行うとそれらの情報がまた信用機関などで共有され、今後どの消費者金融からも一切借り入れが行えなくなることも考えられますので、充分な注意が必要です。

もしも日頃からあまり電話を受けないような作業中心の部署に在籍している場合には、そんな人に電話がかかってくること自体が変に思われることもあるかもしれません。また、派遣社員や契約社員、アルバイトやパートであればそういったよそからの電話があることで上司から不審がられてしまうケースも考えられます。(こちらもご参考に→ローン審査に通りやすい職業ランキング

そのような危険性がある場合には、事前にその旨を電話相談や審査担当者に報告しておき、電話確認に代わる方法を提示してもらうというやり方もあります。たとえば企業の採用通知書や企業名入りの給与明細書をはじめ、各種文書や証明書などを用いて代用できることもありますので、まずは気軽に聞いてみることが大切でしょう。

これらの手続きを経て、以上に挙げた理由に引っ掛からなければ無事に融資が許可される運びとなります。原則として即日融資が可能ですので、お金の支払いが本日中や明日に差し迫っているような状況でも、十分に余裕を持って対処することができるはずです。