ローン審査が通らない人が車を買う方法を教えて

車を購入しようと考えています。そこで、マイカーローンに申し込んだのですが、審査に落ちてしまいました。それでも、今乗っている車は10年ほど乗っていて近頃調子が良くありません。通勤でも車が必要ですし、何とかして新しい車が欲しいのですが、ローンに落ちても車が買える方法というのはないものでしょうか?

銀行などのカードローンを使う方法があります

審査に落ちてしまったのね。段々と自動車ローンは審査が厳しくなってきているから、審査に通らず車が買えない人も増えているのよ。まず、なぜ審査に落ちてしまうのかというと、他の借金の延滞をしている場合が一般的には多いわね。(こちらもご参考に→ローン審査に落ちるのは貧乏のせい?

さて、自動車ローンに落ちてしまったけれど、車が買いたいならばまだ諦めないで。銀行系のローンにアタックするという方法があるわよ。別に、自動車ローンを使わないと車が買えないということはないからね。

自動車ローン以外の、銀行などが扱っているカードローンを使えばいいの。車を買う資金として、カードローンから用意する人も多いわね。ローンのカードを持っていたら、借りる度に審査を受けなくても限度額内で借りられるの。用途も関係ないのよ。だから、今回の車の購入以外にも使えて便利よ。とあるネットバンキングの会社だと、他の銀行などのカードローンとサービスに関して対抗しているの。

もうひとつ良い点としては、銀行のカードローンだから、収入の1/3までしか借りられない総量規制というシステムの対象にもならないということね。総量規制は、消費者金融などの貸金業者から借りる時に対象となるのよ。

あと、300万円までならあなたがどれくらいの収入があるかを、示す書類の提出をすることもいらないのよ。言い遅れたけれど、自動車ローンでは保証人が必要になる場合があるわ。若い人だと、かなりの率で保証人を求められるの。

それと、仕事や家が変わったばかりの場合や、他からの借入金の額が多かったり、車購入のローン額が高い場合に求められる可能性があるわね。理由としては、色々と考えられるのよ。保証人さえいれば審査に通過できるのに、保証人になってくれる人がいないということで、自動車ローンが組めないという人もいるわけ。では、その場合は保証人がいらないカードローンを当たることね。新車の自動車ローンなどと比べると、多少金利が高めだけれど、消費者金融よりは高くはないわ。

欲しい車も買えないというのでは悲しいものね。こういった所も検討してみるといいのではないかしら。諦めずにカードローンを探してみてね。

ローン審査が通らない人が車を買う方法について

車は家に次いで大きな買い物であるため、「現金一括」で購入する方の少ない買い物の一つです。もちろん、欲しい車があり、その車を購入するためにコツコツとお金を貯めて、一括での購入をされる方もいらっしゃいますが、欲しい車を買うために貯金をしていた方ですら、全額を現金一括で購入するのではなく、代金の一部をローンに回すことが多くあるのです。このように、車を買う人の大部分がローンを利用しているのです。

しかし、ローン審査は審査だけあって、誰もが審査を通るとは限らないのです。具体的には、過去のローンで返済の遅れが生じてしまった方や、すでに多くのローンを借りている方、安定していて継続性のある収入が見込めない方などの場合は、ローン審査が通らない確率が高くなります。

上記のような事情でローン審査が通らない人が車を買う方法は、そもそもの車の値段を下げる、もしくは別の車を探すこと以外には、落ちてしまった自動車ローン以外の手段でお金を借り、調達することしか方法はありません。

まず、そのような方がお金を借りる先として考えられるのが、両親などの家族からお金を借りることです。しかし、家族から借りるには当然相手の同意が必要でしょうし、逆に車の購入を反対されてしまい、当初の目的であった車の購入がそもそもできなくなってしまう可能性もあります。

したがって、家族から借りることが難しい場合は、他にお金を貸してくれる先を探すことになります。そこで考えられるのが、銀行のカードローン(フリーローン)と消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング機能を使用することです。

まず、銀行のカードローンの特徴として、自動車ローンと異なり、借りたお金の使い道が特段限定されていないことがあげられます。例えば、車の購入費用だけでなく、駐車場などの代金も含める形での額をローンとして借り入れることも可能です。

そして、一定額(大体、300万円程度を基準としている銀行が多いです)よりも少額の借入の場合は、収入証明書などの提出が不要となっている場合が多く、仕事が安定しておらず、継続的な収入の証明が困難な方(例えば、フリーターや季節労働者で、一定の時期にある程度のまとまったお金を得られるような職業に就いている方)に向いているといえます。

もっとも、銀行のカードローンについても注意すべき点があります。自動車ローンに比べて金利が少しばかり高い傾向にありますので、その点については、返済計画を立てるうえでも考慮しておく必要があるでしょう。

次が、消費者金融からのキャッシングです。カードローンとキャッシングは、言葉は異なるものの、借りたお金の使い道が特段限定されていない点は同じであり、車の購入に関して利用する場合においては、ほとんど違いがないと理解して良いでしょう。

また、銀行のカードローンと比べた時の特徴として、銀行のカードローンよりも消費者金融のキャッシングのほうが審査が通りやすい傾向にあると言われています。これは、貸付限度額がカードローンとキャッシングでは大きく異なるためです。

300万円程度までを初回から借りられるカードローンとは異なり、消費者金融でのキャッシングでは、初めて借りる場合は借入限度額は少額(20万円から30万円程度と考えておくと良いでしょう)です。そして、総量規制により、年収の3分の1を超える額のキャッシングは行うことができませんし、50万円以上の借入であれば収入証明書を提出する必要があるなど、大きな額を借りるには多少時間がかかる傾向にあります。

なお、消費者金融のキャッシングは、前述のような借入可能な額がはじめは少額ですが、きちんと返済をしていくことで「実績」を残しておけば借入限度額を上げていくことができます。銀行のカードローンの審査が通りづらいと思われる方は、ある程度余裕のあるうちに消費者金融のキャッシングを利用し、「実績」を作っておくことも一つの方法と言えるでしょう。

加えて、昔はカードローンとキャッシングでは、キャッシングのほうが利率が高いイメージがありましたが、現在ではそれらの利率はほとんど違いはありませんので、昔のいわゆる「サラ金」のイメージとは異なるといえます。

そして、もう一つの手段がクレジットカードのキャッシング機能を使用することです。クレジットカードには、ショッピングを行う機能以外にキャッシングを行える機能が付いているものもあるのです。

このキャッシング機能を使用すれば、消費者金融のキャッシングと同じように数十万円程度の借入を行うことができますし、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを新たに登録するような必要はなく、手持ちのカードだけで行うことができるのが便利かつ安心できる点と言えるのです。なお、利率は消費者金融のキャッシングとほとんど同じと考えればよいでしょう。

上記のような方法が、ローン審査が通らない人が車を買う方法として考えられますが、注意すべきことがあります。それは、ローンやキャッシングの審査に落ちてしまうと、次の候補先の審査に悪影響が出てしまう可能性がある、ということです。

A銀行のカードローンの審査を受け、審査が通らなかったらBという消費者金融でキャッシングの審査をすればいい、と考えしまう人もいるでしょうが、このようなローンの審査の申込等については、個人情報信用機関にてデータが残ってしまうため、銀行や消費者金融などの会社はチェックをし、結果として申込状況が分かってしまうのです。

そして、申込状況が分かるということは、他の金融機関で断られたという事実についても相手に伝わってしまうということですから、ローン審査に悪影響を与え、審査が通りづらくなってしまうのです。したがって、短期間で多くのローンやキャッシングに申し込むのは辞めておくほうが良いでしょう。

自動車ローンの審査が通らないかもしれないと考える方は、自動車ローンを検討している段階から、カードローンや消費者金融のキャッシングの審査の申し込みを一度してみて、自分が通りやすいのかどうかを確認しておくことをお勧めします。

いずれにせよ、ローン審査が通らない人が車を買う方法としては、他のところからお金を借りることとなりますが、現在は利率がある程度低い時期であり、利率の細かな違いだけに注目するのではなく、カードローンとキャッシングのそれぞれの良い点(上記で列挙したような事項)を考慮し、自分が今回使用するローンとしてどちらが適切か、の観点から考えてみることが重要と言えるのです。

また、カードローン、キャッシング、クレジットカードのどれも、キャンペーンを行っている会社のものはキャンペーン時期は比較的審査が通りやすい傾向にあるとも言われていますので、キャンペーン期間に該当するものがないかについても確認しておくとよいでしょう。

上記で記載した通り、ローン審査が通らない人が車を買う方法をまとめると次に述べる通りとなります。まずは、ローン審査が通りづらい事情(過去の支払いの滞り、安定して継続的な収入がないこと等)が自分にあるかを自動車ローンの申請を行う前に考えておくことが重要です。そのうえで、自動車ローンの審査に落ちた場合に備え、自分の目的にあう借入方法(カードローンか、キャッシングか等)が何かを考えておく必要があります。

そして、いくつかの金融機関の審査を実際に1カ月に1度くらいのペースで受けてみましょう。その段階で通れば仮にその後自動車ローンの審査で落ちてしまっても慌てないで済むでしょう。もしも、自動車ローンに落ちた場合は、各借入方法の性格と、自分の借入者としての属性(収入、仕事の安定性等)を再度検討し、適切な借入方法を探しましょう。そして、借入先を探すうえで、キャンペーンを行っている候補先については注目するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
マイカーローン審査が通らない時はどうする?