本人確認はローン審査のときなんで絶対に必要なの?

何回か色々なローンを使ってきています。カードローンもありますが、分割ローンで購入したものあったりして、ローン経験について結構多い方ではないかなと自分では思っています。ただ、このローンについてですが本人確認が絶対にありますよね。

ローン審査を受けるとどうしても本人確認の電話というのを絶対に受けるわけですが、これって毎回毎回やらないといけないものなんでしょうか。ローン審査でこういうのが必要な理由があるということですか?

もし本人確認の電話がなければ勝手に申し込まれる可能性も

本人確認の電話というのは絶対にどういうローンでも申し込みをすればありますね。例えばカードローンでもそうですし、なにか大きな買物をする時のローンもそうです。こういったものがない、ということは考えられないわけですが、どうして本人確認の電話が必要なの?といえばそれは勝手に他の人が申込みをしたり、悪戯をするということを防ぐということにほかなりません。(こちらもご参考に→ローン審査の在籍確認がないところってある?

その昔は店舗に足を運んでいました。店舗に足を運んでローンを組むことになりましたから、その場合は電話なんて必要ありませんでした。なんせローンを組むといった人が目の前にいるのですから。無人契約機でもそれは同じです。無人契約機にはカメラや受話器が付いているので申込みをしに来た人と話をしたり確認をすることが出来ます。ですから間違えることがほぼありませんでした。

しかし今はネットで申し込みを簡単にできる時代です。ネットでローン審査を受ける申込みはだれでもできるわけで、その後に「ちゃんとあなたは申込みをしましたか?」ということを電話で確認しなければ、イタズラで申し込みをする可能性もあります。だから本人確認の電話が必要であり、その後も免許証などを使って確認をするようにしてある、というわけです。

こういったチェックを幾つかしなければ、ネットでのローンというのは難しいということでもあります。特にハードルを低くして、誰でも申し込みができるようにしているならばなおさらです。仕方ないことではありますが、こういったチェックは利用者としても受け入れるしか無いでしょう。

まぁ電話をした時についでに注意事項なども説明できたりするので、マイナスばかりではないということを聞いたこともあります。そんなに本人確認の電話があるということに気を使い過ぎる必要もないかと思います。とにかくネットになると本当に適当にメールを送ったり罵詈雑言言われたりなど、非常に便利になる文リスクも高くなっていますから、こういったチェック行為はずっと必要なのでしょう。

【参考ページはこちら】
ローン審査に通るには自宅の電話が必要?

ローン審査における本人確認の時点で必要となる書類とは?

日常の暮らしでもしも何らかの緊急性の高い出費が発生した時、それに対処できるだけの金銭的な余裕がないと苦難に直面してしまうことでしょう。毎月の税金や保険料、各種ローンの支払い、それに家賃や子供の教育費などに至るまで、最低限は必要と思われる出費だけでも月に十数万は簡単に飛んでいってしまいます。

さらにこれに仕事上の付き合いや友人関係の交流などにかける費用が加算されたり、冠婚葬祭で急にお金が必要になったり、さらには家族同士で旅行やリクリエーションに出掛けるなどして数万円単位での出費を余儀なくされることも度々あるでしょう。そして毎日の仕事上の疲れを癒すためには、自分へのご褒美として服や靴などのファッションアイテムを購入したり、音楽や映画、演劇などの鑑賞で精気を養ったり、趣味や嗜好性を突き詰めるためにもお金はいくらでもかかってしまうものです。

こうした出費に見舞われると、気になるのは財布の中身や貯蓄の残高です。就職してまだ間もない新人であれば給料もさほど多くはないでしょうし、さらに会社の中堅どころでも結婚や出産を経て家族が増えるとかなりの負担を抱えてしまうもの。こうした家計の中でも的確にお金をやりくりしていくためにも、お金の不足時に救いの手を差し伸べてくれる存在をひとつやふたつ、確保しておくことは大切です。

もちろん、親や親戚、それに友人などは真剣に相談してみれば気軽に融資に応じてくれるかもしれません。しかしながら近しい関係でこういったお金の貸し借りに慣れっこになってしまうと、いつしかその状態に甘えが生じてしまい、関係性の悪化を招きかねません。実際にそうやって大切な関係を損なってしまうパターンは数多くあるもの。このようなケースをできるだけ防いで、あくまで自分の責任においてお金を捻出するためにも、お金の不足時には消費者金融などから手軽に融資を受けるのが最適と言えるでしょう。

消費者金融では利用者の利便性に応じた様々な借り入れ方法を展開していますが、その中でも抜群の人気を誇っているのがカードローンやキャッシングです。このカードローンは事前契約によって個人カードを発行して持っておくことで、お金の必要時には専用のATMへと駆けつけることで簡単に融資金を引き出すことができます。

これに対してキャッシングとは、お金が必要になるごとに消費者金融側に申し込みを行い、それが認可されたら即日中に銀行の預金口座に一括振り込みが行われるという手法のこと。一般的に、1回きり、あるいは断続的な融資サービスの利用であればキャッシングが適しており、継続的な利用であればカードローンが最適と言われています。

このように便利な特徴を持った借り入れサービスですが、利用するにあたってはローン審査を通過することが欠かせません。キャッシングの場合、インターネットや電話、郵送などを用いた申し込み方法が使われますが、カードローンになるとこれらに加えて店舗窓口や自動契約機といったものを使った申し込み方法も加わってくることになります。

まずはそれぞれの方法で申請者の必要事項を伝える必要がありますが、申請フォームには様々な項目を記載する欄が設けられており、氏名、生年月日、職業、勤務先、年収などの他にも、任意事項として勤続年数や家族構成、それぞれの仕事内容、賃貸や持ち家などの自宅の種類を書き記す欄もあります。さらに現在の他社からの借り入れ額についても申告が必要です。

これらの事柄を記入してから正式な手続きに入るわけですが、これに加えて申請者が自らの本人確認を行うためにも身分証の提示が求められることがあります。この時、どのような証明書や書類がこの本人確認資料に該当するのかは消費者金融がそれぞれに定める規約によって異なってくるので確認が欠かせません。

通常の事例でいうと、まず運転免許証はほとんどの金融機関において一発で受け付けてもらえる本人確認書類と言えるでしょう。写真付きでなおかつ住所も確認できるのでパーフェクトな書類です。しかし中には自動車の運転を行わないために免許証を持たない人もいるでしょう。そうであれば健康保険証やパスポートを提示するという方法もあります。

ただし、パスポートの場合、住所をきちんと手書きで記入しておく必要があります。長らく使用していないパスポートだと住所が現在と大きく異なることがありますので、そうであれば借り入れ契約が行えなくなってしまいます。その時には、公共料金の請求書や証明書などに現住所が記載されてあるのを確認した上で、その書類を提示すれば受け付けてもらえます。

さらに、もしも外国籍の人が借り入れ契約を行いたいのであれば、運転免許証やパスポートや健康保険証などでなく、在留カードや特別永住者証明書を提示しなければなりません。また法令によって認められた期間内であれば外国人登録証明書もこれに該当します。

こういった諸々の確認書類は、店舗窓口で現物を提示して確認してもらうことも可能です。距離の遠いところにお住まいであればコピーしたものを郵送やファックスなどで送信するという方法も有効ですし、なおかつカードローンの申し込みであれば自動契約機内に設置してあるスキャナーやカメラなどで証明書の内容を読み取って、そのデータを送信することで受け付けを完了させることもできます。

また、最近ではパソコンやスマートフォンを使って簡単に申し込む方法も浸透してきており、忙しい最中にあって自分のタイミングで申請するやり方が若い世代を中心に大きな支持を集めています。本人確認資料に関してもパソコンやスマートフォンから送信することが出来ます。

まずはスマートフォンやデジカメで書類がハッキリと映るように撮影し、その画像データをメール添付したり、アップロードしたりすることで先方に送ればこれでも大丈夫です。ただし、消費者金融の中にはこれらのデジタルな対応に追いついていないものも少なくありません。パソコンやスマートフォンを使って借り入れ処理を行う際には相手先の技術的なレベルを把握した上で、それに合わせた申し込み方法を採択するようにしましょう。

本人確認書類とあわせて、申し込み契約では年収証明書の提示が求められることもあります。これは希望する融資額が多額に及ぶときなどに、果たして申請者がそれにふさわしい返済能力や経済力を有しているかどうかをチェックするためのもので、この場合も店舗窓口や郵送、自動契約機、それにパソコンやスマートフォンを使ったデジタル送信の中から手法を選ぶことができます。

ここまで申し込み手続きが終われば、あとはもうローン審査の成り行きを待つだけとなります。まずは信用機関への照会によって過去の借り入れで問題がなかったか、返済事故は起こっていないかという履歴がチェックされ、なおかつ他社からの借り入れ額の合計が総量規制のラインに達していないかどうかも入念に確認されます。そして短期間のうちに数多くの同業者へ借り入れ申し込みを行って却下されていたりなどすると、要注意としてブラック扱いを受けることもありますので、注意が必要です。

さらにローン審査を進めると、最終段階として在籍確認が行われます。これは申請者の勤務先に直接電話してみて、申請者が本当にその職場で働いているのかを確認するというもの。このようにして申請者の勤務実態を確かめることで、年収や職業などの申請情報が本当に正しいものであって、経済力や返済能力、社会的な地位などもきちんと条件を充たしていることが認められるのです。

以上の手続きによってローン審査の全過程は修了となります。あとはカードローンであれば店舗窓口、自動契約機、あるいは郵送などでカードを受け取ることですぐにATMの利用が可能となり、キャッシングならば即日中に銀行口座へ振り込みが行われることとなります。いずれも審査時間は60分程度ですぐに完了しますので、即日中や明日にでもお金が必要な時にでも、十分に間に合わせることが可能です。