ローン審査の在籍対応とは何ですか?

今度ローンを考えています。そこで、審査があると思うのですが、審査に関して在籍確認というものがあると聞きましたが、在籍対応という言葉も耳にしました。在籍対応とは一体何のことなのでしょうか?教えてください。

申し込み者に代わりアリバイ会社がする在籍確認応対システムです

在籍確認は、ローンの審査の一つで、あなたが申請した職場で本当に働いているのかを調べるのよ。けれど、職業が水商売などの場合で言いたくないということもあるわね。そんな時に、“アリバイ会社”というところで用意してくれている企業に在籍の登録をすれば、信用度も上がるというわけなの。ローン会社からかかってきた在籍確認の電話に、アリバイ会社のオペレーターが対応してくれるのよ。もっと信用度が欲しいと言う人にはぴったりね。

あるアリバイ会社の例だけれど、かかってきた在籍確認の電話をあなたの電話に転送をしてくれるサービスもあるの。オペレーターの人が、保留音の鳴っている間に電話を操作するのだけれど、転送したとは相手方にはわからないのよ。

在籍対応は、ローン会社の方で『アリバイ会社ではないかな?』と分かってしまいかねないけれど、オペレーターもあらゆるパターンに備えていて、ぬかりはないということなの。その会社は、男女で料金も違うけれど、5000円から8000円で利用できるわ。

といっても、これは嘘を吐くことになるわよね。もちろん嘘はいけないことよ。それに、幾らオペレーターさんが頑張ってくれたとしても、バレないとは限らないわ。

そうなると、あなたの信用は更に失墜してしまうわね。気軽に使いたい気もするアリバイ会社だけれど、注意がとても必要だと思うわ。それでも、このアリバイ会社を利用する人は増えているわね。確かに、無職だったり、ご自分のお仕事のことを言いたくない人もいるでしょう。

けれど、法律にも関わってくるしリスクはあるのよ。詐欺とされて訴えられてもおかしくないわ。このアリバイ会社を利用した人が逮捕されたという事件もあったのよ。

在籍確認に関することではなかったのだけれど、アリバイ会社は摘発されたの。アリバイ会社自体が危ういということなのよね。こういったアリバイ会社は、確かに様々存在するわ。それだけニーズもあるということかしら。けれど、これを使ってしまったら、あなた自身も罪に問われる可能性もあるの。

もしアリバイ会社を使ったことが契約してから明るみになったら、刑事事件になってしまったとして、詐欺罪の容疑をかけられることもあるわよ。民事だったとしても、ローン会社から損害賠償を求められる場合もあるの。あなたは利用しようと思っているわけではないかもしれないけれど、軽い気持ちで利用してはいけないわ。くれぐれも、勤務先は嘘を吐かない様にしてね。
(⇒ローン審査の電話で審査に落ちたり受かったりが決まる?

ローン審査のときの勤務先への電話での在籍対応

カードローンの審査の時には、勤めている会社に在籍確認が行われます。基本的に、在籍確認は電話で行われます。なぜ、審査のときに電話で在籍確認をするのかというと、基本的にローンの申込みは自己申告になります。

申込み者の中には、申込み書の勤務先記入欄に無職であるにもかからわず架空の会社名を記入したり、すでに退職済みの会社を記入する、アリバイ会社を利用している方などが中にはいるのです。

ほんとうにその会社で働いているかどうか確認のために電話で在籍確認して裏を取るのです。ローンが申し込みできる条件は、安定した収入があることですので、収入がないとなると貸したお金を返済していくことができないです。申告通りかどうか確認のためにも在籍確認が行われるのです。

電話で会社に確認がとられますので、ちょっと不安な方もいます。もしかしたら、会社に借金をしていることがばれてしまうのではないかとなってしまいますが、どのようにして在籍対応をするかというと、ローン審査担当者の個人名にて電話をかけてくれます。その際に、消費者金融会社の社名は名乗ることはありませんので、在籍確認で会社に借金が発覚する可能性は低いですのでプライバシーに関しては十分配慮されています。

銀行などでのローン審査では、銀行名を名乗ることがあります。イメージですが、銀行よりも消費者金融のほうがお金を借りているとなるといいとはいえませんので、個人名でかけくれることは助かります。会社に銀行から電話がかかってくる要件だと何もローンに関してだけではありませんので、問題がないという場合もありますが、消費者金融から勤めている会社に電話がかかってくると在籍確認が延滞している借金の督促かどちらかになります。

消費者金融から社名を名乗っての電話ですとあまりいいものではありませんので、個人名でかけてくれるのです。電話をかける際ですが、希望を出すことができます。金融業者によって異なるのですが、電話をかける人を男性または女性にかけてほしいなど希望をだすことができます。

女性の申込み者の方で、男性から職場に電話がかかってくるとなるとデートの約束の電話かなとか、何の用事で異性から電話がかかってくるんだなどと勘繰る人がいかねませんので、在籍確認の電話をかけるまえに男性か女性かを希望することができる金融業者もあるのです。在籍確認の電話は、在籍の確認がとれましたらそれで電話は終わります。余計なことを会社の人に聞くことはないです。

どのような会話で電話しているのかというとその内容は、審査担当者をA、申込み者をB、在籍確認で電話に出たひとをCとします。Aと申しますがBさんいますでしょうか、とかけます。そこで、勤め先の会社の人CがBさんはいま営業に出ています。14時ころに戻りますが、わたくしが代わりに要件をうけたまわりましょうか、ここでAが、けっこうですいないようでしたらまた改めますので失礼します。

以上のような内容で在籍確認が行われます。在籍確認は本人が会社にいなくても問題ないです。他の方が電話に出て申込み者本人がその会社に在籍しているかどうかを証明してくれたほうが確認になるからです。また、会社にかけるときの電話ですが非通知でかけてくれます。

もし、あとで電話の着信履歴をみてこの電話番号は何だったのか、もし取引先からの電話であればすぐにかけ直さなければならないとなったときに電話してみたら消費者金融の電話番号だったとなると、そこで借金をしていることがばれてしまう恐れがありますので電話番号は非通知で在籍確認の電話をかけてくれます。

勤めている会社が、頻繁に他の会社と取引があったり訪問してくる人やアポをとる電話が多い所だととくに問題ないのですが、普段あまり電話がかかってこないような職場で自分あてに電話があるとなると不自然となってしまうこともあります。そのようなときのために、身内を装って電話をかけてくれたり知人や友人の感じでかけてくれたりなどしてくれますので、そういった要望は在籍確認の電話をするまえに希望をだすことで希望をある程度のんでくれます。

架空の会社名を名乗ってかけたり、既にある他社の名前を名乗ってかけてくださいということはできない場合がありますので注意してください。また、社名でかけても構わない場合は社名でも問題ないです、金融業者によっては電話をかけるさいの別会社名をもっていることがありますので、その会社名でかけてもらうこともできます。また、電話で在籍確認がとれなかった場合です。

在籍確認がとれないとなると、本当に仕事をしているかどうかは分かりませんので融資をしていることができないです。ただし、土曜日や日曜日の申込み、祝祭日だとカレンダー通りに営業している会社は、その日に申込みをしても在籍確認で勤務先に電話をしても誰も電話に出る人がいなくてかけてもずっとコールしっぱなしや留守電になることがあります。

この場合ですが、翌営業日に再度在籍確認がとれらます。審査事態は完了して、在籍確認がとれれば融資は可能だけれども勤務先が休みで電話で取れない場合は、契約手続きだけ先に進めることができます。キャッシングカードも発行してもらえますが、そのカードをATMにいれてもまだ在籍確認がとれていない状態ですので使用はできないです。

土曜日に申込みをして、会社が土日休みであれば月曜日に営業時間帯に金融業者が再度勤務先に電話をかけます。電話をかけて在籍確認がとれれば、融資可能なカードとなります。そのため、即日融資を希望している場合はこの点に注意する必要があります。また、金融業者の中でですが、在籍確認の電話をしなくても融資をしてくれる会社も少なからずあります。

仕事をしていることが確認できないと融資はできないのですが、ではどのようにして在籍確認をするのかというと書類になります。例えば、社会保険証や源泉徴収票です。社会保険証や源泉徴収票はその会社に勤めていなければ発行されないものです。ということは、その書類を提示することで在籍確認となるのです。さらに、源泉徴収票には入社年月日、社会保険証は交付年月日が入社日となります。そのため勤続期間が何年かが分かります。

勤続年数は融資の限度額に影響するポイントですので、それを知っている人は申込みのとき勤務期間があまりたっていないにもかかわらず、何年も務めていると虚偽の申告をするケースもあります。在籍確認や本人確認のときにこれらの書類を提示してもらうことで、信用性があります。

在籍確認を書類で行うことで、電話しても会社が休みだとその分次の営業日までまたなければなりませんが、書類であれば会社が休みで誰も電話に出る人がいない状況であっても確認をとることができますので、土曜日や日曜日そして祝祭日のカードローン申込みであっても申込みをした当日にカードを発行してくれて融資を受けることができます。

ただし、原則的には在籍確認は電話で行われます。どうしても電話をかけてほしくないから書類で確認してくださいと最初から言ってくるとなると、逆に不信になります。書類だけで在籍確認OKという金融業者は少ないのですが、会社が個人からの私用の電話は繋がないといったところもありますので、そのような事情がある方の場合は書類だけで申込みや在籍確認をとってくれるカードローン会社を選んで申込みをすることです。

そして、カードローン利用後ですが限度額を増やしたい場合には再度増額できるかどうかの審査があります。ここで、勤務先が変更していないのであれば電話での在籍確認は免除される会社が多いです。しかし、最初にカードローンの契約をしてときと勤務先が変わっていることで登録内容に変更がある場合には、増額の審査でも新しい勤務先、転職先に在籍確認の電話があります。増額を伴わない単なる登録内容変更の場合は行われないです。

【参考ページはこちら】
ローン審査は固定電話と携帯電話が必要?