ディーラーローンで審査の緩いとこはどこですか?

今度初めて車を買おうと思っています。お金はディーラーローンを使って払おうかと考えてるんですけど、審査の緩いとこはどこなんですか?もしよかったら教えてください。

ディーラーローンの審査は基本的に緩いです

まず、ディーラーローンだと、審査はかなり緩いから通過しやすいのよ。時には金利が低くなるキャンペーンもやっていることがあるから、その時期に利用するのも手よね。その時は2%か3%ほどで利用できるの。

この低金利の期間でなくても、車を買う時に交渉すれば金利を下げてくれることもあるわ。申し込みに関しては、ディーラーが用意してくれる申込書に書けば、それからはディーラーの方で手続きもしてくれるの。
(⇒車のローン審査に通らない場合は一括購入しかない?

審査はすぐに結果も出るし、通過できるかどうかでやきもきせずに済むわね。ただし、金利が普通は少し高めで、5%から8%ほどなの。そしてクレジットと同様で、全額を返済し終わらなければ、車は自分の物ということにはならないの。未成年だとか、学生さんだと連帯保証人が必要になるわ。勤続年数が満たなかったり、安定収入がないと求められるわね。親だとか、親戚の人にも頼めるわ。

連帯保証人は、もし借りた人が返せなくなったら、連帯保証人になった人が代わりに返していかなくてならなくなるというものよ。だから、迂闊に頼めないわね。借りる人の年収に合った額でないと借りられないということなの。審査の基準はと言うと、ローンを組んだ時に20歳以上なら、65歳か70歳までに返済を終えること。そして安定した収入ね。あと、住所や居住年数も審査対象よ。

勤続年数は、長ければそれだけ審査に通り易くなるの。借り入れの内容によっては、1年未満であっても通過できることもあるのよ。勤務形態も大事ね。仕事先の規模も関わってくるわ。

それでも、会社によって基準は色々あって一様ではないの。金額によっては、頭金が必要な場合もあるわ。これは必ずというわけではないのだけれど、販売しているお店や信販会社によっては、諸費用の分はローンの中に入れないで、頭金という形にして現金で払うように言われることもあるの。

ローンを申し込む時の重要な点としては、金利も大事ね。しかしこれだけではないわ。自分がこれから先ちゃんと返していけるという額の範囲内で借りること。そして毎月の返済する額についても、自分が払っていける額に定めること。また返済に長い期間をかけると毎月の返済も少なくなるけれど、あまりにも長期の返済にはしないこと。自動車ローンを組むなら、他のローンを組まない様にすること。

借りる時に条件があったら、その説明はちゃんと隅々まで聞きもらさない様にして、理解することね。ローンを組む時はしっかり考えてね。

ディーラーローン審査緩いとこでもチェックされる5つのポイント

自動車を購入する時、購入費用の支払い方は一括と分割の2種類があります。一括の場合は、車の価格と同じ分だけ貯蓄を行って購入費用を得る方法です。分割の場合は、自動車ローンを利用して融資を受ける方法です。

一括で支払おうとする場合は利子を支払う必要がありません。しかし、長い時間をかけて貯蓄を行う必要がある為、不便な方法とも言えます。しかし、自動車ローンを利用すれば購入費用をずっと早く得る事が可能です。利子を付けて返済する必要があり頭金としてある程度の貯蓄も必要になりますが、上手に利用する事で自動車を購入しやすくなります。

自動車ローンは、様々なローン会社が参入している競争の激しい分野です。一般的な知名度の高いメガバンクや地域で馴染みのある地方銀行等の他、大手金融機関のグループ会社も自動車ローンを取り扱っています。しかし、これらのローン会社は審査が厳しく利用するのが難しい傾向があります。
(⇒車のローン審査、お試し審査などはある?

しかし、審査が緩くて利用しやすい自動車ローンを提供しているローン会社もあります。自動車ディーラーが提携している信販会社やクレジット会社といったローン会社が取り扱っている、ディーラーローンです。

ディーラーローンは利用申し込みが簡単で審査も早く終わる為、顧客にとって敷居が低いものです。ただし、ディーラーローン審査緩いとこでも、全てのローン利用希望者が融資を受けられるとは限りません。ローン会社は顧客と信用関係と互恵関係を築けるかを調べてから契約を締結するからです。

ローン会社がローンの利用申し込みをした顧客を審査するポイントには

つがあります。

1つ目は、ディーラーローンを計画的に利用する事です。例えば300万円の自動車を購入する時に、購入費用の全額をローンで賄うのは計画的な利用とは言えません。

300万円ものローンを返済する場合、顧客が返済するローンの総額は高額になります。ローン総額が高額であれば、毎月のローン返済額も高くなり、顧客の経済を圧迫するものです。ローン会社は顧客の経済状態が悪化する事で、毎月のローン返済が滞る事を嫌います。この為、無計画なローン利用をする顧客とは契約を締結しないものです。

300万円の自動車を購入する際は、最低でも60万円の頭金を用意するべきです。残り240万円をローンで返済する計画であれば毎月のローン返済額は低くなり、余裕のあるローン返済ができます。ローン会社にとっても、滞りなくローンを返済できる計画ですから、ローン契約を締結する検討ができます。

2つ目は、既に他社と多くのローン契約をしている事です。ローン会社は、多数のローン契約を結んでいる顧客とは信用関係を結べないと考えるものです。

ローン契約を多数行っている顧客は、ディーラーローンを契約した後も別の会社とローン契約を結んでいく恐れがあります。ローン契約を締結した時に顧客の経済環境が良好であっても、その後に契約する他社とのローンの返済額が積み重なって顧客の経済状態が悪化すれば、ローン返済は滞ります。

たとえ高収入を安定して維持し続けている方であっても、ローン契約数が増えればやがてローン返済額が収入を上回るでしょう。この為、数多くのローン契約を持っている顧客は、ローン会社からローン契約を締結する信頼関係を築けないと判断されるのです。

ローン会社は顧客に自動車購入費用を融資して、それを返済してもらう事で利益を得ていますから、余裕のある経済状態を維持できる顧客でなければ、ローン契約を結ぶ事ができません。ディーラーローンを利用したい方は、既に締結しているローンの返済を終えてから利用申請をしましょう。

3つ目は、ローンの返済総額が多すぎる事です。ローンの契約数が1件だけでも、返済総額が多すぎれば毎月のローン返済額も多くなります。また、返済期間も長くなりますので、ローン会社は顧客の経済環境を悪い状態と考えます。

ローンの返済総額が多い顧客がローン会社とディーラーローンを契約すると、元々多かった返済総額がさらに増す事になります。毎月の返済額も重みを増すので、顧客はローン返済を滞納するリスクが高くなると言えます。顧客の経済的負担が増すと利益が得られないだけでなく、融資が焦げ付いて資金を回収できなくなる恐れがあるのです。

この為、ローン会社はローンの返済総額が多すぎる顧客とのローン契約を見送る傾向があります。ディーラーローンを利用した方で返済額の大きなローンを持っている方は、まず先にローンを返済してから利用申し込みを行いましょう。

4つ目は、適切な収入を維持し続けている事です。例えば、正社員として1つの会社で長年働き続けている方であれば、ローン会社は信用できる顧客として判断するでしょう。

正社員として就職してまだ1年未満という方の場合は、ローン会社から見て離職のリスクがあります。しかし、1年以上の勤続年数を維持すれば、ローン会社も顧客が会社や業界に馴染んできたものと見てディーラーローン契約を締結する検討を始めます。3年以上の勤続年数があれば、良い顧客として歓迎するでしょう。

高収入を得ている方でも、勤続年数が短ければローン会社は契約を締結しません。例として、転職や独立に成功して収入が大幅に増えた方でも、ローン会社から見れば退職や倒産のリスクがあります。この為、高収入を得られている顧客からのローン利用申し込みがあっても、転職から1年以上は様子を見るものです。独立して自営業を始めたという顧客であれば、3年程は様子を見て経営が軌道に乗るのを待ちます。

就職したばかりでディーラーローンの利用を考えている方は、翌年の利用申し込みに備えて頭金を貯蓄しておくと良いでしょう。頭金は少し多めに用意する事で、審査で有利に働きます。

5つ目は、情報を正確に伝える事です。ローンの利用申し込みを行う時は、様々な書類に情報を記入します。しかし、ここで間違った情報や嘘を記入すると、ローン会社の信用関係や互恵関係を築けなくなります。

ローン会社にとって、情報は顧客とローン契約を締結する上で重要な判断材料です。間違った情報を元にして本来ローン契約を締結しないはずの顧客に融資をすると、融資が焦げ付いて損失が生じてしまいます。また、偽造した情報を利用した詐欺等の不法行為も発生していますので、ローン会社にとっては正確な情報を伝えない顧客との契約が難しいものです。

ローン会社へディーラーローンの利用申し込みをする際は、必ず間違いのない情報を伝えましょう。正しい情報をローン会社へ伝える事はローン会社との信頼を築けるだけでなく、適切なサービスを受ける事にも繋がります。

5つのポイントをチェックする事で、ディーラーローン審査をより通しやすくなるでしょう。自動車ローンはある程度の貯蓄をするだけで自動車を購入できる便利なサービスです。上手に活用して、より早く自動車を購入できるようにしましょう。

ただし自動車ローンを利用する上で、覚えておきたい注意点もあります。まず、ディーラーローンは銀行等のローンに比べて金利が高いという事があります。申し込みが簡単で審査も緩くて早いものですが、利用する事で返済総額が多少多くなることは覚えておきましょう。

また、ディーラーローンは自動車ディーラーで販売している自動車にだけ使う事ができるものです。他のディーラーで販売している自動車では使う事ができません。この為、自動車の選択の幅は少し狭まるものとして覚えておきましょう。

この他にも、自動車ローンの需要を見込んだ詐欺や不法行為に気を付けましょう。例えば、連帯保証人を紹介すると勧誘して高額な紹介料を請求し、紹介料を受け取って逃げる詐欺があるものです。頼んでいないのに利用を勧めてくる業者や、怪しいサービスを提供している業者には関係を持たないようにしましょう。信頼できるローン会社とローン契約をする事で、初めて有意義なディーラーローンの利用ができるものです。

【参考ページはこちら】
一般的に車のローン審査は甘い?厳しい?