ゆうちょ銀行フリーローン審査緩いのもあると聞きましたが…

子供の頃から郵貯銀行を使っている私としては、他の銀行を使ったりする理由がありません。何かと便利ですし、最近はコンビニなんかでも使えますし、駅にATMがある所も多いですから不便はしていません。しかし基本は口座での引き出しと預入くらいしかしていないので、その他のことは疎いのです。

たまにゆうちょ銀行フリーローン審査緩いのもあるというのを聞いていますが、ゆうちょ銀行フリーローン審査緩いのもあるというと、厳しい物もあるということなのでしょうか。そもそもゆうちょ銀行フリーローンというものがあるのを知らなかったんですが、存在しているのですか?

郵貯銀行のフリーローンはマイナーで発展途上だ

まだまだゆうちょ銀行というのは使っている人たちも基本はATMを使うくらいのもので、お金を預け入れたり引き出したりするくらいのものでしょう。会社の給料を入れたり、もしくは貯金用に使っていたりする人もいるようですが。だからあまりゆうちょ銀行のフリーローンがあるということも知らない人のほうが多いと思います。まだまだマイナーで発展途上ですから。

そもそもなぜフリーローンがマイナーかというと利用している人がいないからです。商品としては作ってあるんですが、これは国の許可がないと動き出せないというようになっています。まだまだ民営化しているとはいえ、国の関与というのが必要になっているので、法律上は普通の銀行とは同じではないのです。だからフリーローンはマイナーで担保付きの貸付しかやっていないのです。

ただ例外としてカードローンを別の銀行経由で売り出したりしているところもあります。これを使っている人は少なくないでしょう。そもそもゆうちょ銀行フリーローン審査緩いと言う前に、これはゆうちょ銀行のフリーローンなのか?という疑問もありますが。それでもこの窓口になっている銀行の販売している商品はゆうちょが関係しているというように言われています。

ですのでこれについての話であれば、審査自体は結構ゆるめだと言えます。ゆるいけれども借り入れをする時の金利であるとか借りられる金額についてはあまりよい条件ではありません。それこそ大手の銀行系カードローンを使ったほうがいいでしょう。大手の銀行系カードローンであれば審査は厳しいかもしれませんが、条件面で言えば圧倒的にいいですから。

今後法律も変わっていくし、ゆうちょ銀行そのものも変わっていくかと思いますが、その時に審査自体がどんどん変わっていくんではないかと思います。そうなればゆうちょ銀行カードローンも使いやすくなるでしょうね。

【参考ページはこちら】
スルガ銀行のローン審査は大手よりも通りやすい?

ゆうちょ銀行フリーローン審査緩いのはなぜでしょう?

日本全国にあるゆうちょ銀行。平成19年に郵政民営化とともに郵便局がゆうちょ銀行となりました。ゆうちょ銀行となってからどのようなことが変わったのか、おわかりでしょうか?もっとも民営化をきっかけに大きな変化というのは、代表的にやはり金融所品の取り扱いではないかと思います。

ひとつ大きなことは、ゆうちょ銀行がスルガ銀行と提携して金融商品を販売することに力を入れていることです。ゆうちょ銀行は民営化によって顧客から預かっている銀行預金を、日本国債の投資以外の部分を行い収益を上げることに力をいれています。ゆうちょ銀行のホームページにも記載されているように、ゆうちょ銀行がスルガ銀行の代理窓口となって申し込み受付を行っています。

金融商品とはいわゆるローンのことです。ゆうちょ銀行がスルガ銀行と提携して取り扱っているローン商品は主に個人向けローンがメインです。

ひとつは、カードローン「したく」です。最高500万円の融資(初回は300万円)まで、利息は、年利7.0%から14.9%という急な出費に心強いカードローンです。インターネットでの申し込みの場合には仮審査まで30分、特に電話での申し込みの場合審査も早くなるようで30分で、融資可能となるケースもあるようです。

ふたつめは、住宅ローン「ホーム ローン夢舞台」です。この商品の特徴は個人事業主、働く女性向け、50歳以上のシニア向け、実家の建て替え向けなど基本タイプをはじめとして何と14タイプもの特徴をとらえたタイプ別分け、個人のニーズに合わせた申し込みが可能な住宅ローンです。
(⇒住宅ローン審査に通れない理由とは

続いて最後のローン商品は、フリーローン「夢航路」です。フリーローンの特徴としてまず、「目的型」と「親孝行型」にわかれておりさらに、目的型ローンでは、スキルアップ目的の「自己投資型」、お子様の教育計画のひとつに幼稚園から大学まで対象となる「教育プラン」、新車と中古車も対象で乗り換えを応援する「オートプラン」、結婚や出産などハッピーな出費を応援する「ハッピープラン」、屋上緑化やソーラーパネル設置購入費用などのための「エコプラン」、お風呂やキッチンなど水周りの修理費用に「リフォームプラン」、事業資金以外であればご利用用途は自由な「フリープラン」というようにかなり細かくわけられているのが特徴です。

親孝行型では、ご家族のためご実家のためにかかる費用、高額医療費などにも使えるフリーローンとしてのご利用が可能です。

フリーローンは目的別にわかれた目的型、親孝行型とかなり細かく商品がラインナップされているので、迷ったときには相談しに近くのローン取り扱いのゆうちょ銀行へ訪れたり、専用のローンサービスセンターに電話をしてよくご相談された方がぴったりの商品を選ぶことができそうです。またゆうちょ銀行ローンページより詳しい資料なども取り寄せることができるので、ご家族とじっくり内容を確認することもできます。

ここまで3つゆうちょ銀行で扱う商品をご紹介してきましたが、この3つの商品の中で一番融資までの時間が早く目的が自由に使えるということで個人の急な出費に一番ぴったりな商品は、カードローン「したく」ではないでしょうか。

金利も銀行ローンということで年利7.0%から14.9%と、消費者金融もしくはクレジット会社のキャッシングなどと比べると金利が低くなっています。フリーローンは、カードローンと詳細に利用目的がわかれておりお金を使う目的以外に利用することはあまりよくありません。目的別のフリーローンは融資の目的が明確な方が、審査を受けたいときにはよい商品だと思います。

ゆうちょ銀行カードローン(用途自由のフリーローン)の魅力についてまとめていくと、銀行ローンということで賃金業法改正によっての総量規制対象外になりますので、消費者金融等のキャッシングよりもだんぜん借りやすくなり、働く女性にもおすすめの商品です。アルバイトの型や年金生活の方でも一定の安定した収入があれば申し込み可能ということでかなり対象となる方も、多いのではないかと思います。

ゆうちょ銀行フリーローン審査緩いのではという噂などもよく聞きますが、銀行ローンということで総量規制対象外ということからも言われている理由にあてはまりそうです。ゆうちょ銀行のフリーローン取り扱いの支店でも窓口で申し込みや相談に乗ってもらうことができるので、やはり直接対面で話して申し込みができる点としても申込者の様々な情報が多く伝えられ、審査が通りやすくなる可能性もあるかもしれません。

また民営化にともなって収益を上げる必要性から顧客が利用しやすいカードローンに力を入れていることもあるのではないかと推測されます。

全国に窓口があるので、対面で申し込みたい場合などにはゆうちょ銀行のカードローンやフリーローンはかなり申し込みをする方にとって便利な商品だと思います。インターネット、電話など他にも申し込みの受付方法も幅広く、24時間体制で申し込み者のニーズに合わせた受付けの窓口を設けています。カードローンを利用する際に、気になるのがどこで利用できるのかということですよね。

ゆうちょ銀行カードローンでは、全国あらゆる所にあるゆうちょ銀行ATMはもちろんのこと、スルガ銀行、そして提携金融機関のATMでも利用することができます。すぐそばにある郵便局や、ATMで手数料無料で利用できるのは急ぎで利用したい場合には最高に便利なカードローンだと思います。コンビニATMセブン銀行やイオン銀行のATMも利用できるので、24時間対応してくれるカードローンではないでしょうか。

他にもうひとつゆうちょ銀行カードローンのとても便利な点についてご紹介させて頂きます。それはスイングパックというシステムです。持っているゆうちょ銀行総合口座より自働的に毎月、カードローン専用支店口座へお振り替えをするというシステム。返済日をうっかり忘れそうになっていてもゆうちょ銀行へ入金をしておけば安心。

自動的に返済を行ってくれるので多忙な時でも払い忘れがなく安心です。そしてゆうちょ銀行インターネットバンキングを利用されている方は、事前に振り替え予定日を教えてくれるのでインターネットバンキングであれば24時間忘れることなく入金することができます。

ボーナス月など1月・7月、6月・12月のいずれかから返済額の増額も可能です。あらかじめ設定しておけば返済額を増額して返済できるようになります。消費者のニーズに合わせた利用方法ができるので、便利なシステムを使いながら計画的にフリーローンを利用すると、生活にとってとても便利な商品です。

ゆうちょ銀行は資産残高が日本最大ともいわれる銀行ですが、フリーローンや住宅ローンなどの商品以外にも独自に預金担保残高貸付などという面白い金融商品があります。預金口座にある残高を担保にしての貸付ですからもちろん預金口座に残高がなければ融資を受けることはできないので、利用方法は限られてきます。

他にもうひとつ、国債自動貸付という金融商品があります。国債を担保として見合った金額を融資してもらえる商品です。ゆうちょ銀行は国と強いつながりのある銀行のためこのような国と関連性のある商品も多いのではないでしょうか。

いずれにしても、急な出費や個人が申し込み利用しやすいのはカードローンが特化しているのがおわかりいただけるかと思います。追加としてゆうちょ銀行は年末年始、通常の銀行がお休みの間も稼動しており利用しやすいATMがあちらこちらにあります。

ゆうちょ銀行は、カードローンなどサービスが充実させている現在では、とても利便性を高く保っていおり、顧客のニーズに答えつづけてくれることと期待がふくらみます。

急な出費にとても便利なフリーローンですが、返済計画などをきちんと立て計画的に便利に利用されることをおすすめいたします。