まだ支払中のリボ払いがあるとローン審査に通らない?

次回考えている消費者金融の利用なんですが、消費者金融系のカードローンを使うにあたって友人から言われた事があるんです。それは消費者金融でも銀行系カードローンでも使う時にはリボ払いがあると振りになる、ということでした。

リボ払いがあるとローン審査に通らないということだと思ったんですけれども、本当でしょうか。私は今クレジットカードの分割で支払いをしているんですが、それがちょうどリボ払いになっているんです。これってもしかしたらカードローンを使うことが出来なかったりするのでしょうか…

カードローンはリボ払い残高次第では落ちることもある

友人が心配してアドバイスしてくれているのだと思いますから、そんなに悪いことではないと思っておいたほうがいいでしょう。実際に本当かどうかというと半分くらいは真実ですからね。リボ払いがあるとローン審査に通らないというのは確実に通らないというわけではありませんが、場合によっては通らない場合も多いので使う時には気をつけておいたほうがいいということです。

リボ払いはいわゆるクレジットカードでの買い物やキャッシングでの買い物で分割支払いをするわけですが、その時に10回払いなど支払い回数を決めるのではなく支払金額を決めるという方法です。支払金額を決めるので毎月支払金額が決まっていて、支払いやすいわけですが、残高の減り方というのが遅いと言われています。なのでなかなか支払いができず残高が残りやすいのです。

消費者金融や銀行系カードローンもリボ払いの支払い方と同じなのですが、この残高があまりにもたくさん残っている時には確かに消費者金融や銀行系カードローンなど、キャッシング出来ないこともあります。借金が多すぎる、総量規制に引っかかる可能性がある、返済できない可能性が高いなどと見られてしまうからです。だからリボ払いがあるなら減らしておいて方がいいでしょう。
(⇒銀行のローン審査が気になる方におすすめ記事

でも少ない金額しか無いというのであれば、そこまで気にしなくても大丈夫です。あと数回だけ返済すれば完済できるというのであれば、十分借り入れをすることが出来ますから。もしリボ払いがあるとローン審査に通らないというのであれば、それは嘘です。リボ払いの金額がまだまだたくさん残っている時に限って通らないというのが本当のところです。

もちろん審査に落ちたくないという人はどんどん審査のために支払いを促進させたほうがいいでしょう。繰り上げ返済でできるだけ残高を減らした状態にしておいたほうが、圧倒的にローン審査に通りやすくなるのは間違いないでしょうから。

リボ払いがあるとローン審査に通らないのは本当か

クレジットカードで買い物をしすぎて、支払いに困ったという時に便利なのがリボ払いです。クレジットカードの利息を支払わないでおこうと思う人の多くは一括払いで支払っています。利息を支払わなくてもよいと考えれば一括払いは優れているのですが、ショッピングをしすぎて支払うことができなくなってしまいます。

このようなときにリボ払いを選択すれば、支払いはかなり楽になります。最近では、買う時に一括払いを選択していたとしても、支払いの前にリボ払いに変更できるサービスもあって、そのために現在ではリボ払いを利用している人は増えています。リボ払い専用のクレジットカードもあるくらいですから、その普及は目覚ましいものだと考えられるのです。しかし、それがローンの影響することもあります。

リボ払いがあるとローン審査に通らないといわれることもありますから、利用するのに躊躇している人も多いのではないでしょうか。実際のところ、影響は全くないとは言えませんが、心配しすぎる必要はありません。むしろ、利用しているほうがよいといわれることもあるくらいです。

悪影響がないわけではなくて、ローン審査に通らなくなることもあります。リボ払いを利用すれば返済はかなり楽になりますから、それが原因で使いすぎてしまうこともあります。そうなって返済ができなくなってしまった時には、その情報が信用情報として登録されます。これが悪影響を与えることになりかねないのです。

信用情報は、金融機関やクレジットカード会社などが利用する情報です。金融機関やクレジットカード会社の間で、信用情報は流通します。この点についてはきちんと把握しておかなければなりません。ですから、たとえばクレジットカードでショッピングをして、そして支払いが滞った場合、その情報がクレジットカード会社だけではなくて、金融機関にも流通することになるのです。

ですから、クレジットカードで滞納をしたことが原因でローン審査に通らなくなることはあります。クレジットカードの滞納がすぐに信用情報として登録されるわけではありません。少し遅れたくらいなら、すぐに支払えばとくに影響はありません。信用情報として登録されるのは、何か月も支払いを滞納した場合です。3か月くらい滞納をすれば、たいていは登録されると考えておきましょう。

リボ払いは便利なのですが、使いすぎてしまうことがありますから注意が必要です。使いすぎてしまった結果、支払いができなくなってしまって、そのために信用情報として登録されてしまうことがあるのです。では、なぜ使いすぎてしまうのでしょうか。これはいくつかの理由がありますが、もっとも大きな理由は利用した金額が分かりにくくなるからです。

リボ払いでは、10万円のショッピングをしても、たとえば月々5000円くらい支払えばよいケースもあります。5000円くらいなら特に問題はないと考える人も多いでしょう。そして、もう少しなら支払っていけると考えて、次々とショッピングをしてしまう人も多いでしょう。月々1万円くらいまでなら大丈夫だと、そんな風に考えて、支払いが完結せずにショッピングの金額が増えてくるのです。

リボ払いは利用しやすいために利用しすぎてしまうものなのですから、特に注意しなければなりません。ただ、支払い金額をきちんと把握していれば何も問題はないのです。たとえば、月々1万円ずつ支払っていくのが何か月続くのかをきちんと把握していれば問題はないのです。クレジットカードの明細書を見れば、支払わなければならない金額がどれくらいあるのかはすぐにわかるでしょう。

借り入れている金額を常に把握しておくことは必要ですし、月々の支払金額を把握しておくことも必要です。この二つをきちんと把握したうえで、月々の支払いが滞らないようにすれば、問題はないと考えられます。問題があるとすれば支払額が大きすぎる場合です。

銀行がローン審査を行う理由は、ローンの返済をきちんと行えるかどうかを判断するためです。ローンの返済ができるのかどうかを判断するために審査が行われるのです。その返済ができるかどうかについて、収入や月々の支払いが関係してくるのは目に見えていることでしょう。

たとえば、月収が20万円ある人を考えてみましょう。生活費として10万円くらいは必要となり、そしてリボ払いに対して8万円が月々にかかるとすると、余裕があるのは月々2万円だけです。ローンを組んで、そして月々3万円返済しなければならないのであれば、これはもちろん返済できません。返済できないのであれば、もちろんですが審査には通らないのです。

このようなケースではローン審査に通らないと考えておくべきでしょう。月々の返済ができるのかどうかは、自分でも把握はできるはずです。自分で計算して、これくらいなら返済ができると思っていても、それは自分の計算であって、金融機関は別の計算をすることもあります。それが原因で審査に通らないこともあるのです。

逆に有利になることもあります。一度もローンを組んだこともなくて、クレジットカードのリボ払いや分割払いを利用したことのない人よりも、何度か利用したことがある人のほうが審査で有利になるケースもあります。月々の支払いをきちんと行っている人なら、それが信用力につながるのです。ですから、リボ払いが原因で審査に通らなくなるというのは間違っています。

このようないろいろな状況を考えると、たとえばリボ払いを利用したことがあって、そして信用情報として悪い情報が登録されていなくて、かつ現在は支払い終えているという状況が最も良いと考えられます。ですから、現在リボ払いを利用している人なら、ローン審査に通りやすくなるためには、まず支払いを終えてしまうのがよいです。

支払い終えることができないくらいの金額があったとしても、一部を支払ってしまうのは良い方法です。たとえば、50万円分の支払いが残っているときに、50万円は返済ができなかったとしても、たとえば30万円分だけ支払ってしまえば、月々の支払金額は減ります。

月々の支払金額が減れば、ローンを組んだ時にローンの返済に充てられる金額が増えますから、ローン審査には通りやすくなるのです。たとえば、月々5万円ずつ支払っている状態よりも、月々3万円ずつ支払っている人のほうがローン審査には通りやすくなるのです。

たいていのクレジットカード会社では、リボ払いの支払金額は決められているのですが、それよりも多く支払うことは可能です。残高が50万円あって、月々2万円ずつ支払っているとしても、たとえば今月は余裕があるから20万円分を支払おうという場合でも、何らかの方法で対応してくれます。

最近ではインターネット上で手続きをできるケースが多いです。インターネット上で手続きを行えば、即時に銀行口座から引き落とされるサービスもあります。これらを利用すれば、残高を一気に減らすことができるのです。ほかにも振り込みで支払うといった方法もありますから、まずは問い合わせてみるのがよいでしょう。

リボ払いがあるとローン審査に通らないといわれることもありますが、これは必ずしも正しいものではありません。誤った情報に惑わされないようにしましょう。もしも心配であれば、ローンの申し込みをする前に、リボ払いを支払い終えるのがよいでしょう。それを行って生活に困るようにはならないように注意することも必要です。

リボ払いは便利なものですし、すでに多くの人が利用しています。また、リボ払いを利用している人で現在も支払いを続けている人でも、銀行のローンを組んでいるケースもあります。ですから、まずは現在の状態で融資を受ける金融機関に問い合わせしてみるのがよいでしょう。仮審査を受けてみるのもよい方法です。仮審査で借りられるかどうかをまず教えてもらうのがよいです。

【参考ページはこちら】
どうしてカードローンの同時申し込みはダメなの?